FC2ブログ













官能小説 青春の人 佳代ちゃん(35)


「よし、じゃあ佳代ちゃん、パンツ脱がしちゃうから腰上げて~。」


「ほら佳代ちゃん、早く腰上げてよ。」


先輩達にそう言われて、佳代ちゃんは恥ずかしそうにしながら控えめに腰を上げた。

それを合図に手を掛けていたパンツをゆっくりと下していく吉岡先輩。

俺も含め、先輩達全員の視線が佳代ちゃんの下半身に集中する。

その視線を感じて、また恥ずかしいそうに両手で顔隠す佳代ちゃん。

パンツがゆっくりと下されていき、まず見えたのは佳代ちゃんの陰毛……

さらに下げられると、佳代ちゃんの割れ目が……

そしてパンツはとうとう太ももの辺りまで下され、佳代ちゃんの秘部が露わになった。

前回は薄暗い部屋で寝たふりをしながらだったからハッキリとは見えなかったけど、今は部屋の明かりに照らされているから、陰毛の1本1本まで見える。

で、俺は当然それを見てさらに興奮していた訳だけど、その佳代ちゃんのアンダーヘアの形を見て先輩達がある事に気づいた。
(俺も一目見て違和感は感じていたけど、言われて気づいた)


「あれ?佳代ちゃんマン毛処理した?この前と形違うよな?」


「お、ホントだ、マン毛エロくなってんじゃん。」


確かに、佳代ちゃんのアンダーヘアは明らかに処理されていた。

先週はもっと自然な生え方をしていたと思うけど、今は小さ目の逆三角の形に綺麗に整えられていて、陰毛自体も短くカットされていた。

アンダーヘアが生えている範囲が狭くなったのと短くカットされたせいで、ぷっくりとした柔らかそうな大陰唇とその割れ目が見えてしまっている。(それがまたエロい)


「イヤ……あんまりジロジロ見ないでください……」(めっちゃ恥ずかしそうな佳代ちゃん)


「佳代ちゃん割れ目の周りツルツルじゃん、あ~これ剃ってるんじゃなくて毛抜いてるでしょ?もしかして脱毛サロンでやってもらったの?」


そう聞かれて少し間を空けた後に、恥ずかしそうに小さく頷く佳代ちゃん。


「へぇ、まさか今日のためにわざわざ綺麗にしてきてくれた訳?」


「それは……」(答える代わりに笑顔になる佳代ちゃん)


佳代ちゃん……今日のためにアソコの毛を処理してきたんだ……


「ハハッ!なんだよ佳代ちゃん、恥ずかしい恥ずかしい言ってるわりにやる気満々じゃん。」


「そ、そうじゃないですけどぉ……」(図星だけど恥ずかしいから笑いながら否定する感じ)


「じゃあなんで綺麗にしてきたんだよ?」


「それは……友達に前から勧められてて……それで試しにやってみようかなぁと思って……」(顔赤くしながら)


「なんて言われて勧められたの?」


「…えっと……綺麗にしたほうが衛生的だよって……それと……」


「それと?」


「……その方が色々良いからって……」(意味深)


佳代ちゃんが少し言い辛そうな表情でそう言うと、先輩達はすぐにその意味を理解して笑った。


「ハハッ!色々良いって、セックスの時にって意味だろ?」


そう聞かれて恥ずかしそうに笑顔を見せるだけで否定しない佳代ちゃん。


「ハハッやっぱやる気満々じゃん!いいねぇ佳代ちゃん。」


「じゃあ綺麗になった佳代ちゃんの身体もっと見せてよ。」


そう言って佳代ちゃんのパンツを足元まで下して脱がす吉岡先輩。

ついに皆の前で全裸にさせられてしまった佳代ちゃんは、当然顔を赤くして恥ずかしそうにしているんだけど、でもその表情を見るとやっぱり嫌ではなさそうで、
これじゃ裸を見られて喜んでいると先輩達に言われても仕方ない感じ……。

しかも男は全員服を着ているのに佳代ちゃんだけが全裸になってるって状況が、より佳代ちゃんの羞恥心を刺激しているようだった。

シミ一つない真っ白な肌とふっくらと柔らかな乳房、丸みを帯びた腰と綺麗に整えられたアンダーヘア、羞恥で紅潮した頬や表情も、すべてがエロティックだった。

そして俺は、そんな佳代ちゃんの裸体の美しさにただただ目を釘付けにしていた。


「ハハッ!ナオヒロお前ガン見し過ぎだって。」


吉岡先輩は笑いながらそう言って、佳代ちゃんの裸体に夢中になっていた俺の頭を軽く叩いた。

それで俺はハッと我に返って思わず「す、すみません」と謝ってしまった。

それを見て他の先輩達もゲラゲラ笑う。

佳代ちゃんもオドオドしてる俺を見てクスっと笑っていた。


「仕方ねぇよ、童貞のナオヒロには佳代ちゃんのヌードは刺激強すぎだよな。」


「それよりどうなんだよナオヒロ、佳代ちゃんのヌードの感想は。」


「か、感想ですか……めっちゃ綺麗っすよね。」


「佳代ちゃん、ナオヒロがめっちゃ綺麗だってよ。」


それを聞いた佳代ちゃんはどこか嬉しそうな表情で

「照れちゃいますね」

と言って笑顔を見せていた。


……あぁ……佳代ちゃんやっぱエロい……


「じゃあ佳代ちゃんさ、もっとオマンコもナオヒロに見せてやってよ。」


「え……キャッ……!」


そう言って太田先輩は俺の目の前で佳代ちゃんの脚をM字に開いて、大胆に股を広げさせた。

↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子

官能小説ランキングへ
[ 2016/07/30 ] TB(0) | CM(3)

官能小説 青春の人 佳代ちゃん(34)


「じゃあまずはタンクトップを脱いじゃおうか、どうせスケスケで見えちゃってるしさ。」


そう言って先輩達は佳代ちゃんが着ていたタンクトップに手を掛けて捲り上げていく。


「ま、待ってくださいっ、本当にですか?」


「本当だよ~、佳代ちゃんも自分で脱ぐより脱がされる方が好きだろ?」


「佳代ちゃんは恥ずかしがり方が可愛いから脱がし甲斐があるよな。」


「え~…待って待って、本当に恥ずかしいです……」


佳代ちゃんはまだ裸になる心の準備ができていないみたいでかなり恥ずかしがっていた。

でも佳代ちゃんが何を言っても先輩達の手は止まらないし、先輩達は寧ろその恥ずかしがる佳代ちゃんの表情を見て楽しんでいた。

ゆっくりと捲り上げられていくタンクトップ。

まずは下半身と薄ピンクのパンツが丸見え状態に。

次はさらに上へ、佳代ちゃんの白くて綺麗な臍(へそ)の窪み(くぼみ)が見えた。


「だめ……どうしよ……」


恥ずかしそうにそう言いながらも殆ど抵抗しない佳代ちゃん。

さらに上へ捲り上げられていくタンクトップ……そしてついに佳代ちゃんのオッパイが……。

俺は思わずゴクリと生唾を飲み込んだ。

タンクトップが胸の上まで捲られ、佳代ちゃんの乳房が完全に露出する。


「おー!やっぱ美乳だな、佳代ちゃんのオッパイは。」


「すげぇ!マジ美乳っていうか、うわ~これエロオッパイだなぁ!」(B先輩歓喜)


俺も佳代ちゃんの乳房を凝視する。

前回は薄暗い部屋の中だったからよく見えたかったけど、こうやって改めて見ると、本当に綺麗と言うか、B先輩の言う通りエロい。

ふっくらとしたFカップのオッパイ。

色白で色素が薄い佳代ちゃんらしいピンク色の乳首。

その敏感そうな乳首がぷっくりと勃起しているのがエロい。


「やだ……恥ずかしぃ……」


そう言って赤くした顔を横に向ける佳代ちゃん。


「ハハッ、大丈夫だって佳代ちゃんマジで綺麗だから、ほらBとナオヒロも美乳オッパイに見惚れてるだろ?」


「え~……」


佳代ちゃんは俺とB先輩の方をチラッと見て恥ずかしそうにしながらも、綺麗と言われたのが嬉しいのか笑顔だった。


「はい佳代ちゃん、もう全部脱がしちゃうから腕上げて~」


「え~……ん……」


恥ずかしいと何度も言いながらも素直に腕を上げちゃう佳代ちゃん。

先輩達の手でタンクトップは完全に脱がされ、佳代ちゃんは上半身裸でパンツ一枚だけの姿に。

タンクトップを脱がされるとすぐに恥ずかしそうに腕で胸を隠す佳代ちゃん。


「もぉ……どうして私だけこんな罰ゲームみたいになってるんですかぁ……」


「罰ゲームじゃないって、羞恥プレイで佳代ちゃんを喜ばせようとしてあげてるんだよ。」


「え~……」


「実際佳代ちゃん今楽しんでるだろ?」


「……それは……」(否定せずに意味深な笑顔)


「うわ、やっぱ佳代ちゃん嬉しそうじゃん!マゾだなぁ。」


「え~違いますよぉ、恥ずかしいだけですっ。」


「じゃあもうパンツも脱がしていいよな?」


そう言って佳代ちゃんのパンツに手を掛ける吉岡先輩。


「えっえっ!?ダメですダメですよぉッ。」


「はぁ?なんでダメなの?」


吉岡先輩は不満そうに言うと、佳代ちゃんの陰部の割れ目をパンツの上からそっと指でなぞるように触った。


「あっ……イヤッ……」


顔を真っ赤にしながら慌てて吉岡先輩の手を掴む佳代ちゃん。

でも吉岡先輩はそれに構わず縦の割れ目を指で上下になぞり続ける。


「あれ?佳代ちゃんここ湿っぽくねぇか?なんかパンツに染みてきそうな感じだけど。」


「や、やだ……」


「パンツ脱ぎたくなってきた?」


「え~……」(恥ずかしそうに笑う佳代ちゃん)


で、その間に佳代ちゃんの後ろにいた太田先輩が佳代ちゃんのオッパイを揉みだす。

そしてA先輩とB先輩もそれに便乗するように佳代ちゃんの内腿辺りを摩る(さする)ように触り始めた。

俺は最初勇気がでなくてその様子を傍観してたんだけど、太田先輩に「おいナオヒロもオッパイ片方揉めって」と言われて、結局俺も参加。

ドキドキしながら佳代ちゃんの左オッパイを触る。


「ぁ……だめ……ん……え~もぉ、なんですかこれぇ……ん……」


男5人に同時に素肌や陰部を触られてくすぐったいのか、時折クスクス笑いながら身体をモジモジさせる佳代ちゃん。


「佳代ちゃんこうやって皆に触られるのどうよ?」


「ぁん……くすぐったいです……ン……」


「気持ちイイ?」


「……恥ずかしいです……」(でもやっぱり笑顔な佳代ちゃん)


「恥ずかしいだけ?恥ずかしいだけじゃないだろ?」


その質問に、佳代ちゃんはまた意味深にクスっと笑って


「……ドキドキしちゃいますね。」


と笑顔で言った。


「ハハッ、やっぱエロいな佳代ちゃん、パンツ脱ぎたくなってきただろ?」


「え~……」(ニコニコ)


「脱がしていい?」


「……だめ」(笑顔)


「なんで?」


「……恥ずかしいもん。」


「佳代ちゃんのオマンコ見せてよ。」


「……やだぁ……」(顔赤くしながら笑う佳代ちゃん)


「ナオヒロも見たいみたいだしさ、な?サービスしてやってよ。」


それを聞いて俺の方をチラッと見て恥ずかしそうに笑う佳代ちゃん。


「ナオヒロも佳代ちゃんと一緒でかなりのムッツリだからさ。」


「え~そうなんだぁ。」(なぜか嬉しそうな佳代ちゃん)


その佳代ちゃんの笑顔と言葉だけでギンギンになる俺。


「な?ナオヒロも佳代ちゃんのオマンコ見たいだろ?」


「……見たいですね。」(緊張して声乾いてる)


佳代ちゃんは俺の言葉を聞いて恥ずかしそうに両手で赤くなった顔を隠した。


「ナオヒロ童貞だからさ、女の子のオマンコちゃんと見た事ないんだよな?」


頷く俺。

その時、佳代ちゃんが聞こえるか聞こえないか微妙なくらい小さい声で「わぁ…そうなんだぁ」とニコニコしながら言ったのを俺は聞き逃さなかった。


「てかナオヒロと佳代ちゃんって高校一緒なんだよな?」


佳代ちゃんと俺で同時に頷く。


「佳代ちゃんさ、想像してみろよ、高校の同級生にオマンコ見てもらうところを。」


「え~……」(顔赤くしながら笑う佳代ちゃん)


「めっちゃ興奮するだろ?」


「……すっごく恥ずかしいですね……」


「じゃあパンツ脱がしていい?」


「え~……」


笑顔のままチラッと俺の方見る佳代ちゃん。

お互いに顔真っ赤。

で、先輩達がパンツに手を掛けてもう一度聞く。


「なぁ、佳代ちゃん、脱がしていい?」


「……。」


そして佳代ちゃんは黙ったまま数秒考えるような素振りを見せた後、恥ずかしそうに小さく頷いた。



↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子

官能小説ランキングへ
[ 2016/07/17 ] TB(0) | CM(21)

更新



皆さん、展開的にこれからという所で更新ペースが落ちてしまいすみません。

いつ更新できるかを約束することはできないのですが、書いてはいます。もう少しお待ちを……m(__)mn



↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子

官能小説ランキングへ
[ 2016/07/13 ] TB(0) | CM(14)