FC2ブログ














女子大生 水野果歩(163)

果歩 「今日は受付の仕事かぁ・・・。」


スタッフルームのホワイトボードに書かれた【水野 受付】の文字を確認した果歩。受付の仕事は楽で良いが、同時に退屈な仕事でもある。果歩の口から小さなため息が漏れた。

雑貨屋さんで働いてた時間がなんだかもう遠い昔の事のように感じる。

それなりに忙しかったし時給も少なかったけど、気の合う女の子ばかりのスタッフで、可愛い雑貨に囲まれながらラッピングなどの仕事をするのは楽しかった。


・・・・・・・




イルミネーションでキラキラ輝く雑貨屋さん、クリスマス・イヴであるその日は特に忙しかったのを覚えてる。


果歩 『ありがとうございましたぁ』


家族や恋人へのプレゼントを買いに多くのお客さんが絶え間なく来たその日。

只管(ひたすら)一つ一つの商品を丁寧にラッピングしていく作業がやっと落ち着いたのは、すっかり外が暗くなった閉店間際の時間だった。


店長 『はぁ、やっとお客さん途切れたわねぇ、皆なんでこんな当日にプレゼント買いに来るかなぁ。』


果歩 『ふぅ、今までで一番忙しかったかもしれませんね。」


店長 『果歩ちゃんごめんね、クリスマスなのに出てきてもらっちゃって。』


果歩 『いえ、雑貨屋さんはこの時期が一番の書き入れ時ですもんね。』


店長も含め全店員が女性であるこのお店。しかもその殆どが学生アルバイトであるため、店長は毎年クリスマスに働ける人を確保するのに苦労していた。

頼んでも承諾してくれるのは彼氏のいない女の子だけ。特にその時は働いてる子の殆どが彼氏持ちであったため店長も頭を抱えていたが、そんな中で果歩だけは快くクリスマスの仕事を引き受けてくれたのだった。


店長 『でもホント助かったわぁ果歩ちゃん、果歩ちゃんが居なかったらこの忙しさはきっと乗り切れなかったわ。』


果歩 『そんな、私仕事遅いですし。』


店長 『そんな事ないわ、果歩ちゃんラッピングも凄く上手になったし。フフッ、今日の給料はサービースしておくわね。』


果歩 『わぁありがとうございます。』


喜ぶ果歩の表情を見て笑顔を作っていた店長だったが、少しして思い出したように申し訳なさそうな顔をして口を開いた。


店長 『でも、果歩ちゃんも彼氏さんいるんでしょ?よかったの?今日。』


果歩 『大丈夫です、彼は今日も明日もアルバイトで・・・だから1人でいても寂しいだけですから。』


店長 『あらぁ、そうなの。でも果歩ちゃんみたいな可愛い彼女を放っといてクリスマスにバイトなんてねぇ・・・まぁそのお陰でうちは助かったんだけど。』


果歩 『クリスマスのお祝いはケーキが安くなる26日にしようかって、2人で決めたんですよ。』


店長 『へぇ~そうなんだぁ、2人とも節約上手なのね。』


果歩 『フフッ、知子ちゃんって友達からはケチなカップルって呼ばれてますけど。』


そう楽しそうに話す果歩。とはいえ、正直クリスマス当日に彼氏である友哉に会えないのは寂しかった。


・・・ちょっとでも、会いたかったなぁ・・・


外を歩いているのはカップルばかり、そんな光景を見ていると何だか寂しくなる。

しかし店内の片付けをしながらそんな事を考えていた果歩に、店長が何やら嬉しそうに果歩に声をかけてきた。


店長 『果歩ちゃん果歩ちゃん!ちょっとこっち来てみて。』


果歩 『え?どうしたんですか?』


店長 『お店の外見てごらん、ほらあれ。』


店長が嬉しそうにして店の外に向かって指を差している。

果歩は何だろうという表情で店長が指差している方を見た。


果歩 『・・・あっ!』


果歩はそれを見て一瞬驚いていたが、すぐにその表情は笑顔に変わった。

店窓の外に寒そうにして立っている男性が1人。


果歩 『・・・友哉・・・』


店長 『フフッ、果歩ちゃん今日はもういいわよ、後の片付けは私がやっておくから。』


果歩 『え?でも・・・。』


店長 『ほらぁ彼氏さん寒そうにしてるわ、早く行ってあげないと。』


果歩 『ぁ、ありがとうございます。』




店の外に出た果歩は、少し考えた様子を見せた後嬉しそうに口を開いた。


果歩 『もぉ~そんな所で何してるのぉ?』


友哉 『え?あ、いや・・・だってこの店、男は入り辛いんだよ。』


果歩 『フフッ、で?友哉はどうしてこんな所にいるの?』


友哉 『いや・・・その・・・明日のバイト、午前中の休み取れたんだよ・・・だから・・・な?・・・うち来る?・・・やっぱクリスマ・・・』


友哉が全部を言う前に果歩は友哉に抱きついていた。


友哉 『ちょ、果歩っ、恥ずかしいだろ・・・こんな所で・・・。』


恥ずかしそうに周りを気にしている友哉の表情・・・そっと友哉の手を握る・・・あんなに手が冷たくなるまで待っていてくれた事が嬉しかった・・・。





・・・それはもう・・・昔のこと・・・




果歩 「・・・・・。」


今は何もかもが違う。

友哉とは別れ、知子も居ない。憧れの先輩であった秋絵にも、今は以前のような気持ちを抱けない。

果歩は孤独を感じていた。

どうしてこんな事になってしまったのか・・・自分で自分が理解できない。

つらいよ・・・

何かにしがみ付いていたい・・・抱きしめられたい・・・


そしてそんな果歩の心の中に出てくる人物・・・それは富田であった。

自己嫌悪に陥れば陥る程、果歩の中で富田の存在は大きくなっていく。

どうしようもなく富田に抱かれたい気持ちに駆られる。

こんないけない女である自分をメチャクチャにしてほしい・・・。

そしてあの凄まじい快感でもってこの気持ちを解放してほしい・・・。


果歩 「・・・富田さん・・・。」



受付の椅子に座り、色々と考えている内に果歩の頭の中は富田の事でいっぱいになっていた。


会いたい・・・早く会いたい・・・


富田さんの顔が見たい・・・声が聞きたい・・・


・・・早く・・・抱かれたい・・・



受付の仕事を終え、果歩は何かを求めるような気持ちでスタッフルームに入った。いつもの席に座っている富田の姿を想像して・・・。


果歩 「・・・・・・。」


しかしスタッフルームには富田の姿はなかった。

もしかしてまだプールかジムの方でインストラクターの仕事をしているのかもしれない。それともオーナー室にいるのかもしれない。


・・・早く会いたい・・・富田さん・・・


果歩はいつの間にか追い詰められているような気持ちになっていた。

ただ富田がスタッフルームに居なかっただけだというのに、果歩の気持ちは異常に焦っている状態。


ハァ・・・どこ・・・富田さん・・・早く・・・早く会いたい・・・ハァ・・・会いたい・・・会いたい・・・


それはまるで富田依存症の発作が始まったかのようだった。


その場で富田の名前を大きな声で呼びたいような気持ちをなんとか抑えながら、果歩は近くにいた他のスタッフに尋ねる。


果歩 「ぁ、あの・・・今日富田さんは?」


   「富田さん?あ~そういえば今日富田さんと山井さんは居ないね、休みだと思うよ、理由は分からないけど。」


果歩 「・・・休み・・・そんな・・・」


   「ん?何か富田さんに大事な用でもあった?っていうか大丈夫?果歩ちゃん額に汗掻いてるみたいだけど・・・?」


紅潮した果歩の顔を心配そうな表情で見つめてくるスタッフ。


果歩 「・・・ハァ・・・ぇ・・・?」


   「もしかして体調でも悪いの?顔も赤いし・・・」


果歩 「だ・・・大丈夫です・・・・・あの・・・じゃあ富田さん今日は来てないんですね?」


   「あぁ、明日は来るんじゃないかな、たぶん。」


果歩 「・・・明日・・・」


   「何かあるなら携帯に電話してみれば?」


果歩 「そ、そうですね。ありがとうございました・・・。」


    「お疲れ様。」


果歩 「はい、お疲れ様でした・・・。」



果歩はタイムカードを押してトミタスポーツの建物を出ると、すぐに携帯を取り出してボタンを押し始めた。


プルルルルル・・・・


しかし、おぉどうした?という富田の声を想像しながらしばらく待っていた果歩だったが、富田はいつまで経っても電話にでなかった。


果歩 「・・・富田さん・・・」


果歩は思わず下唇を噛んだ。

なんとも言えない不安と恐怖が果歩の心を埋め尽くしていた。





果歩 「はぁ・・・はぁ・・・ハァ・・・」


気付いた時には小走りで富田のマンションへ向かっていた果歩。


どうしても会いたい・・・会えないと狂ってしまいそうな自分が怖い・・・


果歩は目に涙を溜めながら走っていた。富田を求めて・・・。


富田さん・・・富田さん富田さん富田さん富田さん・・・・



富田が住む高級マンションに着いた果歩は1階で富田の部屋番号を押して、神にも願うような気持ちでインターホンを鳴らした。


しかし富田は居なかった。


果歩 「・・・そんな・・・どこにいるの・・・富田さん・・・。」


その後2時間以上マンションの外で富田を待っていた果歩。

だが結局富田はその日果歩の前には現れなかった。

堪らない気持ちが身体の奥から溢れてきて、涙が零れた。


果歩 「ぅ・・・ぅ・・・ぅ・・・」


もう時間も遅い、果歩は涙を拭いて仕方なく帰るために駅へと向かった。

たった1日会わえなかっただけでこの絶望感。

果歩は心の中で微かに思っていた。いや、微かではない、果歩ははっきりとした不安を抱いていた。


・・・もしかして富田さんは今頃、秋絵先輩の所にいるのかもしれない・・・と。




最終電車を駅のホームで待つ果歩。


果歩 「・・・・・。」


電車が来るまでまだ時間がある。

何やらソワソワと落ち着きのない様子の果歩は、少し考えた後駅のトイレへと向かう。

そして個室に入った果歩はすぐにスカートの中に手を入れて下着を下ろすと、持っていたバッグの奥からバイブレーターを取り出した。

もう十分過ぎる程濡れていたアソコ。


果歩 「ン・・・ァ・・・ハァ・・・ン・・・ァァ・・・ァ・・・ン・・・」


他には誰も居ないトイレに、果歩の堪えるような微かな喘ぎ声とモーター音が響いていた。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

今回は文字数がいつもの倍になってますのでこれで二日分って事で良いでしょうか…一応今週は土曜も更新しますね。
[ 2013/11/28 ] TB(0) | CM(6)

美桜さん

富田さん依存症なのかSEX依存症なのか…微妙な所ですねぇ果歩は。

でも淫乱になっても何となく嫌いにはならないんですよねぇ。

駅のトイレでオナニー、描写はかなり端折りましたが考えてみたら結構大胆ですよね。

[ 2011/01/26 21:17 ] [ 編集 ]

ラブリー果歩さん

果歩はキャラがちょっとブリっ子になり過ぎている感もありますが、好感を持って頂けたなら良かったです。

ホントはもうちょっと性格は大人しくて上品な感じにしたかったんですけど、物語が進むに連れ自然とブリっ子になってしまいました(苦笑)
[ 2011/01/26 21:09 ] [ 編集 ]

きのこさん

初めましてこんにちは。

ありがとうございます。

毎日少しずつ物語を書いているので、これだけ長くなると全体を通してちゃんと物語になっているか不安になっていましたが、一気に読まれて気に入って頂けたなら嬉しいです。

まだまだ物語は続く予定ですが、これからも頑張ります。
[ 2011/01/26 21:04 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/26 13:17 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/26 00:53 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/01/25 23:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/189-46f22295