FC2ブログ














女子大生 水野果歩(185)




山井 「あ、富田さん!お久しぶりっス!どうしてたんですか?この1ヵ月間。」


果歩をジムの会員達に売り始めてから1ヵ月が過ぎていた。

富田はその間一度もトミタスポーツに出勤していなかった。果歩の頬を打った、あの日から。


富田 「おぉ・・・果歩は、来てるのか?」


山井 「えぇ、素直に言う事聞いてくれてますよ。お陰で商売繁盛ですよ。」


富田 「・・・・・・。」


山井 「あ、そういえば。あまりに予約の数が多いんで果歩ちゃんの相手1日30人にしたんですけど良かったですよね?あと生理の時は半額でフェラとゴックンさせときましたよ、これも結構好評だったんですよ。」


富田はそう笑顔で言う山井の話を黙って聞いた後、山井と共に果歩が客の相手をしているあの部屋に向かった。


山井 「へへ・・・正直この部屋最近臭くなってきたからあんまり来てなかったんスよね、俺。あ、でもちゃんとルールは守ってもらってると思いますよ。ゴムも着けてると思いますし。」


そう言いながら、山井はその部屋のドアを開けた。

防音設備が整ったその部屋の厚いドアを開けた瞬間、ムワっとくる異様な熱気と匂い感じ、そして同時に卑猥な音と果歩の喘ぎ声が耳に届いた。


ヌチャ・・ヌチャ・・・ヌチャ・・・


果歩 「アァ・・・ハァ・・・アッアッアッアッ・・・ン・・・」


部屋の中央に群がる裸の男達。

その中に果歩は埋もれているのだろう。

床に設置された特殊なマイクが果歩の声を拾って、スピーカーから大音量で流している。

男達が興奮するためだけの部屋、女が喰われるためだけの部屋。

恐らくここに居て、正常でいられる女性はいないだろう。



山井 「は~い皆さーんちょっとストップしてくださいねぇ!富田さん来たので!」


山井のその声を聞くと、男達は名残惜しそうに果歩身体から離れていった。

男達が離れてた事でようやく果歩の姿が見える。


山井 「あ~ぁ・・・あれホントに果歩ちゃん?へへ・・・ひでぇなこりゃ。」


そこには床に敷かれたマットの上で、まるでカエルの様に脚を開いた状態で仰向けに寝ているザーメン塗れの果歩の裸姿があった。


山井 「・・・うわ!精子臭いなぁ果歩ちゃんは。」


山井はそう言いながら、何か珍しい物を観察でもするかのように果歩の股の中心を覗き込んだ。


山井 「あららら・・・・マ○コのビラビラこんなに伸びちゃって・・・これ見られたら一発でヤリマンだってバレちゃうな。エロいマ○コになったなぁ果歩ちゃんも・・・ちょっと前まであんなに綺麗だったのに。」


果歩 「ハァ・・・・・ハァ・・・・」


山井の言葉に何も反応しない果歩。

果歩はただ呼吸をしながら、生気を感じないように見える瞳を天井の一点だけに向け続けている。


富田 「・・・・・・。」


そんな果歩の様子を富田は少しの間見つめた後、山井に向かって口を開いた。


富田 「山井・・・悪いが果歩は連れて行くぞ。」


山井 「・・・え?連れて行くって・・・どういう事ですか?」


富田 「今日で果歩の売りは終わりだ。会員達にもそう言っておけ。」


山井 「ちょ・・・ちょっと待ってくださいよ。マズイですよ富田さん、もう予約の分は前払いで金貰ってるんですから。」


山井は突然の富田の発言に、動揺した様子で慌ててそう言った。

そしてそれを聞いていた会員達の中からも声が上がる。


    「おいおい!いくら富田さんでもそれは受け入れられませんよ。こっちは高い金払って楽しみにしてたんですから!」

    「そうだよ、今更中止なんて許されないだろ!」


当然の如く富田の行動に文句を言い始める会員達。

しかし富田はそれを気にする事なく、グッタリとマットに倒れている果歩に近づき声を掛ける。


富田 「おい果歩、起きれるか?シャワー浴びて来い、帰るぞ。」


果歩 「・・・・・・・。」


富田の声を聞いて、果歩は無表情のままゆっくりと身体を起こし立ち上がると、傍にあったバスローブを羽織った。


山井 「富田さん・・・でもどうしたらいいんですか?このままじゃ治まり付かないですよぉ・・・。」


困りきった顔で富田に聞く山井。

一度発情したオス達を沈めるのは簡単な事ではない。


富田 「集めた金は全て会員達に返金しろ、少し色を付けてな。・・・後はお前に任せる。」


山井 「ん~それで片付きますかねぇ、でもどうしてそんな突然に・・・あっ!ちょっと待ってくださいよ富田さん!」


富田 「悪いな山井、お前にもこの分のお礼は出すからよ、頼んだぞ。」


富田はそう言って果歩を連れて部屋をそそくさと出て行ってしまった。


山井 「はぁ・・・そんなぁ・・・。」







富田 「入れよ。」


果歩 「・・・・・。」


果歩を自分のマンションへ連れて来た富田。

トミタスポーツからここまで、果歩は富田の指示に全て従うものの、何一つ言葉を発する事はなかった。

その表情はずっと変わらず無表情で、まるで人形のように感情を感じられない。


部屋に入った2人。富田はコンビニで買ってきたパンを果歩に差し出した。


富田 「少し痩せたか?・・・腹減ってるんじゃないか?これ食えよ。」


果歩 「・・・・・・。」


果歩はコンビニの袋を富田から受け取ったものの、それには全く手を付けようとはしなかった。

ただソファに座り、床の一点だけをボーっと見つめている。

富田は隣に座ってそんな果歩の事をジッと見つめた。


富田 「果歩・・・すまなかった・・・俺は・・・」


真剣な表情でそう言うと、富田は無表情の果歩を逞しい腕で抱き寄せた。

富田の腕の中に包まれる果歩の身体。


富田 「・・・お前は・・・俺のものだ・・・分かったな?・・・ずっと俺のものだ・・・」


富田はそう耳元で囁くと、果歩の顎を軽く持ち上げて唇を奪った。


果歩 「ン・・・ァ・・ン・・・・ン・・・」


相変わらず柔らかなその身体を、富田の大きな手が弄る。

キスをしながら、富田は知り尽くした果歩の性感を刺激していく。


果歩 「ハァ・・・ン・・・アッ・・・ハァ・・・ンァ・・・あぁ・・・」


富田 「はぁ・・・果歩・・・はぁ・・・」



富田はその夜、果歩を激しく抱いた。

そして果歩は性的快感に感じ、喘ぎ声を上げる。何度も富田のテクニックによって絶頂に導かれ、淫らに乱れ、女の姿を披露した。


只管(ひたすら)果歩を感じさせようと抱き続ける富田。

しかし果歩は快感に顔を歪める事はあっても、決して生きた瞳で富田の目を見つめる事はなかった。


富田は不器用な男だ。

SEX以外に女性との関係を築く方法を知らないのだ。

愛情表現の仕方を知らないのだ。

いや、富田は今自分の胸の中にある、このモヤモヤした気持ちが愛なのか何なのかさえ分からないでいる。

富田は本気で人を愛した事などなかった。

そのためにこの初めての感情に戸惑い、そして空回りしている。


どうしようもなく怖い・・・富田は今、孤独という恐怖に気が付いてしまったのだ。

母・智恵のように、果歩を失いたくない・・・。

しかしそんな富田に果歩はもう、堅く閉じた心を開く事はない。



富田 「はぁ・・・・はぁ・・・はぁ・・・果歩・・・」



疲れるSEX。

こんなに疲れるSEXは初めてだ。

まるで人形としているかのようなSEXに、果歩に何かを求め続ける富田の心が満たされる事はなかった。



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

[ 2013/11/29 ] TB(0) | CM(13)

アヤメさん

わぁ、コメントありがとうございます。嬉しいです。

コメントはたぶん僕の返信コメントぐらいしか読めないですよね?

なぜか皆さんコメントに鍵を付ける流れが発生しているようで(笑)
皆も付けてるし、私も一応鍵付けようかなみたいな感じでしょうか。

皆さん本当に良い人達ばかりで、批判とかは一切なく、応援やアドバイスや感想を頂いてます。だから鍵は付けなくても問題無い内容だとは思うんですが…。まぁ付けても全然良いんですけどね。


そうですねぇ、僕もアヤメさんと同じでただ浮気したとかSEXしたとかだけの官能小説ではあまり感じません。やっぱりギャップ・意外性とか登場人物の内面が分からないと感情移入できないというか、興奮しません。
官能小説は相性が大切ですね。

意外と官能小説を読んでる女性多いみたいですね。書いてる人も多いですし。


大人のエネルギー…セックスかぁ…今の時代、性愛生活に不満を抱いている女性が多いっていうのをよく聞くんですが実際どうなんですかねぇ?男が情けないって事かなぁ。

そもそも良好な性愛関係ってどういうモノなんだろう?

そんな事考えながら官能小説を書いてます。


はい、最後まで頑張ります!

気持ちのこもったコメント、ありがとうございます。凄く嬉しかったです。
[ 2011/02/25 23:01 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/25 10:44 ] [ 編集 ]

美桜さん

基本鍵コメですね、皆さん(笑)

なんかそういう流れなのかな…やっぱり官能小説のブログだからかもしれません。

それにしても、荒しや嫌がらせのコメントがまだ一件も無い事に驚いてます。
皆さん本当に真面目に感想を書いてくれます。

官能小説のブログの環境としては最高の状態です。このまま維持できるように頑張りたいと思います。


さて…2人はこの孤独の世界から出られるのか…友哉出てきましたからねぇ、どうなるかな?(笑)


これからもより濃厚な官能を感じさせられるように頑張りますね!

あ、官能は新作からかな…果歩はもうあんまり無いかも。
[ 2011/02/25 00:18 ] [ 編集 ]

まさるさん

コメントありがとうございます。

毎日チェックして頂いているという事で…ありがとうございます。嬉しいです。

批判ではないのですが色々なご意見を貰っていて、どのご意見もとても参考になるので作者としては嬉しい限りです。

そしてまさるさんの様に、小説を気に入って頂ける方がいるのも凄く嬉しいですしモチベーションも上がります。

その期待に応えられるように一生懸命頑張ります!
[ 2011/02/25 00:07 ] [ 編集 ]

旗さん

コメントありがとうございます。

こんなに長文での感想…凄く嬉しかったです。感激しました。本当に有り難うございます。
旗さんに頂いたような正直な感想には本当に感謝しています。それこそが僕が一番求めている物でもありますから。


旗さんのご指摘、頷きながら読んでいました。確かに…と、納得する事ばかりです。

旗さんが仰るとおり、1話ごとの話はある程度できていても、全体として読むとアンバランスというかストーリーの統一性に欠けるというか…ストーリーの構成、所々の表現、人物のセリフと、多くの箇所がまだまだ未熟な部分があり過ぎますね。

僕自身、これだけの長編小説というか、本格的に小説を書く事が初めてでして、かなり反省点の多い作品となってしまいました。

また旗さんのように、登場人物に全く感情移入できなくなったという意見もかなり頷けます。

例えば旗さんのご指摘にあった、果歩が大学の男友達と関係を持ってしまったシーン。

果歩はなぜそこまで弱いのか、一応その理由を物語の所々に忍ばせてはいるつもりなのですが、それが全く上手くいってない。僕の表現力不足で読者の方に伝わり難いものでした。

このストーリーはある程度あらすじを考えてから書き始めたのですが、予定外に長くなり過ぎてしまいました。展開はある程度予定通りですが、脱線している部分もかなりあります…それが細かい所で矛盾を感じさせてしまっている原因だと思います。それも反省点です。


この物語の構成、まとまり感の無さ、表現の未熟さ、これでは旗さんの様に違和感を感じてついていけなくなってしまう方が多くても仕方ないと思います。事実ここ最近はアクセス数が落ち込んでます。


とはいえ、反省点が多いなりにもここまで書いた達成感と充実感もあります。
ですから、僕なりに一生懸命頑張って完結に辿り着きたいと思います。

そして旗さんのような、こんな僕の小説でも真剣に読んで頂ける読者の方と出会える事ができた…というのも僕にとって凄く重要な事です。

読者の方からのご意見を聞きながら、少しずつでも成長して課題を克服できるよう努力したいと思います。
そして新たな作品で、その成果を出せればと思います。


本当に貴重なご意見ありがとうございました。旗さんがご指摘の部分をよく考えて、次の作品に生かしていきたいと思います。


水野果歩の物語は反省点が多いので、あとがきで説明文を入れようかと検討しています。

完結した後、また感想など頂けたら嬉しいです。


影ながら応援していますという言葉、凄く嬉しかったですし、支えになります。頑張ります!
[ 2011/02/24 23:59 ] [ 編集 ]

まりんさん

コメントありがとうございます。

泣かせてしまいましたかぁ、申し訳ないです(笑)

いえいえ、変じゃないですよ。ちょっと官能とは離れたストーリーになっていますしね。

でもそんな風にこの物語の事を思ってくれるなんて凄く嬉しいです。


完結は…どうなるかなぁあの2人…

完結まで頑張りますね!
[ 2011/02/24 22:59 ] [ 編集 ]

kasumiさん

果歩は簡単には治らない、深い傷を心に負ってしまいましたね。
そして果歩を求める今の富田さんの精神状態も普通ではない。

輪姦の1日30人は、僕も全くの妄想ですから分からないのですが、1人ずつきっちりSEXする感じではないので3時間程で可能といえば可能?いろいろ調べてそういう人数にしました。まぁちょっと表現を大きくしようとし過ぎたかもしれませんね…。
まぁ現実ではやってはいけない事ですね、もちろん。官能小説だからできるみたいな。


僕はSなのかなぁ(笑)

前々から果歩は堕ちる所まで堕とす、みたいな事を言ってはいたんですが、心まで破壊するのはやり過ぎでしたかねぇ…


ありがとうございます。それでも楽しんで頂けているなら作者としては嬉しいです☆

完結まで頑張ります!

[ 2011/02/24 22:53 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/24 11:10 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/24 10:00 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/24 02:51 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/24 02:47 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/24 00:50 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/02/23 23:00 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/213-5e90dd86