FC2ブログ














女子大生 水野果歩(135)

果歩は椅子に座ったまま動けずにいた。

突然ここで裸になれと言われても・・・。


果歩 「・・・・・。」


目の前で裸で富田に抱きつく秋絵の姿を見つめる果歩。

絶頂直後の秋絵は、うっとりとした表情で富田の顔を見つめている。

そしてしばらく見つめ合っていた富田と秋絵は、お互いの唇と唇を重ね始めた。


・・・ン・・・チュパ・・・ン・・・ァ・・・ハァ・・・ン・・・


2人の接吻は、初めから濃厚で激しいディープキスだった。

舌と舌を絡み合わせ、息を荒くして貪るように相手の味を味わっている。



果歩 「・・・・・。」


そんな2人の情熱的な交わりを見ていた果歩は、いつの間にか自分が胸を締め付けられるような感情を抱いている事に気付く。


・・・何・・・・この感じ・・・・


そっと服の上から自分の胸に手を当てる果歩。

果歩の今までの人生で経験した事がないようなこの気持ち。


果歩 「・・・・・・。」


再度顔を上げて、目の前で濃厚なキスを続ける二人を見る。


・・・ン・・・チュパ・・・チュパ・・・ハァ・・・ン・・・・


富田はいつも果歩にするのと同じように、秋絵を感じさせている。

富田の匂い、富田の舌の感覚、まるで口でセックスをしているようなあの感覚。


果歩 「・・・富田さん・・・。」


果歩は自分が今まで勘違いをしていたという事に気付いた。

いつの間にかあの快感は、富田と共有するあの快感は自分だけのものだと勘違いしていたのだ。

いや、それだけではない、快感だけではない。

自覚はなかったが、果歩は心のどこかで、富田は自分を一番にしてくれていると思っていたのだ。

〝富田さんは私が一番で、私は富田さんが・・・〟

富田は自分に夢中になってくれている・・・そう思っていた。


秋絵 「ン・・・ハァ・・・富田さん・・・ン・・・チュパ・・・チュパ・・・」


依然続く二人の長い接吻、果歩はそれを見て再び胸が締め付けられるような感覚に襲われる。


果歩 「・・・・・。」


秋絵を見つめる果歩。

そう、果歩の胸を締め付けていたのは、秋絵に対する嫉妬だった。

自分だけのものだと思っていた富田との快楽を、今秋絵は味っている。

自分だけのものだと思っていた富田の身体を、秋絵は存分に味わっている。

今までにも何度もこの2人は交わってきたはず。


果歩 「・・・・・。」


果歩は想像する、富田と秋絵があのマンションの寝室で交わっているシーンを。

富田のあの熱い白濁液を秋絵も浴びたのだろうか、秋絵も富田のそのザーメンの味を知っているのだろうか。


果歩 「・・・・・。」


果歩は思い出す、富田とお互いの身体の至る所を舐めあった日々を。

果歩は富田に自分の全てを曝け出し、性器はもちろん、ワキやアナルも舐められた。

そして果歩も富田のワキ、そして毛深いアナルも、あの可愛げなピンク色の舌で舐め上げたのだ。

今までの自分なら考えられない事だったが、それだけ自分は富田に夢中だったのだと気付く。



・・・私・・・



チュパ・・・ジュルルル・・・チュパ・・・ハァ・・・ン・・・・チュパ・・・・ン・・・・ゴク・・・・


富田が秋絵の口内へ唾液を流し入れているのがわかった。

秋絵はそれを何の躊躇もなく気持ち良さそうに自分の体内に取り込んでいる。


・・・イヤ・・・・イヤ・・・・


普段は大人しくて、誰にでも優しい、そして人の悪口は言わない・・・そんな心優しい果歩が今、秋絵に対し嫌悪や憎悪とまではいかなくても、明らかな不快感を抱いている。

それは確かに嫉妬であったのだ。それもかなり根の深い嫉妬だ。



山井 「果歩ちゃーん・・・どうしたの?へへ・・・服脱ぐの俺が手伝おっか?な?そうしようそうしよう。」


そう言って2人の接吻に目を奪われている果歩の服に、山井が横から手をつけ始める。


果歩 「・・・ぇ・・・。」


果歩は一瞬少し驚いたような表情を見せたが、抵抗はしなかった。


・・・スル・・・


山井に手伝ってもらいながら一枚一枚衣服を脱いでいく果歩。


その様子を富田は秋絵との接吻を続けながら横目で眺めていた。


富田 「・・・・・。」


富田は気付いていた、秋絵との濃厚なキスを見つめる果歩の視線に。

そしてその果歩の目が、いつもと違う感情を抱いている事に。


富田 (・・・フッ・・・果歩はホントに純粋っていうか、素直な女だなぁ・・・)


そう、果歩の心に嫉妬心を抱かせるのが最初から富田の狙いだったのだ。

嫉妬心を持った女は、その男にさらにのめり込んでいく。

性だけじゃない、富田は果歩の全てを奪おうとしていた。


・・・俺のためならどんな事もやっちまう・・・そんな女にしてやるよ・・・

・・・俺の事を死ぬまで一生忘れられなくしてやる・・・


そして富田の思惑通り、果歩が抱くこの嫉妬心は、日々富田への依存度が増している果歩の心と身体に拍車を掛けていくのであった。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

遅れてすみません、先週の分の更新です。今週もまたよろしくお願いします。

[ 2013/10/13 ] TB(0) | CM(2)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

妄想力は徐々に回復傾向です。

まぁでも大丈夫です、とりあえず週5回更新はやります。
[ 2010/12/14 21:37 ] [ 編集 ]

妄想力の復活を心よりお待ちいたしております。
[ 2010/12/14 02:26 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/157-3dba4cc4