FC2ブログ














女子大生 水野果歩(114)

果歩の身体の自由を力で封じ、服の上から弄るように乳房にあてた手を動かす富田。

舌で果歩の性感帯でもある首筋や耳を舐め、果歩にじんわりとした甘い快感を与えていく。

しかし、依然果歩の抵抗は止む事はない。


果歩 「ァ・・・ハァ・・・ダメ・・・やめて・・富田さん・・・ァ・・・」


一生懸命富田の身体を突き放そうとする果歩。

そんな果歩の固い信念にも似た頑な行動を、富田は少なからず意外に思っていた。

それはきっと果歩の中の友哉の存在が以前よりも大きくなっているのが原因なのだろう。

しかし富田はむしろその状況を楽しんでいた。

相手の女が抵抗すればする程、身持ちが固ければ固いほど、富田の異常なまでの性的興奮は刺激されるのだ。

そんな女が心も身体も富田の性技によって堕ちた時、その女の身体の味わいは富田にとって最高に美味しい蜜の味となるのだ。


富田 「へへ・・・本当に嫌なのかぁ果歩ぉ?」


果歩 「ン・・・ァ・・・イヤです・・・・ンッー・・・!」


再び素早い動きで果歩の唇を奪う富田。

果歩は不意を突かれたのか、今度は容易に富田の舌の進入を許してしまう。


果歩 「ンー・・・ンッ・・ゥン・・・。」


チュパ・・・ジュル・・・ジュパジュパ・・・!


舌を尖らせながら果歩の口から激しく抜き差しする、まるでセックスのようなキス。

富田はそれと同時に、大きな手を果歩の服の中に入れていく。

そしてスベスベとして柔らかな果歩の肌の感触を楽しみつつブラジャーを掴むと、上にずらし服の中で果歩の乳房を露出させた。


果歩 「ァウンッ・・・ンーッ!」


大きな手で果歩の乳房を直に揉み始める富田。


富田 「ジュパッ!ハァ果歩・・・乳首立ってんぞお前・・・へへ・・・ビンビンじゃねぇか。」


ピンク色で小粒な乳首は、富田が刺激をする前から固く勃起していた。

果歩は富田とのキスだけで、乳首を立たせていたのだ。


果歩 「ァ・・・ハァ・・・やめ・・・ァン・・・」


富田は果歩の表情を見つめながら乳首を指で強めに摘んだり、転がすように刺激したりする。

果歩の口からは徐々に抵抗の言葉が少なくなっていく。


しかし、果歩は昨日の友哉との会話を思い出す。

もうこれ以上友哉を裏切るような事はできない。


・・・ダメ・・・流されちゃ・・・流されちゃダメ・・・


果歩 「ァ・・・ン・・富田さん・・・富田さんっ!本当にダメです、やめてくださいっ!」


再び富田の胸を両手で突き返す動きを見せ、強い口調で行為を拒む意思を示す果歩。


富田 「フッ・・・おいおいどうしたんだよ果歩。ちょっと前まで喜んで俺と腰振ってたじゃねぇかよ、今更そんな拒否る事ないだろう?」


果歩 「ハァ富田さん・・・もう終わりにしたいんです・・・。」


終わりにしたい・・・

それが今の果歩の本心で、苦しいなかで懸命に絞り出した言葉だった。

しかし果歩のそんな言葉を他所に、富田の動きは止まらない。乳房から手を離し、今度はスカートの上から果歩の下腹部を手で擦り始めた富田。


富田 「そんな事言いながら、もうここがウズウズして仕方ないんじゃないのか?」


果歩 「ァァ・・・そんな事・・・ハァ・・・」


ゆっくりと円を描くように富田の手が擦るその部分にどんどん熱が集まってくる。


ドク・・・ドク・・・ドク・・・


まるで果歩の身体に魔法を掛けているかのような富田の手の優しいタッチ。

その官能的な魔法は、果歩をじんわりとあの世界へ誘惑しているかのようだった。

あの世界・・・

果歩は知っている、あの脳髄まで溶けてしまうような快感を。

全身が快感に痺れるあの感覚。

目を少しでも閉じると、富田と裸で抱き合い、自分のアソコからあの太いモノを激しく出し入れされる感覚を思い出してしまう。


・・・ダメ・・・思い出しちゃダメ・・・


懸命に甘い誘惑と葛藤する果歩。

しかし、どうやら身体はいう事を聞いてくれないようだ。

下腹部が熱くなっていくのを感じながら、無意識のうちに果歩は、太腿を擦り合わせるような仕草を見せてしまう。

当然富田はそれを見逃さない。


富田 「へへ・・・なんだよ果歩、やっぱりこっちも触ってほしいんだろ?」


富田はそう言いながら素早い動きで手を果歩のスカートの奥へと進めた。


果歩 「ハァ・・・あっ!!ダメェッ!!!」


果歩が富田の腕を掴んで抵抗したが、時すでに遅く、富田の指は果歩の秘部を下着の上から捕らえていた。

そして富田の指が果歩の下着からはっきりとした湿り気を感じ取った瞬間、富田の口元はニヤっとイヤらしい笑みを浮かべた。



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

昨日は急に休んでしまってすみませんでした。
[ 2013/10/10 ] TB(0) | CM(4)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

そう言って頂けるとすごく嬉しいです。

マンネリにならないように、徐々にハードにしていきますよぉ、なんとか付いて来て下さい(笑)
[ 2010/11/12 22:52 ] [ 編集 ]

Re: taihoさん

ありがとうございます。

最大の濡れ場かわかりませんが、果歩の物語はまだ先が長いです。

もしかして200話くらいいってしまうかも…こんな予定じゃなかったですが(笑)
[ 2010/11/12 22:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/12 18:22 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/11/12 00:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/131-37a8fc4a