FC2ブログ














官能小説 痴女子大生 志乃(1)

「ふぅ……」


家賃6万の古いアパートの一室。

カーテンの閉まった薄暗い部屋の中で、男はタバコの煙を吹かしながらパソコンの画面に目を向けていた。

男の名前は安本圭一、職業はフリーのカメラマン。

安本は専門学校卒業後、業界では名のあるプロカメラマンの元でアシスタントとして働き、その後はフリーとなり、主に雑誌関係の仕事を請け負ってきた。

フリーになってから数年は順調だった。
スポーツや政治、芸能関係の記事に使う写真の依頼が多く入り、忙しい毎日であったが、それなりに遣り甲斐や自信を持ちながら仕事ができていた。

しかし、この業界はそんなに甘くはなかった。4年程前からだろうか、雑誌の売り上げ低下に伴って安本の仕事も徐々に減少。

今ではめっきり仕事の依頼が来なくなってしまった。

来ても一週間に一度あるかないか。それも風俗雑誌なんかの安い仕事ばかりだった。

これではとても生活していけない。


「あ~ぁ、そろそろ本当にバイトでも始めないとヤバいな。」


貯金も底を突きかけている。

カメラマンの仕事を続けてきてそれなりにプライドを持っていただけに、今さらアルバイトなんて……と、しばらくの間はなかなか行動する気にはなれなかった。

仕事が無く、暇な時間を無気力な状態で過ごす毎日。

最近する外出と言えば殆どパチンコやギャンブルで、食事はコンビニ弁当かカップラーメンで済ませている。

そしてそれ以外は部屋に引きこもってパソコンでアダルトサイトばかりを見ていた。

人間、暇を持て余すとこんな風にダメになってしまうんだな。

そんな事を考えながら、死んだ魚のような目で安本はパソコンの画面を眺める。

最近はAVよりも、ネットに上がっている官能小説を読む事が多い。

もう歳も30を超えている安本にとって、多くの作品が同じような内容でマンネリ化しているAVよりも、小説の中のアブノーマルな世界観や、想像力を掻き立てられるような興奮の方が新鮮に感じられたのだ。


「お、更新されてるな。」


今安本が見ているのは〝TAKAKO'S ROOM〟という官能小説の個人サイト。

サイト名の通り、貴子と名乗る女性が運営している。

プロフィールによれば貴子は専業主婦らしいのだが、小説の内容は女性が書いているとは思えないほどハードな作品が多い。

先日完結したばかりの人妻凌辱物の作品を安本は特に気に入っていて、もうこの小説で何回射精したか分からない程だ。

貴子の巧みな文章や小説の中で創り上げられるエロティックな世界観に、安本は官能小説でこんなにも濃厚な興奮が味わえるのかと、すっかりその世界に嵌ってしまっていた。

そして最近連載が始まったのが〖露出奴隷 愛美〗、愛美という高校を卒業したばかりの初心な女子大生を主人公にした露出調教物の作品だ。

ネット上で出会った真田という男にメールで命令されながら、徐々に愛美の胸の奥に秘められたマゾヒズムが露わになっていく……そんなストーリーだった。

まだ物語は始まったばかりだが、次はどんな興奮を味あわせてくれるのかと、安本は今後の展開に期待せずにはいられなかった。



一方同じ頃……



「あっ!更新されてる。」


志乃はパソコンの画面に出ていた【新着】の文字を見ると、嬉しそうにマウスを動かしそこをクリックした。

ブックマークに登録してあるお気に入りのサイト〝TAKAKO'S ROOM〟は、志乃がまだ高校生だった半年程前、受験勉強の合間にネット小説でも読もうと検索していた時に偶然見つけた官能小説サイト。

最初は興味本位でページを開いた志乃だったが、気付いた時には官能小説を夢中になって読んでいた。

10代の女の子が読むには過激すぎる内容だったが、卑猥で変態チックな官能小説の世界は、性への好奇心が芽生え始めたばかりの志乃の興味を強く惹きつけた。

志乃が自慰行為を覚えたのも丁度その頃。あまり嵌り過ぎてはいけないと思いながらも、貴子の小説を読む度に、濡れた秘部に手を伸ばしてしまっていた。


そして最近連載が始まった〖露出奴隷 愛美〗に、志乃はこれまで以上に夢中になっていた。

その理由は、志乃が高校卒業して春から大学に通っている1年生である事や、大学入学と同時に初めて実家を出て1人暮らしを始めている事、最近カフェでアルバイトを始めた事など、物語の主人公である愛美との共通点が自分にはいくつもあると感じていたからだ。

そのため志乃はこの小説を読んでいる内に、次第に主人公の愛美と自分を重ね合わせるようになっていた。

そして物語に登場する真田という男が愛美に対してする淫猥な命令を、まるで自分が命令をされているのかのように妄想しながら興奮を得ていたのだ。



「真田さん、今度は愛美ちゃんにどんな命令をするんだろう。」


志乃はワクワクしながら更新されたページを読み始めた。


真田

《愛美、明日はミニスカートでパンツを履かずに通学するんだ。
恥ずかしがり屋の愛美にはいきなりミニスカートにノーパンは少々ハードルが高いか?
そうだな、だったらスカートの中にパンストを穿くことだけは許してやろう。
明日の朝、傘に赤いハンカチを巻いて駅の南口に行くんだ。そこで10分以上その格好で立っていろ。
ちゃんと命令に従っているか、俺がチェックしに行ってやる。
ミニスカートにパンスト、赤いハンカチを付けた傘を持って立つ、それがお前が愛美であるという目印だ。
いいな?命令は絶対だぞ。》



「わぁ、パンツを穿かずにミニスカートかぁ……うーん、でも私ミニスカートなんて持ってないしなぁ。」


真田の命令を読んだ志乃は、クローゼットを開けて以前買った膝丈の長さのプリーツスカートを取り出した。


「このスカートじゃダメかな?あと赤いハンカチは……あ、あった。フフッ、これを傘に巻けば私、愛美ちゃんになったみたい。」


妄想だけではなく、実際に愛美の格好の真似をしてみると、なんだか自分が小説の世界に入ったような気持ちになって楽しかった。

もちろん、実際にノーパンで外に出るなんて事は志乃にはできない。

でも愛美と同じように志乃も通学に電車を使っている。だから明日は傘に赤いハンカチを巻いて駅に行ってみようと志乃は考えていた。

そしてどこからか真田に見られている自分を想像するのだ。

小説を読みながら思いついたちょっとした遊びである。

そう、それは志乃の中だけでこっそり楽しむ秘密の遊び。


「ストッキングはどうしよう……うーん、暑いし止めとこうかな。別にいいよね、それくらい。フフッ、真田さんに怒られちゃうかな?」


楽しそうに明日着ていく服の準備をした志乃は、朝忘れないように赤いハンカチを巻いた傘を玄関に置いてからベッドに入った。


「10分は立ってなきゃいけないのよね……明日はちょっと早くに起きないと。」


こうして志1乃の〝愛美ごっこ〟は始まった。


人気ブログランキングへ
[ 2014/08/16 ] TB(0) | CM(0)

痴女子大生 志乃(2)

「あ~眠い。」


早朝、大きなあくびをしながら安本は駅前を歩いていた。

今日はイベントがあるというパチンコ屋に並ぶために珍しく早起きした。


「今日はなんとしても勝たないとな。じゃないと本当に食費すら危ねぇから。」


そんな事を呟きながら、ふと駅に向かう人々を横目で見る安本。

スーツや制服を着たサラリーマンや若い学生達が急ぎ足で駅へ入っていく。

そんな光景を見ていると、小汚い格好をしてパチンコ屋に向かっている自分がいかに生き遅れているかを実感せずにはいられなかった。

俺はなんでこんな事になっちまったんだろうな。

立ち止り、まるで別の世界を見るような目でじっと駅の方を眺める安本。


「……ん?あれは……」


駅の入り口に立っている女性が安本の目に留まった。

いや、女性というより女の子。おそらく二十歳か、それよりももっと若いかもしれない。

その女の子は、手に持っている傘に赤いハンカチを巻いて立っていたのだ。


――傘に赤いハンカチ?まるで昨日読んだ小説みたいじゃないか――


女の子の格好を見て、安本はすぐに〖露出奴隷 愛美〗の中で真田が愛美に出していた命令を思い出した。

傘に赤いハンカチは愛美の目印だったはず。

それに今日の天気は雲一つない快晴だってのに傘を持っているなんて明らかに不自然だ。


――あの女の子、まさか……いや、そんな訳ないか――


でもやはり少し気になる。

ここからじゃ顔がよく見えない。

安本は何歩か移動してその女の子に近づいてみた。


――おっ!可愛い子だなぁ、歳もちょうど愛美と同じくらいか?――


真田の命令では愛美は駅の南口の前で10分以上立っていないといけない事になっている。

目の前の女の子も、その場にもう5分以上立ったままだ。そしてここは駅の南口だ。


――あの女の子、もしかして貴子の小説に何か関係しているか?いや待てよ、違うな。確か真田はミニスカートにパンストを穿いていけと言っていたはずだ。あの子はミニスカートでもなければパンストだって穿いていないじゃないか。やっぱり俺の考えすぎだな――


そして丁度10分程経ったところで、女の子は時計を確認する仕草を見せた後、駅へと入っていった。


――誰かと待ち合わせていた訳じゃなかったのか……じゃあなんであんな所に立っていたんだ?――


――……ハハッ、馬鹿馬鹿しい、そんな事ある訳ないよな。考えるだけ無駄だ。まったく、引き籠ってパソコンばかり見てたから、現実と妄想の区別もつかなくなっちまっているんだな、俺は――


安本は自嘲気味に笑いながら駅前から去った。


――それにしても本当に可愛い子だったなぁ。もしあんな子のスカートの中がノーパンだったら驚きだよな――



そしてその日の夜も〝TAKAKO'S ROOM〟は更新されていた。

そこには新たに真田から愛美に送られたメールの内容が書かれていた。


真田

《おい愛美、お前は俺を舐めてるのか?
あんな丈の長い物はミニスカートとは言わないんだよ!
それにお前はスカートの中にパンツを穿いていただろう?
ノーパンで出て来いと言ったはずだ。穿いていいのはパンストだけだ。
いいか愛美、これは遊びじゃない、お前を調教するための命令だ。
明日の朝は必ず命令通りの格好で来い!俺をこれ以上怒らせるんじゃないぞ。》


愛美

《真田さん、ごめんなさい!
パンツを穿かずにミニスカートなんて……恥ずかしくて、今日はどうしても勇気が出なかったんです。
でも明日は必ず真田さんに言われた通りにします。どうか許してください。》



「えっ!?おいおい、どういう事なんだよこれは、まさか今朝の女の子本当に……」


安本は更新されたページを見て目を丸くした。

愛美がミニスカートとは言えない長さのスカートで、パンストも穿いていかなかったという事は、今朝駅で見た女の子の格好と一致してしまう。

でもそれだけでは確信は持てない。それに創作小説の中の人物が現実世界に存在するなんて、やはりどうしても信じられなかった。

ただの偶然だという可能性の方が圧倒的に高いだろう。

しかしここまで気になりだしたら確認せずにはいられなかった。


「どうする……明日の朝、もう一度あの駅に行ってみるか。まぁどうせ俺は暇だしな。」


人気ブログランキングへ
[ 2014/08/16 ] TB(0) | CM(0)

痴女子大生 志乃(3)


「え~うそぉ……これじゃ私が真田さんに叱られてるみたい。フフッ、でも凄い偶然、スカートもストッキングを穿かなかったのも。愛美ちゃんと同じだなんて。」


志乃はその夜、更新されたページを読んで驚きつつも、偶然とはいえ自分と愛美の行動が一致してしまった事が可笑しくて笑ってしまった。

なんだか本当に自分が小説の世界に入ってしまったようで、さらにワクワクしてきてしまう。


――愛美ちゃん、次はちゃんと真田さんの命令通りにするんだよね……私はどうしようかな、でもそんなに短いスカートなんて持ってないし――


クローゼットを開けてしばらく考える志乃。


――あ、そういえばあのスカートがあったっけ――


志乃は最近はあまり選ばなくなっていたもう1つの色違いのプリーツスカートを引っ張り出した。


「これ、短くしちゃおうかな。」


そしてさらにクローゼットの奥に置いてあったミシンを取り出す。

母親が趣味で裁縫をやっていた影響で志乃も昔から裁縫が好きだった。

このミシンはまだ志乃が中学生だった頃に母親にプレゼントしてもらった物。

受験勉強や大学入学で忙しくて、もう1年以上裁縫はしていなかったのだが、もしかして使う事もあるかもしれないと引っ越してくる時に一応持ってきていたのだ。


「どのくらいの長さならミニって言えるのかなぁ、このくらいかな。」


志乃は裾から数センチ上の位置にマークをつけると、スカートをセットし、手際よくミシンを走らせ始めた。



―――



安本は翌朝も駅前に来ていた。

今日は手に仕事用のカメラも持ってきている。

タバコを吸いながら駅の南口周辺を見渡す安本。


――さて、わざわざ早起きして来てやったぞ……それにしても金を貰える訳でもないのにカメラなんて持って、俺ってつくづく馬鹿だよな――


妙な事にだけ行動力を発揮してしまう自分に呆れながらも、安本は昨日の女の子が現れるのを待っていた。

正直、期待はしていなかった。

まさか現実世界でそんな官能小説みたいな話がある訳がないと、この時点でも安本はそう思っていた。

半信半疑で、何もなければ今日もこの後パチンコに行くつもりだった。

しかしその場で待つこと20分、やはり昨日のは単なる偶然かと諦めかけたその時だった。


――……ん?おおっ!来た!来た来た!あれは昨日の女の子だよな!?――


昨日と同じように駅の南口に現れた女の子を見つけて一人興奮する安本。

しかもその女の子はなんと、昨日よりも丈の短いミニスカートに黒のパンストを穿いていたのだ。

まさに真田が愛美に出した命令通りの服装だ。

それに今日も晴天だというのに、また赤いハンカチを巻いた傘を持ってきている。


――おいおいマジかよ、偶然にしては出来過ぎだよな!?完全一致じゃないか!本当にあの子が愛美なのか?愛美は実在してて、それを貴子は小説にしてるって事なのか?――


安本は瞬時に女の子にカメラを向けて、こちらに気付かれないようにシャッターを切った。


――やっぱり可愛いよなぁあの子、真面目そうで優しそうな顔してるし。でももし昨日の命令通りにしてるなら、あの子のスカートとパンストの中はノーパンって事なんだよな?――


そんな事を想像すると、ついズボンの中の股間が反応してしまう。

あんな清純な顔をしておいて本性は露出狂の変態だなんて、にわかには信じ難い。ギャップがあり過ぎる。


――待てよ、もしあの子が愛美なら、どこかにそれを見に来てる真田もいるって事か?――


安本は周りを見渡してみる。

もちろん、真田の顔なんて知る訳もないのだから真田が近くに居たとしても分かるはずもないのだが。


そして女の子はこれも昨日と同じように10分程南口の前に立った後、駅の中へと入っていった。


――お、やっぱり今日も命令通り10分か……どうする……追いかけてみるか――


どうせ今日も他にやる事なんてないんだ。ここまで来たらあの子が何者なのか突きとめてやる。

そうして安本も女の子の後をつけて駅に入っていった。

人気ブログランキングへ
[ 2014/08/25 ] TB(0) | CM(0)

痴女子大生 志乃(4)


女の子は電車に乗ると3つ先の駅で下車した。

安本もそれを追いかけるように同じ駅で降り、その後も女の子から気付かれないよう適度に距離を取りながら後をつけた。

そして女の子がとある大学の敷地へ入っていった所で安本は足を止めた。


――やっぱり大学生か。それに結構良い大学に通ってるんだな、賢そうな顔してるもんな――


優等生というのがまた興味をそそられる。

真面目に勉強してきた分、色んな欲求を溜め込んでいるという事なのか。

益々彼女の本性が知りたくなってきた。

しかしさすがに大学の中まで追いかける訳にはいかない。


「さて、じゃあ適当にその辺で時間でも潰すか。」


安本は女の子が授業を終えて出てくるのを待つことにした。

まるでストーカーのような執念だが、安本がこういった事に抵抗を感じないのは、以前に週刊誌の仕事で芸能人を追いかけ回していた事があるからなのかもしれない。



―――



「志乃おはよ~!」


「おはよ~」


「わぁ!志乃がミニって珍しいね!でも凄い似合ってる~カワイイ~!」


「う、うん、ありがとう。」


大学に着いた志乃は、さっそく友人にミニスカートの事を言われドキっとする。

元気の良い友達の声が大きかったから、周りの男子学生達も一瞬志乃のミニスカート姿に視線を送っていた。

まさかこのスカートの中がノーパンでパンスト一枚だけとは誰も思っていないだろうが、それでも志乃はその視線に恥ずかしさを感じずにはいられなかった。

朝、アパートを出る時はギリギリまでパンツを脱いでいくか迷っていた。

スカートの中に履いているパンストは黒色だが、肌の色がしっかり見える程薄い物。

試しにノーパンでそのパンストを穿いて鏡で確認してみたが、アンダーヘアが薄っすら透けて見えてしまっていたし、後ろもお尻の割れ目が見えてしまっていた。

もし風でスカートが捲れてしまって、そこを誰かに見られたらパンツを穿いていない事がバレてしまう。

しかしそんな事を考えながら、志乃は鏡の前で身体を熱くさせていた。


――このまま外に出たら、もっとドキドキしちゃいそう――


その胸が高鳴るような興奮は、志乃の好奇心によるもの。

そして最後まで迷っていたが、結局思い切ってパンツを穿かないままアパートを出てきてしまった。


志乃の初めてのプチ露出プレイ。

パンツを穿いていないという違和感と、それを隠すのには心もとない短いスカートと薄いパンスト。

駅で立っている間も、電車に乗っている間も、ずっとドキドキが止まらなかった。



「でも志乃そのストッキングちょっと暑苦しくない?」


確かに今日の気温は暖かいし、ストッキングやパンストは少し季節外れだ。


「あ、うん……じゃあ脱いでこようかな。」


志乃はそう言って大学のトイレに向かった。

個室に入ると、志乃はスカートの中に手を入れてゆっくりとパンストを下ろした。


――え、うそ……こんなに……――


下ろしたパンストのクロッチ部分には、まるでお漏らしをしてしまったかのように大きなシミができていた。

そしてそっと陰部を指で触ってみると、トロッとした愛液が自分でも信じらないほど溢れていた。


――ハァ……私、濡れてる……凄い――


今まで官能小説を読んでいる時だってここまでじゃなかった。

志乃はパンストを足から抜くと、ティッシュで丁寧に濡れた秘部を拭いて、あらかじめ用意しておいたショーツに穿き替えて教室へ戻った。

人気ブログランキングへ
[ 2014/08/26 ] TB(0) | CM(0)

痴女子大生 志乃(5)

「お、出て来たな。」


大学の外で待ち構えていた安本は、敷地から出て来た今朝の女の子を見つけると、尾行を再開した。

歩く女の子を後ろから見ていてすぐに女の子がパンストを穿いていない事に気付いた。


――たぶん大学で脱いで下着に履き替えたんだろうな。……それにしても美味そうな生脚だな――


ミニスカートから伸びた色白の細い素脚をイヤらしい目で見る安本。


――顔はまだ少し子供っぽい感じがするけど、結構エロい身体してるなぁ――


駅へと入ってまた電車に乗る女の子。

でもまだ帰る訳ではないようで、今朝の駅とは逆方向の電車だった。

そして二駅先で下車した女の子は、そこから数分歩いた所にあるカフェっぽい店の裏口へと入っていった。


――ここでバイトしてるのか……カフェ?だよなここは、って事はそれも愛美と共通しているな――


しばらく店の外から店内を眺めていると、店の制服に着替えた女の子がホールに出てきた。

おしゃれな店の雰囲気に合わせられた制服は、少しメイドっぽい可愛らしい服であの女の子によく似合っていた。

安本は数分道でタバコを吸った後、店に入ってみる事にした。


――洒落過ぎてて俺には場違いな気がするが、まぁいい、入っちまえ――


「いらっしゃいませ!」


店に入ると今朝の女の子が笑顔で声を掛けてきた。


「お一人様ですか?」


「あ、はい。」


「ではこちらへどうぞ。」


――やべぇ、近くで見るとさらに可愛いな――


女の子の笑顔に見惚れながら案内された席につく。


「こちらがメニューになります。」


メニューを受けとり、ふと女の子の胸元を見ると名札が付いていて、下の名前だけだが〝志乃〟と書いてあった。


――愛美じゃなくて志乃ちゃんか、この子らしい可愛い名前だな――


コーヒーを一杯だけ頼んだが、全席禁煙のこの店は安本にとってはあまり居心地の良い場所ではなかった。

働く志乃の姿を横目でチラチラと見ながら早々にコーヒーを飲み干すと、安本は席を立ってレジに向かった。
そしてそれに気付いた志乃がレジに入ってきた。

料金を告げられ千円札を出し釣銭を貰う、その時に志乃の手が安本に触れる。

ほんの少し触れただけなのに、とても柔らかな感触がした。

そして再び笑顔を向けてくる志乃。

志乃が醸し出す優しげで柔らかなオーラに、安本の心はドキドキと高鳴った。


――なんてこった、ときめいちまってるよ、俺――


店のドアを開けると「またお越しください」と志乃は頭を深々と下げた。

声も可愛い、と言うか優しい感じがする。

客として短い間のやり取りだったが、それだけでも志乃が良い娘なんだという事がよく伝わってきた。

店を出た後もフワフワとした気持ちがしばらく治まらなかった。


――なに考えてんだ俺は、あんなに緊張しちまうなんて、これじゃまるで思春期のガキみたいじゃないか――


一回り以上年下の小娘を前にしてドキドキしてしまった自分に、安本は思わず苦笑していた。


それにしても、ますます気になる。
あの志乃という女の子は本当にあの官能小説に関係しているのか?間近で見て感じた人柄は、とてもそんな事をするような娘には見えない。

昨日今日と、単に偶然が重なっただけなのか……だがカフェでバイトしているのも同じだし、愛美との共通点があり過ぎる。

今日はこれ以上確かめようがない。ないけれど、気になる。

じっと考えを深める安本。

また小説の更新と真田の命令を待つか……いやだけど、もっと手っ取り早い方法があるぞ。


――もうこうなったら直接聞くしかない……小説を書いている本人に――

人気ブログランキングへ
[ 2014/08/28 ] TB(0) | CM(0)