FC2ブログ











官能小説 青春の人 佳代ちゃん(7)


布団の中でコソコソと会話をする先輩達と佳代ちゃんの声に耳をそばだてる。

佳代ちゃんの胸の事だとか、彼氏とのセックスの事だとか、相変わらず先輩達はエロ話しかしないのだけど、夜中の雰囲気が許させるのか、佳代ちゃんはそれを嫌がっているようには全く見えなかったし、寧ろ先輩達と楽しくその会話をしているように見えた。


「そんな彼氏の淡泊なセックスじゃ佳代ちゃん持て余してるんじゃないの?」


「そうそう、絶対欲求不満だよな、こんなエロい身体してんだから。」


そう言って布団の中で吉岡先輩が佳代ちゃんの身体を触ったっぽくて、佳代ちゃんがちょっと悲鳴を上げる。


「きゃっ!も~そんな事ないですからぁ、ちょっと、吉岡先輩触っちゃダメです。」


「エロいってこの身体、佳代ちゃんの水着姿マジで鼻血もんだったし、男全員興奮してたから。」


「え~そんなにですか?」(笑いながら)


「そういう無自覚なところがまたエロいわ。」


「だって、そんな風に言われた事今までなかったんですもん。」


「佳代ちゃん可愛い顔してるのに身体もあんなスタイル良いなんてって皆驚いてたよ。」


「え~ホントですか。」


「スタイル褒められるのは嬉しいんだ?」


「う~ん、ちょっとは嬉しい……かな、でもあんまり言われると恥ずかしいですけど。」


「いやマジで佳代ちゃんのビキニ姿最高だから、また今度俺達と海行こうよ、夏が終わらないうちにしさ。」


「いいなそれ、佳代ちゃんもちろんOKでしょ?」


「え~海かぁ、どうしよう。」


「行こうよ、人数多いと面倒くさいから今日のメンバーで、絶対楽しいって。」


「あ~確かにこのメンバーで行ったら楽しそうですよね、行きたいかも。」


「よし!じゃあ決定!で、佳代ちゃんはビキニな!」


「でも私、この前着た水着しか持ってないですよ?」


「新しいビキニくらい俺が買ってやるよ。」


「わ~ホントですか?」


「次はめっちゃエロいビキニにしような。」


「イヤですよぉ、可愛いのにしてください。」


「じゃあエロ可愛いやつな。」


「え~」


「まぁ佳代ちゃんはどんなビキニ着てもエロいんだけどな。」


話の流れで海に行く約束をする3人。

海には俺も誘ってもらえそうだけど、これだけエロ目線で見られてるのに先輩達の前でまたビキニ姿になることに佳代ちゃんはあんまり抵抗ないんだな、とか思ってちょっと複雑だった。

そして、話はここから再びセックスの話に……


「もちろん泊まりだよな、で、夜は佳代ちゃんの日頃の欲求不満を発散させてあげるからよ。」


「え~なんですかその発散って、なんか怪しい……」(不審そうな声で)


「ほら、大樹と美咲も発散してただろ?テラスでさ。」


「えっ?も~しないですよぉ私はそんな事……」


「知らないんだな佳代ちゃんは、外でセックスする気持ち良さを。」


「そんなの知ってる訳ないですぅ。」


「佳代ちゃんさ、マジで彼氏と2年間普通のセックスしかしてこなかったの?」


「普通って……なにが普通でなにが普通じゃないのか分からないんですけど。」


「外でするのも一つだけど、玩具使ってみたり、縛ってみたり、3Pしてみたりさ、マンネリにならないように色々やるだろ?そういうのした事ない?」


「……ないですョ……え~皆本当にそんな事してるんですか?その……外でとか色々……」


「意外と皆してるんだって(超適当な感じ)、佳代ちゃんはそういうのしたいと思わない?」


「え~……」


「やっぱ刺激的な事もしないと、ほら、外でしたらすげぇドキドキするだろ?」


「ドキドキですか……」


「佳代ちゃんさ、海で水着になった時解放感があって気持ち良かっただろ?その解放感をイメージして外でエッチする気持ち良さを想像してみなよ。」


「え~……そんな……」


「ドキドキしてくるべ?」


「……」


「うわ、佳代ちゃん顔赤くなってる!今エロい事想像しただろ?」


「だって想像してって言うから……でも絶対恥ずかしいですよね、外でって。」


「恥ずかしいから気持ち良いんだって、佳代ちゃんも分かるだろ?」


「あ~……」(ちょっと笑顔で)


「お、佳代ちゃんまんざらでもなさそうじゃん。」


「え~そんな事ないですよぉ。」(これも笑顔)


「でも佳代ちゃんもぶっちゃけそういうのに少しは興味あるだろ?」


「興味、ですか……」


「彼氏とさ、いつもとは違うエッチしてみたいとか思わない?興味あるだろ?な?」


「それは……ちょっとは……あるかも。」(小声で恥ずかしそうに)


「ハハッやっぱ佳代ちゃんも興味あるんじゃん。」


「え~だって先輩達が聞いてくるから……もうやっぱり恥ずかしいよぉ、言わなきゃよかったぁ。」


「いいじゃん、夜中の本音トークなんだからよ。じゃあ彼氏とのエッチがマンネリなのも本当なんだ?」


「……うん……そうかも……わ~私何言ってるんだろ」(恥ずかしそうに両手で頬っぺた押さえて。でも笑顔)


「お~佳代ちゃんがぶっちゃけてきたぞぉ!」


「さては佳代ちゃん結構ムッツリだろ?な?」


「え~分かんないです。」(笑顔で)


「ハハッ否定しないのかよ、こりゃ佳代ちゃんムッツリスケベ確定だな。」


「え~でも先輩達の方が絶対エッチです。」


「まぁそれは否定しねぇけどな。」


「佳代ちゃん俺達と気合いそうじゃん。」


「え~それはなんか嫌です。」(笑いながら)


で、その後も佳代ちゃんは「も~私おかしくなってる、酔ってるからかなぁ、飲み過ぎたかも」とか言っていたけど先輩達に「いいじゃんいいじゃん、もっとぶっちゃけていこうぜ」って言われてなんだかんだでエロトークを続けてた。

俺はもうこの時点で嫌な予感しかしてなかったし、胸がドキドキし過ぎてやばかった。

そして、先輩達がついに仕掛ける。



「じゃあ例えばさ、佳代ちゃんはどういうエッチならしてみたいの?」


「え~そんなの聞かれても分からないですよぉ……」


「縛られてみたいとか、玩具つかってみたいとかないの?」


そう聞かれて佳代ちゃんは顔赤くしてたけど色々想像して考えてる感じだった。


「まぁ佳代ちゃんがいくらスケベでも佳代ちゃんの彼氏はそんな事してくれないだろうけどなぁ。」


そう言われても否定しない佳代ちゃん。

それを見てニヤっとする吉岡先輩。

そして……


「じゃあさ、佳代ちゃん3Pとかどう?」


「え?3P……?」


「そう、3P。」


「……3Pって……3人でって事ですよね……?」


「そう、3人でエッチするやつ。」


「え~無理ですよぉ、そんなの絶対無理です。」


「なんで無理なの?」


「だって……絶対恥ずかしいじゃないですか。」


「恥ずかしいからその分気持ち良いんじゃん。想像してみなよ、3人でエッチとか超興奮するでしょ?」


「え~……」


そう言われて想像してしまったのか、佳代ちゃんはまた顔が真っ赤に。


「ハハッ、想像してみてどうよ?興奮するっしょ?」


「え~恥ずかしいです……」


「でもぶっちゃけ少しは興味あるでしょ?」


さっきと同じパターンだ。

俺は佳代ちゃんがこれにどう答えるのか、固唾を飲んで聞いていた。


「え~……分かんないです。」(恥ずかしそうに笑顔で)


また否定しない佳代ちゃん……。

先輩達はきっとこれで確信したんだと思う。

〝いける〟と。


↓公開中の他作品(完結済)もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩

官能小説ランキングへ
[ 2016/04/30 ] TB(0) | CM(0)

官能小説 青春の人 佳代ちゃん(6)


言われた通り、俺とA先輩は床で寝たふりの体勢をとり、吉岡先輩と太田先輩はベッドで寝ている佳代ちゃんに近づいていく。


「じゃあ俺こっちで太田そっちな。」


「OK、てかヤバい、テンション上がってきた。」


ニヤニヤと笑みを浮かべながら佳代ちゃんに気づかれないように慎重にベッドの中に入る2人。

ベッドのサイズは結構大きいので、身体の大きな吉岡先輩と太田先輩が入っても少し余裕がある。

もしかしてそれも計算づくで先輩達は佳代ちゃんをベッドで寝かせたのかもしれない。

佳代ちゃんの身体を挟むように前には吉岡先輩、後ろには太田先輩が入る。


「あれ、起きた?」


「まだ起きてねぇけど、そんなに眠り深くない感じだな。」


「てか寝顔可愛いなぁ。」


まるでテレビ番組の寝起きドッキリをしているような雰囲気で小声で話しながら楽しそうな先輩達。

俺はその様子をドキドキしながら眺めていた。

もし、佳代ちゃんが嫌がるような事があれば、止めに入ろう。

それで俺が先輩達に嫌われようが、サークルで孤立しようが別に構わない。

と、そんな事ばかりを頭の中で思考する。

でも正義感が強い自分の姿はただ想像するだけで、実際には先輩達に言われた通り寝たふりをしている小心者だ。

本気で佳代ちゃんを守ろうと思うのならば、今の時点で止めに入るはずなのだから。


「あ、起きそうだ。」


吉岡先輩のその声で息を止める。


「おーい、佳代ちゃん。」


佳代ちゃんの寝顔を指でツンツンしながら遊ぶ吉岡先輩。


「……ん…んー……え……えっ?」


佳代ちゃんの声、起きたっぽい。


「おはよーございます。」


「えっ?きゃっ!吉岡先輩!?あれ?」


「おはよーございます。」


「え?あ、おはようございます……え、どうして?ちょ、ちょっとやだ、吉岡先輩なんで入ってきてるんですか!」


「俺もいるで~」


「きゃっ!太田先輩!?もーなんなんですか、え?もう朝?じゃないですよね?」


目が覚めた同時に吉岡先輩と太田先輩に挟まれている事に気づき、軽くパニックな様子の佳代ちゃん。


「まだ全然朝じゃないよ。」


「佳代ちゃんが寝てから30分くらいしか経ってないし。」


「そうですよね……あれ?ナオ君達は?」


「あいつらは皆寝ちゃったよ。」


それを聞いて床に寝転がっている俺やA先輩B先輩の方を見る佳代ちゃん。

俺は薄目で開けていた目を咄嗟に閉じた。


「俺達ちょっと寝付けなくてさぁ、佳代ちゃん相手してよ。」


「え~それで起こしたんですか?やっと寝れたと思ったのに。」


「このベッド寝心地良いでしょ?」


「え?あ~うん、大きいから良いですよね、でも凄く高そうですね、これ。」


「ちょっとコネがあってさ、安く譲ってもらったんだよ。」


「いいなぁ、私もこれくらい大きなベッドがほしいなぁ、たぶん私の狭い部屋じゃ置けないけど。」


「佳代ちゃんなら毎日でもこのベッド使いに来てもらってもいいんだよ?」(意味深な感じで)


「それは結構です~。ていうか完全に目が覚めちゃったじゃないですか、明日絶対バイト辛いよぉ。」


「目が覚めちゃった?よし、じゃあ今日はもう俺達とオールしよう!」


「ダメでーす、ていうか布団から出てくださーい。」


「うわっ佳代ちゃん押さないで!落ちる落ちる!」


布団の中でクスクスと笑う佳代ちゃんと先輩達の声が聞こえる。

寝ていたところを無理やり起こされた佳代ちゃんは最初こそ迷惑そうにしていたが、すぐに先輩達と楽しそうに会話をし始めていた。

とりあえず、先輩達が布団の中に一緒に入っている事はそれほど嫌ではなさそうな雰囲気だった。


「あ~ぁ、私一回起きると寝れなくなっちゃうんですよね、ホント、先輩達酷いです。」


「若いんだからこれくらい寝なくても大丈夫大丈夫、それに佳代ちゃんいつもこのくらいの時間でも俺と電話してるじゃん。」


「そうですけどぉ……」


「おーいなんだよそれ~、佳代ちゃん密かに吉岡なんかと電話してたの?もしかして2人できてんの?」


「え~違いますよぉ……」


「えっ違うの?俺めっちゃ佳代ちゃんと良い感じだと思ってたのに、俺の独りよがりだったのかよ。」


それ聞いて笑う佳代ちゃん。


「吉岡先輩には色々と相談に乗ってもらったりしてたんですよぉ。」


「相談ってどんな?」


「それは、えっと……」


「彼氏の事だよなぁ。」


「あ~彼氏と上手くいってないってやつ?」


「上手くいってない訳じゃないんですけど……」


「いわゆるマンネリってやつだよ、佳代ちゃんは。」


「そう、なのかなぁ……う~ん……」


「彼氏と何年付き合ってんの?」


「もう2年以上ですね。」


「あ~それはマンネリになるわ!色んな事がマンネリになるわ。」


「やっぱり、皆そういう風になるんですか?」


「なる、俺の周りにもそういう女の子多いよ、まずときめきが無くなるでしょ、彼氏といてドキドキする事ってもう無くなったんじゃない?」


「う~ん、確かに……でも安心感みたいなのはありますよね。」


「あ~ダメだよそれ、そんな夫婦みたいな関係になるにはまだ早いっしょ。もっと情熱的な恋をしなきゃ、佳代ちゃんも無意識の内にそういう恋を求めてるから彼氏との関係に満足できなくなってるんじゃないの?彼氏もきっと同じように感じてるんじゃない?」


「そう……なのかなぁ……」


佳代ちゃんが彼氏と別れそうと言っていた理由は、つまり単に彼氏との関係が冷め始めているということのようだった。

彼氏と別れるなら俺としては少し嬉しいような気もするけれど、今はそれどころじゃない。

佳代ちゃんは今、その身体を狙っているヤリチンの先輩達と一緒にベッドの中にいるのだ。

先輩達がここからどういう流れにもっていこうとしているのかは分かりきっている。

そして案の定、吉岡先輩と太田先輩は話の方向を下の方が持っていき始めた。


「あ~じゃあその感じだと佳代ちゃんさ、どうせ彼氏とのセックスもマンネリだろ?」


太田先輩にそう聞かれて「え~」と言いながら少し笑う佳代ちゃん。〝も~セクハラですよぉ〟みたいな感じで。


「そうそう、佳代ちゃんその辺ぶっちゃけどうなのよ?もしかしてセックスレスとかじゃねぇの?最近カップルでも多いらしいからな。」


で、俺はてっきり佳代ちゃんは今まで通りそういう下ネタは適当にはぐらかすんだろうなと思っていたら、「え~それは……」と、少し考え込むような佳代ちゃんの声が。


「お、心当たりありそうな反応だな、やっぱりそうなんだ?」


「……そんな事はないですけどぉ……」


「どうせヤッてても毎回同じ体位とかでエッチしてんだろ?」


「……そ、それは……」(少し動揺したような感じ)


「うわ、図星じゃん!なんだよ、彼氏正常位しかしてくれないとか?」


「……。」(これも図星なのか、どう答えていいのか分からなくて黙っちゃった感じ)


「マジで?佳代ちゃんそうなの?うわぁ、だとしたら超つまんない彼氏じゃん。」


「……そ、そんな事……」


彼氏との性事情を先輩達に暴かれていく佳代ちゃん。

今までだったら絶対に聞けなかった佳代ちゃんのそういう話。

俺は寝たふりを続けながら、先輩達と佳代ちゃんのその会話をドキドキしながら聞いていた。

そしてもちろん吉岡先輩と太田先輩は、これだけでは止まらない。


↓公開中の他作品(完結済)もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩

官能小説ランキングへ
[ 2016/04/26 ] TB(0) | CM(8)

官能小説 青春の人 佳代ちゃん(5)



透き通るような白い肌と、程よく引き締まっていながら女性らしく柔らかそうな太もも。

ツルツルすべすべに見えるその太ももは、どんな触り心地なのだろうと、勝手に手が伸びそうになる程エロティックに見えた。


「ヤバいだろ?佳代ちゃんの太もも。」


そう聞かれて俺も思わず「……ヤバいッスね」と言ってしまった。

いや違う、ヤバいとか言ってる場合じゃない。

これ先輩達がやったんだよな?佳代ちゃん寝てて気づいてないのか?


「さて、佳代ちゃんはどんなパンツ履いてんのかなぁ?」


「なぁ吉岡、頼むわ。」


「分かったって焦んなよ、ていうかAやってみるか?」


「え、俺?でも俺がやって起きたらマズくね?」


「ハハッ別にマズくねぇって、ビビんなくていいから、なんならそのままパンツも脱がしちまえよ。」


「はぁ?それはさすがに無理だろ。」


「いや、意外といけるんだって。」


「マジかよ、でもまずスカートだろ?」


「お前の好きなようにやれよ、別に起きても適当に誤魔化せるし。」


寝ている佳代ちゃんのスカートにA先輩の手が掛かる。

いやいやいやちょっと待て!ちょっと待てよ!そんな事しちゃダメだろ、佳代ちゃんだぞ?

でもなぜか俺はその声を出せなくて、止められなくて、その状況を固唾を飲んで見つめる事しかできなかった。

スカートを捲ろうとしているA先輩は若干ビビり気味な顔してて、吉岡先輩と太田先輩はこういう事に慣れているのか妙に落ち着いた態度でただニヤニヤしていた。

A先輩の手がスカートを徐々に捲り上げていく。

こちらに背中を向けて脚を軽くたたむようにして寝ている佳代ちゃんのパンツが。薄いピンク色のパンツが見えた。


「おーやべぇ……」


そう言ってA先輩はパンツが少しだけ見えた所でスカートから手を離した。

俺も心臓バクバクで佳代ちゃんのパンツを見たまま固まっていたんだけど、
吉岡先輩や太田先輩は全く緊張感も罪悪感もないようで、とんでもない事をし始めた。


「バーカ、そんなんじゃ中途半端だろ、もっとこうやってガってやんだよ。」


そう言って吉岡先輩が佳代ちゃんのスカート持って思いっきり捲り上げた。

もうスカートが腰の上にまでいくくらい。

で、佳代ちゃんのパンツを履いたお尻が完全に丸見え状態に。

吉岡先輩の大胆さに唖然とする俺。


「うわ、吉岡お前すげぇな。」


「こんなの余裕だろ、てかやっぱ良い尻してんなー」


「吉岡は前にこの状態の女の子を全裸までもってったからな。」


「ハハッ、あれな、起きた時のリアクション最高だったよな、え?あッ!えっ!?みたいな、あのテンパった顔、まぁあれはどうでもいい女だったからな。」


「吉岡お前ホント女に対して鬼畜だよな。ていうか佳代ちゃんやべぇ、尻エロくね?」


「安産型だな、チンコ好きそうな尻なんだよなぁこれ。」


「ハハッおいナオヒロ、口開いてるぞ。」


吉岡先輩に言われてハッとして口を閉じる俺。

股間が疼く。

俺もこの状況に興奮してるのか、佳代ちゃんのお尻を何度も見てしまう。


そして一旦座って佳代ちゃんのパンツとお尻を眺めながら酒を飲み始める先輩達。

俺も勧められて飲む。酒の味は全く分からないくらいにまだパニック状態。

で、A先輩が佳代ちゃんのお尻を見ながら「やりてぇ、マジで勃ってきたわ」とか言い出した。


「じゃあ今から起こしてヤる?口説いたらヤれるけどな、たぶん。」


「お前凄い自信だな。」


「自信つーかさ、こいつも結構エロいっぽいからな。」


「マジで?佳代ちゃんが?」


「だよな?太田、こいつたぶんエロいよな?」


「だな、俺も佳代ちゃんは結構エロ女だと思うわ。」


佳代ちゃんの事を〝こいつ〟って呼び始めてる吉岡先輩に恐怖を感じる。

なんなんだこの人。

ていうか佳代ちゃんがエロ女って……


「なんかよ、こいつ人前だとそうでもないけど、2人きりとかになるとやたらとボディタッチ多いし。」


「それそれ、すげぇ腕とか触ってくるよな。」


「マジかよ、俺そんなのされた事ねぇよ。」


「まぁ俺達だけかもしれんがな。」


「クソッ!イケメンの特権かよ。」


俺は先輩達の会話を聞いていて、もう色々とショックで落ち込んでいた。

やたらと男に対してボディタッチが多い女の人っているよな。

正直、そういう女の人は男好きに見えてしまうものだし、俺もそういう女の人を見たらそう感じると思う。

佳代ちゃん……そうなの?そういう女なの?

吉岡先輩とか太田先輩みたいな男の前では、佳代ちゃんってそういう女なの?


「A口説いてみっか?」


「俺じゃ無理だわ絶対、普通に拒否られそうだし。」


「度胸ねぇなぁ、どうした?美和子の時はAも普通にヤッてただろ、クンニ王の名が泣くぜ?」


(クンニ王ってのはA先輩がクンニで美和子先輩をイカせまくってたから仲間内ではそう呼ばれている、らしい、俺はこの時初めて知った。なんだよクンニ王って、くだらねぇ)


「いやだって佳代ちゃんはなんか違うだろ、美和子とは。普通に拒否られたら俺落ち込むぜ?ここはイケメン様の力使ってくれよ。」


「じゃあ俺と太田の2人でいくか?その方が面白い事になりそうだし。」


「ハハッ、いきなり3Pまで持っていくつもりか?」


「たぶんいけるだろ、まぁ見とけって、こいつ絶対エロいから。」


「じゃあAとナオヒロは寝たふりでもしとけよ。クンニ王の出番が来たら合図出すからよ。ナオヒロは……」


3人が俺の方を見る。


「俺は……見学しときます。」


↓公開中の他作品(完結済)もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩

官能小説ランキングへ
[ 2016/04/22 ] TB(0) | CM(4)