FC2ブログ














官能小説 居候と人妻 真弓(1)


「いそうろう?」


「あぁ、藤本課長の甥っ子がさ、大学受験に失敗して4月から浪人になるらしいんだよ。」


「それがどうしてうちの居候になるって話になっちゃったの?」


「両親が厳しくて浪人なんか許さないって考えらしくてさ、実家を追い出されるんだって。それで本当はアパート暮らしするつもりだったらしいんだけど、それじゃ生活費も稼がないといけないし、勉強にも集中できないだろって事で、藤本課長が自分の所に呼んだらしいんだよ。小さい頃から可愛いがっていた甥っ子だからって。でも藤本課長の家ってマンションだろ?まだ小学生の子供もいるし。」


「それでうちにってこと?」


「あぁ、酒の席でさ、そんな話聞かされちゃったからつい、うちに空き家があるからどうですか?って言っちゃったんだよ。そしたら課長喜んじゃってさ、本当にいいのかい?なんて、どんどん話が進んじゃって。」


「もぉ、酔った勢いで課長のご機嫌取りしようとしたんでしょ?」


「ごめん、向こうから断ってくると思って軽い気持ちで言ったつもりだったんだけど、まさか話がこんな具体的になるとは思わなかったんだよ。」


「それでもう決まっちゃったの?」


「いや、まだ最終的な返事はしてないけどさ……」


「……断り辛いよね、そこまで来たら。」


「そうなんだよ……。」



小野寺正人とその妻、真弓は結婚4年目。

子供はまだなく、今は2人だけで暮らしているのだが、現在正人と真弓が住んでいる家というのが、実は2人で住むにはあまりにも大き過ぎる家なのだ。

一軒家というより、屋敷と言った方がしっくり来る敷地の大きさ。
二階建ての立派な母屋の他に、平屋建ての離れの家と、大きなガレージまで付いている。
この屋敷には元々正人の祖父母が暮らしていたのだが、数年前に祖父と祖母が他界し空き家の状態に。それを孫の正人が相続したのだった。

当初はこんな立派な家に住める事を正人と真弓も喜んでいたのだが、やはりこれだけ広いと掃除や手入れが大変。

祖父母が相続税と固定資産税分の資金は残しておいてくれたから金銭的には負担は少ないものの、管理には骨が折れる。

立派な造りをしている母屋はすでに内装リフォームを済ませたのだが、離れの家は築年数も古く長い間使われていなかったので取り壊してしまおうかと検討している所だった。

そんな時に舞い込んできたのが、今回の居候の話だった。

正人の会社の上司、藤本課長は正人が入社した頃から特に目を掛けてもらっていた人で、その人からの頼みとなれば断れない。

しかも酒の席で酔っていたとはいえ、空き家があるからどうですか?なんて最初に言ってしまったのは正人の方なのだから尚更だ。


「まぁ居候と言っても一つ屋根の下で一緒に暮らす訳じゃないけどな、離れの家にはコンロもシャワーも付いてるし。」


「だけど……男の子だよね?今いくつの子?」


「そうだよ、えーっと今年高校卒業だから18か19だな。」


18か19歳。真弓とは一回り程離れているが異性である事には変わりはない。

せめて女の子だったら気が楽だったのに、と思う真弓であったが、正人の言う通り同じ家に住む訳ではないのだから全く受け入れられない訳でもない。


「実は今度会う約束になっているんだよ、その浪人生の子と。えっと、確か拓実君だったっけな、藤本拓実君。で、実際に拓実君と会って話して居候になってもいいかどうか決めてほしいって。」


「プチ面接みたいなものね。」


「そうだな。で、真弓はOK?もし居候が来る事になっても。」


「う~ん、私はいいよ。最終的な判断は正人に任せる。」


「分かった。急な話で悪いな。」



そして後日、浪人生の藤本拓実と面談した正人は、拓実を居候として我が家に受け入れる事をすんなり決めた。


「なかなかの好青年だったよ、受け答えもしっかりしてて真面目そうだったし。」


「そっか、良かった、変な人だったら困っちゃうものね。拓実君かぁ、どんな子なのかちょっと楽しみかも。」


「拓実君が来るまでに離れの家を掃除しておかないとな、今度の休みに2人でやっちゃおうか。」


「うん。」


こうして事はとんとん拍子に決まっていった。

突然の話ではあったものの、正人と真弓は浪人生の居候が来る事をとても前向きに考えていた。

なにしろこれだけ大きな敷地の中にずっと2人だけで暮らしていたから、正直寂しい気持ちもあったのだ。

しかもご近所さんは祖父母世代の高齢者ばかりで話が合わないから孤立気味。

そんな所に自分達より若い人が来てくれるのだから、どんな交流ができるかと楽しみだった。


しかしその居候を受け入れた事で、その後の2人の夫婦生活、特に妻・真弓の生活は大きく変わる事になるのであった……。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/05/11 ] TB(0) | CM(0)

官能小説 居候と人妻 真弓(2)


「拓実君紹介するよ、妻の真弓だ。今日拓実君が来るのを2人で楽しみにしていたんだよ。」


「初めまして、藤本拓実です。色々とご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いします。」


正人が言っていた通り、拓実は好青年だった。

第一印象は爽やか、真面目、優しそうな感じ。

身長は高めで、きっと高校では運動部に所属していたのだろうと思わせる引き締まった体格をしていた。

夫の正人よりも大分背が高いから、一目見た時は一瞬だけその迫力に圧倒されたけれど、顔を見たらやっぱりまだあどけなさが微かに残っていて、若いなぁと真弓は思った。

高校を卒業したばかりでまだ成人もしてないんだもんね、若くて当たり前か。まだ子供っぽい。

それに正人と真弓の前で緊張しているのか、拓実の少しオドオドしたような態度は可愛らしいとさえ思えた。


「こちらこそ、宜しくね。」


真弓は拓実の緊張を少しでも解してあげようと思い、笑顔を作ってフレンドリーに挨拶をした。でも拓実は女性慣れしていないのか、真弓の笑顔を見て顔を赤くしていた。

その後、拓実が暮らすことになる離れの家を案内し、夜は〝拓実君歓迎会〟と称し3人で近くにある中華へ食事に行く事になった。


「さぁ拓実君、遠慮せずに食べてくれよ。」


「は、はい、ありがとうございます。頂きます。」


「拓実君身体大きいね、何かスポーツとかやってたの?」


「はい、小中高とサッカー部でした。あと、空手も少しやってました。」


「おお、空手か、それは良い。もしうちの敷地内に変質者が入って来ても拓海君がいれば安心だな。今まで昼間は真弓1人だったから少し心配だったんだよ。拓実君がボディガードになってくれれば。」


「は、はい、僕で何か役に立つ事があれば何でもします。」


「ちょっと正人、私のボディガードだなんて、拓実君が困っちゃうでしょ。拓実君は受験勉強で忙しくなるんだから。」


「ハハッ、そうだったな。」


話せば話すほど、拓実の礼儀正しさと若者らしい初々しさに、正人と真弓は好印象を抱いた。

居候と言っても家は別々なのだからそれなりに距離感を持って過ごせばいいと最初は考えていたが、拓実の人柄に接していると、逆にこちらから仲良くなりたくなる。


「それより拓実君はこれから毎日の食事はどうするつもりなの?」


「一応自炊しようと思ってます。フライパンとか炊飯器も買ったので。」


「拓実君は料理できるのかい?」


「いえ、実はあんまり……これから勉強しようと思ってます。」


「でもそれだけ身体が大きいんだから結構食べる量も凄いんでしょ?食費も馬鹿にならないんじゃない?」


「そう……ですね、確かに。」


「夜だけでも俺達と一緒に食べればいいんじゃないか?なぁ真弓。」


「うん、どうせ私達2人だけじゃ残っちゃう事も多いし、拓実君が食べてくれるなら、寧ろありがたいんだけど。」


「いや、でもさすがにそこまでして頂くのは申し訳ないです……部屋も殆ど無償で貸して頂くのに……」


「ハハッ、そんな遠慮する事はないんだよ。君はまだ若いんだからしっかり栄養のあるものを食べた方が良い。真弓は結構料理上手だから、口に合わないって事はないと思うよ。」


「それにその方が勉強にも集中できるよね。ねぇ拓実君、ぜひ拓実君の分も私に作らせてほしいな。食事も2人だけでするより3人方が賑やかで楽しいだろうし。」


「は、はい、ありがとうございます。まさかそこまでして頂けるなんて思ってなかったので……本当にありがとうございます。」


歓迎会は終始良い雰囲気だった。

同じ敷地内に他人が住むというのは、決して良い事ばかりではないであろう事は正人も真弓も承知している。

でもこの拓実君となら仲良くやっていけそうだと2人は感じていた。

これがもし根暗で不愛想な浪人生だったらこうは思わないだろうし、毎晩食事を一緒にしようなんてことも提案はしなかっただろう。

拓実のような好青年が来た事で、正人と真弓はまるで弟ができたような気分で喜んでいたのだ。

人との出会いが人生を豊かにする。

こうして正人と真弓は拓実を居候として大歓迎し、3人での生活は始まった。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/05/12 ] TB(0) | CM(0)

官能小説 居候と人妻 真弓(3)


拓実が居候に来てから1ヶ月が過ぎようとしていた。

最初は正人と真弓に気を使い過ぎているような様子だった拓実だが、1ヶ月が経ってもう慣れたのか、居候として過ごす生活にすっかり馴染んできていた。


「真弓さん、今日燃えるゴミの日ですよね。僕出してきますよ。」


「わぁありがとう、助かる。」


今では〝正人さん〟〝真弓さん〟と親しげに拓実は名前を呼んでくれる。それは正人と真弓にとってとても嬉しい事だった。

まるで家族のようと言ったら言い過ぎかもしれないが、2人の夫婦とこの居候との関係は日々深まっていた。

特に真弓は拓実の事を弟のように可愛がっていて、食事も最初は晩だけ一緒にという話だったのが、結局今では三食とも拓実の食事は真弓が用意している。

そしてその代わりに拓実は庭の手入れや家の掃除を勉強の合間に手伝ってくれていた。


「拓実君、電球変えたいんだけど手伝ってくれない?私の身長じゃちょっと大変で。」


「もちろんですよ、高い所の作業は俺に任せてください。」


「背が高い人がいると便利でいいねぇ。」


「それ実家でも母によく言われてました。」


「あはは、やっぱりそうなんだ。」


「真弓さん、他に高い所でやって欲しい事とかあればやりますけど、何かあります?」


「う~ん、今はとりあえずないかな。ありがと。」


「高い所じゃなくてもいいですよ、俺がやれそうな事があったら何でも言ってください。」


「いいよそんな、拓実君は勉強頑張らなきゃでしょ?」


「あ~まぁそうですけど。」


「最近沢山家事手伝ってくれるのはありがたいんだけど、勉強もちゃんとしなきゃ駄目よ?拓実君はそっちが本業なんだから。」


「でも真弓さんのお手伝いするの、結構楽しくて良い息抜きになるんですよ。」


「息抜き多すぎ~、ほら、もう部屋に行きなさい。お昼ご飯できたら呼びに行ってあげるから、それまで勉強に集中だよ。」


「お昼ご飯何ですか?」


「ん~オムライスかな。拓実君どのくらい食べる?」


「じゃあ大盛りで。」


「ウフフ、分かった。じゃあお昼まで勉強頑張ってね。」



キッチンにバターの香りが漂う。

鶏肉、玉ねぎ、マッシュルームを炒めて、そこへご飯、ケチャップ、そしてチキンライスに少しだけウスターソースを入れるのが真弓流。


「うん、いい感じ。」


キッチンに立つ真弓は、鼻歌交りで気分良さげに拓実のためのオムライスを作っていた。

前まではいつも1人で昼食を取っていた真弓。子供もいない専業主婦だから仕方ないのだが、それが結構寂しかった。

生まれ育った地元から離れた土地に嫁いできたので、ランチに一緒に行けるような友達は近くにはいない。

家計は割かし余裕があったので働きに出る気にもなれず、いくつか習い事にも挑戦してみたけれど、主婦の集まりにはあまり馴染めなくてすぐに辞めてしまった。

結婚生活に幸せを感じつつも、どこか退屈だった専業主婦のそんな日々。

でも今は拓実のために昼食を作る事が凄く楽しい。

どうしてこんなに気持ちになるんだろう。もしかしたら一人っ子だったから弟みたいな人ができて嬉しいのかもしれない。そういえば私、子供の頃も家で1人でいる事が多かったから……。

兄弟がいるって、こんな感じなのかなぁ……と、真弓はそんな事を考えながらオムライスを作っていた。


「拓実くーん!お昼ご飯できたよー!」


「はーい!今行きます!」


オムライスを食べながら真弓と拓実は好きな音楽の話をした。

そしたら偶々2人とも好きなバンドが同じで大盛り上がり。

それが結構マイナーなバンドだったから真弓は嬉しくて思わず「私達気が合うね!」と言ったら、拓実はなぜか最初に真弓と顔を合わせた時のように顔を赤くしていた。

夜、帰って来た正人にその話をすると、
正人は「じゃあ2人でライブでも行って来れば?」と言うので、
真弓が「いいの?」と返すと、「拓実君も偶にはどこか出掛けて気分転換した方が良いだろうし。」と言ってくれた。

「そうだね、じゃあライブ調べてみようかな。」

それで偶々近日にライブがやっていたので、真弓は拓実を誘って2人でライブに出掛けた。

当日は真弓が「今日は私とデートだね」などと冗談ぽく言っていたが、拓実の方はライブに行くのも女性と2人きりで出掛けるのも初めてらしく、大分緊張していたのかどこかオドオドしていて、慣れている真弓が色々と面倒を見る事に。


「拓実君、始まる前にトイレ行っておいた方いいよっ。」


「拓実君、もっとノッた方が楽しいよ?ほら、リズムに乗ってさ、そんな恥ずかしがらなくていいし。」


「は、はいっ。」


そんな2人の光景は、やはり男女のデートと言うよりは、仲の良い姉弟だった。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/05/13 ] TB(0) | CM(0)

官能小説 居候と人妻 真弓(4)


思いがけない事が起きるのが人生である。

この家に拓実が来た事もそうだった。思いがけない出会いが人生を楽しくし、人生を変える。

しかしそういった運命というのは面白い。

その一つに、思いがけない事はなぜかこれ以上ないタイミングで重なって起きる、というのがある。

良い事が立て続けに起きる事もあれば、その逆もまた然り。

運命の悪戯とでも言うのか。

そしてそれが良い事なのか悪い事なのかはともかく、真弓達の所にも運命の悪戯は舞い降りてきた。




「真弓、ちょっと話があるんだけどいい?」


ある日の夜、いつものように3人で晩飯を食べ終えて、拓実が離れの家に戻った所で、正人が声を掛けてきた。

正人が少し深刻そうな表情をしているように見えたので、真弓はすぐに食器を洗っていた手を止めた。


「うん、どうしたの?何かあった?」


「実はさ……海外に赴任する事になった。」


「え?海外……?どこに?」


「タイのバンコク。まぁ期間はそんなに長くはないんだけどさ。たぶん半年から1年くらいになると思う。」


「もう決まっちゃったの?」


「あぁ、今日言い渡された。拒否権は無しだよ。来月から行ってくれって。」


「え~……突然決まっちゃうんだね、そういうの。」


「会社員だからな、こういう事もあるんだよ。」


「そ、そっか……」


「でさ、どうしようか?」


「どうしようって?」


「いやさ、本来なら真弓も一緒に連れていきたい所なんだけど、今はそういう訳にもいかないだろ?」


「……?」


「ほら、拓実君がいるだろ?」


「あ、そっか。」


「拓実君をこの家に1人にするのはさすがに無理だし、かと言って今更出て行ってくれなんて言えないしなぁ。ていうか拓実君に対してそんな事したくないだろ?」


「う~ん……そうだね……」


「だからさ、俺が1人で行ってくるよ。」


「え、単身赴任って事?」


「そう。まぁもしかしたら意外と早く、数ヶ月で帰って来れるかもしれないし。短期間なら単身でもいいかなぁって思ったんだけど、どう?」


「どうって……う~ん……」


「さすがに拓実君と2人だけは不安か?」


「そうじゃないけど、正人は大丈夫なの?海外で一人暮らしなんて。」


「あ~それなら心配要らないよ、向こうでは日本人の社員と同じ家でルームシェアみたいにして住むから大丈夫。食費も現地の専属ドライバーも会社が出してくれるし。」


「そっかぁ……」


「真弓、半年や1年なんてすぐだよ。だからさ、待っててくれるか?俺もなるべく早く帰って来れるように向こうで頑張るからさ。」


「……うん、分かった。じゃあ私、待ってる。正人と離れるのは寂しいけど……」


「悪いな、突然こんな事になってしまって。」


「お仕事なんだもん仕方ないよ。でも気を付けて行って来てね、絶対に無事で帰ってくるって約束して。」


「あぁ、約束する。拓実君には後で俺の方から話しておくよ。」


「うん。」


正人は単身赴任でこの家から居なくなる。

これは運命の悪戯だ。

そう、しかし重要なのは正人が居なくなる事ではなく、これから真弓と拓実の2人きりでの生活が始まるという事だ。

人間関係というのはバランスで出来ている。

正人と真弓と拓実の3人は本当に家族のように仲が良かった。

しかしそれは3人揃っていたからであって、正人がいなくなって真弓と拓実だけになってもそれが保てるかどうかは分からない。

『夫婦+浪人生の居候』と『人妻+浪人生の居候』では、全く話が違ってくるのが男と女、オスとメスの世界である。

人間にとって距離感は大切だ。心の距離感も、物理的な距離感も。

3人で暮らしている時は、無意識の内に掛かっていた心のブレーキが、距離が生まれる事で少しだけ緩くなる。

バランスを保っていた関係は、夫というブレーキになる存在が遠くに離れてしまった途端に脆くなり、崩れやすくなる。

そしていつだって人間関係を崩す原因になるのは、欲求だ。

真弓と拓実。この人妻と浪人生の心の中で、密かに眠っていた欲求。

その無自覚な欲求、欲望が、ブレーキが外れた事によって肥大化した時、2人の関係は狂い始める事になる……。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/05/15 ] TB(0) | CM(0)

官能小説 居候と人妻 真弓(5)


正人がバンコクに発ってから1週間。

早朝、目が覚めた時に隣に正人が居ない事にまだ慣れない。

正人よりも早く起きて、正人の寝顔を見てから「よし、朝ごはん作ろう!」とやる気スイッチを入れるのが真弓の毎日の習慣だった。それがないのはやっぱり少し寂しい。

ベッドから降りて、寝室のカーテンを開け、朝日の光を浴びながら背伸びをする真弓。


「ん?」


ふと、庭に目をやると、家を出て行こうとする拓実の姿が見えた。


「こんな朝早くにどこに行くつもりかしら。」


真弓は2階から窓を開けて見下ろす格好で拓実に声を掛けた。


「拓実くーん!どこに行くのぉ?」


「あ、真弓さん、おはようございます!ジョギングですよ。最近運動不足だったから身体動かそうと思って。」


「へぇ~。」


「早朝ランニングは気持ち良いですよ、空気も澄んでますし。じゃあ行ってきます!」


「うーん……あっ拓実くーん!ちょっと待って!私も一緒に行くぅ!」


真弓は急いでスポーツウェアを取出し着替えると、上機嫌で庭で待っている拓実のもとへ駆け寄った。


「お待たせ~」


「やる気満々ですね真弓さん。」


「うん、なんか急に走りたくなったの。」


「ハハッ、なんか真弓さんらしいですね。じゃあ行きますか。」


「うん。」


既婚女性が外で夫以外の男性と2人でジョギングだなんて、普通なら近所の目が気になるところだが、真弓はそんな事は気にしてなかった。

どうせこの辺りは高齢者ばかりだし、あまり近所との交流もないから、真弓が男と2人で走っていても、隣にいる男性が夫ではない事には誰も気づかないだろうし、そもそも誰もそんな事気にしないだろう。

実際、真弓と拓実は家を出た所でご近所のお婆さんに「あら、ご夫婦で?仲が良いのねぇ」と言われてしまった。

このお婆さんは夫の正人の顔さえ覚えていないのだ。


「あはは、ご夫婦だって。」


「そう見えたんですかね。」


真弓と拓実はクスクスと笑いながら並んで走って住宅街を抜け、河川敷のランニングコースへ入っていった。


「真弓さん、結構走れるんですね。なんだかフォームも綺麗だし。」


「ウフフ、実は私、中学の時は陸上部だったんだよねぇ。だから元々走るのは好きなの。」


「へぇ、どうりで。」


「私、結構運動神経良いんだよ、体育の成績だけは5段階評価でずっと5だったから。」


「そうなんですか、意外ですね。料理上手で家庭的だから、インドア派かと思ってたんですけど。」


「市の駅伝大会にも出た事あるんだよ、しかもその時私達の中学が優勝したの。凄いでしょ?」


「優勝ですか、それは凄いですね。」


「拓実君もサッカー部だったんだから結構持久力あるんじゃない?」


「そうですね、毎日ボール追いかけて走りまくってましたから。」


「ポジションはどこだったの?」


「フォワードですよ。」


「フォワードって一番目立つポジションだよね?じゃあ女の子にモテたでしょ?」


「全然モテませんよ。ていうか俺、男子校だったんで。」


「えっ!?そうだったんだぁ、あっそう言えば女の子とデートもした事ないって言ってたもんね。」


「共学の所に行ってればなぁ、マジでそれだけは後悔してます。」


「大丈夫だよ、拓実君なら大学に行けば絶対彼女できるから。」


「そうだと良いんですけどね。俺、なんか女の子と話すの苦手で。」


「え~どうして?普通に私といつも話してるように話せばいいじゃない。」


「俺、なんか緊張しちゃうんですよ。真弓さんとだって最近やっと顔見て話せるようになったんですから。」


「あはは、確かに拓実君って私と話す時いつもオドオドしてたよね。でも拓実君のそういう所、可愛いと思うよ。」


「男が可愛いなんて言われるのは、男として見られてない証拠じゃないですか。」


「うーんそんな事ないと思うけどなぁ、可愛い男の子が好きって女の子もいるよ。あ~もし拓実君に彼女ができたらデートを覗きに行きたいなぁ、どれくらいオドオドしてるか見てみたい。」


「俺結構コンプレックスなんですよ、あがり症なの。真弓さん面白がってるでしょ?」


「あはは、うん、だって拓実君をからかうの楽しいんだもん。」


「意地悪だなぁ。」


「拓実君ってオドオドしてる時いつも顔真っ赤になるよね、あれもすっごい面白いよ。」


「……俺も真弓さんの弱点を早く見つけないとなぁ。このままじゃ真弓さんにずっとからかわれる事になるし。どこかで反撃しないと。」


「うふふ、じゃあ見つけたら教えてね。」


結構長い距離だったけれど、2人で話しながら走ってたらあっという間だった。

話しながらだと息が余計に上がってしまうのだけれど、それでも拓実との会話は楽しくて止められなかった。


「ハァハァ…なんか真弓さんと走ってると疲れが倍になりますね。」


「あはは、良い運動になったでしょ?」


そして家に着いた真弓は「ふぅ~走った走った」と言いながら空を見上げた。


――正人が居ないのは少し寂しいけど、こうやって拓実君と過ごす時間は楽しいし……うん、大丈夫。正人、私は元気でやれてるからね――


海外にいる夫に、真弓はそう心の中でメッセージを送った。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/05/16 ] TB(0) | CM(1)