FC2ブログ

















官能小説 青春の人 佳代ちゃん(102)




※今回もアナルやスカ トロ系の過激な話が入っているので苦手な方は注意してください



トイレでアレを見せてくれるという佳代ちゃんの返事に、改めて異常な程興奮をしてしまう俺。

で、そこで俺はA先輩にもらった誕生日プレゼントを佳代ちゃんに見せることにした。


「佳代ちゃん、あの……これなんだけど……」


「え、私見ていいの?」


「うん……ていうか今から必要だと思うし……」


なんだろう?という顔をしながら佳代ちゃんは袋の中身を覗いた。


「えっ?……あ……これ……」


A先輩から俺へのプレゼントを見て顔を赤くする佳代ちゃん。

そして佳代ちゃん袋に手を入れて、イチジク浣腸の箱を取り出した。


「それ……いつもA先輩と使ってるんだよね?」


「……うん……使ってる……ね。」(恥ずかしそうに笑う佳代ちゃん)


「今からも使う?」


「そう……だね、使った方が良いと思う。」(顔赤くしながら)


そして佳代ちゃんは「A先輩からのプレゼントってこういう事だったんだぁ、もぉ……」と笑顔で言いながら、もう一つ袋の中に入っていた物も取り出した。

それはアナルセックス用のローション。


「あ……これもあるんだ……」(また恥ずかしそうに笑う佳代ちゃん)


そう、それもあるから……つまり……

ゴクリと生唾を飲む俺。


「ナオ君も……お尻でエッチしたい?」(照れた笑顔で)


「……したい……かも……」


「じゃあ……しちゃおっか。」


「い、いいの?」


「うん、いいよ、ナオ君だったら。」(可愛い笑顔で)


マジか……佳代ちゃんとアナルセックス……

勃起が止まらない。


「じゃあ……ナオ君、おトイレ借りてもいい?」


「あ、うん。」


「ていうか、ナオ君も見るから……一緒にだよね。」


「……うん。」


胸が高鳴り過ぎてヤバい。

ドキドキしてきた。

で、イチジク浣腸を箱から取り出す佳代ちゃん。


「これ、お腹痛くなるんだよねぇ。」(なぜか笑顔で言う佳代ちゃん)


「佳代ちゃんあの……無理しなくてもいいよ?」


「あ、ううん、そういう意味じゃなくて……私ちょっと好きだから……お腹痛くなるの……」(恥ずかしそうに笑顔で)


えーー!?佳代ちゃん、どんだけドMなんだよ……。

でも佳代ちゃんのそういう所にも興奮してしまうし、可愛く見えてしまう俺も変態。


「そ、そうなんだ。」


でも驚いたのはそれだけではなかった。

佳代ちゃんはまた恥ずかしそうにしながら俺にこう言ってきた。


「あのねナオ君……いつもA先輩にこれ入れてもらってるんだけど、ナオ君はどうする?」


「え、入れるって……浣腸を?」


「うん……自分でもできるけど、ナオ君がしたいなら……」


「い、いいの?」


「うん、いいよ。私もしてもらう方が……好き……だから……」(顔赤くしながら)


「そ、そうなんだ。」


「ごめん私、A先輩と同じくらい変態だよね……」(笑顔で)


俺も「俺もだから」と言って2人で顔赤くして笑い合う。

ああ……この時間、最高。

佳代ちゃんと楽しく変態チックな事するの最高。


「じゃあ……」


「……うん。」


「たぶん後ろの方からのが入れやすいと思うから……」


そう言ってベッドの上で恥ずかしそうにしながら四つん這いになろうとする佳代ちゃん。


「ナオ君、使い方分かるよね?」


「うん、大丈夫だと思う。」


「は~……これも結構恥ずかしいんだよね。」


そしてバックでセックスする時と同じように俺の方にお尻を突き出す佳代ちゃん。

セックスの時はアソコに目が行くけど、今はアナルだけに意識が集中してしまう。

相変わらず綺麗な佳代ちゃんのアナル。

A先輩はここに極太のペニスを何度も入れた事があるんだよな……でもそれが嘘みたいに汚れ感が微塵もない綺麗な肛門だった。


「……ナオ君……」


「うん……じゃあ……入れるね。」


「……うん。」


イチジク浣腸を手に持ち、先端を佳代ちゃんの肛門に近づける俺。

興奮と緊張で手が震える。

使い方は分かってるけど人にするのは初めてだから。

そして俺は、佳代ちゃんの肛門の中心に浣腸の先端を当て、痛くならないように慎重にゆっくりと、その穴に押し込んだ。

結構簡単に入った。


「佳代ちゃん、痛くない?」


「うん、大丈夫だよ……恥ずかしいけど。」


浣腸刺されながらも笑顔を見せてくれる佳代ちゃん。←エロい


「じゃあ……中に入れるよ?」


「うん。」


そして俺は、そのままイチジク浣腸の膨らみを親指で押し込み、中に入っている浣腸液を佳代ちゃんの直腸内に注入した。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2017/01/23 ] TB(0) | CM(3)

官能小説 青春の人 佳代ちゃん(101)



※今回はアナルやスカ トロ系の過激な話が入っているので苦手な方は注意してください




「佳代ちゃん……本当にその……いいの?」


「うん、ナオ君がして欲しい事があったら何でも言って。」


「……じゃあ……」


もう俺は好奇心を抑えきれなかった。

自分でも信じられない程の性欲が身体の奥から湧き出てきていた。

二度の射精の後でもギンギン勃起しているペニスは、更なる興奮を求めている。

アブノーマルなセックスへの興味が、俺の奥深くにある本能を刺激していたのかもしれない。


「……佳代ちゃん、俺……見たい……」


「え?見たい?何を見たいの?」


「……その……佳代ちゃんが……トイレで出してる所を……」


俺のその言葉を聞いて、一瞬固まる佳代ちゃん。


「ぇ……」


「……」


「……」


2人の間に沈黙が流れる。


ヤバい、やっぱりマズかったかな……


で、佳代ちゃんは固まった後に少し考え込むような仕草を見せて、俺にこう聞いてきた。


「トイレって……お〇っこ……の事?」(恥ずかしそうに)


普通はそう思うよね。

でも佳代ちゃんがオ〇ッコするところはもう何度か見てきたし……。

もういい!言っちゃえ!


「あ、いやそうじゃなくて、えっと……お〇っこ……じゃない方のやつ。」


「えっ!?」


佳代ちゃんはかなり驚いた様子で、再び固まってしまった。


「……」


「……」


で、見る見るうちに佳代ちゃんの顔が赤くなっていく。

ヤバい、佳代ちゃんめっちゃ動揺してる。

そして動揺した様子で佳代ちゃんは俺に聞いてきた。


「……もしかしてナオ君……A先輩に聞いたの……?」(ちょっと泣きそうな佳代ちゃん)


「ぇ……あ……うん……」


で、やっぱりそれは言っちゃダメだったっぽい。

佳代ちゃんは俺の返事を聞いて、めっちゃ恥ずかしそうに頭抱えてた。


「えーーーー!もぉA先輩絶対秘密って言ったのにぃ!」


そう言いながら手をグーにして俺の身体をポコポコ叩く佳代ちゃん。(全然痛くない&俺はA先輩じゃない)

やっぱりA先輩にウ〇コしてる所を見せた事は佳代ちゃんの中で絶対的な秘密事項だったみたい。


「ご、ごめん佳代ちゃん、俺はその……」


「え~もうどうしよう私……ねぇナオ君、A先輩それみんなに言いふらしてたの?」


「い、いや……言いふらすっていうか……いつものメンバーにだけだけど……」


「吉岡先輩と太田先輩とB先輩……?」


「……うん。」


「美和子先輩にも?」


「美和子先輩には言ってないと思うけど……」


「もぉ……はあ~……」(大きなため息)


「……」(なんて声を掛ければいいのか分からない)


「……」


ここは気まずくて結構長い間沈黙してた。




「か、佳代ちゃんあの……」


「恥ずかしぃよぉ……」


「え?」


「私恥ずかしいよっナオ君っ!」


またポコポコ叩いてくる佳代ちゃん。(全く痛くない)


「ご、ごめん……」


〝私もうお嫁に行けない!〟的な感じで落ち込む佳代ちゃん。


「……ねぇナオ君、先輩達、その話聞いて引いてたでしょ?」(不安そうに)


うん、引いてた人もいた。

でもこの状況でそんな事佳代ちゃんに言えない。


「え……いやそんな事ないよ、どっちかって言うと、皆喜んでたかな……」(ゲラゲラ笑ってた感じだけど)


「え~ホントに?……喜んでたの?」


先輩達が喜んでいたと聞いてちょっと笑う佳代ちゃん。


「う~ん喜んでたっていうか……皆興奮してたっていうか、盛り上がってたっていうか……ほら、先輩達って皆変態じゃん?」


フォローになってないけど、それを聞いてまたちょっと笑ってくれる佳代ちゃん。


「……ナオ君は?」


「え、俺?……俺も…興奮しちゃったかな……うん。」


すると佳代ちゃんは、俺のその返事を聞いてクスっと笑った。

あれ?佳代ちゃん嬉しそう?


「もぉ~……ナオ君も変態さんだねっ。」


「う、うん……」(佳代ちゃんに合わせて笑顔作って)


佳代ちゃん機嫌直ってきたっぽい。

皆に引かれてないと聞いてちょっと安心したのかな。


「……でもホントに私恥ずかしいよぉ……もうA先輩の事絶対信用しないっ!」


「あはは……」(笑っていいところだよな?)


「……ねぇナオ君、本当に私の事引いてない?」


「引いてないよ、本当に、うん。」


「……ていうかナオ君もそういう趣味があるの?その……トイレで見るのとか……」


「え……えっと趣味っていうか……正直興味があるっていうか……」


「ナオ君、本当に変態さんになっちゃったんだね。」(笑顔で)


「……うん、ごめん……」


「あ~ぁ、高校の時のナオ君はあんなに可愛かったのになぁ……まさかナオ君がこんなに変態さんになっちゃうなんて……」


それは佳代ちゃんもだろ……とは言えなかった。

でも佳代ちゃんはすぐに自分で気づいたみたいで、恥ずかしそうにしながら


「ごめん、私もだよね。」(笑顔で)


で、2人で笑う。

さっきは佳代ちゃんが泣きそうになっちゃってどうなるかと思ったけど、逆に雰囲気良くなってきた。

変態仲間としてさらに意気投合してきた感さえある。

これはもしかして……


「……ねぇナオ君……そんなに見たいの……?」


「え、何を?」


「え~言わせないでよっ」(恥ずかしそうに笑って)


「……いいの?」


「……やっぱりダメ!絶対無理!恥ずかしいもん!」


じゃあなんで聞いたんだよ。笑

でも恥ずかしがってる佳代ちゃんは相変わらず可愛い。

だからもう一度俺から聞いてみる。


「ホントにダメ?」


「え~……う~ん……無理だよぉ……恥ずかしいもん。」


「そ、そっか……そうだよね、さすがに無理だよね、ごめん変な事言って。」


そりゃ抵抗あるよな。

俺でも人前でそんな姿見せるのたぶん無理だし。

でも佳代ちゃんはそんなガッカリしてる俺の顔を見てまたクスクス笑っていた。

俺が「?」という顔をしていると、佳代ちゃんは意味深な笑顔を見せながら、何も言わずに布団の中で俺の身体を手で触ってきた。

最初は俺の乳首を指で触ってニコッと笑い、次は下半身にも手を伸ばしてきた。


「か、佳代ちゃん……?」


その声に返事はせずに、俺の勃起したままのチンコをギュッと握って笑顔を見せてくる佳代ちゃん。

そして佳代ちゃんはそのままゆっくりとチンコを上下に扱きながら「固いね~」と嬉しそうに言ってきた。


「ナオ君、まだ興奮してるんだ?」


そう聞かれて俺が頷くと、佳代ちゃんは少し考えるような素振りを見せた後にこう話し始めた。


「私、ナオ君がこうやって私で興奮してくれるの、すっごく嬉しい。」


チンコ扱きながら、さらに続ける佳代ちゃん。


「なんかね、私ナオ君がオチンチン固くしてるの見ると、何でもしてあげたくなっちゃうんだよね。」(恥ずかしそうに笑顔で)


「佳代ちゃん……」


「だ・か・ら」


そして佳代ちゃんは俺の耳元まで顔を近づけてきて囁くようにこう言った。


「……やっぱり見せてあげようか?トイレで。」


……マジか!


「ほ、本当に!?いいの!?」


「……うん、いいよ。」(恥ずかしそうに笑顔で)


それを聞いた瞬間、俺の興奮度はMAXに。

チンコもさらに固くなった。


「きゃっ……わぁすごい!ナオ君のここ、今凄く固くなったね?」(チンコ握りながらテンション高くなる佳代ちゃん)


「ごめん、つい興奮しちゃって……でも佳代ちゃん本当にいいの?」(信じられなくて再度確認)


「うん……すっごく恥ずかしいけどぉ……ナオ君だったら、いいよ。」(天使のような笑顔で)


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2017/01/18 ] TB(0) | CM(13)

2話分更新。




なかなか更新できなかったりコメント返せていなくてすみませんm(__)m

今日は2話分更新したので(99話と100話)、よろしくお願いします。



メンメン

[ 2017/01/13 ] TB(0) | CM(0)