FC2ブログ














官能小説 人妻 吉井香苗(56)

ハァァ……ハァァ……


男女2人の熱の篭った息遣い。


香苗 「んァ……ハァ……ハァ……」


バックからの激しい性交に、香苗はベッドのシーツを握り締めながら耐えていた。

もう何度絶頂を迎えただろうか。

絶頂を迎える度に、頭の中が真っ白になって全身に快感が広がる。

止め処なく襲い掛かってくるその快感は、脳が溶けてしまうのではないかと思うほど大きいものだった。

ジェットコースターのようにグルグルと目の前の世界が回る感覚。口の端から涎が垂れているのも気付かないくらいに狂ったように喘いだ。

しかし香苗が涙を流し、顔を真っ赤にしながら〝もうダメ!もうダメ!〟と叫んでも、中嶋は無情に腰を動かし続け、責めを止めなかった。

中嶋は香苗の身体に深く刻み込んでいたのだ。快感絶頂へ向かう事への悦びを。

最初はあまりの快感に恐怖感さえ覚えるかもしれないが、その内に脳みそから全身が溶けそうな感覚が気持ちよくて堪らなくなる。

一度その快楽を覚えた女は、一生その気持ち良さを忘れる事ができない。

中嶋のSEXを覚えた女は、まるで麻薬に依存していくように中嶋に依存していくのだ。

そしてそれはこの香苗でさえも。


中嶋 「ハァ…ハァ…イキまくりですねぇ奥さん。」


香苗 「ァハァ……ァァ……ハァァ……」


意識が朦朧としているのか、香苗は中嶋の言葉に反応する事ができない。

ハァハァと荒く呼吸をしながら、顔を紅潮させ、汗をビッショリと掻いた香苗の裸姿。

これはSEXの上手い男しか見れない女の姿だ。

恐らく香苗の夫・祐二は、香苗のこんな姿は見た事もないのだろう。

いつも清楚で、SEXの時も控えめに喘ぐ程度の香苗の姿しか知らない男。

結婚していながら、妻のそんな姿も引き出せない、見る事もできない男。

SEXにはセンスや才能が必要だ。下手な奴は一生下手。

情けない男だな……そんな風に香苗の夫を見下す事で、中嶋は男としてのある種の優越感に浸れるのだ。


中嶋 「ふぅ……」


一旦腰のピストン運動を止めた中嶋は、ゆっくりと腰を動かし香苗の中から極太のペニスを引く抜く。

ヌチャリ……という音。

中嶋の股間に生え渡るゴワゴワとした陰毛には、香苗の白濁した愛液がベットリと付着していた。


香苗 「ああ……ハァ……」


ペニスを抜かれた香苗のヴァギナは、大きく広げられていた口をゆっくりと閉じていきながらも、依然ヒクヒクと痙攣を続けている。

そんな香苗を今度は仰向けにし、股を広げさせた中嶋は、今度は太い指を2本そこに挿入した。


中嶋 「あ~膣(なか)熱いですねぇ。」


そう言いながら中嶋は2本の指を香苗の膣内、その腹側の肉壁を掻き出すようにして動かし始めた。

中嶋は香苗に潮を吹かせようとしているのだ。


グチャグチャグチャ……


香苗 「ん…ぁ……あっあっあっあっあああ!!」


再び甘い喘ぎ声を漏らし始める香苗。

中嶋の膣内での指の動きは決して痛みを伴うようなものではなかった。

香苗が特に感じるGスポットを的確な力加減で責めていく。


中嶋 「奥さん、力抜いててくださいよ。」


力を抜くも何も、散々絶頂に導かれたばかりの香苗は身体に力を入れる事はできない。

今の香苗は、中嶋の手によって与えられる快感から逃げる事もできす、それをただ受け止める事しかできないのだ。

中嶋はそんな香苗の膣内のGスポットを刺激しながら、他の指で同時にクリ○リスも刺激し始めた。


グチャクチャグチャクチャ……!!


香苗 「アッアッアッアアアッ!ハァァァ…アアアアッ!!!」


グチャグチャグチャグチャ!!!!


その責めが一際激しくなり、香苗の喘ぎ声もより切羽詰ったものになっていく。

そして次の瞬間、中嶋の手の動きに合わせるようにして香苗の性器から、おびただしい量の液体が噴出し始めた。


香苗 「あっあっぁああぁぁ…」


ビュッビュッビュビューーー……


香苗にとって人生初の潮吹きだった。


中嶋 「あ~ぁ、凄いですよ奥さんこれ。」


香苗 「あっあっあああ……アアアッダメ…アアアッ!」


粘性のある愛液や黄色い尿とも違う、透明のサラサラとした液体がシーツを濡らしていく。

香苗は性器から潮を噴き上げながら、背中を仰け反らせている。

再び絶頂が近づいているのだろう。


香苗 「あっあっアアアア……また……アアアイクッ!ンハアアア!!」


ガクガクと腰を振るわせる絶頂を迎える香苗。


その後、香苗は何度も何度も潮を吹かされ、昇天させられた。

自分の意思ではどうにもできない、潮吹きという身体の現象。

やっと中嶋の手が止まった頃には、ベッドの上のシーツは、まるでお漏らしをしてしまったかのように大きな染みを作っていた。


香苗 「ハァハァ……ハァ…ハァ…」


香苗はピクピクと痙攣が止まらない様子だったが、中嶋の責めはまだ終わらない。


中嶋 「沢山出ましたね、奥さん。気持ちよかったでしょ?……さぁ、もっともっと気持ち良くなりましょう。」


そう言って、グッタリと仰向けで寝ている香苗の脚を再び広げて、まだ勃起したままだった肉棒を挿入しようとする中嶋。


香苗 「ハァァ…待って……ハァ……死ん…じゃう……ああああ……」


そんな香苗の言葉も虚しく、中嶋の剛棒は容赦なく香苗の秘部に沈んでいった。



携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

更新時間不安定でごめんなさい。しばらくこんな感じが続くかも…
[ 2014/01/02 ] TB(0) | CM(2)

カレンさん

カレンさんお久しぶりです!コメントありがとうございます。

今連載している作品は結構悩んだり書き直したりしながら進めているので、そう言ってもらえると本当嬉しいです。

最近は更新時間がバラバラになってしまってますが、なんとか最後まで頑張りたいと思います。
[ 2011/07/16 22:21 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/07/15 22:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/300-907db752