FC2ブログ














女子大生 水野果歩(121)

果歩 「ぁ・・・あの・・・」


椅子に縛られ身動きのできない果歩の身体と顔を舐めるように見つめる大林。


大林 「いやぁ果歩さんは本当に可愛いねぇ、これだけ可愛いと、男の子なんかに凄くモテるでしょう?」


果歩 「い・・・いえ、そんな・・・あっ・・・」


大林は果歩にそう聞きながら、毛深い手でスカートから伸びる果歩の生脚、その脹脛(ふくらはぎ)辺りを擦り始めた。


大林 「ヒヒ・・・肌も白くてこんなに綺麗だ・・・あなたの裸を想像してオナニーをした男はいったい何人いるんでしょうねぇ、きっと今までにあなたの事をオカズにして出された男達の精液は相当な量ですよ。」


果歩 「ぁ・・・そんな事・・・ぁ・・・」


大林 「おやおや・・随分と敏感なんですねぇ、脚を触っているだけなのに。こんなに可愛くて敏感だなんて・・・はぁぁ・・・私も早く果歩さんのヒーヒー喘ぐ姿が見てみたいですよ。」


くすぐったいような、気持ちいいような、その間の微妙な感覚。

それに加え、大林の放つ言葉は妙にネットリとイヤらしい。

まるで富田との性交前のようにその言葉に反応し、身体が熱くなっていくのが分かる。


果歩 「ゥ・・・ぁ・・・大林さん・・・私、本当にいいんです・・・マッサージは・・・」


果歩は今脚を触っている大林の手が、いつスカートに入ってくるかと気が気でなかった。

そう、果歩は今、スカートの中に下着をつけていないのだから。

しかしその一方で、今この状況を完全には拒否できない自分がいる事にも果歩は気付いていた。

それは、いつ大林はスカートを捲り上げるのだろうというスリル感に、果歩が性的興奮を覚えていたからだ


言葉では否定していても、果歩は心のどこかで淫らな事を期待してしまっているのだ。

そしてその性的好奇心と興奮に、果歩の身体ははっきりとした反応を示していた。


果歩 「ぁ・・・ダメです大林さん・・・ハァ・・・」


大林 「ヒヒ・・・その言葉は果歩さんの本心ですか?」


果歩の脚を擦る大林の手は、徐々に脚の付け根へと向かっている。

脹脛から膝、そして内腿へと。


果歩 「ァ・・・ダメ・・・イヤ・・・・」


口ではそう言っていても、果歩はイヤらしい動きをする大林の手を顔を赤らめながらジッと見つめているだけで、殆ど抵抗しようとしていない。



富田 「ハハッ、果歩の反応はいつ見ても面白いなぁ。」


山井 「そうっスね。果歩ちゃんってチカンとかされてもきっとあんな感じなんでしょうね?」


富田 「今度ノーパンでミニスカートでも穿かせて満員電車に乗らせてみるかな。」


山井 「それいいっスねぇ。」


部屋の隅でタバコを吸いながら話す富田と山井。

まるで何かのショーを見るかのように、2人は大林と果歩の様子を眺めていた。




大林 「ヒヒヒ・・・さて果歩さん、そろそろこのスカートの中も拝見させてもらってもいいですかねぇ?」


果歩 「ハァ・・・ダメ・・・です・・・」


大林 「そうだ、まずはこうしましょう。」


大林は余裕の笑みを浮かべながら、椅子についていた赤いボタンを押した。


・・・ウィーーーーン・・・・・


果歩 「え・・・?嫌ッ・・・何これ・・・あぁ・・・ダメェ・・・」


果歩が座らされている特殊な椅子はどうやら電動式で動くようだ。

大林がボタンを押したと同時に、固定された果歩の両足は左右に開かれるようにゆっくりと動きだす。


大林 「ヒヒヒ・・・便利でしょう?電動式ですからね、結構高かったんですよ。まぁ富田さんが買ってくださったんですけどね。」


果歩の両足は大林の目の前で、果歩の意思とは関係なく強制的にM字開脚の格好になっていく。


果歩 「イヤ・・・こんなの・・・」


ヴィーーーー・・・・ガチャ・・・


機械の動きがやっと止まった頃には果歩の股は、限界まで大きく開いてしまっていた。

しかし幸い、股を開く恥ずかしい格好になってもスカートはまだなんとか果歩の股間を隠していた。

大事な秘部の上にぺランと一枚のスカートだけが乗っかったギリギリの状況が、逆に果歩の羞恥心を刺激する。


大林 「ヒヒヒ・・・恥ずかしいですか?こんな格好にさせられて。でも果歩さんはこういうのが好きなんでしょう?顔を見ればわかります。あなた今すごくイヤらしい表情をしてますよ。」


果歩 「・・・ハァ・・・そんな・・・違い・・・ます・・・」


大林 「いいですねぇ、そうやって強がれば強がる程、我慢すればする程、あとで美味しい蜜の味が味わえるんですよ。」


大林はそう言いながら果歩の秘部を隠すスカートの裾を掴む。


大林 「ほ~ら果歩さん、捲ってしまいますよぉ?いいですかぁ?」


果歩 「・・・・ぁぁ・・・」


ゆっくりと大林の手は果歩のスカートを捲り上げていく。

果歩はスカートが捲られていく様子を恥ずかしそうに見つめていたが、口からはそれを拒絶する言葉はもう出てこなかった。



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

ちょっと遅れましたが遅れ分の日曜更新です。
また明日から頑張りますのでよろしくお願いします。
[ 2013/10/12 ] TB(0) | CM(0)

女子大生 水野果歩(122)

ゆっくりとスカートを捲りあげられ、大股を開いた果歩の秘部が徐々に部屋の明かりの下に晒されていく。

果歩の股の中心を息を荒くしながら見つめる大林。

ついに果歩の大事な部分が見れる。

数週間前に富田に果歩の写真を見せてもらってから、この日が来るのをずっと心待ちにしていた。

一年前、秋絵という女子大生を富田が連れて来た時の興奮が蘇るようだ。

いや、今回の果歩に限っては秋絵の時以上の興奮を感じる。

大林は果歩のように、清純なイメージがあればある程その女性を汚したくなる性癖の持ち主なのだ。

大林の場合、富田のようなセックステクニックを持っている訳でもなく、身体的に恵まれているわけでもない。だから富田のようにセックスで果歩を調教する事はできない。

しかしそれでも異常な程サディストである大林は、その分違った方法で女性の身体を開発する事に執着しているのだ。

大林には富田のように、女性には快感しか与えないという考えはない。

ただ女性の身体を自分好みに、物理的に改造したいだけなのだ。

大林の調教は生易しいものではない、女性の気持ちなど関係なく、容赦ない行為を虐げられる。

大林の調教を受けた女性は皆苦痛や不快感に表情を歪め、泣き叫ぶ。

そんな苦しむ女性の表情を見るのが大林はたまらなく好きなのだ。

そして大林に物理的に身体を調教・改造された女性のそれ以降の性生活は激変する事になる。

それは女を従属させたがる富田にとっても有益な事で、その点で富田と大林は利害が一致しているのである。だから調教に必要な器具、資金、大林の給料は全部富田のポケットマネーから出ていた。

こんな仕事とはいえない様な変態的な事ばかりをしていても、大林の給料は一般のサラリーマンよりもはるかに多いものだった。もっとも、それくらいの金額は富田にとっては痛くも痒くもないのだが。



果歩のスカートを捲り上げた大林は、果歩のソコを見て少し驚いた表情を見せる。


大林 「ん?おやおや・・・果歩さん、どうして下着を穿いていないんですか?」


果歩 「・・・・」


果歩は顔を赤くしたまま俯き、何も言わない。


大林 「ヒヒ・・・富田さんですね?果歩さんは富田さんの言う事はなんでも聞いてしまうんですねぇ。」


大林はそう言いながら手の指を櫛(くし)の様にして果歩の黒い陰毛をサワサワと弄っている。


果歩 「・・・ンゥ・・・・」


大林 「そんなに気持ちイイんですか?富田さんとのSEXは。ヒヒ・・・もう果歩さんは富田さんのあのデカマラの虜なんですね?大人しそうな顔してイヤらしいんですねぇ。」


果歩を辱める大林の言葉。しかしそれは同時に果歩にとっては否定できない事実でもあった。

富田のSEXの虜・・・そう、だから今自分はここにいる。そうじゃなかったら今頃トミタスポーツのアルバイトを辞めて、元の生活に戻っていたはず。そして友哉とももう一度……


・・・友哉・・・


友哉の事を思うと、果歩の目には再び涙が溜まった。


果歩 「・・・ぅ・・・ぅ・・・」


大林はそんな果歩の表情など気にもせずに、果歩の秘裂を2本の指で開いていく。


大林 「おぉぉ!これはすばらしい!綺麗なピンク色だぁ、クリトリスも小粒で可愛らしいオマ○コですねぇ・・・でも、ヒヒ・・・ちょっと濡れすぎですけどねぇ、イヤらしい涎がアナルの方まで垂れそうですよ?」


果歩 「・・・イヤ・・・」


友哉に対する罪悪感を思っているのにどうして感じてしまうのか、果歩はそんな自分自身が今だに理解できなかった。


大林 「ヒヒ・・・ノーパンでいたら興奮しちゃいましたか?果歩さんは露出狂の性質も兼ね備えているんですね?いやぁすばらしい、すばらしいですよ果歩さん。」


果歩 「・・・イヤ・・・そんなの・・・」


確かに下着を着けないで出歩く事に、果歩が恥ずかしさと同時に淫らな気持ちを抱いていたのは事実。しかし、大林に〝露出狂〟という言葉ではっきり言われてしまうと、果歩は困惑した。
自分が露出狂などと呼ばれるのは、どうしても心の中で受け付けられない。


大林 「もう何回この小さなオマ○コに富田さんの巨根を入れてもらったんですか?ヒヒ・・・でもまだ綺麗なオマ〇コしてますからね、調教のし甲斐はありますよ。」


もうこの時点で、今まで〝マッサージ〟と表現していた大林の言葉は〝調教〟へと変化していた。

大林は果歩の秘部から手を離すと、徐(おもむろ)に床に置いてあった黒くて大きなバックの中に手を入れる。


ガサゴソ・・・ガサゴソ・・・


なにやら小芥子(こけし)のような機械をそのバックから取り出した大林は果歩の前に立ち口を開く。


大林 「それじゃね果歩さん、まずはこれで果歩さんがイクところ見せてもらおうかな・・・ヒヒヒ・・・。」



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

今週もよろしくお願いします。
[ 2013/10/12 ] TB(0) | CM(4)

女子大生 水野果歩(123)

ヴィーーーー!


大林がその機械のスイッチを入れると細かい震動音が部屋に響き始めた。

小芥子の様な形の機械は、どうやら先端の丸くなっている頭の方が震動しているようだ。


果歩 「・・・・それって・・・何ですか・・・何するんですか・・・?」


少し怯えたような感じで大林の手が持つその機械を見つめながら、果歩は尋ねた。


大林 「これはね、電気マッサージ器なんですよ。ほら・・・こんな風に肩なんかに当てるんです。」


大林はそう言って、震動する電マを果歩の肩に軽く押し付ける。


ヴーーーー・・・・


大林 「どうです?・・・気持ちいいでしょう?」


果歩 「・・・ん・・・・・ハイ・・でも・・・」


大林 「でも?・・・ヒヒヒ・・・果歩さんだって本当はわかっているのでしょう?私がこれを何処に使うのか・・・」


果歩の肩から電マを離すと、それをゆっくりとM字に開かれた果歩の股の中心に近づけていく大林。

大林に言われた通り、果歩はその電気マッサージ器がこれからどんな風に使用されるのか大体予想がついていた。

それは以前、果歩が秋絵から手渡されたバイブレーターも同じように細かい震動をしていたからだ。

自分の部屋であのバイブレーターを電池がなくなるまで使ってオナニーをし続けた記憶はまだ新しい。


果歩 「・・・ゴク・・・・」


今目の前にある、あのバイブレーターよりも大きな存在感を誇る電気マッサージ器は、自分にどんな快感を与えるのか。それを想像して、果歩は思わず生唾を飲み込んでしまった。


大林 「ヒヒヒ・・・大丈夫ですよ、これでイカない女性は殆どいませんから。」


果歩の剥き出しの秘部に、電マをギリギリ触れない位置でキープする大林。

果歩はそれがいつアソコに触れるのかと、ドキドキしながらジッと見つめている。


大林 「はぁぁ・・・ヒヒ・・・さて、果歩さんはどんな表情するのかなぁ・・・富田さん達にはもう何度も見せているのでしょう?あなたがアクメに達する時の顔を、声を・・・私にもじっくり見させてください、この可愛いお顔が快感で理性をなくしたらどう変化するのか・・・ヒヒ・・・。」


大林のイヤらしいセリフを聞いて、果歩は顔を横に背ける。

絶頂に達する時の自分の表情がどんな事になっているかなんて、考えた事はなかった。

しかし大林にそんな風に言われると、なんだか恥ずかしくて意識してしまう。


果歩 「・・・・・。」


大林 「さぁ・・・いきますよぉ・・・ヒヒヒ・・・」


ヴィーーーー・・・・


ゆっくりと近づいていく電マ。


果歩 「ん・・・・・」


細かい震動が空気を伝ってもうすぐその瞬間がくるという気配を果歩の敏感な部分に感じさせる。

もう逃れようのないこの事態に、果歩は目を閉じてその瞬間を待った。

そして・・・


ヴィーー・・・ヴゥーーーーー!!


果歩 「ぁ・・・ンッーーー!!!アッンーーー!!!」


ガチャンッ!!


電マの大きな先端が触れた瞬間、果歩は椅子の上で背中を大きく仰け反らせた。

想像を超える刺激だった。

バイブレーターよりも広範囲に震動を伝えてくる電マは、果歩の性器全体を包むような刺激を与えてくる。

クリ○リスを中心に感じるその快感は、あっという間に果歩の下腹部を熱くさせる。

その驚くほどの快感に思わず脚を閉じようとするが、しっかりと脚を椅子に固定されているためそれは叶わない。


ヴィーーーーー!!


果歩 「ハァァアッ!ンッーーーアッ・・・ダメ・・・これ・・・ハァンッ!ンッーーー!!」


顔を紅潮させながら身体をビクビクさせて電マからの刺激に反応示す果歩の身体。


大林 「始まった瞬間からこの反応とはねぇ・・・ヒヒヒ・・・相当に敏感体質なんですねぇ果歩さんは。」


大林は快感に悶える果歩を見つめながら、落ち着いた様子で果歩の反応を楽しんでいた。


果歩 「ハァァァアア・・・アッアッアッ・・・これ・・・ちょっともうダメ・・・もうダメです・・・アッアッアッ・・!!!」


大林 「ぇえ!?もしかして果歩さんもうイクんですかぁ?ちょっと敏感すぎでしょう君、まだ1分程しか経ってませんよぉ?」


大林は早くも絶頂の兆しを見せ始める果歩の反応に、少々呆れ気味の笑みを浮かべている。

ビクビクという反応が少しずつ大きくなっていく果歩の身体。

最初は今日初対面である大林の前という恥ずかしさから、我慢し、堪えようとようとしていた声や快感に反応する姿。
しかしどうやら電マの刺激を秘部に受けた瞬間から、そんな事は頭の中からどこかへ飛んでしまったらしい。


果歩 「ンッアッアッアッ・・・・!!ハァア・・・アッ・・・もう・・・アッアッ・・きちゃう・・・アンッ!・・・イッ・・・ンーーーッ!!!!」


ガチャンッ!!!


手足を縛られた黒いベルトを力いっぱい引っ張るように、身体を縮込ませながら背中を大きく反らせた果歩。

ビックンビックンと、痙攣する果歩の身体。


果歩 「・・・ン・・・ン・・・ァ・・・」


大林 「ヒヒヒ・・・これはここに来た女性の中では最短記録じゃないですかねぇ・・・ヒヒ・・・気に入りましたよ果歩さん・・・イク時のお顔も本当に可愛らしい方だ。」


短時間でなんとも呆気なく快感の絶頂に達してしまった果歩の姿に、大林は満足そうに笑っていた。


果歩 「・・・ハァハァ・・・」


しかし目を閉じて絶頂の余韻に浸る果歩の顔を見つめながら、大林の笑顔は一瞬で真顔に変化する。

笑顔の消えた大林のその目は、どこかどす黒いようなサディズムに満ちた目だった。


大林 「でもねぇ果歩さん、まだまだこれからですからね、覚悟してくださいよ、涙と涎が止まらなくなるくらい感じさせてあげます。そうなったらもう、そんな可愛いお顔はしていられませんから・・・ヒヒヒ・・・」


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

昨日は祝日でなんとなく休んでしまいました。ごめんなさい。
[ 2013/10/12 ] TB(0) | CM(0)

女子大生 水野果歩(124)

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・」


電気マッサージ器によって短い時間で一気に絶頂へと登り詰めた果歩。

その絶頂は富田とのSEXの時に導かれる絶頂とは違うものだった。

富田とのSEXで感じるアクメは、もっと深く大きいものだ。

それに比べ、電気マッサージ器によって強制的に導かれた絶頂は浅いものであった。

人の温もりも、肌と肌を合わせないで達する絶頂は、やはりSEXとは別物。

しかしそれでも、電マによる絶頂は果歩の身体から理性や羞恥心を奪った。

絶頂直後のピンク色のヴァギナはヒクヒクと蠢き、ダラダラとイヤらしい涎を垂らしている。



大林 「ヒヒヒ・・・じゃあそろそろ本格的にいきましょうか。山井さん!果歩さんを裸にするのを手伝ってください。」


山井 「はいはい、女の子を裸にするのは大得意ですからねぇ。」


大林の声で、タバコの火を消してから果歩に近づいてきた山井、早速果歩の服に手をつけ始める。

快感絶頂を向かえ脱力し、グッタリとした果歩を縛っていたベルトを外すと、手早く果歩の服やスカートを脱がせていく山井。


果歩 「ン・・・ハァ・・・山井さん・・・?ハァ・・・」


山井 「うん?気持ちよかったのかい?ほら、腕上げて・・・」


山井は意識が少し朦朧としている果歩に声を掛けながら、服を脱がせる作業を続ける。


大林 「ヒヒヒ・・・おぉ、色白で美肌ですかぁ、それに乳首もこんなにピンクで・・・いやぁすばらしい。」


カチャ・・・カチャ・・・・


全裸になった果歩の手足に、再び黒いベルトを巻きつけていく山井。脚は大きくM字に開いてしっかりと固定した。

作業を終えた山井は、ニヤニヤ笑みを浮かべながら果歩の耳元で小さく囁く。


山井 「果歩ちゃんすっげぇエロい格好だな?大林さんに全部丸見え・・・へへ・・・。」


果歩 「ハァ・・・山井さん・・・。」


全裸になり、大股開きで縛られた女子大生。


恥じらいの表情・・・

黒いベルトが食い込んだ白い柔肌・・・

ふっくらと柔らかな乳房・・・

ピンクの乳首・・・

頼りなく茂る黒い陰毛・・・

濡れたヴァギナ・・・

薄いセピア色のアナル・・・


その全てが卑猥だった。

果歩のような女子大生のこんな姿を見て勃起しない男はいないだろし、理性を保てる男も少ないだろう。


大林 「すばらしい身体だぁ、まさに芸術ですね。へへ・・・でも、今から私がもっと素敵な身体にしてあげますからねぇ・・・ちょっと待っててくださいよ。」


ガサガサ・・・


大林は黒いバックに手を突っ込み、次々と奇妙な形の器具を取り出していく。

そして、その中の1つを手に取り、大林は果歩に近づく。


大林 「果歩さんの乳首の大きさならこれかな・・・」


針の無い注射器を改造してあるようなその器具を果歩の乳首に当てようとする大林。


果歩 「ぁ・・・あの、それ、何するんですか?」


大林 「ヒヒ・・・まぁやってみれば分かりますよ。」


不安そうな果歩の表情。

しかし大林はそんな事は気にしない様子でニヤニヤと笑みを浮かべながら楽しそうに作業を続ける。

そして通常よりも大きくなっている注射器の先端の筒状になった部分を果歩の乳首に押し当てる大林。


大林 「ちょっと痛いですよ。」


そう言って大林は先端を乳首に当てた注射器の押子をゆっくりと引いていく。


果歩 「ぇ・・・あっ!痛っ・・・ん・・・痛いです・・・」


大林が押子を引くと同時に、真空になった筒部分にゆっくりと吸引されていく果歩の乳首。


大林 「大丈夫ですよ、うっ血しない程度ですから。最初は少し痛いかもしれませんが、これからのためですからね。」


大林はそう言いながら、果歩のもう片方の乳首にも同様の物を取り付ける。


果歩 「痛っ!ン・・・イヤ・・・こんなの・・・外してください・・・」


大林 「ヒヒ・・・そんなに嫌がらなくても、その内に良くなってきますよ。それにこの道具はこれだけじゃありませんから。」


果歩の痛がる表情に、大林は興奮した様子で今度はバックから出したローターを手に取る。

そして、そのローターを果歩の乳首に付けた注射器の改造した部分にはめ込んだ。


・・・カチャ・・・


乳首を吸引する注射器とローターが一体となった器具。これは大林が1人で製作した物だ。



山井 「うっわ~大林さんあんな面白いもんよく作りましたねぇ。」


富田 「別に大した発明じゃないだろ。でもまぁあれがアイツの仕事だからな。」


部屋の隅からタバコを吸いながら見物している富田と山井。

大林の性に対する探究心に関心しながらも、苦笑いの表情の2人であった。



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/10/12 ] TB(0) | CM(2)

女子大生 水野果歩(125)

果歩 「ン・・・・ハァ・・・ぅ・・・イヤこれ・・・」


特殊な器具を取り付けれれた乳首がジンジンして熱い。

なんだかずっと乳首を引っ張られているような感覚。


・・・こんなの付けてたらここがどうにかなっちゃう・・・


大林はうっ血はしないと言っていたが、乳首に感じる痛みを考えるとただでは済まないような気がして不安がる果歩。


果歩 「大林さん・・・お願いです・・・こんなの外してください・・・。」


大林 「心配しなくても大丈夫ですよ果歩さん。ただ今までより感じやすい乳首になるだけですから・・・ヒヒ・・・まぁ少し乳首が大きくなっちゃうかもしれませんけど、気持ち良くなれるんだからそれくらい良いですよね?」


果歩 「・・・そ、そんな・・・」


大林は心配そうな果歩の様子を意に介する事なく、新たに別の器具を準備する。


ジャラジャラ・・・


次に大林が手にしたのは、一つ一つにコードが付き、束になっている大量の小型ローターだった。

通常のローターよりも小さなそのローターは、楕円型の豆粒程度の大きさ。

それを大林は1つずつ、果歩の身体の至る所にテープで貼り付けていく。

脇、腕、わき腹、内腿、脹脛・・・主に擽ったい場所、つまり感度に違いはあるが、性感帯である可能性がある場所すべてに次々とローターを貼り付けていく。

そして特に白い乳房と、股の付け根辺りには入念に何個ものローターを貼り付ける大林。


果歩 「ン・・・こんなの・・・」


まるで心電図でも測るときの様な状態で、果歩の身体に大量のコードが張り付いている。


大林 「ヒヒヒ・・・じゃあ後はここだけですね。」


大林はそう言って、果歩の股の中心に手を伸ばす。

先程の絶頂で濡れたままの秘裂を、大林は2本の指で左右に広げる。

大林の目の先にあるのは果歩のピンク色の陰核だった。


大林 「ヒヒヒ・・・いやいや、果歩さんはクリまで可愛らしいですなぁ・・・ん~・・・ヒヒ・・・皮が被ってますね、私が剥いてあげましょう。」


果歩の陰核を保護していた皮を、大林は指でグリっと剥いてしまう。


果歩 「・・・ぁ・・・ゥンッ!」


剥き出しになった果歩の陰核は真っ赤だった。

見た目にもそこに神経が集まっている事がよくわかる。


果歩 「ぁ・・・ン・・・・」


皮を被った状態でもかなり敏感だった果歩のそこは、空気に触れただけでもヒクヒクと反応していた。


大林 「ほほう、これはすばらしい、かなり敏感そうなクリですねぇ、どれどれ・・・。」


そう言って大林はその敏感な部分にフゥ~っと息を吹きかけた。


果歩 「ぁ・・アンッ!・・・ぁ・・・ダメ・・・ハァ・・・」


たったそれだけの行為でも、果歩の身体はビクンッと反応を示す。


大林 「ヒッヒッヒッ・・・これは相当過敏な反応ですなぁ!今から大変な事になりそうですねぇ。」


大林は怪しい笑みを浮かべながら、続いてバックから真空パックにされた小さな袋を取り出す。

そして大林がその中から取り出したのは、小さなシリコンできた様な物だった。

1センチにも満たない大きさのそれは、真ん中に丸い穴が空いていた。


果歩 「・・・何ですか・・・それ・・・」


大林 「ヒヒヒ・・・これですか?これはですねぇ、ここに装着させるんですよ。ちゃんと除菌されていて清潔ですから安心してください。」


そう言って大林は指で掴んだそれを果歩の秘部へ近づける。

そして皮を剥かれた果歩の陰核にそれをパチンっとはめ込んだ。


果歩 「アンッ!!ァァ・・・ン・・・何これ・・・何したんですか・・・?」


強い刺激を受けた後、秘部に感じる違和感。

果歩は不安な様子で大林に聞いた。


大林 「ヒヒヒ・・・いやなに、果歩さんのクリトリスの皮を戻らないようにしただけですよ。ほら・・・」


果歩 「ァハァッ!!ンッ!」


大林が指でそこを弾くと、ビクンビクンと大きな反応を示す果歩の身体。

特殊なシリコンを取り付けられた果歩の剥き出しの陰核は、シリコンに軽く締め付けられ、その中心の穴から真っ赤な陰核の頭が押し出されていた。


果歩 「ハァ・・・ハァ・・・こんな・・・イヤ・・・」


大林 「ヒヒヒ・・・嫌と言われてももう私は止められません、こんな興奮するのは久しぶりなんですから。大丈夫です、きっと後悔はさせませんよ。」


そしてやはり大林はその剥き出しになった陰核に当たるように、先程短時間で果歩を快感絶頂に導いた小芥子型の電気マッサージ器をセットし始める。

果歩が暴れても外れないように、入念にテープで巻きつけ固定する大林。


大林 「ヒヒヒ・・・これで完成です。」


果歩 「ハァ・・・こんなのヤダ・・・」


身体の至る所に卑猥なオモチャを取り付けられた果歩。

もうさすがに果歩にも、これらの物がどんな風に動き、刺激を与えてくるか想像がついた。


・・・こんなのダメ・・・絶対おかしくなっちゃう・・・


恐怖にも似た感情を抱く果歩に、大林はバックから取り出し手に持ったリモコンを見せつける。


大林 「ヒヒヒ・・・果歩さん、これスイッチです。もう分かるでしょう?私がこれを押したら、忽ちに果歩さんは快楽の世界に堕ちていくことになります・・・ヒヒヒ・・・。」


果歩 「・・・イヤ・・・やめて・・・やめてください・・・」


大林 「ヒヒヒ・・・大丈夫です、もう果歩さんは富田さんとのSEXを経験なさったんですから、快楽の世界がどんなに気持ち良くて幸せな気分になれる処かご存知なのでしょう?だったら躊躇う事なんてないじゃないですか。」


果歩 「・・・それは・・・」

大林の言葉に、口を噤んで(つぐんで)しまう果歩。


そう、果歩は知っている…

果歩の身体は知っている…

その全身が溶けてしまいそうなくらいの快感を…

頭の中まで蕩けてしまいそうな快楽を…

何にも変えがたいあの世界に溺れる時の全身で感じる気持ちいい感覚を…


そして果歩の身体は今その世界へ行く事を望んでいる…



大林 「ヒヒヒ・・・では・・・いってらっしゃい・・・」


果歩 「・・・ぇ・・・あっ!ダメェッ!!」


そして果歩の声を無視するように、スイッチの上に置かれていた大林の指に力が入った。



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/10/12 ] TB(0) | CM(7)