FC2ブログ














家庭教師 小森千佳(47)

この日のSEXはいつもにも増して密着度の高いものだった。


千佳 「ン……ハァ……ハァ……ンン……」


千佳は一秒でも長く康介と触れ合っていたいと、康介にずっと抱きついていた。

男らしい身体、硬い筋肉に綺麗肌。いつも以上に康介を求めてしまう。

康介もそれを分かっているのか、時間を掛けて長く愛撫をしてきた。

一糸纏わぬ裸になった千佳は、今日は康介の前で心も裸になる。


……私は康介君が好き……


自分の身体の色々な箇所にキスマークを付けてくれる康介が愛おしかった。

自ら息を荒くしてみると、康介への想いと同時に性的興奮度も段々と増してくる。

そしてここ数日間ずっと千佳を苦しめてきた、康介と他の女の子が抱き合っていた記憶が、少しずつ消えていく。


千佳 「ハァ……康介君……ハァ……ン……」


寝室に移ってから、今度は千佳が自分の方から積極的に康介に奉仕する。

今まで康介に教えてもらった康介が喜んでくれそうな事は何でもしたいと思った。

康介が自分にしてくれるみたいに、身体にキスマークを付けたり、乳首を舐めたり。

康介の身体ならどんな所だって汚いなんて感じない。

足の指も体毛も、お尻の肛門にも千佳は舌を伸ばした。

ピンク色の可愛らしい舌を尖らせて、肛門のシワに沿わせるようにして刺激する。

フェラチオは恥ずかしげもなく激しくした。頭を上下に動かしてジュパジュパと音を立てて。

これではまるで淫らな女みたい。そのくらいイヤらしく。

千佳は康介のペニスが好きだ。

この硬くて太いペニス、エラの張ったカリ部分に千佳は今まで何度快感絶頂に連れて行かれた事だろう。


康介 「ああ……千佳先生……凄いよ……」


康介が快感を感じている表情を見ると、千佳は純粋に嬉しい気持ちになった。


千佳 「ハァ……康介君……私……もう……」


そう言いながら潤んだ瞳で康介に欲しいと伝える千佳。


……康介君と繋がりたい……


……康介君とひとつになりたい……


千佳は仰向けになった康介の上に跨る。

すると康介は自分のペニスを千佳が挿入し易いように手で支えた。


康介 「千佳先生の中に入ってくところ俺に見せて……そう、広げて見せて。」


千佳 「……ウン……」


千佳は康介に言われた通り股を広げ、さらに2本の指で自分の割れ目を左右に開いて見せた。

濡れたピンク色のヴァギナはテカテカと光沢を放ち、ペニスを欲しがっているのか少しワナワナと蠢いているように見える。

そして千佳はそこを亀頭の先端に愛液を塗すようにヌチャっと触れさせた。


康介 「いいよ、そのまま挿れて」


康介のその言葉を合図に、千佳はゆっくりと腰を下ろしていく。


千佳 「……ン……ああ……」


……ああ……挿ってくる……康介君が私の中に入ってくる……


膣が大きく広げられていく感覚が、千佳の頭の中に悦びとなって伝わっていく。

今までのように康介に挿入されるのではなく、自分で膣の中にペニスを入れていくという行為は少し恥ずかしい。

でもそれでも良い。

今日は自分の身体で、自分の性器で康介を射精に導きたい。

そういう気持ちが千佳は強かったのだ。


千佳 「ん……ハァァ……」


……ハァ……やっぱり康介君のって大きい……


子宮の入り口まで目一杯使って康介のモノを根元まで咥え込んだ千佳のヴァギナ。

しかしそこで康介がある事に気付いた。


康介 「あ……ゴム……」


挿入した康介のペニスはコンドームを着けてなかった。

2人は今まで避妊はしっかりしていて、ゴムをつけずに繋がった事はない。


康介 「あ~やっぱ生は違うな。」


そう呟いた康介に千佳が反応する。


千佳 「……気持ち良いの?」


康介 「うん、ヌメヌメして温かくて、凄い千佳先生を感じるよ。……もう面倒くさいしさ、このままやっちゃう?」


少し笑みを浮かべなら康介はそう言った。


千佳 「ぇ……」


康介 「ダメ?」


千佳 「……康介君は……そのまましたいの?」


康介 「したい。ちゃんと外に出すからさ。」


千佳 「……いいよ……康介君なら……」


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ←携帯の方はこちらからお願いします
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

遅くなってすみません。ギリギリで更新☆
[ 2013/12/12 ] TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/369-f07e9374