FC2ブログ














女子大生 水野果歩(174)

リビングで酒を飲み交わす男達は、皆笑みを浮かべ満足そうな表情であった。

職場にアルバイトで来ていた女子大生、水野果歩の身体を堪能した彼らは、その興奮の余韻に浸っているのだ。


    「ハハッ、やっぱ果歩ちゃん最高。あんな気持ち良いマ○コ初めてだわ。」


    「抱き心地すげぇ良いしな!なんて言うか・・・超柔らかいだろ?特に胸と尻ヤバイだろあれ、バックから突いてみろよ、プルンプルンするぞ。」


    「あ~俺まだバックやってないわぁ、後でやってみよ。果歩ちゃんのケツの穴を眺めながらのバックなんて想像するだけで良さそうだな。」


    「はぁ?お前どれだけソフトなプレイしてきたんだよ。俺なんてさっき果歩ちゃんのケツの穴に指突っ込んだし、イラマチオもしたしザーメンも飲ませたぞ。あの子結構なんでも受け入れるし、さすが富田さんの調教受けてるだけあるわ。」


    「俺もさっきケツの穴舐めてって頼んだらやってくれたぞ?超気持ちよかった。」


    「え~お前らマジかよ・・・どんどん果歩ちゃんのイメージ崩れるわぁ・・・まぁ後で俺も頼もう。」



今、寝室には5人の男達が入っている。

このマンションの部屋にいる20人の男達は5人ずつ交代で果歩をまわしていた。

もうすでにに20人全員が果歩のヴァギナの感触をペニスで味わっていて、今は3周目に入っている。つまり果歩はもうこの日40回以上のSEXをしているのだ。

あの清純であったはずの果歩を輪姦しているという非日常的な現実に、異常な程発情したオス達が一度や2度の射精で満足す訳がなかった。



パンッパンッパンッパンッ・・・!!!!


肉と肉がぶつかる音が部屋に鳴り響いている。

男が後ろから果歩の白い尻たぶを鷲掴みにして腰を激しく叩き突ける。

そして前には果歩の口に肉棒を入れて、自分勝手に腰を振っている男がいる。


果歩 「ンッンッンッ・・・!!ンーーッハァ!あ~ダメ・・・またイっちゃう・・・アッアッアッ・・・ンァアアッ!!!」


バックからの激しい責めに堪らずペニスを吐き出した果歩は、口元に男の陰毛を付けながら今日何度目かの絶頂に達した。


果歩 「ぁぁ・・・ああ・・・ハァ・・・ハァ・・・」


ガクガクと絶頂の余韻に振るえる果歩の身体は、もう手足に力が入らないようで、グッタリと前にいる男の股間に顔を埋めるようにして突っ伏した。

本当に何度目の絶頂だろう、もう数え切れない、果歩は1人の男を受け入れる度に最低でも3度はイっている。

絶頂を迎えると更に感度が増す体質である果歩。今はもう頭が真っ白になったままなかなか戻らない状態が続いていた。

全身に汗をビッショリと掻き、髪の毛や身体の至る所に男達のザーメンが付着している。

果歩の目は虚ろで、喘ぎ声以外には何も言葉を発さなかったが、男達の指示には素直に従っていた。

ペニスを口元に近づければ自らフェラチオをしたし、尻を叩けば腰を突き出し股を大きく開いた。


〝便器は何も考えなくていい、便器はただ処理物を消化するだけだ〟


果歩は富田に言われたその言葉の通りに、頭の中を空っぽにしていた。

便器になれと言われたのだから、それがあの人が私に望んでいる事なんだからと、果歩は自分に言い聞かせる。


果歩 「ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・ハァ・・・・」


口と鼻から吸う空気は、全て男達のザーメンの臭いと汗臭さに汚染されていた。

強烈な臭いで頭がクラクラするのを感じながら、果歩は自分が完全な肉便器になってしまった事を
自覚した。

ザーメン塗れの汚い肉便器に。




果歩 「ハァァ・・・ぁぁ・・・ハぁ・・・ハァァ・・・」


朝日が昇る頃、欲望を全て果歩に吐き付けた男達はやっと果歩の身体を解放した。

寝室に1人残された果歩は、精根尽きたように脱力し、裸のままベッドに倒れていた。

結局男達は、3回ずつ射精し、計60発分の精液を果歩に浴びせたのだ。

付着したザーメンが乾き、カピカピになった果歩の髪の毛や肌は、強烈な異臭を放っている。

果歩のその変わり果てた姿は、まさに肉便器。

悲しさも、虚しさも、何も感じない。

ただ身体に残った快感の余韻と、脳を刺激するような刺激臭を感じるだけ。ただそれだけだ。

果歩の開いている目は、壁の一点を瞬きもせずに見つめていた。


果歩 「・・・・・・。」




ガチャ・・・・


寝室のドアが開き、一人の男が入ってきた。

無表情の果歩の目だけが動き、その男をじっと見つめる。


富田 「・・・くっせぇ部屋だな・・・フッ・・・臭いのはお前か・・・一晩で随分と便器顔になったな果歩。」


富田はベッドに倒れている果歩の前まで歩み寄ると、果歩を見下すようにしながら言葉を続けた。


富田 「・・・俺を裏切るからそういう事になるんだ・・・俺を裏切るから・・・」


果歩 「・・・・・・。」


果歩は無言で富田の言葉を聞いている。

富田はブツブツと独り言のようにそう呟きながら、徐にズボンのチャックを下げて萎えたペニスを取り出した。


富田 「果歩、口を開けろ・・・大きく・・・そうだ・・・。」


果歩 「・・・ん・・・・」


富田の言うとおりに口を大きく開ける果歩。


富田 「ご褒美に寝起きの濃い小便を飲ませてやる・・・全部飲めよ。」


チョロ・・・ジョロロ・・・ジョロロロロロ・・・・・


勢い良く出始めた濃い黄色をした富田の尿が、果歩の口の中にダイレクトに入っていく。


ジョロロロロロロロロ・・・!!!


どんどん口の中に溜まっていく尿。まるで便器の水溜りにする時のような音が部屋に響く。

果歩は次々に入ってくるその生温かいアンモニア臭のする液体を、言われたとおりに嫌がりもせず
ゴクゴクと飲み続けた。


果歩 「ゴクゴク・・ゥ・・・ン・・・ゴクゴク・・・」


なかなか止まらない富田の排泄。

時折口から外れる尿が果歩顔や髪の毛に降り掛かる。


富田 「お前は便器だからな、小便飲めて嬉しいだろ?」


飲んでいる尿で胃が徐々に膨らんでいくのを感じながら、果歩は目から涙を流して小さく頷いた。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。



[ 2013/11/28 ] TB(0) | CM(8)

京香さん

こちらこそいつも貴重なご意見ありがとうございます。本当に感謝してます。

心でイクかぁ…それを文章でどう表現するか…難しい所ですね。挑戦だと思って頑張ります!

確かに視覚的刺激のが好きですね、男は。

僕の場合初めてのエロ本が官能小説だったから、ちょっと違うのかなぁ…


おぉ…では飲尿も、答え合わせでは正解って事ですね(笑)ちょっと想像するとドキドキ…(笑)

[ 2011/02/11 22:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/10 23:05 ] [ 編集 ]

京香さん

ま~それが正解かどうかはとりあえず黙っておきますが(笑)

作者としては京香さんのような方に、共感というか展開がバレてしまうって事は、書いていて嬉しい事なのかもしれませんね。答え合わせができてるような感じがします。あまり現実離れし過ぎていてもリアリティに欠けますし。その辺経験不足の僕にとっては本当に貴重な意見です。ありがとうございます。

もちろん京香さんみたいな方を、あっと驚かせるような展開も書いてみたいのですが、それをするにはまだまだ修行と経験が必要そうですね(笑)


僕もスカトロは無理ですねぇ…ていうか飲尿も妄想の世界だからこそ書けるって感じです。

官能小説は実際にできないような事ができるのが魅力ですもんね。AVより官能小説のが僕としてはしっくりきます(笑)

官能小説ブームくるかなぁ?(笑)頑張ろっ!
[ 2011/02/10 22:16 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/10 19:54 ] [ 編集 ]

京香さん

やっと分かる事…そうですねぇ、まだそれには果歩も富田さんも気付いていないですね。

なんか京香さんに先読みされてる感じが…(笑)


完結したら…そうですかぁ、なんだかちょっと緊張するなぁ(笑)
恥ずかしくないものをちゃんと書かねば…頑張ります!
[ 2011/02/09 21:42 ] [ 編集 ]

美桜さん

酷すぎますよね。

正直、尿飲シーンはかなり引かれるだろうなぁと思っていましたが…皆さんどうだったんでしょう。
これだけ長編になってくるとHシーンもマンネリしてきているだろうなぁと思って入れてみました。

富田さんの…それが分かるシーンはもうすぐかなぁと思います。
[ 2011/02/09 21:36 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/09 17:46 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/09 00:38 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/200-af854b9a