FC2ブログ














女子大生 水野果歩(178)


抱いてやると言う富田に黙って付いて行く果歩。

富田に果歩が連れて行かれたのはトミタスポーツの建物、その一番隅に位置する部屋だった。

果歩は過去に一度だけこの部屋に入った事がある。あれは初めてここに来た面接の日、果歩が富田に施設を案内してもらっている時に、見つけた部屋だ。

果歩はあの時以来、この部屋には入るどころか、建物の隅にあるためドアの前を通る事さえなかった。恐らくこの施設の中で最も人気(ひとけ)の無いこの場所が、今の果歩には何だか不気味に思える。


富田 「今日からこの部屋がお前の仕事場になるんだからな。」


果歩 「・・・ぇ・・・?」


意味深に富田はそう言うと、その部屋のドアノブをゆっくりと引いた。その瞬間、その部屋の中の生温かい空気を果歩は感じた。暖房が効いているのだろうか、そうだとしたらかなり室温設定は高めだろう。ムワっとくるような温かさだ。


富田 「・・・入れよ。」


果歩 「・・・は、はい・・・。」


富田に言われて果歩はその部屋に足を踏み入れる。そして部屋の中を見渡した果歩は目を丸くして驚いた表情を見せた。


果歩 「と・・・富田さん・・・これって・・・どういう事ですか・・・?」


部屋の造りは以前と全く変わってなかった。

広々とした部屋は、側面と天井の全面が鏡になっていて、下にはビニール製のマットが敷き詰められている。そして部屋の四隅にはそれぞれ大きなスピーカーのような物が置いてあった。

初めて見た時はエアロビックスか何かに使う部屋だと思っていた果歩。しかし今の部屋の状況を見て、果歩はどうやらそうでないという事を察知した。

果歩が入ってきた瞬間、幾人もの男の人の声がザワめく。


富田 「どういう事って言われてもなぁ・・・まぁ果歩のファンみたいなものだな。」


果歩の目に入ってきたのは、マットの上に胡坐を掻いて座る15人程度の男達だった。それもその誰もが果歩が知っている人間。果歩が毎日のように受付で挨拶を交わしていた、トミタスポーツの会員の男性達であったのだ。

部屋中にある鏡の影響で、まるで途轍もなく広い部屋に大勢の男達が居るように見える。


果歩 「・・・あの・・・どうして皆さんが・・・」


あちこちから男達の待ってましたぁの声が聞こえる。普段気持ちよく挨拶をしてくれる人達が、今は全員がイヤらしい笑みを浮かべながら果歩の方を見ている。


富田 「まぁまぁ・・・果歩、こっちに来いよ。」


そう言って富田は果歩の肩を抱き、自分の方に強引に抱き寄せた。


果歩 「え・・・!?」


そして突然富田は果歩の唇を奪う。


果歩 「ン・・・ンァ・・・ン・・・・ンン・・・」


大勢の人の前という事だからか、果歩は富田の胸に手を当てて突き返すように抵抗を見せたが、もちろん圧倒的な富田の力の前ではそんな抵抗は無力だった。

ネットリとした富田の長い舌が口内に侵入してくる。唇を奪われて数秒後には、2人は会員達の前で濃厚なディープキスを見せ付ける格好になっていた。

会員達の中からおぉー!という声が飛び交う。


山井 「皆さーん!まずはここのオーナー、富田さんによるデモンストレーションをお楽しみください。」


山井の声に会員達から拍手が起こる。

果歩は富田にキスをされながら、この部屋の中の異様な雰囲気を感じていた。


ジュルルル・・・チュパ・・・ハァ・・・ジュルルル・・・チュパ・・・


果歩の唾液を富田がイヤらしい音を立てて吸い始めると、会員達は拍手をやめて黙り込み、固唾を呑んで目の前で繰り広げられるデモンストレーションを眺めていた。


果歩 「ンフ・・・ンン・・・ハァ・・・ゥン・・・ン・・・」


果歩の頭の中は混乱していた。

・・・どうしてジムの会員さん達がここにいるの・・・?どうして会員さん達の前でこんな事・・・

しかしそんな事を考える思考能力さえも、富田の濃厚なキスは果歩の頭の中から吸い取っていく。

そして果歩の抵抗が徐々に収まっていった時、富田の手が果歩の衣服に掛かったのだ。

果歩はその瞬間、先程言われた『抱いてやる』という言葉を、富田が今ここで、会員達の目の前で実践しようとしている事を察した。


果歩 「ンーー・・・はァッ!ハァ・・・嫌っ・・・富田さんっ・・・!」


果歩が服を脱がそうとする富田の太い腕を掴んだ。

会員達の前という状況に、女としての本能、羞恥心が目覚めたのか、果歩は反射的に再び強く抵抗を見せる。

山井はそんな果歩を見てニヤっと笑みを浮かべて口を開いた。


山井 「これは見物ですよ皆さん!今は抵抗してる果歩ちゃんがこの後どう変わっていくか!この子スイッチ入ると凄いですから・・・へへ・・・」


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/11/28 ] TB(0) | CM(2)

美桜さん

ちょっと現実離れしてきれるかなぁ…(苦笑)

今は果歩にとってかなり辛いシーンが続いてますが、最後までお付き合いしてくれたら嬉しいです。
[ 2011/02/15 20:53 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/15 00:22 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/204-74b9ee6e