FC2ブログ














女子大生 水野果歩(113)

富田 「ん?なんだ?いいんだぜ、俺達の間には何も気を使う事なんてないんだからよ。」


そう言ってさらに自分の方へ果歩の肩を掴んで抱き寄せる富田。


果歩 「ぁ・・・あの富田さん・・・私・・・ここのアルバイト辞めようと思って・・・。」


果歩にしてみれば思い切って放った言葉だった。

それは、富田との関係への決別宣言でもあるのだから。

しかし果歩の言葉にも、富田の表情は何一つ変化は見られなかった。


富田 「ほ~それで?またなんで急にそう思ったんだ?」


余裕の表情で顔を近づけ、果歩の耳にフゥ~っと息を吹きかける富田。


果歩 「ん・・・ぁ・・・あの・・・私・・・友哉・・彼氏とこれからも付き合っていく事にしたんです・・・だから・・・」


富田 「フッ・・・そういう事か。・・・で?その彼氏君には、俺達が何回もハメハメした事は言ったのか?」


果歩と富田が性交渉をした事は紛れもない事実ではあったが、富田の表現は実に汚らわしく卑猥だった。


果歩 「・・・いえ・・・その・・・それは・・・。」


富田 「そりゃいけないなぁ果歩ぉ。果歩のマ○コは俺のチ○ボをもう何回も受け入れただろ?それを知らないままこれからも付き合うなんて彼氏君が可哀相だと思わないか?」


果歩 「・・・それは・・・言います・・・もう少し・・・したら・・・。」


段々と自信を無くすように声が小さくなっていく果歩。


富田 「へぇ~言うんだぁ?そんな事彼氏君が受け入れてくれるかなぁ?男ってのは嫉妬深いからねぇ、彼女が浮気して、他の男とハメまくってチ○ボから出たザーメン飲みまくってたなんて知ったら、普通は付き合ってられないと思うぜ?」


果歩 「・・・・・。」


富田の表現はとても下品ではあったが事実。

果歩は何十回も富田と性行為をし何度も快感絶頂を体験した、そして富田の精液も何度も口に含み、嚥下までしてきた。

確かに富田の言うとおり、友哉はこの事実を受け入れてくれるか、果歩には自信はなかった。

あたりまえだ、自分の彼女が他の男とそんな事をしていて何も思わない男などいない。

しかし昨日友哉は自分を愛してると、結婚しようとまで言ってくれた。

そんな友哉なら、もしかして許してくれるかもしれないと、果歩は今、その僅かな希望にしがみ付いているのだ。


富田 「なぁ果歩・・・。彼氏君はともかくよぉ、お前はいいのか?」


果歩 「・・・ぇ・・・?アッ・・!」


富田はそう言いながら、長い舌を出して果歩の耳を舐め始めた。

突然の事に思わず、声を上げる果歩。


果歩 「ァ・・・だ・・・ダメ・・・やめてください・・・。」


ネットリと富田に耳を舐められる度にビクっと反応する果歩の身体。

手で富田の体を突き離そうとするも、ガッチリと肩を組まれたら状態で、富田の体はビクともしない。


富田 「ハァ・・・果歩、お前はいいのか?もうこれが味わえなくなっても。・・・ハァ・・・耳だけでこんなに反応しちまってよぉ・・・ハァ・・・。」


果歩 「ァ・・・ダメです・・・ァ・・・富田さん・・・。」


果歩は顔を赤くしながら果歩なりの抵抗を示す。


・・・ダメ・・・こんなの・・・友哉・・・友哉と約束したんだもん・・・


果歩はさらに力を込めて、富田から離れようとする。


富田 (フッ・・・どうやら本気みたいだな・・・)


抵抗を見せる果歩を逃がさないようにしながら、今度は果歩の唇を奪おうとする富田。


果歩 「ァ・・・・ダメッ・・ンッ・・・・!」


口を閉じながら必死に顔を背けようとするも、富田の手に顔を固定され適わない。


チュ・・・ぺチャ・・・クチュ・・・ジュル・・・


富田の舌が果歩の口内に侵入しようとベロベロとイヤらしい動きで果歩の唇を舐め回し、こじ開けようとしてくる。

それでも果歩はムっと口を閉じたままだったため、富田は2本の指で果歩の可愛らしい小鼻を摘んで呼吸ができないようにした。


果歩 「ン・・・ン・・・・」


それでも口を開こうとしなかった果歩だが、やがて酸素不足になり、自然と口を開いてしまう。

富田はその瞬間すかさず長い舌を果歩の口内へと侵入させた。


果歩 「ンーーー!!ン・・・ゥ・・・ハァ・・・ンッ・・・!」


強引に始まった濃厚なディープキス。

富田の舌が果歩の口内を縦横無尽に舐めまわす。

今だに手で富田の胸を押し返し、抵抗の意思を示す果歩。

しかし口内に入ってきた舌を歯で噛む程の抵抗は果歩にはできない事を、富田はよく知っている。

そんな果歩が持っている心根の優しさを突いて、富田はズケズケと果歩に性的快感を与えていくつもりなのだ。


果歩 「ンッ・・・ハァ・・・ゥン・・・ァ・・・ン・・・」


一方的な接吻を続けながら、富田は片手で果歩の柔らかな胸の膨らみを、服の上から鷲掴みにする。


チュパ・・・チュパ・・・ジュルルルル・・・・・・ッハァァ・・・


一旦口を解放し、富田は再び果歩の耳元に口を近づける。


果歩 「ン・・・ップハァァ・・・!ハァ・・・」


そして富田は小さな声で果歩に囁く。


富田 「ハァ・・・果歩・・・今更もう遅いんだよお前の身体は・・・」



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ


↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
ブログランキングの投票は1人1日1票できます。

バナーをクリックすると投票されるシステムです。
[ 2013/10/10 ] TB(0) | CM(4)

Re: 更新

昨日は更新できなくてすみませんでした。

この借りはいつか…
[ 2010/11/11 21:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/11 02:48 ] [ 編集 ]

taihoさん

やっぱり皆さんは官能小説を読みに来ている訳ですもんね。

エッチシーン頑張ります!
[ 2010/11/09 23:07 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/09 23:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/130-66b8dc3c