FC2ブログ











官能小説 青春の人 佳代ちゃん(15)


ペニスをギンギンに勃起させた先輩達が、どちらが先に佳代ちゃんに挿入するかでジャンケンをする。

結果、吉岡先輩が先にする事に。

「おっしゃー!」と喜ぶ吉岡先輩を見てクスクス笑う佳代ちゃん。


「じゃあ佳代ちゃん、俺が色んな体位で突いてあげるからね~」


「わぁ……」


両手を頬に当てて恥ずかしそうにしながらも嬉しそうな佳代ちゃん。


「佳代ちゃんさ、まさか今日こうやって俺達とセックスする事になるなんて思ってなかった?」


頷く佳代ちゃん。

で、先輩達がコンドーム着けながら聞く。


「でも俺達めっちゃ佳代ちゃんにヤリたいオーラ出してたんだけど、それは正直分かってたっしょ?」


「あ~……うん、ですね。」(笑いながら)


「それは佳代ちゃん的にはどうだったの?」


「え~どうって……エッチだなぁって。」


「正直期待とかしてた?」


「……あの、電話してたじゃないですか。」


「してたね、俺電話でも超ヤリたがってたでしょ?」


「……うん、だからちょっと……ドキドキしてました。」


「じゃあ佳代ちゃん電話でエロトークしながら吉岡とセックスするとこ想像してたりしたの?」


「……ちょっとだけ。」(めっちゃ照れながら)


「ハハッ、やっぱ期待してたんじゃん!佳代ちゃんエロ~」


で、コンドームを着け終えた吉岡先輩が佳代ちゃんの脚を持ってガバっと股を広げる。


「きゃっ!」


「で、佳代ちゃんどう?今こうやって実際に俺にチンコ入れられそうになってる気持ちは。」


「……恥ずかしぃです……」


で、吉岡先輩は佳代ちゃんのアソコに自身のペニスの先端を当てて、クリトリスの辺りをペチペチ亀頭で叩いた。


「あっあっんっ……はァ」


亀頭が佳代ちゃんのアソコに当たる度にピチャピチャ音がする。

その音を聞いただけでも、佳代ちゃんのアソコが挿入を前に相当に濡れている事が分かる。


「佳代ちゃんのオマンコが涎たらして早くオチンチン入れて~って言ってるよ。」


「イヤ……ん……」


「じゃあ佳代ちゃん、挿れるよ?」


「……」


そう言われ、佳代ちゃんは少し間を空けて、顔を赤らめながら小さく頷いた。

そして吉岡先輩が腰をゆっくりと前へ進めた。

ついに佳代ちゃんが吉岡先輩とセックスをしてしまう。

もう途中から佳代ちゃんが先輩達に股を開く事は分かっていたことだけど、ショックだった。

で、俺はその瞬間をまばたきをせずにじっと見つめていた。


「ん……ああっ……」


「あ~佳代ちゃんのマンコ締まるわぁ、これは良いマンコだわ。」


「ん…はァァ……」


吉岡先輩の巨根を受け入れて佳代ちゃんは少し苦しそうに顔を歪めていたけど、痛さを感じてるようなふうではなかった。


「佳代ちゃん見てみ、俺のでもちゃんと佳代ちゃんのオマンコに入ってるだろ?」


吉岡先輩が佳代ちゃんの頭を上げさせて2人の結合部を見させる。


「イヤ…ん……すごい……」


極太ペニスが佳代ちゃんの割れ目を大きく広げて突き刺さってる。

でもまだ半分くらいは陰茎が残ってる。


「ほら、もっと奥まで入るよ、見ててみ。」


吉岡先輩がさらに腰をペニスを押し進める。


「ああッ……はァァ……んんッ……」


止まらずにゆっくりと佳代ちゃんのアソコの中に沈んでいく先輩の巨根。

で、結局そのまま先輩と佳代ちゃんの腰がぴったりくっ付いて、あれだけ長かったペニスが根元まで全部佳代ちゃんの中に入ってしまった。

俺もそれを見てて、すげぇ……あんな長いの入っちゃうんだ……って驚いた。

たぶんさっき指で絶頂させられて佳代ちゃんのアソコが十分に解れていたからだと思うけど、結構入っちゃうもんなんだな……。


「んん……はァァ……」


「佳代ちゃんほら、全部入っちゃったよ。」


「ん…ハァ……うそ……スゴイ……んはァ……」


「痛い?」


「痛くはないですけど……はァ……すごくて……んは……」


「チンコが一番奥まで来てる?」


「はァ……」と何度も深く息をしながら頷く佳代ちゃん。


「てか佳代ちゃんのマンコまだ動いてないのにすっげぇヒクヒクしてるなぁ、これ佳代ちゃん奥も相当感じやすいだろ?」


「ん……はァ……」


「こんな奥まで入れられたの初めてだから分かんない?」


頷く佳代ちゃん。


「じゃあ奥突かれるとどれくらい気持ちイイかやってみようか。」


そう言って吉岡先輩はゆっくりと腰を前後に動かし始めた。


「んっあっあっんっはァっすっごっあっこれっあっあっ……」


「ハハッ、良い反応するなぁ佳代ちゃん、なに?奥ヤバい?気持ちイイ?」


「んっはァっうんっあっあっ……」


で、しばらく吉岡先輩がペニスをピストンしてる内に佳代ちゃんのアソコからヌッチャヌッチャって凄い粘液質な音が。


「ちょ、ヤバいって佳代ちゃん、マン汁出過ぎだってこれ、グッチョグチョだよ。」


「あっあんっんはァ……ヤダ……恥ずかしぃ…あっんっ……」


「これは本気汁だなぁ、マン汁超濃いし。」


「はァっンッ……イヤ……あっあっんっ……」


「それにほら、太田見て見ろよこれ、佳代ちゃんのマンコ超吸い付いてくるから。」


見ると吉岡先輩が腰を引くたびに極太の陰茎に吸い付く佳代ちゃんのアソコが、陰茎に引っ張られるようにして盛り上がる。

まるで佳代ちゃんのアソコが先輩のペニスを離したくないと主張しているかのようだった。


「うわ、すげぇな、俺も早くチンコ入れて~。てか俺も交ぜろよ、3Pなんだからよ。」


で、吉岡先輩が一旦腰の動きを止めて佳代ちゃんに聞く。


「佳代ちゃん、太田も一緒に気持ち良くなりたいってさ、やる?」


「……え、でもどうやって……?」


「まぁ色々やり方はあるけどさ、まずは俺がバックでしながら同時に佳代ちゃんが太田にフェラチオするとか。前と後ろでサンドイッチみたいにして。」


「わぁ……」


「めっちゃエロいだろ?」


「エッチですね……」


「やりたい?」


佳代ちゃんが太田先輩の方を見る。


「佳代ちゃん、俺のチンポペロペロしてよ。」


「ていうか佳代ちゃん〝やりたい〟って顔に書いてあるじゃん。」


「え~」(笑顔な佳代ちゃん)


「佳代ちゃんは分かり易いからいいわ、すぐ感情が顔に出ちゃうだろ?」


「……ですね。」(照れ笑い)


「ハハッ、よしじゃあ佳代ちゃん四つん這いになってみ。」


↓公開中の他作品(完結済)もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩

官能小説ランキングへ
[ 2016/05/27 ] TB(0) | CM(3)

やっぱ書き直し は結局止めました。

すみません、やっぱり14話書き直します!
どうしても自分的に違和感があるので……明日中には14、15と更新したい……!


やっぱり結局そのまま行くことにしました。優柔不断ですみません……。15話はすでに更新したのでよろしくお願いしますm(__)m

↓公開中の他作品(完結済)もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩

官能小説ランキングへ
[ 2016/05/26 ] TB(0) | CM(7)

官能小説 青春の人 佳代ちゃん(14)


絶頂の瞬間、吉岡先輩は佳代ちゃんのアソコにガッツリと2本の指を根元まで入れて、中で膣を少し持ち上げるような感じで快感スポットを指圧し、太田先輩は佳代ちゃんの乳首を少し痛そうなくらい強く抓っていた。

佳代ちゃんはその快感が相当に大きかったみたいで、達した時は5秒くらい身体をエビ反りにしていたと思う。
で、その後一気に脱力してハァハァ肩で息していたんだけど、絶頂の余韻でしばらく腰やお腹の辺りがビクンビクンって痙攣してた。


――佳代ちゃん……――


憧れの人がエクスタシーを感じている姿に、俺は興奮しっぱなしだった。

先輩達も佳代ちゃんのあまりのイキっぷりに顔を見合わせてニヤニヤしてた。

で、佳代ちゃんは痙攣が少し落ち着いたところでやっと我に返ったのか、めちゃくちゃ恥ずかしそうにして赤くなった顔を両手で隠してた。


「佳代ちゃん大丈夫か?随分遠くまでイッちゃったみたいだけど、ちゃんと戻ってきた?」


吉岡先輩がニヤニヤした顔で聞くと、佳代ちゃんも恥ずかしそうに頷いてちょっと笑ってた。


「てか佳代ちゃんマジでエロ過ぎだって、凄いイキ方してたし。」


「……やだ……言わないでください…恥ずかしぃ……」


「でも気持ち良かったでしょ?」


そう聞かれて佳代ちゃんはまた恥ずかしそうな仕草を見せた後、素直に小さく頷いて笑みを見せてた。


「吉岡の指テクヤバかった?」


笑顔のまま、それにも恥ずかしそうに頷く佳代ちゃん。


「てか男2人に同時にされるの超気持ちイイっしょ?」


「……なんか、凄いですよね、頭が真っ白になっちゃうっていうか……」


「彼氏にされるのと全然違う?」


「……それは……」


「どうなの?」


「……全然……違う、かも……」


ちょっと答え難そうだったけど結局素直に答えちゃう佳代ちゃん。


「あ~これ佳代ちゃん3Pにハマっちゃうわ~、普通のエッチじゃ満足できなくなっちゃったらどうすんの?」


「え~どうしよう……」(ニコニコしながら)


「まぁ佳代ちゃんなら俺達がいつでも相手してあげるけどさぁ。」


「てか佳代ちゃんマジで感度良いよなぁ。」


そう言って吉岡先輩がまた佳代ちゃんのアソコに指を入れる。


「あっ……ん……」


「ほらこのマンコ、まだヒクヒクしてるし。指だけでこんなになっちゃうのにさぁ、ここに太いチンコ挿れたら佳代ちゃんどうなっちゃうわけ?」


「……どうなっちゃうんだろう……」(と言いながらなんだか嬉しそうな佳代ちゃん)


「佳代ちゃんチンポでイキまくっちゃうんじゃねぇの?しかも今日チンポ2本あるからね?」


「わぁ……大変。」(やっぱ嬉しそう)


「なんだよ佳代ちゃんニコニコしちゃってよぉ、可愛い顔してる癖にやっぱりムッツリスケベだなぁおい。」


太田先輩に頭を軽く手でツンツンされて「そんな事ないですよぉ」と言いながらも笑顔な佳代ちゃん。

で、その後佳代ちゃんはちょっと冷静になって自分で火照った頬っぺた押さえながら「はぁ、私絶対変になってる……」って言ってたんだけど、先輩達には「それが佳代ちゃんの本性だよ」って言われて「え~」って笑ってた。


「それより佳代ちゃんほら、チンコ握ってみ。」


「え~……」


「いいからほら。」


そう言われ、先輩達の陰茎を両手に握らされる佳代ちゃん。

さっきはズボンの上からだったけど、今度は先輩達のフルチンを佳代ちゃんの手が直接握る。


「わぁ……」


「どう?俺達の興奮が伝わる?」


「熱く、なってますね……。」


「佳代ちゃんがエロいからさぁ興奮してんだよ、早く佳代ちゃんのおマンコで射精したいわぁ。」


「やだ……恥ずかしぃ……」


「ほら、ちょっとシコシコしてみ、もっと固くなるから。」


「……こ、こうですか?」


さすがにシコシコの意味は分かってるのか、佳代ちゃんはペニスを握った手をゆっくりと上下に動かし始めた。


「はあ~佳代ちゃんの手コキ気持ちイイわ~」


太田先輩のその言葉を聞いて嬉しそうに手を動かす佳代ちゃん。


「佳代ちゃん結構上手いじゃん。」


「ウフフ……わぁ、でもこれ……」


「また固くなってきたっしょ?」


「凄いですね……さっきよりさらに……それに……」


「それに?」


「……やっぱり…大きいんですね……二人とも…」(照れながら)


「ハハッ、まぁ正直俺らは巨根の部類に入るからなぁ。」


「そ、そうなんですね……」


「これが今から佳代ちゃんのオマンコに入るんだよ。」


「わぁ……」(ニコニコ)


「嬉しそうな顔しやがって、やっぱ佳代ちゃんチンコ好きだろ?」


そう言われてもニコニコ笑ってるだけで否定しない佳代ちゃん。


「で、チンコ好きな佳代ちゃんは、やっぱ巨根だとテンション上がっちゃうの?」


「上がっちゃう…かも。」


「ハハッ、やっぱ巨根好きなんだな。」


「で、でも分かんないです、やっぱり大きい方が色々とあの……良いんですか?」


「まぁやってみれば分かるよ。てか佳代ちゃん好奇心旺盛だね、こりゃ変態になる素質あるわ。」


「え~でも先輩達の方が……」


「俺達はド変態だよ?だから佳代ちゃんもそのド変態仲間に入れてあげるよ。」


「え~それはなんかやだ~」と言いながら笑う佳代ちゃん。


「でもぶっちゃけ佳代ちゃんも気持ちイイ事大好きでしょ?」


「気持ち良い事ですか……」


「もうここまで来たら素直になろうぜ佳代ちゃん、エッチな事大好きなんだろ?。」


「も~なんて答えればいいんですかそれ……」(笑いながら)


「正直に気持ちい事大好き!って言えばいいんだよ。その方が3Pセックス楽しめるよ。」


「え~恥ずかしぃ……」


「ほら、言ってみ、言うとさらにテンション上がるからさ。」


そう言われてニコニコする佳代ちゃん。そして……


「……うん……大好き…ですね、たぶん。」(顔赤くしながら)


「気持ちイイ事大好き?」


「……うん。」(顔赤くしながらニコニコ)


「おー!佳代ちゃんぶっちゃけてきたー!」


「もぉー恥ずかしいっ……でも皆そうですよね?」


「そりゃそうだけどさ、でも佳代ちゃんはかなりエロい方だと思うよ?正直そういう自覚あるっしょ?普段からエロい事とかすぐ妄想しちゃうタイプだろ?」


「え~ん~……ですね。」(照れながら)


「って事は佳代ちゃんはセックスも相当好きなんだ?」


「え~もう聞かないでくださいよぉ。」


「いいじゃん、言ってよ、セックス大好き?」(太田先輩めっちゃニヤニヤしながら)


で、佳代ちゃんは「もぉ…」と少し呆れたように言ってニコニコしながら「好き……ですよ、うん」って恥ずかしそうに答えてた。


「おー!いいねぇ!じゃあしちゃう?しちゃおうか!?てか佳代ちゃんも早くヤリたそうだね?」


「先輩達がいけないんですからねっ。」


「佳代ちゃんもムラムラしてきてヤバいんだ?」


そう聞かれた佳代ちゃんは恥ずかしそうに頷いて、先輩達はさらに盛り上がる。


「じゃあ佳代ちゃん、本当に佳代ちゃんのオマンコに俺達のチンポ入れちゃっていいんだね?」


吉岡先輩にそう聞かれて、佳代ちゃんはまた滅茶苦茶恥ずかしそうにしてたけど、最終的には
「……うん」って頷いてた。

↓公開中の他作品(完結済)もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩

官能小説ランキングへ
[ 2016/05/24 ] TB(0) | CM(9)