FC2ブログ














女子大生 水野果歩(170)

・・・ンッンッ・・・ァ・・・ハァ・・・アッアッ・・・ン・・・


富田 「・・・・・。」


富田はただじっとしてベッドの上で行われている男女の性行為を眺めていた。

後藤の腰の上に跨っている果歩は、手を後藤の腹と太腿辺りに置いて背筋を伸ばし、丸みのある腰を前後にクネクネと動かしていた。

果歩が慣れた様子で腰を振るたびに、柔らかな乳房は揺れ、2人の結合部からはクチャクチャと音が鳴っている。

大学の友人との初SEXに顔を赤くしながらも、果歩の動きは積極的であり、かつ大胆であった。

透き通るように白い肌、女性らしい柔らかな肉体、可愛らしい顔立ちでありながら淫らに腰を振る姿で、男にギャップを与え、魅了している。

こんな大人しそうな女の子がこれ程卑猥なSEXをするなどとは、誰も想像していないだろう。

しかし実際にはこの可愛らしい女子大生は、すでに何度もSEXを経験しているし、3Pもアナルセックスも経験しているのだ。

そのギャップという武器を、果歩は今存分に後藤に披露している。


富田 「・・・・・・。」


富田は自らの欲望に溺れる果歩の姿に目を細めていた。

その視線は実に冷たいものである。

軽蔑と憎悪が入り交ざった眼差しは、どこかいつものサディスティックな眼とは違うものであった。




後藤 「あああ・・・ヤバイ・・・気持ち良過ぎ・・・ハァ・・・」


後藤はそう言いながら身体を動かして再び体位を正常位の体勢に変えた。


果歩 「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


火照った表情で目を閉じている果歩は、後藤の誘導に身体を任せる。


後藤 「水野・・・もう俺イキそうなんだけど・・・」


果歩 「・・・ウン・・・」


後藤は果歩の両脚をガバッと開き、肉棒を涎を垂らすヴァギナに根元まで挿入すると、射精へ向けてのピストン運動を開始した。


果歩 「ンッンッンッ・・・ァ・・・ァ・・・アッアッアッ・・・」


激しくなっていく男根の抜き差しに合わせて、果歩の口から甘い声が漏れる。



が、その時だった。

果歩の耳に思いがけない声が届いた。



富田 「どうだい後藤君、果歩のマ○コの具合は。」



・・・ぇ・・・?



後藤 「あ、富田さん居たんですか、最高ですよこのマ○コ。ちょっと濡れすぎですけど締まりも良いですし。」


富田 「フッ・・・そうだろうな・・・。」



・・・・・・



あまりの驚きに、果歩の頭の中は真っ白になる。


・・・富田さん・・・そんな・・・どうして・・・


果歩は驚くと同時に顔から血の気が引くような思いだった。


後藤 「ていうか、水野がこんなヤリマンだとは思わなかったですよ・・・コイツすげぇ簡単に股開きましたよ。」


富田 「フッ・・・そうか・・・。」


後藤 「たぶん俺じゃなくても、ヤらせてって言われれば誰にでも股開いてたんじゃないですか?この淫乱女は。」


後藤と富田のやりとりを聞きながら、果歩の頭の中はパニックに陥っていた。

冷たい目で見つめてくる富田と、人が変わった様に次々と侮辱的な言葉を吐く後藤。


果歩 「ンッンッ・・・ァ・・・イヤ・・・後藤君・・・ァァ・・・」


後藤 「何が嫌なんだよ、好きなんだろ?男のチ○ボが。ていうか水野って友哉が留学してるのをいい事に他の男とバコバコハメまくってたんだろ?お前最低だな。」


果歩 「ンッ・・・ハァン・・・・ぅ・・・ァ・・・」


言葉のナイフが果歩の心をザクザクと切り刻む。

激しいピストン運動に身体を揺らされる果歩の充血した目には、今にも溢れそうなくらいの涙が溜まっている。

ただ泣く事しかできない、後藤の言っている事が全て事実なのだから。


後藤 「ああ・・・そろそろ出すぞ!そのエロ顔にたっぷりブッカケてやるからな!」


腰の動きにラストスパートをかける後藤。

果歩は激しいピストンに顔を横に振りながらも、襲ってくる快感に淫らに乱れた。


果歩 「ンーー・・・アッアッ・・・イヤァ・・・ンッアッンッンッ・・・!!」


後藤 「あ゛ーーー出るっ・・・」


後藤は最後に一際激しく腰を振った後、素早くペニスを引き抜いて果歩の顔の上に跨った。


後藤 「おら・・・こっち向けって。」


後藤は顔を横に背けている果歩の顎を強引に掴んで、力ずくで上を向かせる。

そして、猛然と自身の肉棒を扱き、果歩に顔に向けて射精した。

ドビュッ・・・ビュッ・・・ビュッ・・・と大量の白濁液に、果歩の上気した顔が淫らにデコレーションされていいく。


果歩 「ン・・・ハァ・・・ン・・・イヤ・・・ァ・・・」


後藤 「はぁぁ・・・気持ちよかったぁ・・・水野、お疲れさん。・・・お前の身体最高だな、また今度ヤらせてくれよな。」


射精を終えた後藤はそう言い放つと、先端に精液が付いたペニスで、果歩の顔をペチペチと数回叩いた後、ベッドから降りた。


果歩 「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


果歩は荒く呼吸しながら泣きそうな顔で、服を着始めている後藤と、部屋の入り口付近で携帯を触っている富田の方を交互に何度も見ていた。



後藤 「ふぅ・・・そんな顔するなよ、水野もヤリたかったんだろ?」


果歩 「・・・後藤君・・・」


そして服装を整え終えた後藤は、最後に果歩に近づいて小さな声で呟いた。


後藤 「・・・水野ってバカな女だな。」


果歩を見下す様にしてそう言葉を吐きつけると、後藤は果歩に背中を向けてドアの方へ向かった。


富田 「・・・・・。」


そして後藤は無言のままの立っていた富田から分厚い紙幣の束を受け取ると、ドアを開けて出て行った。



果歩はベッドに裸で座ったまま泣いていた。


果歩 「・・ぅ・・・ぅ・・・」


富田 「・・・・・。」


富田は何も言わずに携帯のボタンを押すと、ゆっくりとそれを耳に当てる。


富田 「・・・・あぁ・・・俺だ・・・あぁ・・・全員部屋の中まで来い・・・」


無表情のままそれだけを言うと、富田は携帯を切り、そして泣いている果歩の方を見て口を開いた。


富田 「・・・結局・・・お前も俺を裏切ったんだな・・・。」


果歩 「・・・ぅ・・・・富田・・・さん・・・私・・・」


富田 「・・・そんなにSEXがしたいなら・・・死ぬほどヤラせてやるよ。」


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。


[ 2013/11/28 ] TB(0) | CM(20)

京香さん

僕も皆さんの反応の大きさに驚いています。
そして同時にこんなにも果歩の物語の事を考えてくれる方達がいる事を知って感動してます。

そのお陰で今はもうモチベーション上がりまくりです。


SとMの関係って凄く繊細なものなんですね。人間自体みんな繊細なのかもしれませんが…特に果歩と富田さんは不器用ですから。


次の展開の読み…さすが京香さんですね、良い所突いてます(笑)ネタバレになっちゃうからこれ以上言えませんけどね☆


僕自身、読者の皆さんの意見を聞きながら成長したいと強く思っていますので、京香さんのコメントは本当に嬉しいです。

これからも何か感じる事があれば、コメント頂きたいです。

そしてその期待に少しでも応えられる事できるように一生懸命頑張ります!
[ 2011/02/03 23:56 ] [ 編集 ]

愛羅さん

コメントありがとうございます。

いつも楽しみに…凄く嬉しいです、ありがとうございます。


やっぱり愛羅さんと皆さん同じ意見が多いです。この展開はやはり皆さんショックだったみたいで…。

申し訳ないという気持ちがある一方で、物語は暫く女性の方には苦しくなるような展開が続くかもしれません。

富田さんと果歩の事を考えてくれる気持ちは作者として凄く嬉しいです。

続き…期待に応えられるように頑張ります!
[ 2011/02/03 23:44 ] [ 編集 ]

しちゃさん

コメントありがとうございます。

しちゃさんのように富田さんと果歩に上手くいってもらいたいって思ってくれる方って結構多いですね。

今後この二人がどうなるか…ネタバレになってしまうのでそれは言えないのですが、そうやって温かい目で二人を見守ってくれると作者としては嬉しいです。

完結した時、面白かったと思って頂けるように色々考えながら頑張りたいと思います。
[ 2011/02/03 23:34 ] [ 編集 ]

kasumiさん

お久し振りですkasumiさん。
コメントありがとうございます。

こんなに女性の方達からこの物語についてコメント頂けるなんて、正直驚いています。

やっぱりkasumiさんが言うように、今まで果歩のエッチな部分を責められるのは大丈夫だったんだけど、人間性そのものを否定するような男達の言葉と話の展開に、ショックを受けられてしまった方が多いみたいです。
エッチだけど、純粋な心はちゃんとあった果歩が否定されてしまった感じが…。


読者の方を苦しませてしまったり、残念な思いにしてしまって、少し罪悪感があるのですが…一方で実はそれは少し僕の狙い通りであったりもします。

今のシーンはこの物語の今後の展開で重要になってくるので…とはいえ、皆さんの意見を聞きながら、色々と考えて今も書いているので、皆さんが納得できるような最後が迎えられるか…僕自身納得できるような物ができるかまだ分からないですが…頑張って書きたいと思います。


僕は…女性に厳しいのかなぁ…僕は今の果歩も好きですけどね。
[ 2011/02/03 23:25 ] [ 編集 ]

ラブリー果歩さん

ラブリー果歩さんのコメントを見るとなんか安心します。
もうなんか常連さんですから(笑)いつもありがとうございます。

後藤との関係についてはちょっと果歩を軽くし過ぎたかもしれませんね。ただ一方でそのくらい果歩の心はボロボロで、不安定な状態であったと僕は妄想しています。

ここに来て男である自分が、女性が主人公の物語を書く難しさに直面しているのかなぁと感じています。

読者さんの意見も聞きながら、僕なりに色々と考えながら書いていきたいと思います。
[ 2011/02/03 22:59 ] [ 編集 ]

ユノさん

初コメありがとうございます。

そうですよね、果歩だけじゃなく、富田さんもなんか悲しいですよね。

濃厚で官能的で、人を引き込むような小説を書きたいと思っているので、僕が書いた物語にそこまで入って来てもらえるのは、凄く嬉しいです。

その期待に応えられるように、更新頑張りますね!


富田さんに抱かれたら大変ですよ~いいんですかぁ?(笑)
[ 2011/02/03 22:51 ] [ 編集 ]

あーちさん

コメントありがとうございます。

やっぱり、MだからこそSである富田さんを裏切るなんて考え難いって意見は多いですね、特に女性の方達から。

僕も男性と女性がピッタリSとMの関係で上手く成り立っているのなら、裏切りは難いと思います。

う~ん…僕も読者の皆さんの意見を参考に色々と考えながら書いているのですが、やっぱり男女の関係を書くのは難しいですね。

最終的に完結した時に、何か答えのようなものに辿り着ければなぁと思っています。

また物語を読んで感じた事があればコメントして頂けると嬉しいです。

楽しみにしていますって言葉はホントに力になります、ありがとうございます。完結に向けて毎日頑張りますね!
[ 2011/02/03 22:44 ] [ 編集 ]

さくらさん

初めまして☆

コメントありがとうございます。


果歩と富田さんの事をそんな風に言ってもらえるなんて、作者としては本当に嬉しいです。

やっぱり長編になっているから、その分登場人物へ色々な思いを持って頂けているのかなぁと思います。

でもだからこそ、今のシーンは辛いですよね…

完結はたぶんまだ先なんですが、また読んで何かを感じて頂けたら嬉しいです。

完結に向けて更新頑張ります!


[ 2011/02/03 22:25 ] [ 編集 ]

佳奈さん

コメントありがとうございます。

こんな長い物語を読んで頂けて、そして感想まで頂けて本当に嬉しいです。


やっぱり果歩と同じ女性の方達には、この展開は読んでいて苦しいですよね。

こんなストーリーを書けてしまうのは作者である僕が男であるからかもしれません。

あとどのくらいで完結するかは、まだ見通しがあまりついていないのですが、完結に向けて頑張ります!

また完結した時に、感想頂けると嬉しいです。
[ 2011/02/03 22:14 ] [ 編集 ]

あきこさん

初めまして。
コメントありがとうございます。


そうでしたか…僕が考えて書いた登場人物である果歩に、そこまで共感してもらえるなんて…なんか嬉しいです。

でも、この物語は果歩に共感してくれているあきこさんにとっては暫く目を覆いたくなる様な展開になってしまうかもしれません。

胸が苦しくなるシーンもあるかもしれませんが、官能小説の世界、妄想の世界だと思って楽しんで頂けたらと思います。

まだまだ果歩の物語は続きますので、期待に応えられるように頑張ります!
[ 2011/02/03 22:06 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/03 20:29 ] [ 編集 ]

いつも楽しみに読ませてもらってます!

やっぱり私も果歩ちゃんと富田さんには幸せになってほしいです。
みんなにやられちゃうよりは、富田さんともっと深く堕ちていってほしいかも・・・
なぁんて、個人的な思いなんですが。

どんな展開にしても、続きが気になります。
更新大変でしょうが、楽しみにしています。
[ 2011/02/03 20:19 ] [ 編集 ]

私はやっぱり果歩ちゃんと富田さんにはラブラブ両思いになってほしいです!
[ 2011/02/03 02:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/03 00:48 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/03 00:18 ] [ 編集 ]

初コメです

初めてコメントさせていただきます

果歩の気持ちを理解するとめっちゃ切ないです
富田さんの果歩を試す行動も…

今回の話程、早よ次読ませて!と思った日はないかも

続き楽しみにしています。

富田さんみたいな人に抱かれたい(≧∇≦)
[ 2011/02/03 00:13 ] [ 編集 ]

毎日楽しみに読ませてもらってます(^-^)

私もこの展開はなんか辛いです。

私がカホちゃんなら
Mだからこそ、裏切りません。
[ 2011/02/02 23:52 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/02 23:28 ] [ 編集 ]

やっぱり話はそっち側に進んでしまいますか……

1話から読んできましたがやはりこの展開はイヤですね。
イヤと言うのは話を批判しているわけではなくて、読んでいて苦しくなるという意味です。
同級生としてしまったので、もう元通りの生活には戻れませんね。
毎日更新毎に読んでいると苦しくなるので、完結してから読もうと思います。
[ 2011/02/02 22:29 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/02 21:57 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/196-81cb89a2