FC2ブログ







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] TB(-) | CM(-)

官能小説 喰われる人妻 菜穂(12)

菜穂の返事を聞くと、天野はニンマリとした笑顔を見せた。


「いやぁ良かった、奥さんが話が分かる方で。」


「あ、あの……本当に夫には……」


「ええ、大丈夫ですよ。旦那さんには絶対に知られる事はありませんから、安心してください。」


智明には絶対に知られる事はない。

智明に知られる事さえなければ、今夜の事は自分1人で抱えて墓場まで持っていけば良いのだから。

そうすれば智明や家族を傷つけることはない。

とは言っても、菜穂はまだ迷いを捨てきれていなかった。

菜穂のような一途で真面目な女性にとって、一晩だけとはいえ今まで守ってきた貞操を捨てる事にはやはりかなりの抵抗があるのだ。


「ハハッ、奥さんそんな思い詰めた顔をしないでください。ほら、もう一杯飲みましょう、リラックスできますよ。」


そう言って天野はまたグラスに酒を注いで菜穂に渡してきた。

いっその事記憶が無くなるくらいに酔ってしまえば楽になるかもしれない。そんな想いで菜穂は勧められるがままにグラスに口を付けた。

もう結構な量のアルコールを摂取している菜穂。

さすがに身体が熱く、頭もボーっとしてきた。

横にいる天野に肩を抱かれているのは不快である事に変わりはなかったが、不思議とずっとこうされていると慣れてしまって、そんな感情も段々と薄れてくる。


「で、奥さんはどうなんですか?こっちの方は、好きなんですか?」


太ももを摩りながら聞いてきた天野。でも菜穂は一瞬それが何のことを聞かれているのか分からなかった。


「え?」


「セックスですよ、好きなんですか?」


セックスという言葉にドキッとする。こんな状況だからなのか、今はその言葉が、凄く生々しく感じる。

これから天野とセックスをしなければいけないという現実が一気に近づいてきたように思えて、緊張と共に鼓動が早くなる。


「そ、そんな事聞かれても……」


「ハハ、好きか嫌いかくらい答えるのは簡単でしょ?教えてくださいよ。」


「……私は……ふ、普通です。」


「じゃあ嫌いではないんですね?」


ニヤニヤとイヤらしい笑みを浮かべながら天野は、赤面している菜穂の表情を見つめた。


「では奥さん、最近セックスをしたのはいつですか?」


「ど、どうしてそんな事まで……」


「これも遊びの一つですよ。私はプロセスも楽しみたいタイプでね、分かるでしょう?ただヤルだけじゃ詰まらないですし、私は満足できない。さあ答えてください、正直にね。」


天野を満足させないと、本採用はない。

夫婦の性生活について話すのは嫌で仕方なかったが、答えない訳にはいかなかった。

でもその質問は、菜穂にとって答え辛いものだった。

何せ菜穂と智明は2年以上もセックスをしていないのだから。


「正直にですよ、奥さん。」


「正直に……ですか……?」


「そうです、教えてください。」


「……えっと……あの……年前……くらいです……」


「ん?聞こえないですよ。」


「あの……に、2年前くらい……」


別に嘘をついても良かったのかもしれない。嘘を言ったところでそれが嘘だとバレる訳がないのだから。

でもそこまで頭が回らなかった。

表情こそ笑っているものの、未だに天野の態度には独特の威圧感がある。その威圧感が菜穂に思考する余裕を無くさせていた。


「2年前!?随分とご無沙汰なんですねぇ、それじゃ完全にセックスレスじゃないですか。」


案の定の反応に、菜穂は俯くしかなかった。


「さっき宴会の席で言われた時は、やはり図星だったんですね?へへ……という事は、奥さんも大分溜まっているんじゃないですか?欲求不満が。でもだったら丁度良かったじゃないですか、今日はその不満を解消できるかもしれませんよ。」


「……」


菜穂は天野の話に対して黙って俯いたまま、小さく首を左右に振った。

確かに性生活には不満を持っていたかもしれない。でもそれは愛する智明が相手でないと解消できるはずがなく、愛の無いセックスで満たされるようなものではないのだ。

しかしそんな菜穂の様子を見て、また天野は笑ってみせた。


「ハハッ、奥さんは本当に旦那さんを愛しているんですねぇ、いや実に素晴らしい。でもねぇ奥さん、あなたも結婚しているとはいえ、1人の生身の女性である事には変わりない訳でしょう?偶には欲しくて堪らなくなる事もあるんじゃないですか?旦那さんじゃなくても、男の身体が。」


「そ、そんな事……ありません。」


「本当ですか?2年もの間一度も考えた事さえないんですか?」


「ぇ……それは……」


智明以外の男性とするセックスを一度も想像した事がないと言えば嘘になるかもしれない。

でもそれはあくまで想像だけで、実際にそういう事がしてみたいと思っていた訳ではない。

浮気心があった訳ではないのだ。

菜穂が答えあぐねていると、そんな菜穂の心を見透かしたように天野はこう続けた。


「どうやら考えた事くらいはあるみたいですね。」


またも図星を突かれて顔を赤くする菜穂。


「わ、私は別に……その……」


「ハハッ、分かりやすい人だ。良かったですよ奥さん、それなら一緒に楽しめそうだ。」


そう言うと天野は肩に回していた手をゆっくりと下ろしていき、菜穂の胸の膨らみを浴衣の上から触り始めた。

人気ブログランキングへ
[ 2014/07/01 ] TB(0) | CM(-)

官能小説 喰われる人妻 菜穂(11)

「私……ですか?」


「そうです。奥さんも大人だ、私が何を言いたいか分かるでしょう?私はね、あなたを一目見た時から、ずっとこうしたかったんです。」


天野はそう言って菜穂の太ももを触っていた手をさらに閉じていた内ももの方へ差し込んだ。


「えっ!?あ、天野さん、ちょ、ちょっと待ってください!」


顔を赤くしながら慌てふためく菜穂。

迷いながらここまで来てしまったけれど、まさか天野がここまで迫って来るとは思わなかった。やはり部屋にまで付いてきてしまったのは間違いだったと菜穂は後悔した。

天野の発情し野獣のようになった目を見れば何を求められているのかは分かった。

でも菜穂の我慢にも限度がある。

そして天野の手が菜穂のさらにデリケートな部分を触ろうとしてきた時、その限度は超えた。


「嫌!止めてください!」


菜穂は天野の手から逃れるようにしてソファから立ち上がった。

智明の妻である前に、菜穂は1人の女性だ。女性としてのプライドが、天野の行き過ぎたセクハラをこれ以上許さなかったのだ。

しかし菜穂は向き直って天野の驚いた顔を見た瞬間に〝とんでもない事をしてしまった〟と思った。

つい頭に血が登ってしまった。これで天野の機嫌を損ねたらもう、智明の採用の話はなくなってしまうかもしれない。

智明のやっと掴み掛けたチャンスが、水の泡に。

私のせいで……


「す、すみません!私……」


菜穂は咄嗟に天野に頭を下げて謝罪した。


「急にどうしたんですか奥さん、せっかく楽しくお酒を飲んでいたのに。」


「……あの、困ります私……こういう事は。」


菜穂が困惑しきった表情でそう言うと、天野はなぜか大きく笑い始めた。


「ハハハッ!驚かせてしまいましたか、いやこれは失礼。でもそんなに堅く考えなくてもいいのに。奥さん落ち着いて、とにかくここに座ってください。」


「……は、はい。」


菜穂がソファに座り直すと、天野は再び身体を近づけてきた。

一度拒絶したにも関わらず、それを全く気にもしていないような天野の態度は、威圧的だった。


「奥さん、もっと気軽に考えましょうよ。私としてはあなた方夫婦にとても良い条件を出しているつもりなんですがね。そうでしょう?」


「……」


そう言って天野はもう一度菜穂の肩に手を回した。


「悪いようにはしませんから。何にも痛い事はしないし、少し2人で大人の遊びを楽しむだけですよ。へへ、今夜だけです。そしたら、旦那さんはすぐにでもうちの正社員になれるんですよ。給料だって今とは全く違う額だ。」


「……」


どうしよう

私はどうしたらいいの?智明……


もしこの事を今智明に相談したら、智明は絶対に怒ってくれるだろうし、そんな事をする必要は全くないと言って私を守ってくれるに違いない。

例えそれで採用の話がなくなったとしても、智明は迷わずそうしてくれるはず。

でも、本当にそれでいいの?


菜穂は思い出していた。面接の後に智明が見せた涙を。

智明と知り合い、結婚してからもう何年も経つけれど、智明が泣くところを見るのはあの時が初めてだった。

いつも自分の前では優しい笑顔を見せてくれていた頼もしい夫。

そんな夫の心身ともに疲れて切った表情と、悔しそうに涙を流す姿。

きっと就職活動の間も、辛かったと思う。

社会から失業者として扱われ、男としてのプライドも傷ついたと思う。

もしこの採用の話がなくなったら……がっくりと肩を落とす智明の姿が思い浮かぶ。

菜穂はもう一度同じような苦労を智明にさせたくはなかった。


「奥さんの目を見れば分かります。本当は喉から手が出るほど旦那さんの採用が欲しいんでしょう?」


その通りだった。

天野の言葉は、誘惑に近かった。

菜穂の心の弱みを完全に突いている。

菜穂の夫に対する想いや優しさを、天野は見透かしているのだ。


「あっ……」


天野の手が、再び菜穂の内ももを触り始める。


「私を汚い人間だと思いますか?でもね奥さん、このぐらいのことは、社会じゃよくある事なんですよ。」


まるでドラマや漫画の中に出てくるセリフのようだった。


「奥さん、あなた次第です。奥さんが私の要望に応えれてくれれば小溝君は即採用だ。でもそれができないなら、この話は無かった事にさせてもらう、それだけです。」


〝この話は無かった事にさせてもらう〟

その言葉が、菜穂の胸に重く圧し掛かる。

私が今夜一晩だけ我慢すれば、智明は採用してもらえる。

智明がこれ以上再就職の事で苦労する事もなくなる。

私が我慢すれば……


「……ほ、本当に今夜だけですか?」


「そうですよ、何も私はあなたに不倫をしてほしいと言っているわけじゃないんだ。今夜だけの単なる遊びですよ。」


単なる遊びと言われるのは、女として軽く見られているようで不快だったが、でも逆にその方が良いのかもしれない。

少しの間だけ心を無くして、事務的に事を済ませればそれで終わりなのだから。

もちろん、菜穂にそう思わせるのが天野の作戦である。

そして菜穂はそんな天野の術中に、まんまと嵌ってしまう。


「……あ、あの、この事は智明には……夫には……」


「もちろん知られる事はありませんよ。今夜の事は奥さんと私だけの秘密です。それが大人の遊びのルールってもんです。」


それを聞いて、菜穂はまた考え込むように俯いた。

そんな菜穂の肩を天野が抱き寄せる。


「では奥さん、私の要望に応えてくれるんですね?」


覚悟が決まっている訳じゃない。

でも天野はすぐに答えを欲している。もう決めなければいけない。

菜穂の頭の中はパニックになっていた。酒が入っているのもあるのだろう。追い詰められた状態で冷静に物事を考える事なんてできなかった。

ハッキリしているのは、自分が犠牲になれば、全て事が上手く収まるという事だけ。

私が耐えればいいの。

そう、私が耐えれば。智明のために。

だから智明……許して。


そして菜穂は俯いたまま、小さな声でこう答えた。


「……分かり……ました。」

人気ブログランキングへ
[ 2014/06/20 ] TB(0) | CM(-)

官能小説 喰われる人妻 菜穂(10)

天野と共に部屋に向かう途中、菜穂はずっと心の中で葛藤していた。

言われるがままにここまで来てしまっているけれど、本当にこれで良いのだろうかと。

しかしそんな風に迷う時間もそれ程なく、2人は部屋に着いてしまった。


「さ、どうぞ入ってください。」


「……し、失礼します。」


菜穂はドアの前で一瞬躊躇するように立ち止ったものの、天野に入るように促されると、ゆっくりと部屋に足を踏み入れた。

やはり既婚女性である菜穂にとって、夫以外の男の部屋に入るというのは物凄く抵抗があった。

でも今はそんな事は言っていられないのだ。

〝智明が本採用される事〟

菜穂の中ではそれが今一番優先されるべき事なのだから。


露天風呂付きだと言う天野の部屋は建物の最上階にあり、やはり他の社員達が泊まる部屋とは作りが違い、高級感があった。


「これだこれだ、女将が用意しておいてくれた酒、これが美味しいんですよ。さ、そこに座って。」


「……はい。」


言われた通りに部屋にあったソファに腰掛ける菜穂。

この時点で、なんだか長くなりそうだと、菜穂は感じていた。

そしておススメの酒を持ってきた天野は正面の椅子に座るのかと思いきや、嬉しそうな顔をして菜穂の横に座ってきた。バスの時と同じ、肩が触れそうな程の近さだ。

グラスを渡され、そこにたっぷりと酒を注がれる。


「あ、あの……私はこんなには……」


「ん?ちょっと多かったですか?まぁ飲めなかったら残してもらっても結構ですから、さ、どうぞ。」


「はぁ、ありがとうございます。」


ゆっくりとグラスに口を付ける菜穂。

酒は発砲タイプの日本酒だった。

確かにスッキリした味わいで、美味しい。


「どうです?美味しいでしょ?」


「はい、凄く……美味しいです。」


「そうでしょう?良かったぁ、奥さんに気に入って貰えて。ささ、どうぞもっと飲んでください。」


酒の美味しさも手伝ってか、残してしまうだろうと思っていた量を天野に勧められるがままにあっさり飲み切ってしまった菜穂。

天野はそれを見て、空になったグラスにさらに酒を注いできた。


「あ、でもこれ以上は飲み過ぎになってしまいますし……」


「いいじゃないですか、あと一杯くらい。今日で飲まないと勿体無いですから、2人で一本空けちゃいましょう。」


こんな場所で酔い潰れてしまってはいけないという気持ちはあったが、このお酒はあまりアルコール度が高いとも感じなかったから、このくらいなら大丈夫だろうと思った菜穂は、2杯目にも口を付けた。

これで天野の機嫌が取れるならと、菜穂は「本当に美味しいですね」という言葉を繰り返していた。

しかしそれはある意味逆効果だった。

菜穂が天野の機嫌を取ろうとすればする程、天野は調子に乗る。

この部屋で酒を飲み始めてから20分ほど経った頃だろうか、天野は突然菜穂の太ももを浴衣の上から触ってきたのだ。


「やっ……」


不快感から防衛本能が働いた菜穂は、咄嗟に天野の手を払い除けようとしたが、寸前のところでそれを我慢した。

そんな事をしたら、天野が不機嫌になってしまうかもしれないからだ。

下唇を噛んで自分を抑える菜穂。


「それでねぇ奥さん、小溝君の本採用の事なんだがね。」


天野は菜穂の太ももを摩るようにしてイヤらしく手を動かしながらそう話し始めた。


「は、はい……」


「実はもう私の中ではほぼ決まっているんだ。小溝君なら、採用しても誰も文句は言わないだろう。」


「そ、そうですか、ありがとうございます。」


太ももを触られている事に嫌悪感を抱きながらも、菜穂は天野のその言葉にホッとした。

だが話の本題はそこからだった。


「ただし、まだ採用に向けて最後の詰めが残っているがね。」


「最後の……詰めですか……?」


菜穂が少し不安そうにそう聞き返すと、天野はニヤリと怪しい笑みを見せた。

あまりに黒い雰囲気を纏った天野のその表情に、菜穂の不安はさらに大きくなった。


「そう、その最後の条件さえ満たされれば、小溝君を正式に採用できる。」


「条件……」


「そうです。奥さん、正直な話をしましょうか。本当の事を言うと、面接の時点では小溝君を採用するつもりは全くなかったんですよ、全くね。でも私はその後小溝君にチャンスをあげる事にした、なぜだと思います?」


「ぇ……それは……」


「分かりませんか?」


「は、はい……」


「本当に?」


「……はい。」


「では教えましょうか。奥さん、あなたですよ。あなたを一目見た瞬間に私は決めたんです。この夫婦にチャンスをあげようってね。」

人気ブログランキングへ

完全に休み過ぎました。すみません……
[ 2014/05/25 ] TB(0) | CM(-)