FC2ブログ














女子大生 水野果歩(158)


腰が抜ける程気持ちよく・・・


富田のその言葉に果歩は背中にゾクゾクとしたものを感じた。

未知の領域へ入っていく富田との性行為、それに対する果歩の不安と戸惑い。


大林 「大丈夫ですよ果歩さん。果歩さんならすぐにアナルセックスの良さが分かるはずです。」


果歩 「・・・・・・。」


アナルセックス・・・正直果歩は知らなかった。肛門を使った性行為が存在するなんて。

しかし戸惑いはあるものの、果歩はアナルセックスに対して拒否反応は示さなかった。

それは肛門性交に対する不安の中に、無意識に近い、微かな期待の気持ちがあったからだ。

先程拡張調教を受けてから熱を帯びたままのアナル。

そこは今、明らかに富田の極太のペニスに押し拡げられる事を期待している。


下半身裸になった富田が果歩の前で仁王立ちになる。


富田 「・・・果歩・・・。」


果歩の顔の高さ、目の前に富田のペニスが垂れ下がっている。

富田に名前を呼ばれた果歩はその意図を理解し小さく頷くと、毛深い富田の下半身の中心に顔を近づけた。

それは毎日の富田とのSEXで果歩が習慣付けられた事で、今の果歩にとってはごく当然の行為。

行為の前に富田のペニスを口で愛撫する事は当たり前。そう富田に仕込まれているのだ。

牝である果歩、そしてその飼い主である富田・・・その関係が完全に成立している証拠である。



果歩 「・・・ん・・・」


勃起していなくても十分迫力のある富田の巨根に、果歩は手を使わずその亀頭部分を下から掬い上げる様にして口に含む。


果歩 「・・・ン・・・ハァ・・・・ピチャ・・・」


果歩は慣れた動きで富田にフェラチオを開始する。

ピンク色の可愛げな舌で赤黒い富田の肉棒を下から上へと舐め上げる。

大きく口を開け玉袋を口に含み、口の中で優しくマッサージする。舌でシワの1本1本をまで洗うように。

今日の富田はシャワーを浴びていなかったため、いつもよりソコは濃厚な臭いがした。しかし果歩がそれを気にする様子はない。いや、寧ろその臭いを積極的に味わっているようにさえ見える。


山井 「いやぁ果歩ちゃんフェラ上手くなったなぁ・・・慣れたもんだわ。」


ジュパッ!・・・ジュパッ!・・・ジュパッ!・・・


そして部屋に響くこの音。

果歩によるディープスロートが始まったのだ。

極太の肉棒を口いっぱいに含み、頬をへこませ頭を激しく前後に動かす果歩。


ジュパジュパジュパジュパッ・・・・!!!


一心不乱に激しくフェラチオをする果歩の姿。その光景は普段おっとりとしている果歩とはあまりにかけ離れたギャップを感じる。


そして果歩は富田に何も言われなくとも、ペニスを喉奥まで深く入れる。


果歩 「ンーーーー・・・・ゲホッ!・・・ゲホッ・・・・」


亀頭の先端が喉に当たる度に果歩は噎せ返る。

しかし果歩はそれでもフェラチオを止めない。

何度も何度も噎せ返り、涙を流しながらも果歩はフェラチオを続ける。

苦しくて苦しくて・・・酸素が足りない状態が続き、果歩の顔は紅潮していく。

苦しくて苦しくて・・・でも・・・それがたまらなく気持ちイイ・・・


富田のペニスに窒息寸前まで追い込まれるのが気持ちよくてたまらない・・・


まさにマゾヒストの感性。


そして自分の口の中で段々と大きさを増していく富田のペニスを感じながら、果歩のヴァギナは涎を垂らしているのであった。

一見女性が男性を責めているように見えるフェラチオでも、富田がサドで、果歩がマゾという関係は変わらない。果歩だけが動くフェラチオでも、果歩は富田のペニスに責められ、そして感じさせられているのだ。


果歩 「ンーーーー・・・・オエッ・・・ゲホッ・・・オエェ・・・ゲホッゲホッ!!・・・ンハァッ!・・・ハァァ・・・ハァ・・・ハァ・・・・」


果歩が最後に大きく噎せ返った後、やっと吐き出された富田のペニス。


果歩 「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


果歩の唇とペニスの先端の間には、長く伸びた糸が引いている。

ネバァっとした胃液と唾液を塗された富田の肉棒は、果歩のハードなフェラチオによってガチガチに勃起し巨大化していた。

逞しい勃起力を誇るその剛棒は、まさに凶器と言っていい程の迫力を持つ。

ボコボコと太い血管が浮かび上がったそのグロテスクな男性器を、果歩はうっとりとした目で見つめていた。



富田 「ケツ・・・こっちに向けろよ。」


果歩 「ハァ・・・ハァ・・・・・ハイ・・・・」


果歩がゆっくりとした動きで、腰を富田に向けて突き出すように四つん這いになる。

その間に大林に渡された外国製ビッグサイズのコンドームを装着した富田は、その上からペニスにゼリー状のローションを塗し付けた。



富田 「・・・お前のケツの穴は俺が貰うからな。」


果歩 「・・・ぇ・・・・?」


富田 「これからは俺が好きな時に好きなようにお前のケツの穴を使う、いいな?」


果歩 「・・・・・・。」


果歩は富田のその問いに小さく頷いた。

そして果歩は自ら両手を後ろに回して、尻たぶを左右にグッと拡げた。まるで自分のアナルを富田に見せつけるかのように。

その果歩の様子を見ていた山井の口から思わず言葉が漏れる。



山井 「・・・えっろ~・・・完全に牝じゃん・・・」



山井のその言葉は果歩の耳にしっかりと届いていた。しかし果歩は尻たぶを拡げる両手を離さなかった。


・・・ぅ・・・ぅ・・・・・


そんな風に言われて傷つかない訳がない・・・でも・・・でも・・・なぜか辞められない・・・

顔を赤くし、目にジワっと新たな涙を溜めながら、果歩はさらにグっと強く尻を拡げ、その時を待っていた。



富田 「・・・・・。」



そしてペタっとペニスの先端を果歩のアナルに当てる富田。



果歩 「・・・ァ・・・」



大林 「果歩さん・・・お尻の穴だけに意識を集中させるんですよ。」



果歩 「・・・・ハイ・・・。」



富田 「・・・いくぞ。」



果歩 「・・・ン・・・・」



ゆっくりと腰を前に進める富田。


そして・・・。



・・・ヌチ・・・ヌチャァァ・・・



果歩 「ァァ・・・・ハァァァ・・・・・!!」



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/11/27 ] TB(0) | CM(4)

美桜さん

果歩の様にドMの人には、やはり言葉も重要ですよね。

山井さんに浴びせられる言葉が果歩の快感を倍増させます。


今回の絡みでは果歩にも読者の方にも、今までで一番の快感を味わってもらいたいですね。
[ 2011/01/18 21:24 ] [ 編集 ]

ラブリー果歩さん

やっとですね。アナルはやっぱりジリジリいかないと(笑)

お尻の穴が気持ちイイ事を知ってしまった果歩・・・新たな快感を知ってしまった果歩の今の性欲は、オナニー覚えたての中学生男子並かもしれませんね。
[ 2011/01/18 21:20 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/18 01:21 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/18 01:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/183-3c33e3d5