FC2ブログ














女子大生 水野果歩(141)

果歩 「ァ・・・ア・・・ン・・・ハァァ・・・ハァ・・・。」


クチュ・・クチャクチャクチャクチャ・・・!


富田 「トロトロだな果歩、指がふやけちまいそうだ。」


指1本で果歩のヴァギナを掻き回す富田。

比較的粘り気の多い果歩の愛液、それが掻き出しても掻き出しても溢れてくる。


果歩 「ァ・・ハァ・・・アッアッアッ・・・!」


富田が指の動きを激しくし始めると、快感に耐え切れなくなったのか果歩はペニスを口から吐き出して、右手に肉棒を握ったまま富田の陰毛に顔を埋めながら喘ぎ始めた。

まるで富田を誘っているかの様に目の前で果歩のヴァギナとアナルがヒクついている。


富田 「果歩・・・。」


富田が果歩にベッドに仰向けで寝るように指示をする。


果歩 「ン・・・ハァ・・・ハイ・・・。」


ベッドの上をゆっくりと移動する白い裸体。

以前なら事あるごとに手で秘部や胸を手で押さえていた果歩は、富田の前で裸になるのにもう馴れたのか、そういう事はしなくなっていた。


果歩 「・・・アッ・・・」


富田は果歩の両脚を掴むと、ガバっと大胆に股を開かせて、さらにその脚を果歩の頭の方へもっていき、果歩を所謂マングリ返しの体勢にした。


富田 「ほら、自分で膝を持て。」


膝は果歩自身の頭の横にある。

もう少しで後転してしまいそうな程の体勢だ。

ベッドに付いているのは首と、頭の上にまで伸ばされた足のつま先だけだ。


果歩 「ァ・・・恥ずかしい・・・」


富田 「フッ・・・すっげぇ格好、体操選手みたいになってるぞ。」


ジュウルルルル・・・!!


果歩の目を見つめながら富田は激しいクンニリングスを始める。


果歩 「ァ・・・ハァアア・・・ァアアア・・・・」


富田 「ジュルル・・・ンハァッ!・・・なぁ果歩・・・彼氏君は俺達の事知らないんだよな?」


富田はヴァギナから溢れる愛液を吸って一度顔を話すと、唐突に果歩に聞いた。


果歩 「ハァ・・・ぇ・・・・ハ・・ハイ・・・。」


富田 「じゃあ果歩が今こんな風に他の男にマ○コとケツの穴舐められてるなんて夢にも思っていないだろうなぁ。」


果歩 「・・・ぇ・・・。」


果歩の愛液で口の周りを濡らし、笑みを浮かべながら富田は続ける。


富田 「こんな風に毎晩他の男とSEXしてるんだもんなぁ?彼氏君が知ったらどう思うと思う?」


果歩 「・・・・。」


果歩は顔を横に背ける。その目には涙が溜まり始めていた。
そして果歩には分からなかった、富田がどうしてそんな事を言い出したのか。


富田 「彼氏がいるのに毎晩毎晩、マ○コにでっかいチ○ボをハメてよ、男のザーメンも飲んでケツの穴も舐めて・・・へへ・・・なぁ・・・果歩はどんな気分なんだ?」


果歩 「・・・イヤ・・・。」


富田 「もしかして、この状況を楽しんでいるのか?・・・浮気をしているという非日常的な時間を。」


果歩 「・・・そんな・・・。」


富田 「フッ・・・お前みたいな清純ぶった女に多いんだよなぁ、そういうの。」


果歩 「・・・私は・・・」


富田 「なぁ、お前もそうなんだろ?浮気でのSEXが気持ちよくて仕方ないんだろ?ん?」


尋問するように果歩に言葉を浴びせながら、2本の指を果歩のヴァギナに挿入する。


グチュゥ・・・


富田 「こんな風に言われててもマン汁止まらねぇもんなお前・・・。」


グチャグチャグチャグチャ・・・


富田は指を少し曲げて、果歩のGスポットを的確に刺激していく。


果歩 「ぁぁ・・・アッアッアッアンッンッ・・・!」


指を激しく動かしながら、富田は喘ぐ果歩の表情を見つめながら質問を続ける。


富田 「なぁ・・・どうして別れないんだ?」


果歩 「アッアッハァァ・・・富田さん・・・ンッンッ・・・!」


富田 「・・・まだ、好きなのか?」


グチャグチャグチャグチャ・・・!!!!


果歩 「ァアアッ!ンッンッンッァ・・・ダメ・・・アッアッ・・・!」


富田 「なぁ!?どうなんだよ!?」


果歩 「アッアッアッ・・・ハァァ・・・私・・・富田さんの事が・・・アッアッ・・・!」


それを聞いた瞬間、富田の顔は無表情になる。


富田 「・・・・・・・チッ・・・女ってのは・・・」


グチャグチャグチャ・・・・!!!

クチャクチャチャプチャプチャプ・・・・!!!


果歩 「アッアッアッ・・・ンッ・・・ンーーーッ・・・ぁ・・・ダメェ・・・あああ・・・」


ビュッ・・・ビュビュッ・・・ビュビュビューーー・・・


富田の手の動きに合わせて勢いよく噴き出すサラサラとした果歩の体液。


果歩 「あ・・あ・・・・イヤ・・・アア・・・ンッンッ・・・」


マングリ返しという体勢のため、果歩は自分の潮吹きで出した熱い体液をシャワーの様に自ら浴びる事になった。

大量に噴き出す潮が果歩の髪、顔、肩、胸を次々と濡らしていく。


クチャクチャクチャクチャクチャ・・・!!


富田 「ハハッ、どうだ?自分の潮吹きを浴びる気分は!」


果歩 「ハァァ・・・ンッンッ・・・イヤ・・・アア・・・」


常識的に考えれば女性にとって屈辱的な行為。しかし果歩自身はそう感じてはいないようだった。


富田 「ほら、大きく口を開けてみろよ。自分のがどんな味なのか味見してみろ。」


果歩 「ハァァ・・・アア・・・ンァ・・・・」


屈辱的な言葉を浴びながらも、果歩は富田に言われた通りに口を開く。


果歩 「・・・ァ・・・ン・・・・ァ・・・」


ポタポタと上から降ってきた塩っぱい液体が果歩の口に入っていく。


富田 「・・・変態だなお前は・・・。」


富田が目を細くしながら小さく呟いた。

顔をびっしょりと濡らした果歩は、ハァハァと息を切らしている。



・・・と、その時だった。



♪~~~♪~~~♪~~~



果歩 「ハァハァ・・・・・え・・・・?」


果歩の聞き覚えのある電子音が、果歩のバックの中から聞こえてきたのだ。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
すみません遅くなりました。
[ 2013/10/14 ] TB(0) | CM(2)

Re:ラブリー果歩さん

コメントありがとうございます。

ラブリー果歩さんの予想は当たり過ぎてて…性癖というか、好みが僕と一致しているのですかね?
コメント非公開でよかったです、他の方にネタバレになっちゃうんで(笑)

果歩がそうなるかはまだ言えませんが、その妄想は参考にさせて頂きます。



[ 2010/12/22 23:25 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/12/22 01:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/163-03bcdec2