FC2ブログ














官能小説 人妻 吉井香苗(55)

逃れようとしても、中嶋の大きな手に腰を掴まれていて逃げられない。

ニュルっとスムーズに入ってしまった中嶋のペニス。
先程の絶頂からそれ程時間が経っていない香苗のヴァギナは、まだ充分に潤いを保っていたのだ。

後ろから中嶋に挿入された瞬間、香苗はお腹の奥から押し出されるように声を出した。

再度あの極太の剛棒によって広げられた香苗の膣。
しかしその圧迫感は先程までとは何かが違う。

入ってきた瞬間から、大きく膨らんだあの先端部分が、香苗の膣奥の特に感じるスポットに当たる感じがした。

どうやらソファの上で正常位で繋がった時には届きにくかった場所に、この後背位の体位だとそれがダイレクトに届いてしまうらしい。


香苗 「ぅ……ァァ……」


中嶋 「あ~入っちゃいましたよ奥さん。まだヌルヌルじゃないですか。」


香苗の真っ白な尻を両手で鷲掴みにしている中嶋は、その中心にある2人の結合部分を満足そうに眺めていた。

極太の肉棒を咥え込んだヴァギナ、それにアナルまでもが丸見えである。

中嶋はこの後背位という体位を特に好んでいた。

女性にとって一番恥ずかしい場所を、目とペニスで楽しむ事のできるこの体位は、中嶋の支配欲を満たしてくれる。
そして中嶋にとって、女をバックから貫いた時が、〝この女は俺のモノになった〟と確信する瞬間でもあるのだ。


香苗 「ン……ァハァ……イヤ……」


挿入しても依然抵抗し、中嶋から逃れようとする香苗。

しかしそんな事に構う事なく、中嶋は香苗の腰を手でガッチリと固定したまま、自身の腰を前後に動かし始める。

最初はゆっくりと、そして徐々にスピードを上げていく。


香苗 「ンハァ……あっあっあっああ駄目……アアッ!ンン…」


ヌッチャヌッチャと卑猥な音を立てながらのピストン。

中嶋が腰を前に突き出す度に、男根に膣奥の性感スポットをノックされる。

そしてそこを突かれる度に、小さな絶頂のような快感の波が、香苗の身体を電流のように突き抜けた。


中嶋 「奥さんいい声出しますね。バックで責められるの好きなんですか?」


香苗 「あっあっあっンンッハァ待って、イヤ…これ……ハァお願い……中嶋さん…アッアッ……!」


中嶋 「どうしたんですか?もっと激しくして欲しいんですか?いいですよ、ほら、沢山鳴いてください。」


香苗 「ンッンッ…えっ?ちが……あああっ!ダメェェッ!!アッアッアッアアア!!」


香苗の願いとは逆に、腰の動きを一気に激しくしていく中嶋。

パンパンパンパンッ!!と、肉と肉がぶつかる音と香苗の喘ぎ声が部屋に響く。

腰をぶつけられ、激しく波打つ香苗の白く柔らかな尻肉。

快感スポットを激しく、そして絶妙な力加減で突いてくる中嶋の責めは香苗にとってあまりにも強烈だった。


香苗 「あああ!……アッアッアッ…ダメダメ…あっあっあっ…イッ…イッちゃう!」


中嶋の腰がピストン運動を開始してからまだ数分しか経っていなかったが、香苗の身体は早くも絶頂を迎えようとしていた。


中嶋 「ハァ…ハァ…お?もうイくんですか?ハハッ、奥さんはここが相当に弱いんですね。いいですよイっても。ただ、今度は俺もイくまで止めませんからね、覚悟してくださいよ。」


中嶋はそう言うと、香苗の尻たぶを両手で左右にグッと広げ、肉棒をさらに深く挿入できるようにして激しく責め始める。


香苗 「はああそんな……ああ……奥まで……あッあッあッ……アアッ!イクッ…イクッ!アアアッ!!」」


後背位でのSEXにあられもない声を発し、あっけなく絶頂に達した香苗。

ビクビクビクと腰を中心に身体を痙攣させ絶頂に達した事を全身で表現する。


中嶋 「あ~締まるなぁ、マ○コが。」


先程ソファの上で絶頂に導いた時と同じように、香苗ヴァギナが中嶋のペニスを締め付けた。

しかし中嶋はそれでも腰の動きを止めない。

絶頂に達して膣全体が性感スポットになってしまったかのように敏感になった香苗の秘壺を、中嶋は容赦なく責め立てる。


香苗 「ああッああッ!あっあっあっダメェ!止めて!止めてお願い!アッンッ!アッアッアアアッ!」


快感が大きすぎて苦痛になってきているのか、香苗は責めを止めるよう中嶋に必死に哀願した。

それだけ身体が快感に耐えられなくなっているのだろう。

まるで身体がバラバラになっていくような感覚に襲われているのだ。


香苗 「ああ!…おかしくなっちゃう!おかしくなっちゃう!…アアッアアッ……」


中嶋 「ハァハァ、いいですねぇ奥さん、そのまま壊れちゃっていいですよ。」


香苗 「イヤァそんなのぉ…あああッ!ホントに壊れちゃう…アッアッアッアアアッ!!」


あまりに過酷な責めに、悲鳴にも似た喘ぎ声を出し始めた香苗。

しかしそんな悲惨な声を聞きいているにも関わらず、中嶋の口元は薄っすらと笑みを浮かべていた。

まるで壊れていく香苗の姿を楽しむように眺めながら。



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。


結局朝に…なっちゃった。
[ 2014/01/02 ] TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/299-b6a69148