FC2ブログ














女子大生 水野果歩(146)

果歩 「ぅ・・・ぅ・・・・・・。」


友哉 『・・・果歩?誰といるんだ?・・・ぁ・・・もしかして、知子ちゃんとか?』


果歩 「・・・・・ううん・・・違うよ・・・。」


友哉の言葉は、きっとそうではないであろうと分かっているのに、そうあって欲しいという願いから出た言葉なのだろう。

若干震えている友哉の声。

友哉の動揺が果歩に伝わってくる。

友哉に対する申し訳ないという罪の意識。


・・・きっと友哉は私に幻滅する・・・


しかし果歩はこの状況に異常に興奮している自分がいる事も否定できない。

この気持ちは何なのだろう・・・。

友哉に知られたくないという気持ちがある一方で、心のどこかで自分が富田に抱かれるところを友哉に見て欲しいと思ってしまっている自分がいる。

果歩は思い出す、これはあの時の気持ちに似ている。


スカートの中の下着を脱いで富田と共に外に出歩いた時のあの気持ち。


あの時、恥ずかしくて仕方なく、嫌だったはずなのに果歩はアソコを濡らしてしまった。

富田や山井にだけ見せている自分の本当の姿が、他人にバレてしまうかもしれない。

そんな状況が果歩にある種の興奮をもたらしていたのだ。


今もそうだ、富田に言わせれば淫乱な女である自分を友哉に知られてしまうかもしれない。

友哉の前ではいつも女の子らしくしていた果歩。友哉の前ではエッチの時も女の子らしく恥じらいを捨てなかった。

【女の子】である果歩のイメージ。

友哉の中にあるそのイメージを今から果歩自身が崩壊させるのだ。

【女】になった自分を、富田に女にされた自分を披露するのだ。



〝私はあなたが居ない間に、他の男に女としての悦びを身体に教え込まれました〟



果歩 「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・・ハァ・・・」


果歩の呼吸が荒い。異常な興奮がピークに達していた。

興奮で上気した身体は全身がピンク色に染まっている。

濡れた秘裂に当てがわれた富田の肉棒の先端。これが欲しい・・・固く勃起した富田の男根が欲しくて仕方ない。

富田への依存心、富田への欲求が今にも爆発しそう。




・・・ハァ・・・・ハァ・・・・


・・・満たされたい・・・


・・・心も身体も富田さんに犯されたい・・・


・・・堕ちたい・・・もっと堕ちたい・・・もっと快感を感じたい・・・


・・・もっと激しく・・・もっと抱いて欲しい・・・


・・・もっと富田さんに支配されたい・・・


・・・もっと私を壊して欲しい・・・


・・・もっと・・・もっと・・・もっと・・・


・・・富田さんに・・・食べられたい・・・




果歩 「ハァ・・・ハァ・・・」


果歩の目の色がが変わった、それはまるで別人の様。

いつもキラキラと純粋な子供の様だった果歩の瞳は、今や快楽を欲するあまり、何とも卑猥で淫らな蕩けそうな瞳をしている。

それは果歩が富田の真の性奴隷として覚醒してしまった事を証明していた。




友哉 『・・・か・・・果歩・・・じゃあ・・・誰と・・いっしょにいるっていうんだ・・・?』


声の震えが止まらない友哉。

おそらく今の友哉の頭の中には最悪のシナリオも思い描かれているのだろう。

そして完全に動揺しきっている友哉の声に答えるべく、果歩はゆっくりと口を開く。


果歩 「・・・・・今ね・・・男の人といっしょにいるの・・・」


果歩は目を閉じ、快感に浸る。実に気持ち良さそうな表情だ。

果歩は淫らな自分を友哉に告白する事で特殊な快感を感じている。


友哉 『・・・男・・・?・・・それって・・・・どういう・・・』


果歩 「・・・ハァァ・・・ァ・・・私・・・男の人と2人でいるの・・・。」


友哉 『・・・・・・か・・果歩・・・何を言って・・・』



・・・カタカタカタ・・・・


携帯電話を持つ果歩の手は震えていた。

マゾヒストとして自らの告白に快感を感じる一方で、友哉への裏切り行為、友哉を苦しめる行為をしているという大きすぎる罪悪感に、手の震えが止まらないのだ。

大粒の涙がポロポロと果歩の頬を流れる。


富田 「・・・果歩・・・」


富田がそんな果歩の空いている方の手を取り、自身のガチガチに勃起した男根を握らせた。


果歩 「・・・ァァ・・・」



・・・ああ・・・熱い・・・


指が回らないほどの太さ、大きさ、存在感。

熱くて、固くて・・・。

浮き出た太い血管からドクドクと富田の鼓動が伝わってくる。


果歩 「・・・ハァァ・・・。」


果歩は自らの手で富田のペニスを誘導し、亀頭を膣口にゆっくりと挿入する。


・・・ヌチャァ・・・


果歩 「・・・ァ・・・ハァァァ・・・・」


大きな口を拡げて亀頭を呑み込んでいく果歩のヴァギナ。

膣を押し広げられるこの感覚。


・・・ああ・・・たまらない・・・


友哉 『・・・・・・果歩?・・・果歩!?いったい誰といるって言うんだよ・・・・・・何・・・してるんだよ果歩・・・』


果歩 「・・・ハァ・・・ごめんね・・・ホントにごめんね・・・・・・ゴメン友哉・・・・・友哉ぁ・・・友哉ぁぁ・・・あああ・・・」


果歩は何かの糸が切れたように泣きじゃくり始めた。

果歩の中で何か大切なものが崩れていく。

そして・・・。


友哉 『・・・果歩・・・どうしたんだ果歩!!?』


果歩 「・・・友哉ぁ・・・私・・・ぅ・・・・私・・・浮気してるの・・・今・・・浮気してるのぉ・・・ぅ・・・」


友哉 『・・・・・・・浮気って・・・』


富田 「・・・フッ・・・よくできましたっ・・・。」


果歩が禁断の告白をした瞬間、富田はまるでご褒美でもあげる様にそう言って、勢いよく腰を前に進め、果歩の膣奥まで一気に剛棒を挿入した。


・・・ズンッ!!


果歩 「ァ・・・ッハァアアアアアッ!!!!」


友哉 『・・・か・・果歩!?果歩!?』



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
昨日は更新できずにすみません、また土日でって事でよろしくお願いします。
[ 2013/10/14 ] TB(0) | CM(7)

カレンさん

一線を越えてしまいましたねぇ…

なんかもう147話は書いてる果歩といっしょに僕まで頭がおかしくなっているような気がしました。

変な文章になっていますよね?

…なんか書き終えた後、もう頭がクラクラしてました。

物語の登場人物に作者が翻弄されるという現象…富田さんに負けないように頑張ります(笑)

[ 2010/12/29 23:12 ] [ 編集 ]

美桜さん

今日の更新、147話は果歩にとっても1つの節目です。

もう後は壊れる程感じるだけ…

読者の皆さんにも果歩といっしょに感じてもらえるような文章を書けるように真面目に頑張ります。

果歩が羨ましい…でも人間は文章と妄想で最高潮まで興奮できるのではないかと最近考えています。

果歩の快感が共有できるようになったら究極ですね。
[ 2010/12/29 23:07 ] [ 編集 ]

No title

とうとう一線を超えちゃった。
こうなると女は強いです。
一皮むけた果歩。
ただ喜ばすのでなく、思い切り翻弄してあげてください。
[ 2010/12/29 15:48 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/12/29 12:48 ] [ 編集 ]

うふっ♪

果歩ちゃん、よく出来ました。
これで富田さんに、たっぷり可愛いがって貰えるわね。(笑)

あぁ~ん、羨ましい。(爆)
[ 2010/12/29 01:52 ] [ 編集 ]

ラブリー果歩さん

多いかもしれませんねぇ。

草食系男子などの言葉が流行ったりもしましたし、別の男性に彼女を取られちゃう人多いかもしれませんね。

最近はネットの中で【寝取られ】などという、好きな人が他の人とSEXしている事に興奮するというマゾ的な性癖に目覚める人も増えているみたいです。

果歩の物語は【友哉の寝取られ物語】というより【果歩の浮気物語】か【富田の寝取り物語】ですかね。


まぁ僕がこれからも書くのは【浮気】【不倫】【寝取り】【寝取られ】というジャンルだと思います。

でも人が書く文章っていうのは、どうしてもその作者の人間性が表れるっていうから、僕もそういう性癖があるのかなぁ…。

浮気なんてした事ありませんが…。

[ 2010/12/28 23:02 ] [ 編集 ]

友哉と果歩のような2人は多い筈

女は一歩踏み出し、男は取り残されるばかり。
世にある青春小説のワンシーン。
ここまでリアルに描かれていないものの、友哉と果歩と同じような状況にはまった男女っているだろうなと思いました。
[ 2010/12/28 22:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/169-4ce32c0a