FC2ブログ











官能小説 居候と人妻 真弓(34)


真弓にとって唇は性感帯の1つと言っても良いほど敏感な場所。

そこに拓実の唇が触れて、口の中に舌が入ってきただけで性的なスイッチが入ってしまう。


「ん……んん……」


今日の拓実のキスはまだ不慣れな感じはするものの、昨日よりは積極的だった。

やっぱりキスは自分からするより男の人にされる方が良い。

受け身になって舌を絡ませていると、頭の中まで男の人に支配されているような気分になる。

特に拓実は背が高くて腕も長いからなのか、抱きしめられながらキスをしていると、安心感も相まって精神的にもとても心地良くなってくる。

こんなキスなら何時間でも続けられそう、と思える程。

そして少しすると、拓実が真弓の胸をパジャマの上から触ってきた。

まったりキスを楽しむのも良いけど、拓実の方は早く次のステップに進みたいらしい。相当ムラムラしているのが伝わってくる。

拓実はすぐに服の上からでは満足できなくなったようで、真弓のパジャマのボタンに手を掛けてきた。

でもさすがに勝手に衣服を脱がすのには抵抗があったのか、拓実はわざわざ

「これ……(脱がしても)いいですか?」

と聞いてきた。

リードしてほしいと言っているのだから別に聞かなくてもいいのだけれど、こういう所が真面目な拓実の可愛らしさでもあった。

真弓が「うん、いいよ」と答えると、拓実はパジャマのボタンを一つ一つ外し始めた。


「……」


真剣な表情で黙ってボタンを外していく拓実。

でもその手はまだ女性の服を脱がすことに慣れていない感じがして、それがまた可愛くて微笑ましかった。

ボタンを全て外し終えると、上のパジャマをゆっくりと脱がされ、ブラジャーだけの姿になる真弓。

当然、拓実はそのブラも取りたがっているような表情をしていたので、真弓はクスクス笑って「これも取ってくれる?」と言って背中を向けた。

しかしそこでも拓実はブラのホックを外すのに悪戦苦闘。

「こうやって外すんだよ」と、真弓が背中に手を回して手伝った。

ようやくブラが外れ、露わになった真弓の乳房に目が釘付けの拓実。

昨日も見たのに、やっぱり相当好きみたい。

真弓の身体を見るその目も、凄く飢えてるような目をしてる。

そんなに欲しいなら遠慮しなくてもいいのに、と思う。

だから真弓はそんな拓実にこう言った。


「ねぇ拓実君、私の身体……もっと拓実君の好きなようにしてもいいんだよ?」


誘惑するような真弓のその言葉で、拓実の男の部分にスイッチが入る。


「……真弓さん……」


すでに欲情しきっている拓実は、堪らない様子で真弓の身体をベッドに押し倒した。


「きゃっ……」


「真弓さんっ、ハァ……」


「うん、いいよ、好きにして。」


〝私の身体、好きにしていいよ〟

多感な若い男が、美人の人妻にこんな事を言われたら誰だって狂ってしまう。

性的欲求のメーターが一気に振り切れた拓実は、ベッドに仰向けになった真弓の乳房を両手で欲望のままに揉みまくった。

そして揉むだけでなく、拓実はすぐに真弓の乳首を口で吸い始めた。

舌で乳首をベロベロと舐めながら、まるで乳を飲むかのようにチューチューと。

まさに欲望丸出しの少し乱暴な愛撫だったが、その激しさが真弓にとっては気持ち良かった。

拓実の少しザラザラとした舌に勃起して硬くなった乳首を舐め上げられると、甘い快感が走る。


「ぁぁ……拓実君……ン……」


拓実は乳首だけでなくいろんな所に吸い付くから、キスマークが沢山できてしまいそう。

でも真弓はそれでもよかった。

拓実に胸を褒められるのは嬉しいし、求められるのも嬉しい。だからもっとして欲しくなる。


「ハァハァ……真弓さん……」


頭が沸騰したかのように興奮している様子の拓実は、そのまま欲望のままに真弓の下のパジャマにも手を掛けた。

もちろん、真弓もそれを拒否しない。

脱がせやすいように真弓が少し腰を浮かせると、拓実はすぐにパジャマを下ろしていき、真弓の脚から抜いた。

パンツ一枚だけの姿になって顔を赤くする真弓。

そして拓実はそんな真弓のパンツの中に手を入れようとした。

さすがにそこに手を入れられるのはドキドキする。

もう自分で確認しなくたって濡れてしまっているのは分かっているから、それを直接拓実に知られてしまうのは恥ずかしい。

でも恥ずかしくても、拓実の手にアソコを愛撫してもらいたいという身体の欲求もあるから、拒めない。

そして拓実の手がパンツの中にゆっくりと入ってくる。

陰毛の茂みを通り過ぎ、濡れた割れ目に指が触れる。


……クチュゥ……


パンツのクロッチ部分に染みができる程濡れていた真弓のヴァギナは、拓実の指に触れられた瞬間にキュンと反応して、さらに愛液をジワァっと溢れさせた。


「ん……ぁハァ……」


うっとりした表情で真弓の口から甘い声が漏れる。

〝俺の手に真弓さんが感じてる〟

真弓の反応見て気持ちが昂った拓実は、指を動かし、ヴァギナへの愛撫を始めた。


クチュ……クチュ……


拓実だってクリトリスの位置ぐらいは知っているし、そこが女性が特に感じる場所だという事も知っている。

トロトロの愛液を指に塗しつけるようにして割れ目を縦になぞった後、膣口の上辺りにコリコリとしたクリトリスを見つけ、そこを刺激してみる。

あまり強くし過ぎないように気を付けて、優しく。


「あっ……ン……ぁ……」


真弓の身体がビクンと反応する。

クリトリスを続けて刺激されると、その快感に段々と身体が熱くなってくる。


――ハァ……拓実君の手……気持ちイイ……――


官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/06/30 ] TB(0) | CM(-)

官能小説 居候と人妻 真弓(33)


結局、その日の夜も真弓は拓実の部屋に遊びに来ていた。

一応口実は〝漫画の続きが読みたいから〟だったが、真弓も拓実も他の何かを期待しているのは互いに表情を見て分かっていた。

それに、お風呂上りのパジャマ姿で一緒にベッドの上でゴロゴロしていたら、若い拓実が欲情しない訳がない。


「……ま、真弓さん、あの……」


「ちょっと待って、今良いところなの。」


漫画に夢中になっている真弓。

しかし拓実は耐えられなかった。

真弓の方から感じるシャンプーの甘い香り。お風呂上りのしっとりとした肌。そしてプルンと潤っている柔らかなそうな唇。

風呂上りの女性と言うのは、どうしてこんなにも色気が増すのだろう。

今日の午後は昨夜のセックスの事ばかり考えてしまい勉強なんて殆どできなかった。

セックスの味を知ってしまった若者は野獣のようになる。

例え昨日満腹になるまでそれを味わったとしても、一日も経てばもう空腹だ。


「真弓さん俺……もう我慢できませんっ…!」


そう言って拓実は寝転がりながら漫画を読んでいた真弓の身体に抱き付いた。


「キャッ!ちょ、ちょっと!拓実君!?」


「真弓さん……ハァ……」


「拓実君ったらどうしたの?落ち着いてっ」


「俺、我慢出来ないです。」


「……何が我慢できないの?」


もちろん真弓も分かって聞いている。だから真弓は笑顔だった。


「それはその……セックス……したいんです。ダメですか?」


「……拓実君さ、昨日のアレは誕生日プレゼントだって言ったでしょ?」


「……はい……」


「拓実君の誕生日は昨日で終わりでしょ?」


「そうですけど……」


「じゃあ今日は出来ないよね?」


真弓のその言葉を聞いてガックリする拓実。

でも諦めきれないのか、拓実は真弓に抱き付いたまま離れない。


「……」


「……拓実君?」


「……どうしても……ダメなんですか?」


あまりに必死な拓実にクスクス笑ってしまう真弓。

しかも拓実の硬くなったアレが真弓の腰に当たってる。


「もぉ、そんなにエッチしたいの?」


「……はい。」


「じゃあね……私をその気にしてくれたらいいよ。」


「真弓さんを、その気にですか?」


「うん。」


「でも、どうやってやればいいんですか?」


「それは拓実君が考えてよ。」


「……分かりました。」


真弓の要求は〝昨日は私がリードしたんだから今日は拓実君がしてね〟という意味。

しかし童貞を捨てたばかりの拓実にとってそれはなかなか難しい事だ。

拓実はそのまま少し考え込むような素振りを見せた後、いきなり真弓にキスをしようとした。


「ちょ、ちょっと拓実君、ダーメだよ、いきなりキスなんて。」


「えっ、あ、すみません……」


「もっと雰囲気作りっていうかさ、そういうのやってよ。」


「……でも、分かんないです、俺。真弓さん、最初だけ教えてください。」


「ん~……じゃあ最初だけだよ?まずはこうやって……ちゃんと抱きしめて。」


「こ、こうですか?」


「うん、ギュってして。」


そう言って抱きしめ合う2人。


「……拓実君ってさ、肩幅広いよね。」


「そう、ですね、まぁ俺くらいの身長のやつは大体このくらいはありますけど。肩幅広いと良いんですか?」


「うん、なんか抱きしめられてる~って感じがするし。拓実君はこうしてて私で何か感じる?」


「感じる、ですか?えっと……真弓さん、オッパイ柔らかいですね。」


「え~オッパイ?拓実君ってほんとオッパイ好きだよね。」


「はい、大好きです。」


「もぉ……私で感じる事、それだけ?もっとドキッとするような事言ってよ。」


「ドキっとする事ですか?えっと、あとは……」


「あとは?」


「真弓さんって、良い匂いしますよね。」


「わぁ、匂い?私ってどんな匂いなの?」


「なんか、甘いです。」


「そうなんだ……甘いのが良いの?」


「良いです。なんていうか、興奮してきます。」


「え~そうなんだ……あ、でも私も拓実君の匂い好きだよ。」


「俺の匂いですか?どんな匂いですか?」


「どんな匂いかなぁ……上手く例えられないよ、拓実君の匂いって感じ。他にはないような。」


「臭くないんですか?汗臭かったり。」


「全然臭くないよ、良い匂いだよ。あ、でも私、汗臭いのとかも結構好きかも。」


「そ、そうなんですか……もしかして真弓さんって匂いフェチですか?」


「あ~言われてみればちょっとそうかもね。好きな匂いとダメな匂いはあるだろうけど、拓実君の匂いは好きだよ、うん。」


「真弓さんに匂いを嗅がれてると思うと興奮してきます。」


「ほんと?じゃあもっと嗅いじゃおうっと。」


そう言って真弓は拓実の腋の間に顔を突っ込んだ。


「ちょっ!ま、真弓さん、そこはヤバくないですか?」


「うふふ、大丈夫だよ~いい匂いだから。」


まるで恋人同士がイチャイチャするようにそんなやり取りをしながら、2人はしばらく互いの身体の匂いを楽しんでいた。

そして気分が高まった所で拓実が真弓に再び聞く。


「真弓さん、次はどうしたらいいんですか?」


「次いきたいの?」


「ダメですか?」


「ううん、ダメじゃないよ。でも……ここからは拓実君がリードして。拓実君がしたいように、私もするから。」


「……分かりました。じゃあ……」


「……」


「……」


見つめ合う2人。

男と女は、相性が良ければ、見つめ合うだけで分かり合える。

拓実が目で「キスしてもいいですか?」と聞き、真弓も目で「うん、いいよ」と答えた。

そして2人はゆっくりと顔を近づけ、唇を重ね始めた。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/06/29 ] TB(0) | CM(-)

官能小説 居候と人妻 真弓(32)


翌日、真弓が拓実の部屋のベッドで目を覚ましたのは昼頃だった。

隣でまだ眠っている拓実も、真弓自身も裸のまま。

真弓は拓実を起こさないようにゆっくりとベッドから降りた。

ゴミ箱には破られたコンドームの袋が3つ。

昨夜は明け方まで盛り上がった熱が冷めず、結局3回もセックスを(拓実の誕生日プレゼントと称して)してしまった。

そしてその中で真弓は5回もオーガズムに達した。最初のセックスで1回、そして後は2回ずつ。


「ハァハァ……真弓さん……!」


「あっあっイク……またイッちゃう……拓実君っ……ああっイクッ!」


自分の乱れっぷりを思い出すだけでも恥ずかしい。

でも、凄く気持ち良かった。

今までの性生活では殆ど絶頂を経験した事がなかった真弓が、昨日は一晩で何度も達してしまった。

しかも今まで経験した事のある絶頂感とは全く別物で、あの快感が深くて全身まで広がるような気持ち良さは、まさに真弓にとっても初体験だった。

やっぱり身体の相性ってあるのかもしれない……

人妻である真弓が、居候の拓実と身体の関係を持ってしまった事に対して罪悪感がない訳ではない。

でも今は正直〝知ってしまった〟という感情の方が圧倒的に大きい。

知ってしまった、本当のセックスの快楽を。

セックスって相手によってこんなにも違うものなんだ。

世の中にはこんなに気持ち良いものがあったんだと、感動すらしてしまっている。

拓実の寝顔は可愛い。

こんな可愛い男の子とのセックスが、あんなに気持ち良いなんて。

そしてこれからもしばらくは、拓実との2人っきりの生活は続いていく。

そう考えると、またいけない想像ばかりしてしまう。


「……」


真弓は服を着て、しばらく拓実の寝顔を眺めた後、母屋に戻って昼食の準備を始めた。






「拓実くーん!お昼ご飯できたよぉ!ほら、もう起きなきゃだよ。」


「ん……真弓…さん……?」


真弓の声でやっと目を覚ました拓実。


「おはよ、もうお昼だよ、ご飯食べるでしょ?」


「……は、はい。えっと……」


拓実はベッドから起き上がろうとしたところで自分が全裸である事に気付いて顔を赤くした。そして同時に昨夜真弓とした事も思い出したようだ。

そんな拓実を見て真弓はニッコリと笑顔を見せた。


「じゃあ服着たら、こっち来てね。もう準備できてるから。」


「は、はい……」


拓実にとっては初体験の後の目覚めだ。

嬉しいような恥ずかしいような、そんな気分なのだろう。


「拓実君、沢山食べるでしょ?今日も大盛りにしてあげるね。」


「はい、ありがとうございます。」


キッチンに立っている真弓の後姿をじっと見つめる拓実。

今はエプロン姿だけど、数時間前までこの人と裸でセックスしていたんだよなと、どうしても考えてしまう。

真弓の裸姿、柔らかな乳房、キスをした時の感触と舌を絡めたときの甘い味、そして濡れて熱くなった膣にペニスを締め付けられる感覚。

真弓の息遣いと喘ぎ声が、脳裏に焼き付いている。

そんな事を思い出していたら、また股間が疼いてきてしまう。


「拓実君、どうしたの?食べないの?」


「……え?あ、いえ、頂きます!」


「うふふ、美味しい?」


「はい、凄く美味しいです!」


食べっぷりの良い拓実を見て、真弓が嬉しそうにしているといういつも光景。

しかし、そんないつもと同じような昼食の時間を過ごしながらも、真弓も頭の中にあったのは昨夜の事だった。


「……」


食後のデザートを美味しそうに食べている拓実を見つめながら、考える真弓。

恥ずかしくて聞きづらいけど、拓実が今何を考えているのか気になる。そして我慢できなくなった真弓はついにその話題を出してしまう。


「……拓実君……あの……身体大丈夫?」


「……え?」


「ほら、昨日ので……拓実君、沢山頑張ってたから、大丈夫かなぁと思って。」


〝昨日の〟というのはもちろんセックスの事だ。

それを理解して拓実はまた顔を赤くした。


「あ……は、はい、俺は全然大丈夫です。」


「そ、そっか、それなら良いんだけど。」


「……真弓さんは……大丈夫ですか?」


「うん……あ、でもちょっと筋肉痛かも。」


真弓は照れた笑顔を見せながらそう言った。

どうしても笑顔になってしまうのは、気まずくなるのが嫌だからというのもある。


「きっと普段使わない筋肉を使ったんだろうね。」


「そ、そうですね……そういえば俺も内腿がちょっと筋肉痛になってるかもしれません。」


「そうそう、私も内腿なんだよね、あとお腹も。あ、でもこれってさ、もしかしてダイエットには丁度良いかもね。」


「確かにアレって結構インナーマッスル鍛えられますよね。」


「私達、昨日は相当カロリー消費したよねっ、あとで体重計乗ってみようかな。」


「でもあの後って凄くお腹減りませんか?」


「うんうん、私も起きたら腹ペコだったもん。結局その分食べちゃうから意味ないね。」などと冗談ぽく言って、あははと笑い合う2人。

禁断の関係を持ってしまったにもかかわらず、この冗談で済ましている感じが、2人の間のハードルを下げる。

一度大きな壁を越えてしまったら、その後はもうそれ程抵抗を感じなくなってしまうのが人間だ。

そう、あれ程の快楽を味わってしまった2人が、一度だけでそれを止める事など、不可能だったのだ。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/06/28 ] TB(0) | CM(-)