FC2ブログ

















官能小説 居候と人妻 真弓(44)

最初から読みたい方はこちらから




ペニスが膣に入ってきた瞬間に、吐息混じりの甘い声が漏れる。


――ああ、やっぱり……拓実君のって気持ちイイ……それに……――


久しぶりというのもあるけれど、それだけじゃない。

コンドームを付けずに人間として自然のまま、人工的な物を一切身に着けずに繋がっているという事に妙に興奮してしまう。


「はァ……なんだかゴム無しでするのってドキドキするね。拓実君もいつもと違う感じする?」


「はい、生だと……真弓さんの中が温かいのがはっきり分かるというか……」


「それってゴムしない方が気持ち良いって事?」


「はい。」


「私も、この方が気持ちイイかも……ん……でも拓実君の全部入らないよ……前は全部入ったのに、久しぶりだからかな?」


二人の結合部を見ると、まだ拓実の陰茎は半分程しか真弓の膣に入っていなかった。


「そうかもしれないですね。」


「全部入った方が拓実君は気持ちイイでしょ?」


「あ、でも無理しなくても……」


「うん、大丈夫、してる内に入るようになるかも。」


「じゃあ……動くね。今日は私が拓実君を沢山気持ちよくしてあげるから。」


そう言って真弓は拓実の腹筋の辺りにそっと両手を置く。

そして拓実の上に乗った騎乗位の体勢でゆっくりと腰を動かし始めた。

背筋を伸ばして、腰だけを前後に動かし〝ご褒美〟を拓実にじっくりと味わわせる真弓。


「ん……ぁ……はァ……」


自らの動きで拓実のペニスを膣から抜き差しする度に、真弓自身の身体にも快感が走る。


「はァ……拓実君、どう?気持ちイイ?」


「はい……はァ……めちゃくちゃ気持ち良いです。」


興奮と気持ち良さで緩みきった拓実の表情を嬉しそうに見つめながら、前後に動かす腰のリズムを速くしていく真弓。


ヌチャ…ヌチャ…ヌチャ…ヌチャ……


同時に真弓の愛液の分泌量も増していき、二人の結合部から卑猥な音が鳴り始める。


「……真弓さん……スゴイ……」


拓実は自分の陰毛が真弓の愛液でベットリと濡れているのを見て、そのあまりの濡れ具合に驚いて思わずそう言った。


「やだ、言わないで……だって仕方ないじゃない、私もずっと我慢してたんだもん。」


「真弓さん……」


今まで見た事がない程アソコをグチュグチュに濡らして発情している真弓に、拓実の興奮はさらに高まる。


「ハァ……これ……もう全部入るかも……ン……」


まだ半分しか入っていないかった拓実の陰茎を、真弓はゆっくりと腰を落としてさらにアソコに挿れていく。


「ハァ……ああ……奥までくる……ハァ……」


そしてゆっくりと密着する2人の陰部。


「ン……ハァァ……全部入っちゃった……拓実君……ハァ……」


「はい……ぁぁ……コンドームなしだと本当に凄いですねこれ。」


「ね、拓実君と身体が一つになってるみたい……」


「本当ですね……ああ……俺、幸せです。」


「幸せ?」


「真弓さんと一つになれて、幸せです。」


「……拓実君……」


〝幸せです〟

拓実のその一言に、思わず胸がキュンとしてしまう真弓。

セックス中で、しかも生で繋がっているからなのか、拓実の想いが身体の奥にまで伝わってくる。

つい〝私も〟と、答えてしまいそうになるのをなんとか我慢して、代わりに真弓は優しく微笑んで拓実にまたキスをした。

そして再び腰を前後に動かし始める真弓。


「んっあっ……んっ……ハァ……あっんっ……」


「ああ……真弓さん……気持ち良いです……はァ……」


「んっんっああっ……拓実君っ……あっあんっ……ハァ……」


「ハァ真弓さん……すみません、俺もう……イキそうです……ハァ……」


2週間ぶりのセックスだから、拓実が早くイッてしまうのは仕方ない。

でも拓実からしたら、真弓がまだ一度もイっていないのに自分だけ射精してしまうのは申し訳ないと思ったのだろう。

〝すみません〟と早漏を謝る拓実が可愛かった。

真弓はまた微笑みながら、そんな拓実の頭を手で優しく撫でた。


「うん、いいよ、もう我慢するの苦しいでしょ?」


「……はい……ハァ……」


「いいよ、じゃあこのまま……私の中に出して。」


「……ほ、本当にいいんですか……?真弓さんの…中に出しても……」


「うん、大丈夫だよ、……私も、拓実君に中に出してほしいし。」


「真弓さん……」


「妊娠はしないから大丈夫だよ……だから、遠慮しないで沢山出していいからね。」


真弓は拓実の耳元でそう言うと、上半身を起こし、拓実が気持ち良く射精を迎えられるように騎乗位でさらに腰を激しく動かし始めた。


「んっんっあっ……ハァ……あっんっ……ハァ……」


自身も気持ち良さそうに甘い声を漏らしながら、綺麗にくびれたウエストと、女性らしい丸みを帯びた尻をリズミカルに振る真弓。

もうすぐ2週間溜め込んだ拓実の精液が、自分の中に放たれる。

それを想像するだけでドキドキが込み上がてきて、腰の振り方も自然と早くなっていく。


「ああ……真弓さん……イキそう……出そうです……」


真弓の身体の中で、射精直前の拓実のペニスがさらに大きく固くなる。


「んっあっはァ……うん、いいよ、きて……沢山出して……ハァ……あっんっんっ!」


拓実の腹に手を置き、グチュグチュと愛液の音を立てながら一生懸命腰を振りたくる真弓。


「んっあっあっハァっ!んっんっんッ!」


「ハァ……ああ……真弓さん……ハァ……!」


「んっあっ拓実君っ……あっんっんっ!」


2人のボルテージが一気に上昇していく。

そして……


「う゛っ……ああ……出そう……真弓さん!」


「んっハァッ!拓実君っ!きて!私の中に!」


「真弓さんっ……う゛ッ……イクッ……あああっ!!」


「あああんっ!!」


拓実は射精の瞬間、真弓を突き上げるようにして腰を浮かせた。

そして真弓の膣の中、その最奥に向かって、拓実は2週間溜め込んでいた濃厚な精液を射精し始めた。


ドビュッ!!!!ドビュビュビュビュビュビューーーーーッ!!!!


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 青春の人 佳代ちゃん
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2017/02/14 ] TB(0) | CM(12)

次回からあの作品の連載を再開します!


『青春の人 佳代ちゃん』を最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回からは
[居候と人妻 真弓 ]
の連載を再開します!

まだ最初から読んだ事がない方はぜひこちらから読んでみてください( `・∀・´)ノ


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2017/02/10 ] TB(0) | CM(12)

官能小説 青春の人 佳代ちゃん(完)

※最終話は長くなってしまったので2つに分けました。こちらを読む前に110話も読んで頂けたらと思います。


大学生活の4年間、結局俺はずっと佳代ちゃんとセックスフレンドのような関係を続けていた。

佳代ちゃんには「ナオ君とのエッチが一番安心する」とかよく言われて、俺はそれが嬉しくて、ずっとセフレのままズルズルと4年間過ごした。

例の飲み会のような乱交だけじゃなくて、俺の部屋で佳代ちゃんと2人きりでセックスする事も多かった。

お陰で4年間彼女はできなかったけど……


で、佳代ちゃんはもちろん先輩達とも関係を続けていて、かなりの回数セックスしていた訳だけど、それよりももっと大変だったのはサークルに後輩達が入ってきた後だった。

俺達の後にバスケサークルに入ってきた後輩達の中にはやたらと高身長イケメンが多くて、その中の何人かは吉岡先輩や太田先輩に勝るとも劣らないヤリチンが多数いた。

で、そのヤリチン後輩の中でやたらと佳代ちゃんの評判が良かったんだよね。


「佳代先輩ってマジで可愛いくないッスか?。」


「そうそう、あの笑顔可愛過ぎでしょ、てか俺本気で惚れそうなんですけど。めっちゃ優しくて良い人だし。」


「しかも結構良い身体してますよね?何気に胸ありそうだし。」


みたいな感じで、早々から佳代ちゃんはヤリチン後輩達に狙われていた。

で、ヤリチン同士は気が合うみたいで、そのヤリチン後輩達と仲良くなった吉岡先輩や太田先輩が佳代ちゃんの本性を暴露。

〝佳代先輩マジで可愛い〟みたいな話題で後輩達が盛り上がってる時に吉岡先輩がポロリと


「まぁ佳代ちゃんは可愛いけどヤリマンだけどな」と。


もちろん後輩達はそれを聞いて驚いてた。


「えっ!?マジっすか!?佳代先輩ヤリマンなんすか!?」


「ヤリマンヤリマン、超ビッチだから、男のチンコ大好きだから佳代ちゃんは。」


「佳代ちゃんはエロいぞぉ、ベッドの上と普段とのギャップが半端じゃないから。」


「えーマジかぁ、イメージ崩れますね……もしかして先輩達、佳代先輩とヤリまくってるんですか?」


「ヤッてるつうか佳代ちゃんが1年の頃から皆で輪し(まわし)まくってるよ。」


「うわぁ……でもあの佳代先輩のエロいところとか想像するとヤバいっすね。」


「お前らの想像以上だと思うぞ、俺達が調教しまくってるから。あ、そうだ、今度お前らも来るか?」


って感じの流れで、それからヤリチン後輩達も〝例の飲み会〟に参加するようになった。

単純に人数が倍増しただけでも大変なんだけど、ヤリチン後輩達はセックスにも慣れてる&体育会系で精力も半端ないから凄かった。(しかも皆巨根だった)

佳代ちゃんは高校時代からそうなんだけど、後輩の面倒見も良くて慕われるタイプなんだよね。

サークルでも後輩には男女共に慕われていたし、ヤリチン後輩達にも普段は〝佳代先輩〟って呼ばれて敬語使われていたんだけど、セックスの時だけは違って


「おい佳代!まだ勝手にイクなよ、俺達が許可するまで我慢しろ!」


って後輩達は佳代ちゃんを呼び捨てで、しかも後輩達皆Sっ気あって佳代ちゃんに対して命令口調だった。

で、佳代ちゃんは


「ああんっ!はぁん!もうダメ!我慢できないです!あっあっイっちゃいます!イクッ!」


って、普段サークルでは頼りになる先輩マネージャーであるはずの佳代ちゃんが、セックス中は逆にヤリチン後輩達に敬語使ってた。

それが妙にエロくて……正直俺も、後輩達にイかされまくってる佳代ちゃんの姿を見て興奮していた。

でもヤリチン後輩達は、先輩達と違って、本当に佳代ちゃんに対して手加減がなくて、

これは俺は直接見てはいないんだけど、後輩達から聞いた話だと、夏休みに他大学の男友達も含めて20人くらい集めて行った旅行に、女の子1人だけ佳代ちゃんを呼んで皆で肉便器にしていたらしい。

後日俺が会った時、佳代ちゃんは元気だったけど、ちょっと声がガラガラになってた。たぶん喘ぎ声出し過ぎたり、フェラ&ゴックンし過ぎたんだと思う。

でも「旅行楽しかった?」って聞いたら

「楽しかったけどぉ……ちょっと疲れちゃったかな」って言ってる程度だった。

この頃には佳代ちゃんのマゾっぷりもかなりエスカレートしていて、先輩達には〝1週間に1回くらいは意識が飛ぶくらいイキまくらないと満足できなくなってきた〟とか漏らしていたらしい。

一晩で10人とか20人とした後はさすがに疲れて「もうしたくない」って思うけど、数日経つとまたムラムラしてきてそれくらいの刺激が欲しくなってくるって。

で、そんな状態だったから、1年の時みたい〝例の飲み会〟のメンバーだけで秘密にする事もできなくなり、
サークル内でも佳代ちゃんが〝ヤリマン〟だって噂は結構広まっちゃってた。

それでも佳代ちゃんはサークルに来てたけどね、でも同学年の他の女子マネージャーはそれが原因かは分からないけど来なくなった子も結構いた。


で、俺達が3年になる頃には、新入生で1人小柄で小動物系の可愛い女の子が入ってきて、その子が意外にもエロくて、5代目の肉便器にされてた。

背も胸も小さくて色白で可愛いんだけど、男もセックスも巨根チンコも大好きらしい。(俺は参加しなかった)

その子のお陰で佳代ちゃんの負担は減って、就職活動もしなくちゃいけなかったからタイミング的にも良かったみたい。

4年になって就職が決まってからは、俺も佳代ちゃんもあまりサークルには行かなくなって(もちろん先輩達はすでに卒業してる)、以前のような乱交はやらなくなった。俺と佳代ちゃんはたまにセックスしていたけどね。


でも大学卒業してからは全く、佳代ちゃんとは一度も身体の関係を持つことはなかった。

ただ社会人なりたての頃は月に一度くらい佳代ちゃんから連絡があって

『ストレスやばいよ~ナオ君飲み行こ!』と、

2人で飲みに行って仕事の愚痴言い合ってた。

で、その時に大学時代の話も少ししたりもした。

佳代ちゃんは酔っ払いながら「私ホントにエッチだったよねぇ」って苦笑してた。

その後「今もエッチだけどねっ♡」と笑顔で言われたときにはドキっとしたけど。

「大学の時は本当に性欲凄かったもん……今思い出すと自分でも信じられない」と。

「でもそんな私に告白してきたんだもんね~ナオ君も相当変わってるよねっ」と言われ、2人で笑ってた。


やがて俺は地方に転勤、佳代ちゃんとは会わなくなった。

正直それでもしばらくは佳代ちゃんの事を忘れられなかったりしたんだけど、今は仕事にも慣れて少し落ち着いて、最近知り合った女性と結構良い感じだったりする。

で、丁度大学卒業して4年後くらいかな、佳代ちゃんから手紙が届いた。


〝私、結婚します!〟


と。

結婚式の招待状と一緒に。

お相手は、高校時代から佳代ちゃんと付き合っていたバスケ部の先輩と。

そう……佳代ちゃんはあの沢村先輩と付き合い続けていたんだ。

厳密に言うと大学にいる頃に1年くらい別れてた期間があったんだとか(全然知らなかった)

で、よりを戻したり、また別れたりって何回か繰り返していたらしい。

そして最終的に彼の元に行く事になったと。

その手紙を読んだ時、正直かなりショックだったんだけど、俺は結婚式には行く事にした。


佳代ちゃんの結婚式には高校時代の友達(主にバスケ部とクラスメイトの女の子数人)が来ていて懐かしかった。

でも大学のサークルのメンバーで呼ばれていたのは俺1人だけ。

結婚式当日は晴天で、まるで天が佳代ちゃんの結婚を祝福しているかのようだった。


そしてウエディングドレスを身にまとった佳代ちゃんは、間違いなく世界で一番美しかった。


白いドレスを着た佳代ちゃんは、本当に天使か女神じゃないかってくらい綺麗で、俺は見た瞬間に泣きそうになった。

でも親族より先に泣く訳にもいかなかったから我慢したよ。


結婚式は、一言で言うなら最高だった。


新郎に大きなケーキを食べさせて笑う佳代ちゃん。

友人達の出し物を見て新郎と一緒に楽しそうに笑う佳代ちゃん。

両親への手紙を読みながら涙を見せる佳代ちゃん。


結婚式の中で色んな佳代ちゃんの表情を見ている内に、俺は自然と微笑ましい気持ちになっていた。

そしてその時、俺は心から思った。


〝佳代ちゃん、おめでとう、幸せになってください〟


と。

そう思えた瞬間、俺の一つの青春がやっと終わったような気がした。




新郎新婦との写真撮影の時間になり、多くの親戚や友人がドレス姿の佳代ちゃんや旦那さんと写真を撮り始めた。

人が多かったから俺は遠慮して少し離れた場所からその光景を眺めていた。


――佳代ちゃん……幸せそうだなぁ……良かった……本当に良かった……――


そして「写真撮影の時間は残り僅かです」と会場にアナウンスが。

すると、佳代ちゃんは少し焦ったような表情でキョロキョロしながら誰かを探し始めた。

ん?佳代ちゃんどうしたんだろ?

そして次の瞬間、遠く離れた席に座っていた俺と、佳代ちゃんの目が合った。


「あっ!ナオく~ん!こっち来て!写真撮ろう!」


佳代ちゃんの元気な声が会場に響いた。


「ナオ君早く~!こっちこっち!」


手招きされて、俺は「え?俺?」と言いながら慌てて席を立って佳代ちゃんの方へ向かった。

そしてドレス姿の佳代ちゃんは撮影場所に来た俺の腕をすぐに掴んできて


「ナオ君2人で撮ろう!お父さん!はいカメラ!ナオ君と撮りたいから!」


「おお、ナオヒロ君!ハハッ、分かった分かった、佳代は本当にナオヒロ君と仲が良いなぁ。」


「そうだよ~一番の友達だもん!ねっ♡」


「よ~し!じゃあ撮るぞ~!あれ?ナオヒロ君緊張してるのか?ちょっと表情が固いぞ?」


「ナオ君は写真撮る時はいつもそうだもんね~、高校の卒業式の時に撮った写真もそうだったし。」


そう言いながらクスクス笑う佳代ちゃん。


「じゃあ撮るぞ~!ナオヒロ君も笑って!」


「は、はい!」


佳代ちゃんのお父さんがカメラのボタンを押し、シャッター音が鳴った。

そしてそのデジカメで撮った写真を「お父さんちょっと見せて」とすぐに確認した佳代ちゃんは

「ナオ君やっぱり表情固いよ~」

と、笑っていた。

いつもの、俺が大好きな佳代ちゃんの笑顔だった。





『青春の人 佳代ちゃん』を最後まで読んで頂き、本当にありがとうございました。
書き始めた当初の予定では短編のつもりで書いたのですが、自分でも書いていて楽しくなってしまい、毎回の事で反省点でもあるのですが、長くなってしまいました。
しかも途中で更新が止まってしまう事も多く、その度に読者の皆さんからのコメントに励まされました。
完結できたのは皆さんのお陰です、ありがとうございました。


そして次回から
[居候と人妻 真弓 ]
連載再開!しますので、宜しくお願いします( `・∀・´)
[ 2017/02/10 ] TB(0) | CM(14)