FC2ブログ
















官能小説 青春の人 佳代ちゃん(52)


佳代ちゃんとB先輩のセックスは、騎乗位でのセックスだった。

毛深いB先輩の上に跨り、恥ずかしそうに腰を前後にクネクネと振る佳代ちゃん。


「ん……ぁ……ぁん……ハァ……」


真っ白でツルツル肌の佳代ちゃんと、ゴツくて毛深いB先輩のコントラストが妙にエロティックだった。

で、これも佳代ちゃんの運動神経が良いからなのかもしれないけど、佳代ちゃんは腰振るのが上手かった。(童貞の俺から見ても)

B先輩の腹筋の辺りに手を置いて、背筋を伸ばして腰だけを前後に動かす感じで、リズミカルに腰をクネクネさせて、B先輩も相当気持ち良さそうだった。


「佳代ちゃん腰の振り方上手いね~、なんかこの前より上達してない?練習してきたの?」


「ん……はァ……してないですよぉ……」


「いやホント佳代ちゃん上手だよ、こんな騎乗位上手い女の子なかなかいないよな。」


「え~……ホントですかぁ…ン……はァ……」(嬉しそう)


「騎乗位好き?」


頷く佳代ちゃん。


「でも基本的には男に腰振ってもらう方が好きだろ?」


少し考える素振りを見せて恥ずかしそうにそれにも頷く佳代ちゃん。


「じゃあ次はBに下から突いてもらう?」


「……下から……?」


「そう、騎乗位のまま下から突いてもらうやつ。この前も佳代ちゃんそれでイキまくってたじゃん。」


「ぇ……あ~……」(思い出して顔を赤くする佳代ちゃん)


「やってほしいだろ?じゃあこの前とはちょっと違った形でやろうか。佳代ちゃん膝立ててさ、和式トイレでする時みたいになってみ。チンコ入れたままだよ。」


「ん……こ、こうですか……?」


「そう、それで俺達にもしっかりオマンコが見えるように股開いてみな。」


「ん……」


しゃがんだ状態でゆっくりと股を開いて、カエルのような格好になる佳代ちゃん。(これも結構恥ずかしそう)


「そのままチンコが抜けない程度に腰浮かしてみ。」


言われた通りに腰を少し浮かす佳代ちゃん。


「よし、じゃあB、全力で突いてやれよ。」


「了解~佳代ちゃんを俺のチンポでイカせてやるぜ~」


そう言うと、B先輩は佳代ちゃんを下から突き上げるようにして激しく腰を振り始めた。

パンパンパンパンッ……!!!と音を鳴らしながら、高速ピストンマシーンと化すB先輩。

佳代ちゃんもその激しい責めに気持ち良さそうに喘ぎ乱れる。


「ああっ!これっ……んああああっ!!」


「佳代ちゃんこれ気持ちイイ?」


「ああンッ!ハァ…気持ち……イイッ…よぉ!ああ!ハァ!んあああっ!!」


カエルみたいに股を開いた佳代ちゃんのアソコを、B先輩のペニスが高速でズボズボと出入りしている。(男の俺から見ても相当気持ち良さそう)

しかも突かれ続けているうちに股の開き方がさらに大きくなっていく佳代ちゃん。
(股関節の筋が見えるくらい)

たぶんガッツリ股を開いた方が佳代ちゃんも気持ち良い所にペニスが当たるんだと思う。

そんな佳代ちゃんの、恥ずかしさよりも気持ち良さの方が上回ってる感じがエロかった。


「あ゛~すげぇ!佳代ちゃんのマンコ超熱くなってきた!チンコ溶けそうだわ!」(高速で腰を振りながらB先輩)


で、2人の結合部を見ると、佳代ちゃんのアソコから溢れ出た愛液が真っ白に泡立って大変な事に。

B先輩の毛深い股間が佳代ちゃんの愛液でグッチョグチョになっていた。


「ハハッ!マン汁すげぇ出てんじゃん、佳代ちゃんやっぱり激しいのが好きなの?」


「ハァァ!あああッ!ハァぁん!」


「なぁっ、激しいのが好きなのかって聞いてるだろ?答えろって。」


「ああんッ!ハァ好き……です…ああんッ!ああっもうダメっ!イっちゃう!……イクッ!……んあああっ!!!」


激しく下から突き上げられながら、そのまま腰をガクガク震わせて絶頂してしまう佳代ちゃん。(エロ過ぎ)

そしてその後少ししてからB先輩も「あ゛ー俺も出るわっ!」と言ってペニス引き抜き、絶頂の余韻に浸ってる佳代ちゃんの口を開けさせて、発射。

毛深い股間から精液をドビュドビュ飛ばして、佳代ちゃんの口の中に入れてた。

で、佳代ちゃんはそれもゴックン。

B先輩の毛深い股間に顔を突っ込んでお掃除フェラもしてた。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子

官能小説ランキングへ
[ 2016/09/28 ] TB(0) | CM(4)

官能小説 青春の人 佳代ちゃん(51)


「あ~やべ!俺もうイクわ!佳代ちゃんのマンコ良過ぎるって!」


「ハハッ、早っ!相変わらずAは早漏だなぁ。」


「佳代ちゃん俺も口に出していい?まさかイケメンの吉岡だけって事ないよな?なぁ、いいよな?」


「んっンッハァ……うんっはァ……んっあっ!」


「よっしゃ!じゃあ口に出すよ!……あ~イキそ~!出すよ~一旦フェラ止めて口開けててよ~!」


自他ともに認める早漏であるA先輩が早々に射精に向かう。

佳代ちゃんとバックで繋がっていたA先輩は最後に小刻みに腰を振ってペニスを引き抜き、慌てて佳代ちゃんの顔の前に射精寸前のペニスを持って行った。

前で毛深いB先輩にフェラをしていた佳代ちゃんは、一旦フェラを止め、A先輩の射精を受け止めるために顔を上げ、口を大きく開けた。


「佳代ちゃんこっち向いて、舌出して、そうそう……あ゛~イクよ、出すよ!あ゛~出る!」


そう言って、A先輩はこの日のために溜め込んできたという濃厚な精液を佳代ちゃんの口の中に向けて発射し始めた。


ドビュッ!ドビュッ!ドビュッ……!


「ハァ……あん……ん……ん……」


吉岡先輩にしたのと同じように、それを抵抗なく受け止める佳代ちゃん。

少し黄ばんだ、濃厚なザーメンが次々と佳代ちゃんの口の中に入っていく。

でも不思議とその光景は、俺から見ても不潔には感じなかった。

それはきっと、俺も異常な興奮状態だからだと思う。

佳代ちゃんが口で精液を受け止めている光景も、こちらまで漂ってくる精液の匂いも、不快感は皆無で、寧ろさらに興奮を助長するスパイスになっているような気がした。

そしてそれはきっと佳代ちゃんも同じなんだろうなと思った。

セックスで興奮が最高潮にまで高まっている佳代ちゃんにとって、精液を飲まされるのはきっとご褒美のようなものなんだ。

だって佳代ちゃん、本当にそういう表情しているから。

口の中で濃厚な精液を味わいながら、目をとろ~んと蕩けさせてウットリとしている。


「あ~出た、すげぇ出た、な?佳代ちゃん口の中見せて、ほら、俺吉岡よりも多くね?」


「ハハッ、どうでもいいだろそんなの。」


「佳代ちゃん俺のザーメンも飲める?飲めるよね?飲んでよ。」


A先輩にそう言われた佳代ちゃんは「ん~……」と精液が口からこぼれないように慎重に口を閉じると、自分の頬っぺたを指して再度A先輩に確認するような仕草をした。


「うん、飲んで、全部。」


それを聞いて、佳代ちゃんは「……ゴクリ……」と喉を動かして精液を飲んだ。


「……っはァ……」

ごっくんした後、恥ずかしそうに口に手を当てて、〝また飲んじゃった~〟みたいな顔をする佳代ちゃん。


「全部飲んだ?」


「……うん……」


「どうだった?味とか吉岡のと違った?」


「……なんか……ドロっとしてました。」


「濃かった?」


「……うん……すごく……」


「今日のためにめっちゃ溜めてきたからな~。」


「わぁ、そっかぁ……やっぱり出さないと濃くなるんですね。」(感心したように)


「佳代ちゃんは濃い精液の方が好きなん?」


「え~……分かんないですけどぉ……」


「量は多い方が良いんだろ?」


「それは……そうかも……」(恥ずかしそうに笑顔で)


「なんで量が多い方が良いの?」


「え~なんか……沢山出るって事は沢山気持ち良くなってくれたのかなぁって。」


「沢山出してくれた方が嬉しい?」


「そう……ですね。」(照れた笑顔で)


「男の精液好き?」


「え~……」(ニコニコしながら否定しない佳代ちゃん)


「じゃあさ、俺のチンコ、お掃除フェラしてよ。」


そう言ってA先輩はまだ精液が先端から垂れているペニスを、佳代ちゃんの口の中に突っ込んだ。

佳代ちゃんはそれを拒否せずに受け入れて、本当に掃除をするようにネットリとそれを舐めていた。


「そうそう、あ~佳代ちゃん上手だよ。でさ、まだ尿道に精液残ってるから吸い取ってよ。」


「ん~……」


A先輩にそう言われて、まるでストローでジュースを吸うみたいに頬を凹ませてチューっと尿道に残った精液を吸いだす佳代ちゃん。


「出てきた?それも飲んでねー。」


素直に頷いて、口に含んだ残りの精液もゴクリと飲む佳代ちゃん。

なんか……佳代ちゃん余裕だな……。

もしかして、俺のも同じように飲んでくれるのかな……。

好きな女の子が先輩達の精液を飲む姿を見るのはやっぱりショックだったけど、自分もしてもらるかも……と考えると、期待もしてしまう。


で、A先輩が果てた後は、間を空けずにB先輩が佳代ちゃんに挿入。

すぐに次のセックスが始まった。

↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子

官能小説ランキングへ
[ 2016/09/27 ] TB(0) | CM(3)

官能小説 青春の人 佳代ちゃん(50)


亀頭の割れ目から勢いよく放たれる精液が、ダイレクトに佳代ちゃんの口の中へ入っていく。


「んーー……ン……」


佳代ちゃんは、口の中に次々と注ぎ込まれる精液に若干戸惑うような仕草を見せながらも、口を開けたまま目を閉じてそれを全て受け止めていた。

ドビュッドビュッビュッビュッ……しばらく吉岡先輩は射精を続けていたから、結構な量が佳代ちゃんの口の中に入ったと思う。

で、ようやく射精が止まった吉岡先輩。


「あー出た、めっちゃ出たわ。」(スッキリした顔で)


「ハハッ、マジで全部佳代ちゃんの口の中に入ったな。」


「佳代ちゃんどう?口の中精液でいっぱい?」


先輩達が笑いながら聞くと、佳代ちゃんは精液を含んだまま口を閉じて小さく頷いた。

で、佳代ちゃんはやっぱり精液を口に出されても別に嫌じゃないというか、全然平気みたいで、口に含んだままでも笑顔を見せたりしていた。


「精液の味する?」


「ん~……」(口に含んだまま頷く佳代ちゃん)


「口の中どうなってるか見せてよ。」


先輩達にそう言われると、佳代ちゃんは精液が口から出ないように顔を少し上に向けて先輩達に中が見えるように、ゆっくりと口を開けた。

皆で覗き込むと、佳代ちゃんの口の中にはたっぷりの白濁液が溜まっていた。

で、俺も近づいて見たんだけど、まず佳代ちゃんの口の中をこんな風に覗く事自体、今までなかったことだからそれだけでもドキドキしてしまった。

精液が溜まってるのもエロいけど、佳代ちゃん綺麗な歯してるな~とか。

俺も変態なのかもしれないけど、佳代ちゃんの奥歯まで見れた事に妙に興奮してしまっていた。
(普段は絶対見れない場所だからなのかも)


「じゃあ佳代ちゃん、それ全部飲める?」


「んー……」(笑顔な佳代ちゃん)


表情見るからにOKぽい。


「じゃあ飲んでみてよ。」


そう言われて、佳代ちゃんは口を閉じると、少し間をあけてからゴクリと喉を動かした。


「お、飲めた?」


「……はァ……」(恥ずかしそうに口に手を当てながら頷く佳代ちゃん)


「ハハッ、佳代ちゃんすげぇ!全部ごっくんしちゃったよ。」


「吉岡のザーメン美味しかった?」


「え~……美味しい……のかな……」(笑顔で話してるから不快感は全くないっぽい)


「ハハッ、マジで?佳代ちゃんザーメン美味しいとかマジでエロ過ぎだって。」


「え~でも……分かんないです……美味しいって言うより……」


「飲むと興奮しちゃう感じ?」


「……しちゃい……ますね」(照れた笑顔で)


「精液飲むの癖になりそう?」


「……なっちゃう……かも……」(また照れた笑顔で)


〝精液飲むのが癖になりそう〟

佳代ちゃんのその発言にゾクゾクする。

佳代ちゃんは可愛らしい笑顔でそういう事を言うから、余計に男心を擽るんだと思う。

で、それ聞いてA先輩やB先輩は我慢できなくなった模様。


「もう堪らねぇわ佳代ちゃん、次俺!次俺でいいよな?もう我慢できねぇわ。」


そう言って強引に佳代ちゃんの股を広げて、興奮してギンギンに勃起したペニスにコンドームを着けて挿入しようとするA先輩。


「えっ?キャッ……」(ちょっと驚きながらも抵抗はしない佳代ちゃん)


「俺も俺も!佳代ちゃんフェラしてフェラ。」(B先輩も参加しようとする)


「じゃあ3Pする?サンドイッチしちゃおうか?な?」


そう言って佳代ちゃんを四つん這いにさせて、後ろにはA先輩、前にはB先輩、という形で挟まれる佳代ちゃん。


「佳代ちゃん挿れていい?挿れるよ?」


「佳代ちゃんフェラして、口でほら……そうそう口開けて」


「えっ……あっ……ンン……」


で、佳代ちゃんの返事を待たずにすぐにA先輩がバックから挿入、B先輩にも言われるがままにフェラをさせられる佳代ちゃん。

しかもフェラと言っても、B先輩の場合は股間が超毛深い。(モッサモサのジャングル状態)

佳代ちゃんはそこに顔を突っ込む事に……


「ンッ……んっ……んんっ!……ん……」


でも佳代ちゃんは〝毛深いのは男らしくて素敵だと思う〟と言っていただけあって、全然平気っぽい。


「あ~すげぇ、佳代ちゃん亀頭めっちゃ舐めてくるな、あ~そこ、それ気持ちイイよ。」


顔にB先輩の陰毛当たりまくってるけど、佳代ちゃんは全く気にしてないし、寧ろ始まったら積極的にフェラしていた。

精液を飲んだり、毛深いの平気だったり、変態な先輩達に対して佳代ちゃんの許容範囲がどれくらいなのか、まだ計り切れなかった。

もしかして、俺の想像を遥かに超えるくらいに佳代ちゃんはエロいのかも。
(今の時点でも少し前までは想像できなかったくらいだけど)

そしてA先輩もバックから佳代ちゃんを突き始める。


「は~やっぱ佳代ちゃんのマンコ相変わらずヌルヌルで締まり良くて最高だわ。」


「ンッンッ……ハァ……ンッンッ!」


「佳代ちゃんもっとお尻突き出してよ、さっき吉岡にしたみたいにさ……そうそう、あ~超エロい、ちょっとこのお尻の穴も触っていい?どうこれ?佳代ちゃんアナルこうやってされるのどう?」

そう言ってバックで突きながら親指で佳代ちゃんの肛門を刺激するA先輩。


「ンッンッ……あっだめっ……んっあんッンンッ……ハァ…んん……」


恥ずかしそうに〝ダメ〟と言いながらも明らかに感じてる佳代ちゃん。


「ちょ、佳代ちゃんアナルも敏感なの?ハハッ、ポテンシャル高過ぎるって!」


ゲラゲラ笑う先輩達。

変態チックなセックスが始まり、いよいよ乱交の雰囲気が本格的になってきた。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子

官能小説ランキングへ
[ 2016/09/25 ] TB(0) | CM(12)