FC2ブログ







官能小説 喰われる人妻 菜穂(16)

「ぁぁ……」


菜穂の股を開かせた後、天野は内腿を摩るようにして手を移動させ再びパンティの中に入れた。


「ところで奥さんは、2年間も旦那さんにセックスをして貰えなかった間どうしていたんですか?女性も時にはムラムラする事だってあるのでしょう?」


「……」



「そういう時は、こうやってここに指を入れて1人で慰めていたんじゃないですか?」


そう問いながら、太い指を1本菜穂の膣にゆっくりと挿入する天野。


クチュゥ……


「ン……ハァ……」


「どうなんですか奥さん。オナニーしてたんでしょ?」


「し、知りません……」


恥ずかしそうに弱い声で否定する菜穂。図星を突かれ明らかに動揺している表情は、天野に簡単に見抜かれてしまう。


「ハハッ、分かりやすい人だなぁ、嘘を付くのに慣れていない感じがまた良い。ほら奥さん、オマンコがよく濡れてるから簡単に指が根本まで入っちゃいましたよ。」


天野はニヤニヤと楽しそうに笑みを浮かべ、挿入した指を膣内でクイックイッと曲げてみせた。


「あっあっ……」


「気持ちイイところがあったら言ってくださいね。たっぷりしてあげますから。」


「ン……ぁ……ハァ……」


「ここですか?」


クチュクチュクチュ……


「あっあっ、ンァ、ハァ……ダメ……」


菜穂は何も言っていないのに、天野は巧みに菜穂の弱いポイントを探り当ててきた。


「ここが気持ち良いんですね?オマンコがヒクヒク反応してますよ。」


「やめ…て……ンァ、ハァ……」


「良い締まり具合だ。指一本だけなのに吸い付いてくるようですよ。」


クチュクチャクチュ……


「イヤらしいマン汁がどんどん溢れてきますよ、ほら、これ見てください。」


天野は一旦パンティから手をを抜くと、トロッとした濃厚な愛液をまとって濡れた指を菜穂の目の前で見せつけた。


「い、イヤ……」


「奥さん、もうこれも脱いじゃいましょうか。こんなに染みができていたら、穿いてても気分が良いものではないでしょう?」


天野はそう言って、菜穂のパンティに指を掛ける。


「あっ、だ、ダメ……」


口ではそう言っても、菜穂の抵抗はとても弱いものだった。

パンツを下ろされないようにと防ぐ手も、実際はただ添えている程度で、簡単に天野に退かされてしまう。

抵抗は形だけ。

どっちみち裸にさせられてしまうのだと、菜穂も自身も分かっていた。


「奥さん、腰を少し上げてください。」


「……。」


「そうしないと、パンティが破れてしまいますよ。」


そこまで言われて、菜穂は観念したように小さく腰を上げた。

すると天野はそのタイミングで一気にパンツを足元まで脱がした。


「きゃっ……」


そして足首からパンツを抜くと、天野はそれを遠くに投げ捨てた。


「ぁ……」


「奥さん、ついに裸になっちゃいましたね。」


「ハァ……見ないで…ください……」


「いいや、しっかり見させてもらいますよ。私はあなたの全てが見たいんですよ、全てをね。」


天野はしばらく菜穂の裸体に見惚れているようだった。

透き通るような白い肌、滑らかな曲線美、セクシーに引き締まった見事なくびれ、成熟した女性らしく十分に丸みを帯びた腰と豊かな乳房。

そして上品な乳首と、控えめに茂った陰毛。

その全てが芸術品のような輝きを放っている。


「なんて綺麗な裸なんだ、奥さん。」


菜穂の顔はただただ羞恥に塗れた表情を見せている。

だがその潤んだ瞳や表情、紅潮した肌さえも、天野を欲情させる材料にしかならない。


「あなたは本当に美しい。だからこそ、私はあなたが乱れた姿も見たいんです。」


そう言うと天野は再び菜穂の膝を掴み、脚をM字に折りたたむようにして左右に股を大きく広げた。


「見せてください。あなたが〝女〟になる時の顔を。」


天野の言葉の一つ一つが、菜穂の心を刺激する。

〝女〟

その言葉を聞いて菜穂は考えてしまう、ここ数年の自分の生活を。


――私はずっと、女として扱われてなかった――


子供を持つ母親にはなったけれど、それでもまだ女である事には変わりはないのに。

智明は、私を女として扱ってくれなかった。

もちろん多忙でそれどころではなかったのだろうけど、寂しかった。

セックスなんかより日々の生活の方が大事だと、自分自身にも言い聞かせて誤魔化してきたけど、
本当は、とても寂しかったの。

ずっと、我慢してた。

セックスどころか、キスだって全然してくれなかった。

男と女の関係が欲しかった。

男の人とキスしたい、男の人に抱かれたいって……


そこまで思考が巡ったところで、はっとして首を横に振る菜穂。


――何考えてるの私……ダメ、今そんな事考えちゃ……!――


それでも今まで心の奥に抑え込んでいた女としての感情が、どうしても溢れ出てきてしまう。

そして菜穂の心のガードが甘くなった所を突くように、天野は再びヴァギナに指を挿入してきた。


「ン……ンァ、はぁあ!」

人気ブログランキングへ
[ 2014/09/20 ] TB(0) | CM(-)

官能小説 喰われる人妻 菜穂(15)

「ハァ、奥さんは凄く良い匂いがしますね、甘くて上品な。」


後ろから胸を揉み続けながら、菜穂のうなじ辺りの匂いを嗅ぐ天野。


「ン……や……」


「おそらく奥さんは今、女性として一番綺麗な時期を迎えていらっしゃる。それをもっと自覚した方がいいですよ。貴女は危険な程魅力的だ。」


そんな事を天野に言われても、気味が悪いだけ。

そのはずなのに、胸のドキドキが止まらない。


「なんだか身体が熱いですね?顔もこんなに赤くしちゃって、私に胸を揉まれて興奮してきたんですか?」


「そ、そんな事……」


「そんな事ない?ではちょっと、ここを確認してみますか。」


そう言って天野は乳房を揉んでいた手を、菜穂の下半身に移動させようとする。

それをすぐに察知した菜穂は慌てて天野の腕を掴んだ。


「だ、ダメッ!」


「どうしました?」


「や、やっぱりダメです……」


「駄目?では終わりしますか?いいんですよ私はいつ終わっても。」


「……そ、そうじゃなくて……」


「では何がダメなんです?」


「……は、恥ずかしいです……」


「ハハッ、いいじゃないですか。その恥じらう表情も素敵ですよ。」


そして掴まれた腕を強引に下げて、菜穂の下着の中に手を入れようとする天野。

菜穂は天野の力の前にどうする事もできない。


「ああ……イヤ……」


菜穂が嫌がる素振りを見せるも、天野の手は止まる事なくそのままスルスルとパンティの中に入ってしまった。

天野の指が、まずは菜穂のアンダーヘアに触れる。

そしてその菜穂の陰毛の感触を楽しんだ後、指はさらに奥へと進み、柔らかな割れ目に到達した。


「ああ……」


クチュ……


天野の指は、菜穂の秘部ですぐにネットリとした湿り気を捉えた。


「おお、これはこれは。」


天野は嬉しそうにそう呟くと、パンティに突っ込んだ指を動かしてわざと菜穂に聞こえるように音を立てて見せた。


クチュクチュ……ピチャピチャピチャ……


「奥さん、この音聞こえます?」


「イヤ……止めて……」


「凄い濡れてますよ奥さん。」


天野の言葉に、首を横に何度も振る菜穂。


「ち、違います……これは……」


「何が違うんですか、こんなに溢れさせて、オマンコがトロトロですよ。」


「……い、言わないで……」


「ハハッ、可愛い人だ。奥さんはオマンコも敏感なんですね、素晴らしいですよ。」


「ン……ぁ……ハァ……」


男の人の手に久しぶりに敏感な部分を触られて、興奮してしまっているのは確かだった。

長い間セックスをしていなかった菜穂だが、実は自慰行為は週に何度かのペースでしていた。

夫の智明が出張に出てる日や帰りが遅い日に、子供を寝かせた後、深夜にひとりでコッソリと。

特に智明の会社が傾き始めてからは、ストレスと性欲の発散をどこかでしないとどうにかなりそうだった。
オナニーをした後はスッキリしてよく眠れたから、自然とその回数も増えていった。

でも、やっぱり自分でアソコを触るのと、人に触られるのは全く違う。

男の人の大きな手、太い指……。

天野の腕は筋肉がよく付いていて、逞しかった。そんな腕を見ていると余計に下腹部がジンジンと熱くなってきてしまう。


――ダメッ!そんな事考えちゃ……――


「ハァ……ああっ!」


天野の指が一瞬、陰核に触れる。

すると菜穂は思わず声を漏らし身体をビクンと震わせた。


「やっぱりここは特に感じやすい所ですか。しかしこれだけ感じやすいならすぐにイッちゃいそうですね、奥さんは。」


そう言って続けてクリトリスを刺激してくる天野。


「ンァ……ダメッ……あっあっ……」


「いい反応だ奥さん。じゃあ今度は膣(なか)をチェックしてみましょうか、少し股を開いて下さい。じゃないと指が入りませんから。」


「……」


天野に言われても、なかなか股を開こうとしない菜穂。

自分から股を開くなんて、したくない。

身体は生理的に反応してしまっていても、抵抗の意思だけは示さないと。

何でもかんでも言いなりになっていたら、気持ちまで流されてしまいそう。

心はしっかりガードしておかないと。


「どうしました?奥さんも本当は膣(なか)を掻き回してほしくて堪らないのでしょう?素直になりましょうよ、こんなに濡らしているんですから。」


「そ、そんな事……思ってません!」


菜穂は顔を赤くしながら、強がるようにそう答えた。

そんな菜穂の態度を見て、天野はやれやれと言った感じで苦笑していた。


「ハハッ、仕方ない人ですねぇ奥さんは。では奥さんが素直になるまで、私がしてあげますよ。」


そう言うと、天野は菜穂の膝を掴んで強引に左右にグッと開いた。

人気ブログランキングへ
[ 2014/09/19 ] TB(0) | CM(-)

官能小説 喰われる人妻 菜穂(14)

「……」


ブラジャーを外すために背中に手を持っていくも、菜穂はホックを外すのを躊躇っていた。

どうしても、女としての防衛本能がこの男の前で裸になる事を拒んでいる。


「どうしたんですか奥さん、早くブラを取ってあなたのオッパイを見せてくださいよ。私はあまり焦らされるのが好きではないんでね。
それとも、ここで終わりにしますか?いいんですよ、全ては奥さん次第だ。ここで脱ぐのも、本採用を蹴るのも、好きな方を選べばいい。」


「わ、分かりました……脱ぎますから……」


天野の脅しに力なくそう返事をすると、菜穂は震える手でホックを外した。

そしてまた少し躊躇うような仕草をした後、意を決したようにゆっくりと身体からブラを取った。

天野の目の前に菜穂の乳房が露わになる。


――ああ……ダメ……恥ずかしい――


ブラを取ったのと同時に手で胸を隠す菜穂。

夫である智明にも、もう2年間も裸を見せていなかった。だからなのか、余計に男性の前で裸になるのが恥ずかしく感じてしまう。


「奥さん、隠さないでちゃんと私に見せてください。さぁ手を退かして。」


菜穂は観念したように胸から手を離すと、天野はまるで美術品を鑑賞するかのようにまじまじと菜穂の乳房を見つめてきた。


「おお、これはまた綺麗な。」


そう言って手を伸ばし、乳房の感触を確かめるように揉んでくる天野。


「キャ……」


「うーん、ボリュームもあって柔らかで素晴らしいじゃないですか。乳首や乳輪も綺麗だ。とてもお子さんを2人も生んだ身体とは思えませんよ。」


ニヤニヤと笑みを浮かべながら菜穂の乳房について事細かに説明してくる天野に、菜穂は途轍もない変態性を感じずにはいられなかった。


「奥さん、もっとこっちに来てください。私に背中を預けて……そうです。」


内心は嫌々ながらも、黙って言われた通りに天野に凭れるようにして身体を預ける。

すると天野は今度は後ろから両手で乳房を掴むようして本格的に菜穂の胸を愛撫し始めた。


「もし痛かったりしたら言ってくださいね。」


「ン……ぁ……」


「大丈夫、ちゃんと私が気持ち良くしてあげますからね。」


乱暴にされるのではないかと思っていた菜穂だったが、その予想に反し身体を触ってくる天野のタッチはソフトなものだった。

しかも随分と慣れた手つきだ。

柔かな乳房を大切に扱うように優しく触り、性感を高めさせようと丹念に揉んでくる。


「奥さん結構敏感なんですね、ちょっと触っただけでもう乳首が固くなってきましたよ。」


嬉しそうに乳首を摘まんで、コリコリと刺激する天野。


「ン……イヤ……」


頭の中では天野を拒絶していても、胸を揉まれていると自然と乳首は立ってきてしまう。

それにまだ胸しか触られていないのに、異常に体温が上がってきてしまっている。

天野からの愛撫に早くも反応し始めてしまっている自身の身体に、菜穂は戸惑いを感じていた。

緊張しているのもあるのだろうが、それだけではない。


確かに天野の言う通り、この2年間、自分の中に溜め込んでいるものは沢山あった。

智明の仕事の事もあったし、子育てのストレスだって相当にあった。

それに性欲も……。


でもそれを天野に、こんな男に解かれるのは、絶対に嫌。

菜穂にとっては、いっその事乱暴にされた方が楽だったのかもしれない。

そうすれば、今夜の事は嫌な思い出として全て捨てられる気がしたからだ。

しかし天野の手は、菜穂に女の悦びを与えようとしてくる。

2年の間全く男性に触られる事なく凝り固まっていた性感帯を、揉みほぐすようにして刺激してくる。

それはある意味菜穂にとっては拷問だった。


――ダメよ……こんな人に感じちゃ――


こんな最低な行為に、悦びなんて感じたくない。

菜穂は下唇をグッと噛んで、心の中に防壁を作り、理性のガードを固めた。

身体は犯されても、奥深くにある女として本当に大切な部分だけは犯されないように。

人気ブログランキングへ
[ 2014/09/17 ] TB(0) | CM(-)