FC2ブログ














家庭教師 小森千佳(22)

康介 「もしもし、ちゃんとアパート着いた?」


千佳 「え、あ、うん着いたよ、わざわざありがとう。」


康介からの電話は千佳が無事にアパートに帰れたかの確認であった。

いつもは千佳がアパートに着いたら康介にそれをメールで知らせていたのだが、今日は千佳がメールをし忘れていたので康介が電話をしてきたという訳だ。

しかし駅まで送ってもらい、それに加えこんな連絡のやり取りまでするなんてまるで恋人のようだ。

康介は他の女の子を送ったりする時も同じような事をするのだろうか。

そんな事を思いながら千佳は康介との会話を続けた。


康介 「あ、そういえばあのプレゼント、中見てくれた?」


千佳 「え……う、うん……見たよ……」



先程開けてみたプレゼントの事をさっそく聞かれ、千佳はどういう反応をすれば良いのか分からなかった。

いや、それ以前に、康介がどういうつもりでこのプレゼントを選んだのかが千佳には分からなかったのだから。

千佳は携帯を片手で持ちながら、少し顔を赤くして手元にあるワンピースと下着を見つめた。


康介 「で、どうだった?感想は。」


千佳 「え、感想?……えっと……可愛いくて素敵だとは思うけど……これって康介君が選んでくれたんだよね?」


康介 「そうだよ、千佳先生に似合うと思ってさ。着てみた?」


千佳 「まだ着てないけど……でもその……ワンピースだけじゃなくて、あの……下着まで……」


康介 「下着?あぁ、あれ良いでしょ、千佳先生の勝負下着にぜひと思って。」


千佳 「しょ、勝負下着って……あんなの……ちょっと恥ずかしいよぉ……」


康介 「え?千佳先生ああいうの持ってないの?ダメだなぁ、だから彼氏ができないんだよ。」


彼氏ができないという言葉が少し引っ掛かる。


千佳 「そ、そんなの関係ないでしょ?」


康介 「関係あるって、やっぱ女には色気がないと、可愛いだけじゃね。」


確かに康介の言う通りなのかもしれない。

正直、千佳には大人の女性の色気というものがよく理解できなかったのだ。

男性から見て、自分がどういう風に見られているかも分からない。

それはきっと千佳が恋愛に対しても、性的な事に対しても奥手であったからだろう。

しかし、そんな事を年下の高校生に言われてしまうなんて少し恥ずかしい気もする。


千佳 「そ、そうかなぁ……でも……ワンピースだって結構大胆だし……康介君、こういう服好きなの?」


康介 「好きだね、まぁ俺好みで選んだからね。」


千佳 「そうなんだ……」


康介 「ていうか1回くらい着てよ、折角買ったんだから。」


千佳 「え、うん……でもこんな大胆な服、私に似合うか分からないし……プレゼントしてくれたのは嬉しいけど……」


康介 「男とのデートとか、いざという時に着るんだよ、千佳先生が着ればギャップが出て良いセックスアピールになると思うけどなぁ。」


千佳 「……アピール……?」


性的なアピールをして男性を魅惑するなんて事は、今まで考えた事もなかった千佳。

でもこんな服を着て男性の前に行くなんて、想像するだけでも恥ずかしい。


康介 「あ、そうだ、来週俺の部屋に来る時、それ着て来てみてよ。」


千佳 「え、やだよぉ……そんなの恥ずかしいし……」


康介 「いいじゃん、俺誕生日だしさ、プレゼントの代わりに千佳先生がセクシーな服着てる姿、ちょっとだけ見せてよ。」


千佳 「え~……無理だよそれは……私こんなの着た事ないし……」


康介 「俺が似合うかどうか判定してあげるよ。千佳先生の大胆な姿を見て、男がちゃんと興奮できるかどうか。ちゃんとあの下着も付けて来てよ、下着も似合うかどうか確認してあげるからさ。」


千佳 「も、もうっ……やだよそんなエッチなの……」


いつも通りの、康介が下ネタを言って千佳が恥ずかしがるというパターン。

しかし、どうしてこうやって康介は卑猥な事ばかりを自分に要求してくるのかと、ふと思う千佳。

やはり、康介はそういう目でしか自分を見ていないのだろうか。


その後、しばらく他愛のない会話をした後、康介との電話を切った千佳は、しばらくベッドの上に座ったまま考えていた。

そして今日康介の部屋で聞いた話を思い出す。


〝まぁでも、彼女はいなくてもセフレは沢山いるけどね〟


正直、康介の口からその言葉を聞いた時は少しショックだった。

康介君ってそういう男の子なんだ……と。

所謂、遊び人というやつだろうか。特定の恋人は作らず、複数の女性と身体の関係を楽しんでいるという。

好きな彼女がいると言われなかっただけショックは小さかったが、それでもなんだが複雑な気持ちだった。


……もしかして、私に優しくしてくれるのも、そういう事が目的なだけなのかな……


ううん、そんな風に考えるのも実はおこがましい事なのかもしれない。


……私なんて康介君と特別な関係、ましてや恋人関係になるなんて事はあるわけないのに……。


無意識の内に、何かを期待してしまっていた自分が悲しい。


そして千佳の悩みは深まっていく。


自分の中に溜まっていく康介への想い。それをどう処理すれば良いのか、答えが見つからなかった。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。


[ 2013/12/11 ] TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/341-626b31a8