FC2ブログ









官能小説 人妻 響子 (11)

「ン…んああ……」


長岡のペニスが膣内に入ってくるのを感じて、響子は背中を小さく反らせながら声を漏らした。

硬く太い男根に、膣が大きく広げられていく。

響子にとっては、男性のモノを受け入れるのも随分と久しぶりの事だったが、挿入に痛みは感じなかった。


「はァァ……」


ペニスが膣奥にまで到達すると、長岡は繋がったまま響子の身体を抱きしめて、またキスをした。

響子もそれに応えるように積極的にキスをしながら、長岡の首に腕を回す。

そして身体を密着させながら、ゆっくりと腰を前後に動かし始める長岡。


「ンァ……ハァ……ンン……ン……」


長岡の腰の動きは本当にゆっくりと丁寧だった。

スローセックスと言うのだろうか、ただ激しかったり快楽だけを追求するような腰の動かし方ではない。

響子の膣内をまるでペニスでマッサージするかのように、腰を動かしている。

しかしそれが響子にとっては堪らなく気持ち良かった。


「ハァァ……ン…はァ…」


濡れた膣壁をゆっくりネットリと擦られる度に、響子の口から熱い吐息が漏れる。

久しぶりのセックス、久しぶりに女性器で感じる快感に、響子は〝ああ、私はこれをずっと求めていたんだ〟と心から思った。

心も身体も、まだ異性を欲しているし、こうやってペニスを挿入してもらうと、性器と性器でしっかり男の人と重なり合う事が如何に大切かが分かる。

心と身体は一体。身体が満たされなければ心も満たされない。


「響子さん、気持ち良いですか?」


「ハァ……気持ちイイ…です……ハァ……」


長岡の顔を見つめながら響子は〝私……夫以外の人とセックスしてるんだ……〟と実感していた。

そして正直、長岡とのセックスは過去に夫としていたセックスよりも何倍も気持ち良かった。

こんな風に身体が熱くなって蕩けていくような感覚になるセックスは初めて。


「ハァ……ン……ン……」


響子の呼吸のリズムと長岡が腰を動かすリズム、2人の身体の波長が合っていくのが分かる。

そして響子の呼吸のリズムが上がっていくのに合わせて、長岡の腰の動かし方もそれに合わせるように速くなっていく。


「ンッんっ…あっあっあっン……ハァァ…ァん……」


ふたりの結合部からはクチュクチュグチュグチュと男根が響子のアソコを出入りする度に卑猥な音が聞こえてくる。

長岡はその濡れ具合を見て、響子の膣が自分のペニスのサイズにしっかり馴染んできた事が分かると、さらに腰の動きを激しくしていった。


「あっあッんッあっあっんんっあっあっ!」


優しく丁寧な腰使いから激しいピストンに切り替わり、響子が漏らす声は自然と大きくなっていった。

激しいと言っても決して乱暴ではない。

響子の膣内にある、特に感じやすいポイントを長岡は絶妙な力加減で刺激してくる。

すると、今まで経験した事もないような甘美な感覚が忽ちに全身に広がってきた。


「あっあっ…ハァァ…ちょ、ちょっと、んあッ!ま、待って、あッんッハァ…」


あまりの気持ち良さに逆に戸惑ってしまい、響子は思わず長岡にストップを掛けた。


「どうしました?」


「ハァ…ハァ……ごめんなさい…長岡さん…凄くて…ハァ……」


「ハハ、そんなに気持ち良かったですか?」


「ハァ…ハイ……でも……」


「でも?」


「私、こんなの……初めてで……」


「こんなに感じちゃうのがですか?」


「……ハイ……」


「きっと俺と響子さん、身体の相性が良いんですよ。」


「そ、そうなんですかね……」


少し照れたようにそう応える響子。


「続き、始めてもいいですか?」


長岡にそう聞かれると、響子は「ふぅ……」と1つ深呼吸してから小さく頷いてみせた。

それを見て腰の動きを再開する長岡。


「はァ…んッんっあっあっあっあん……」


「いいんですよ、もっと響子さんの乱れた姿、俺に見せてくださいよ。」


「あっんっ長岡、さぁんっあっあっンッンッ……!」


長岡は身体を起こして正常位の体勢で響子の腰を両手でしっかりと掴み、ピストン運動をさらに激しくしていった。


「あっあっあっダメっあっあっあああああ!!!」


響子が一瞬〝ダメ〟という言葉を発したが、それが〝止めてほしい〟というサインではない事を理解している長岡は、構わず響子を責め続ける。

部屋に響く高い喘ぎ声。

激しい腰使いに身体を揺さぶられ、波打つように揺れまくる響子の柔乳。

気持ち良過ぎて頭が真っ白になっていく。


「あっあっスゴイィィあっあっあっんあああ!!」


――ダメッ…ホントに……こんなの……――


熱いものが込み上がってくる。

そして早くも訪れる絶頂の予感。

身体の奥から沸々と沸き上がってくる快感が今にも爆発してしまいそう。

色白の肌をピンク色に染めながら乱れる響子を見て、それを察する長岡。


「響子さん、イキそうですか?いいですよ、そのまま我慢せずにイッてください。」


我慢せずにと言われても、自分で我慢する事なんてできなかった。

愛液が泡立つほどグチョグチョに熱くなっているヴァギナを長岡の巨根でこれだけ責め続けられれば、誰でも絶頂せずにはいられない。


――ハァあああ!もう駄目……イッちゃう――


長岡に激しく突かれながら、火照った身体を大きく仰け反らせる響子。

そして……


「ああっあっあっあダメっイクッ……イクッ!んああああっ!!!」


官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀

官能小説ランキングへ
[ 2015/01/29 ] TB(0) | CM(-)

官能小説 人妻 響子 (10)


「ぁ…ン……」


長岡の手が響子の陰部の茂みを通り、指先で縦の割れ目をなぞる。

するとすでに膣の外にまで溢れ出ていたヌルッとした温かい響子の愛液が長岡の指に付着した。


「響子さん、濡れてますよ。」


「ァ…ン……」


〝濡れてますよ〟の声に、耳が真っ赤になる。


「じゃあこれも脱ぎましょうか。」


長岡にされるがままにパンツも脱がされ、とうとう一糸纏わぬ裸になってしまった響子。

そして長岡自身も響子の目の前で下着を脱ぎ、全裸になった。

響子のアソコが熱く濡れているのと同様に、長岡の股間にあるペニスもすでに上を向いて硬く勃起していた。


――わぁ……スゴイ…――


響子は長岡のペニスを見て内心驚いていた。

大きさが一目見て〝立派〟と思えるサイズである事もそうだが、それ以上に形が綺麗だと思った。

響子にとって男性のペニスを見て美しいと思ったのは初めての事だった。

真上に反り返るようにして勃起したペニスは、見事に亀頭が傘を開き、陰茎は見るからに硬そう。

これを受け入れたらどんな風に感じるんだろうと、思わず想像してしまい、アソコがさらに熱くなる。


布団の上で全裸になった2人は、再度抱き合い濃厚なキスを交わした。

――ああ……やっぱり長岡さんのキスって上手――

その官能的な心地良さに〝長岡さんとのキスなら何時間でも続けれそう〟と響子は思った。

肌と肌が触れ合う、互いの体温を感じ合いながら、2人のキスは止まらない。

そして長岡はキスを続けながら同時に響子の秘部を再び触り始めた。

ヴァギナを濡らす愛液を指でクリトリスに塗しながら、ヌルヌルと刺激する。

その度に響子の腰がビクンビクンと敏感に反応を示す。


「ン……ぁ…ぁ…ぁン……」


そして長岡の指が、ゆっくりと響子の膣内に入ってきた。

充分過ぎる程濡れていた膣は、簡単に長岡の指を奥深くまで呑み込んでいく。


「んああっ……」


――はァ…どうしよう私……久しぶりだから……――


長岡が膣内を刺激するように指を動かすと、そこからは粘液質な音が漏れ始めた。

クチュクチュク……グチュグチュ……


「ハァ……ぁ……ン……」


膣内を掻き回されて溢れ出た愛液が、内腿を伝ってトロ~っと垂れていく。


「凄いですよ響子さん、こんなに沢山溢れて。」


「ハァ……恥ずかしい……」


「嬉しいですよ、こんなに響子さんが俺に感じてくれるなんて。」


そして長岡は「俺のも触ってください」と言って響子の手を掴むと、自身の股間を触るように誘導した。

もちろん響子がそれを拒むことはない。響子の白い手はそのままその赤黒い男根の陰茎をゆっくりと握った。


――ぁぁ…熱い……それにこんなに太くて…硬くて……――


「俺も響子さんに興奮しているんです。分かりますか?」


「……ハイ……」


「じゃあもっと硬くしてくれませんか?」


「もっと…硬くなるんですか?」


「なりますよ、俺が響子さんに手でしているように響子さんも手でしてください。」


響子も大人の女だ。長岡が何をして欲しいのかは理解できる。

響子は男根を握っていた手を上下に動かし、陰茎を扱き始めた。


「ああ、気持ち良いですよ響子さん。」


――ホントだ…さらに硬くなって……それにまた大きくなってきてる…――

カッチコチに硬くなっていく陰茎と、さらに巨大化していく亀頭に、響子は長岡のオスとしての精力の強さを感じていた。

長岡はそんな響子に応えるように、今度は挿入する指を2本に増やして膣への愛撫を再開した。

グチュグチュ…グチャグチャ……


「ンァ…ぁ……ハァ……ぁ…ぁ…んぁ…ぁん……」


互いの陰部を愛撫し合う2人。響子は膣への快感に声を漏らしながらも、ペニスを扱く手を止めなかった。

しかし時間が経つに連れ、響子の身体の感度は高まっていき、その快感に耐えられなくなる。


「はァァ……長岡さん…も、もうダメッ……!」


敏感になった身体で、腰をガクガクと震わせながら、響子は長岡にそう言った。


「どうしました?」


「も、もう……感じ過ぎちゃって……」


それを聞いて一旦膣から指を引き抜く長岡。


ヌポ……


「ハァ……ハァ……」


濃厚な愛撫が終わった頃には、響子のヴァギナはまさに大洪水の状態になっていて、内腿は愛液でベットリと濡れていた。

そして長岡は火照った響子の身体を布団に寝かせると、全身の至る所にキスをし始めた。

唇から始まり、首筋、鎖骨、二の腕、脇腹、と回って、再び唇に濃厚なキスをする。

そして唇がやっと離れると、2人は近い距離で見つめ合った。


「響子さん……」


「はァ……長岡さん……」


名前を呼び合った2人は、言葉を交わさずとも互いに次に何を求めているか分かっていた。


「コンドーム、付けますね。」


「……ハイ……」


長岡はしっかり避妊する事を伝えて響子に安心感を与えると、手慣れた様子でコンドームを素早く装着した。

そしてそのまま勃起したペニスを握って、響子の濡れた膣口にあてがう。

挿入を予感して、目を閉じる響子。


「響子さん、どれだけエッチになってもいいですからね。」


長岡は耳元で優しくそう言うと、ゆっくりと腰を前へ進め、響子のヴァギナにペニスを入れていった。

【寝取られ】喰われる彼女 亜紀

官能小説ランキングへ
[ 2015/01/23 ] TB(0) | CM(-)

官能小説 人妻 響子 (9)


〝セックスがしたい〟

本能のままにそう口に出した響子。その瞬間、熱くなっていた胸がスーっと解放されていくのが分かった。


「ほら、自分に素直になると気持ち良いでしょ?」


「…でも恥ずかしいです…もうこれ以上言わせないでください……私、頭がどうにかなってしまいそう……」


響子は長岡に肩を抱かれながら、その腕の中で顔を真っ赤にしてそう言った。


「じゃあ布団の方に行きましょうか。沙弥ちゃんが用意してくれたこれも持って。」


そう言ってコンドームの箱を手に取る長岡。


「なんだか沙弥の思惑通りになっちゃって、悔しいです。」


響子は少し笑みを見せながらそう言った。


「ハハッ、俺は沙弥ちゃんには感謝してますけどね、こうやって響子さんと2人きりになれたんだから。」


そして布団が敷かれた部屋に移動して、布団の上でもう一度軽くキスをする二人。


「響子さん、もう何も我慢しなくていいですからね。」


響子は長岡の言葉を聞いて、自分の心の中にあったブレーキが外れていくを感じていた。

貞操観念というブレーキが外れて、欲求を満たしたいという気持ちだけが心を支配していく。


「ぁぁ……長岡さん……私……」


長岡の名前を呼び、長岡の身体に抱き付く響子。


「何ですか?したい事も、して欲しい事も、今夜は全部叶えてあげますから、何でも我慢せずに言ってください。」


「……もっと…抱きしめてください……」


「こうですか?」


長岡にしっかりと抱きしめられた響子は、長岡の胸に顔を埋めて、その心地良さに浸る。

そして今度は上を向いて長岡の目を見つめると、響子は「…キス…して…」と再度接吻を求めた。

長岡は響子が欲するままに唇を重ね、濃厚なディープキスを始めた。

きつく抱きしめ合いながら、響子も積極的に舌を絡める。

そして長岡は浴衣の上から響子の乳房を揉み始めた。


「沙弥ちゃんが言ってた通り、響子さんのオッパイは柔らかいですね。」


長岡が一旦口を離してそう言うと、響子はクスっと笑って「長岡さんも、したいようにして良いですよ」と答えた。


「じゃあ脱がしていいですか?」


「……ハイ……でも長岡さんも一緒がいいです。」


「分かりました。じゃあ一緒に裸になっちゃいましょうか。」


そして2人はイチャイチャと言葉を交わし合いながら、互いの浴衣を脱がせていった。


「響子さん、肌綺麗ですね。」


「長岡さんも、なんだか凄く若い肌に見えますよ。やっぱりスポーツしてるから?」


「ですかね?特に意識はしてないんですけど。」


肌からスルスルと浴衣が落ちてゆき、響子の下着が露わになっていく。


「ブラもとっていいですか?」


響子が小さく頷くと、長岡は響子の背中に手を回した。


「……ん?あれ?これ、外し方普通のやつとちょっと違うんですか?」


「ウフフ、こうやって外すんですよ。」


響子は笑顔でそう言って、自分の背中に手を回し、自らブラのホックを外してみせた。

そしてゆっくりと響子の胸からブラのカップが落ちてゆき、長岡の目の前で響子の乳房が露わになった。


「凄く綺麗ですよ、響子さん。」


「……恥ずかしい……」


「触っていいですか?」


「……ハイ……長岡さんなら……」


響子の返事を聞いた長岡は、遠慮なく両手で響子の乳房を揉み始めた。


「ああ、柔らかい、乳首もこんなに綺麗で……素敵ですよ響子さん。」


「ハァ…ン…本当ですか?」


「本当ですよ。綺麗でイヤらしくて、凄く素敵です。」


「ハァ……嬉しい……」


「もっと激しくしてもいいですか?」


「はァ……うん…もっと沢山触って……もっと…ああ……」


長岡は乳首を指で摘まんで刺激を与えつつ、乳房全体を大きく激しく揉み始めた。

そして同時に響子の首筋や鎖骨に舐めるようにしてキスをしていく。


「ハァ……響子さん、いい匂いしますね、このうなじの所も。」


「ぁン……」


「ここ、感じやすいんですか?」


「ハァ……ハイ……」


「じゃあ耳はどうですか?」


響子の艶やかな黒髪を掻き分け、耳にフ~っと息を吹き替える長岡。


「……んぁあ……」


「響子さんは敏感なんですね。」


そう言って長岡は今度は響子の耳たぶを甘噛みしてみせた。


「ン……ハァァ……」


響子にとってこんなにネットリとした愛撫を受けるのは初めての事だった。

ネットリはしているけど、しつこくは感じなくて、とても気持ち良い。

愛撫だけでも、長岡がセックスに慣れている事がよく分かる。

軽い男というよりは、経験豊富な人と思えるから、安心して身を委ねていられる。

そしてそんな中、長岡の手が肌の上を移動して下半身へ向かっているのに響子は気付いた。

一瞬、「ダメ……」と長岡の手を止めようとした響子だったが、寸前でそれを自ら止めた。

下着の中がすでに恥ずかしい程濡れてしまっている事は自分でも分かっている。

正直こんなに濡れてしまっているのを知られるのは、恥ずかしいし抵抗がある。

でも、それ以上に触って欲しいという欲求が溢れてくる。

あなたを感じて私はこんなに濡れているんですと、長岡さんに知ってもらいたいと思った。

そしてその響子の願い通りに、長岡の手はゆっくりと下着の中に入って来た。

女子大生 水野果歩

官能小説ランキングへ
[ 2015/01/17 ] TB(0) | CM(-)