FC2ブログ














女子大生 水野果歩(169)

広げた股の中心、黒い茂みの向こうに大学の男友達の顔が見える。

女性の最も恥ずかしい部分に男は口を押し当て、舌を激しく動かす。

恋愛感情を抱いていた訳でもない、ただの友達だったはずの後藤に今アソコを舐められている事がなんだか信じられなかった。

寂しくて・・・抱きしめられて・・・キスをされて・・・

気付いた時には後藤の部屋に来て、頭の中はエッチな事でいっぱいになっていた。

何のガードもする事なく流されるようにここまで来てしまった果歩。

果歩は頭の中で罪悪感を感じながらも、自分でする自慰行為では得られない快感に、口から甘い喘ぎ声を漏らす。


富田に会えなくなってから1週間、とても寂しい思いをしていたと同時に、果歩は突然いなくなってしまった富田の行動が理解できなかった。

そもそも自分が正式な富田の恋人なのかさえも分からない。

富田は今頃秋絵と交わっているのかもしれない、濃厚なキスをしているのかもしれない。

そんな事を思うと心が押し潰されそうなくらい苦しかった。

毎日何度も自分の身体を慰め続けた1週間。


・・・どうして・・・どうして・・・富田さん・・・


・・・富田さんのSEXなしでは生きていけないような身体にしておいて・・・放置するなんて・・・ヒドイよ・・・


果歩の満たされない思いが限界に達した時、後藤から差し出された優しさと誘惑。

依存していた富田という薬の効果がきれかかった時、目先にある甘い薬に手を出した果歩の弱った心は、その毒牙にかかったのだ。

果歩知っていた、後藤が差し出してきたモノが毒である事を。

しかしもう我慢できなかった。

毒であろうと何だろうとこの溜まった欲求と気持ちを解放したくて仕方なかった。

愛が無かろうとどんな相手だろうと、男の人に抱かれたくて仕方なかった。



ジュパッ・・・ジュパ・・・!


後藤 「ぅ・・・水野・・・気持ちイイよ・・・ていうかフェラ上手すぎ・・・」


後藤の肉棒を根元まで口に含みながら頭を前後に激しく動かす果歩。

後藤の言葉に耳を貸さず、ただ夢中になってフェラチオを続ける。


果歩 「ン・・・ハァ・・・ン・・・チュパ・・・ジュパ・・・」


今でも明日スタッフルームの席に富田が座っている事を願っている、そしてきっと居なくても富田を探しに行くのだろうと、果歩は思っていた。

後藤とこんな行為をしながらも、明日こそ富田さんに会いたいと思っている自分がいる。

もし会えたら、今日の事は無かった事にして、また以前のように富田との関係を続けたいと思っている自分がいる。


ズルイ女・・・自分がしている事は最低・・・それは分かっている。

分かっているが止められない。

果歩の心のブレーキは、どうやら友哉との一件以来、壊れてしまっているようだった。



後藤 「あァァ・・・ヤバイ・・・水野・・・もう入れていい?」


いつもは大人しい果歩の激しいフェラチオ、そのあまりの気持ち良さに、蕩けそうな表情になりがら後藤が言った。

それを聞いて果歩は動きを止めて口からペニスを吐き出すと、小さく頷いた。


果歩 「・・・・・。」


果歩がベッドに仰向けになり、2人は正常位の体勢になる。


後藤 「へへ・・・マジで水野とヤれるとは思わなかったぜ・・・」


勃起したペニスにコンドームを装着しながら後藤が言った言葉。

それを聞いて果歩は後藤が自分に恋愛感情など抱いていない事に気付いた。


・・・後藤君は私の身体が目的・・・私とエッチしたいだけ・・・


・・・でも・・・それは私も同じ・・・私も今は・・・



後藤 「・・・入れるよ?」


果歩 「・・・ウン・・・」


1週間ぶりのセックス、1週間ぶりの男の肉棒、人生4本目の男のペニスを果歩のヴァギナは受け入れた。


グチュゥゥ・・・


果歩 「ン・・・・ッハァァァ・・・・」


入ってくる・・・ァァ・・・しちゃった・・・


今が入っているペニスが、友哉のモノでも富田のモノでもない事をハッキリと膣で感じる。



ヌチャ・・・ヌチャ・・・ヌチャ・・・



ゆっくり後藤が腰を動かし始めた。

果歩の濃い愛液が後藤のペニスに纏わり付いて、抜き差しするたびに粘着質な音を立てる。

富田程の圧迫感や強烈な快感はない。

しかし友達であった後藤とSEXをしている、バイブではない男の肉棒が入ってきているという興奮が果歩を感じさせていた。


果歩 「ン・・・ン・・・ン・・・・ァ・・・ァ・・・」


後藤のSEXは富田のと比べればシンプルであった。それは経験の差と、持っている才能の違いから仕方の無い事なのだろう。

果歩は無意識の内にその快感の差を埋めようと、自らの手で自身の乳房を激しく揉み始め、そして同時に、後藤の動きに合わせて積極的に腰を振り始める。


後藤 「ああ・・・すげぇな・・・へへ・・・信じらねぇ・・・これがあの水野かよ・・・」


後藤は腰を振りながら異様な興奮を感じつつも、上から果歩の姿を見て苦笑していた。

後藤が今交わっている女は、明らかに変態淫乱女であった。

片手は自ら乳房を揉みながら、指の間に乳首を挟んで強く引っ張っている。

そしてもう片方の手を股間に持っていき勃起したクリ○リスを弄りながら、腰を激しく動かしている。

もはや今目の前にいる果歩に、大学での大人しくて優しい果歩の面影はなかった。


果歩 「ハァ・・・ン・・・ァァ・・・ンッンッ・・・」


目を閉じ、口を半開きにしながら、只管発情した動物のように交尾運動を続ける果歩。




・・・・・・・・



その時、部屋の扉が音も無くゆっくりと開く。

そして1人の人影がそっと部屋に入ってくる。

しかし異世界の快楽に没頭する果歩は、それに全く気付く事はなかった。



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/11/28 ] TB(0) | CM(4)

宵さん

ありがとうございます。

ちょっと怖いですか、もしかして少し辛いと思われるようなシーンが続くかもしれません。

ただ、堕ちて終わりじゃないですから。まだまだ物語は続きますので☆
[ 2011/02/02 21:35 ] [ 編集 ]

カレンさん

困ったちゃんってネーミングがピッタリですね。

はい、もうメチャクチャにしちゃいます。読んでる人が目を覆いたくなるほどに…
[ 2011/02/02 21:31 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/01 22:38 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/01 20:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/195-2d83dd24