FC2ブログ











スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] TB(-) | CM(-)

官能小説 居候と人妻 真弓(43)


シックスナインは拓実の部屋に置いてあったエロ雑誌に載っていたプレイの1つ。

真弓はその雑誌の写真を初めて見た時、なんてイヤらしい男女だろうと思ったし、わざわざ頭の方向を逆にして性器を必死に舐め合っている男女の姿は、滑稽にすら思えた。

でも実際に自分がそれをやってみると、とても興奮してしまう。

私はあの写真の女性と同じ、なんて淫らで下品な女なんだろう、そう思いながら夢中で拓実のペニスにしゃぶりつき、そして拓実にアソコを舐めて貰っている。


「ン……んん……ぁ……はァ……」


お店で飲んだワインのアルコールが良い具合に効いてきていて、気分がこれ以上ないほど開放的になっているのが自分でも分かる。

もっとイヤらしくなりたい。もっと淫らな姿を拓実君に見せたい。

今夜はとことん、エロい女になりきりたい。


「う……あ…真弓さん……俺、出ちゃいそうです…」


真弓に激しくフェラチオをされて射精感が込み上げてきたのか、拓実は堪らず声を漏らした。

それを聞いた真弓はペニスから口を離し、ゆっくりと拓実の身体から降りた。

そして敏感になっている拓実のペニスを射精しない程度に手で優しく触りながら、真弓は拓実の耳元でこう囁いた。


「ねぇ拓実君、このまま口でイカせて欲しい?……それとも……」


耳にふぅーと息を吹きかける。


「それとも……私の……オマンコの中でイキたい?」


普段の真弓の口からは絶対に出ないであろう〝オマンコ〟という言葉に、拓実は驚きながら顔を赤くした。


「ま、真弓さん……?」


「ねぇ、どっちなの?答えてよ。」


真弓はさらに拓実を挑発するように耳を舌で舐めた。

真弓の大胆な言葉に、拓実は鼻息を荒くしていた。当然、答えは決まっている。


「はァ……真弓さんの……中でイキたいです。」


「中って、どこ?」


「それは……その……」


「ちゃんと言ってよ、私のどこでイキたいの?」


「はァ……真弓さんの……お、オマンコでイキたいです。」


恥ずかしがる拓実に猥語を言わせて満足そうに笑顔を見せる真弓。


「うふふ、じゃあ入れちゃおうか。」


真弓はそう言って拓実の腰の上に跨ると、拓実の肉棒を手で支えて、自分のアソコにその先端を当てた。

しかしそこで拓実がある事に気付く。


「あっ!真弓さん、ゴム……えっと、こういう所って置いてあるんですよね?」


コンドームをまだ着けていなかった事に気付いた拓実は、慌ててコンドームを探そうとした。

しかし真弓はそれを止める。


「待って拓実君、今日はいいの。」


「え?……いいって?」


拓実が頭の上に?を作ると、真弓は意味ありげにニコっと笑ってこう口を開いた。


「ゴム、今日はしなくても良いんだよ。」


「え、でもそれだと……」


「大丈夫、私ピル飲んでるから。」


そう、真弓は数日前から病院で処方してもらったピルを飲んでいた。

今まで拓実とセックスをする時は必ずコンドームを着けて避妊をしていたが、万が一の事を避けるためにピルも服用する事にしたのだ。


「ピル、ですか。」


「うん、だから……今日はこのままでいいの。でも拓実君がゴムつけたいなら着けてもいいけど、どっちがいい?」


「……つ、着けないでしてみたいです……あの、真弓さんは本当に良いんですか?」


「うふふ、うん、いいよ。じゃあこのまま入れちゃうね。」


拓実の喉が、ゴクリと動く。

真弓との生セックス。

ゴムの隔たりを無くして、直接真弓と1つになれる。

考えただけでもペニスがさらにグッと固くなる。

そして真弓は再び拓実の耳元で色っぽい声で囁いた。


「拓実君、これが私からご褒美だよ。」


「ああ、真弓さん……はァ……」


ペニスを膣口に当てたまま、ゆっくりと腰を下ろしていく真弓。

2週間ぶりに繋がる二人。

拓実の男根は真弓の熱く濡れた膣に包まれていき、真弓の膣は拓実の極太の陰茎に押し広げられていく。


「うっ……ああ……」


「ん……ハァァ……」


官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/12/21 ] TB(0) | CM(6)

凍結から復活

当サイト、昨日から凍結をされてしまってアクセスができない状態だったのですが、本日運営さんに問い合わせたところ、当サイトには問題はないと確認して頂きましたので復活しました。

訪問してくれた方、ブロマガの読者の方々、すみませんでした。

という事で、これからも宜しくお願い致します。

と言っても小説……現状は更新を全くできていないので、それをどうにかしないと……。

更新できないのは忙しかったり、モチベーションの問題だったりします。(一番はモチベーションかな…どっちにしろ僕の責任です)

なので、もう少しお待ち頂けたらと思います。すみません。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/12/09 ] TB(0) | CM(9)

官能小説 居候と人妻 真弓(42)


「ン……ンン……チュパ……はァ……ん……」


お互いの唇を貪るような激しいキス。

舌と舌をネットリと絡ませ合いながら、真弓と拓実は2週間ぶりの味を堪能していた。


「ン……ん……んぅ……んん……」


目を閉じ、拓実とのキスに夢中になる真弓。

唾液と唾液が混ざった瞬間に、甘美が快感が真弓の脳に広がる。

キスだけでこんなに感じてしまうなんて。

誰とでもこうなる訳じゃない。

真弓はDNAレベルで自分の身体が拓実を求めているような感覚を抱いていた。

久しぶりだから余計にそれを強く感じる。


「はァ……拓実君……」


拓実の身体をゆっくりとベッドに押し倒し、真弓が上になる。

そして拓実の耳、首筋、鎖骨、肩、胸、乳首に、順番にキスをしていく。


「拓実君、ここ気持ち良い?」


拓実の乳首を舐めながら上目使いで聞く真弓。


「ハイ……ああ、気持ち良いです」


そこからさらに位置を下げていき、真弓は拓実の割れた腹筋に舌を沿わせていく。


「はァ……真弓さん……」


真弓のエロティックな愛撫に思わず声を漏らす拓実。

そして当然、真弓の愛撫はさらに下へと下がっていき、あの部分に到達する。

腰に巻いたバスタオルで隠されていた拓実のペニスは、すでに興奮状態で大きくなっており、バスタオルをテントを張るように持ち上げていた。


「うふふ、もう大きくなってる。これ、タオル取っていいよね?」


真弓は早く見たいと言わんばかりに、拓実の返事を待たずにバスタオルを拓実の腰から取った。


「……わぁ……」


バスタオルの下から現れた拓実のペニスは、今までに見た事がないくらい隆々と勃起していた。

今にも破裂しそうな程大きく膨れ上がった亀頭、臍に付くほど反り返った硬そうな陰茎。

その陰茎に走る太い血管がドクドクと脈を打っていて、血液が限界までペニスに集まっているのが分かる。

なんとなく、以前よりも大きいような……。

今まで見て来た拓実のペニスの勃起サイズが100%だとしたら、今は120%くらいに膨れ上がっているように見える。

これも2週間禁欲生活を続けたからなのだろうか。

陰茎の下にぶら下がっている玉袋もズッシリと重そうだった。


「凄い、なんか拓実君のいつもより大きくなってる?」


「俺、こんなに溜め込んだの初めてだから、もうヤバイです。」


「苦しそうだね。」


「ハイ、ちょっと痛いくらいです。」


「早く出しちゃいたい?」


そう言いながら真弓は指先で拓実の陰茎を下から上へ擦るように触ってみせた。


「う…ぁ……ハイ……はァ……」


「2週間も我慢したんだもんねぇ。うふふ、なんかピクピクしてるね、久しぶりだから敏感になってるのかな?」


「はァ……ハイ、たぶん……ぁ」


真弓はそんな拓実のペニスを手で優しく包み込むように握って、上下に扱き始めた。

湯気が立ちそうな程熱くなった陰茎をゆっくりと扱くと、大きく膨れ上がった亀頭の割れ目から透明の粘液が溢れ出る。


「わぁ…沢山……」


嬉しそうに我慢汁を指で掬って亀頭に塗しつける真弓。


「ねぇ、お口でして欲しい?」


真弓がイヤらしい上目遣いでそう聞くと、拓実は興奮した表情で何度も頷いた。

真弓はそれを見てクスっと笑った後、手に握った陰茎に舌を伸ばして舐め始めた。


「ん……」


久しぶりのフェラチオ。

久しぶりの拓実の味に、頭の中がジーンと痺れる。

我慢汁はいつもより濃くて、しょっぱく感じた。

しょっぱくて、美味しい。全部舐め取りたくなる。

亀頭から陰茎、玉袋も。

そしてその次は、大きな亀頭を口で咥えて、ゆっくりと頭を前後に動かす。

口の中が、拓実の男根でいっぱいになる。

太くて逞しい拓実のペニスが、どうしようもなく愛おしい。


「ああ……ぅ……あ……」


口の中で亀頭をチューっと吸い上げると、拓実が切なそうな表情で喘ぎ声を漏らす。

その反応が可愛いし、拓実が自分の口にこんなにも感じてくれる事が嬉しい。


「はァ……真弓さん……俺も、真弓さんにしたいです。」


興奮が高まり、じっとしていられなくなった拓実は、身体を起こして真弓にそう言った。

そして今度は拓実が真弓の身体をベッドに押し倒して上になる。


「いいですか?」


真弓が身体に巻いていたバスタオルに手を掛けて聞く拓実。


「うん……いいよ、拓実君の好きなようにして。」


その返事を聞いた拓実は、真弓の身体からバスタオルを取った。

2週間ぶりの真弓の裸体。

真弓も裸を見られる恥ずかしさで顔を赤くした。


「真弓さん……すごく綺麗です。」


そう言って拓実はすぐに堪らなくなり、真弓の身体を貪り始めた。

胸を揉みながら乳首はもちろん、お腹やヘソ、腕やワキの下まで、舐めて舐めて舐めまくる拓実。


「はァ……真弓さん……はァ……」


「拓実君……ん……あ……」


夢中になって真弓の身体のあらゆる場所を舐める拓実の舌は、当然真弓の秘所にも向かう。

真弓の脚を持ち、股を広げた拓実は、躊躇なくそこへ顔を突っ込んだ。


「ああん、拓実君……」


「真弓さん、すごい、濡れてます。」


すでに熱い愛液を溢れさせていた真弓のヴァギナを、拓実はまるで完熟したフルーツにかぶりつくかのようにして舐め始めた。


ジュル……チュパ……ジュルル……


「ん……ァ……はァ……ン……」


大陰唇を広げ、クリトリスを優しく舐め上げ、次には濡れた膣口に舌を突っ込む。

激しくクンニリングスをし、夢中になって真弓の愛液を味わう拓実。


「ン……ああっ……あっん……」


真弓は拓実の舌がクリトリスに触れる度に身体をピクピクと身体を震わせ、甘い声を漏らした。


――私の身体も……久しぶりだから敏感になってる……感じちゃう……――


「はァ…ん……あっ……ン……」


拓実の愛撫が堪らなく気持ち良い。

全身を舐めて貰いたいくらい、もっと欲しい、もっと欲しいと、身体が言っているのが分かる。


「はァ……拓実君、私も……ねぇ、一緒にしようよ。」


「一緒に、ですか?」


「うん、私も拓実君の口でしたい、だから舐め合いっこしようよ。」


真弓が言っている事を理解した拓実は、再びベッドに寝転がり、2人は互いの頭が逆を向くように拓実が下、真弓が上になる。

そして拓実の顔の上を跨るようにして真弓が拓実の顔に腰を下ろし、真弓は顔を拓実の股間に埋めた。

これで一緒に互いのアソコを舐め合う事ができる。

真弓は拓実のペニスを口で頬張り、拓実は真弓のヴァギナを舐める。

所謂、シックスナインという形のオーラルセックスだ。


官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/10/20 ] TB(0) | CM(9)