FC2ブログ














人妻 吉井香苗(72)

裕二 「たった1週間だったのに、凄く久しぶりに帰ってきた感じがするなぁ。」


香苗 「うん、1週間って結構長いよね。」


裕二 「やっぱり香苗もそう感じてた?」


香苗 「……うん。」


裕二 「それにしても、マンションとはいえ、やっぱ我が家が一番だよなぁ。早く部屋でのんびりしたいよ。」


車を降りて、マンションのエレベーター内に2人はいた。

出張帰りで疲れが溜まっているはずなのに、裕二は随分と楽しそうに香苗に話し掛けてくる。

香苗もそれに笑顔を作って受け答えをしていた。

なるべくいつも通りにしないと。そう自分自身の胸に言い聞かせながら。


裕二 「香苗は1週間何してたんだ?実際、結構暇だっただろ?」


香苗 「う……うん……ずっと、部屋に居たよ。」


裕二 「引きこもってたのか、どうせなら友達なんかとどこかに出掛けてこればよかったのに。恭子さんとか誘ってさ。」


香苗 「……恭子さんは、ダメよ。裕二と同じで出張って言ってたでしょ?」


裕二 「え?あ~、そういえばそうだったな。」


そんな会話をしていた頃に、エレベーターは香苗達の部屋の階に到着する。

そしてドアが開いて、部屋に向かって裕二と香苗が並ぶようにして歩き出した時だった。

隣の部屋、恭子の部屋の前に男女の人影が見える。

それに気付き、香苗は思わず目を丸くしてその場に立ち止まった。


裕二 「あれ?恭子さんじゃないか。」


裕二がそう声を発すると、向こうの男女もこちらに気付く。


恭子 「あっ!裕二さんと香苗さん、今帰ってきたんですか?」


裕二 「あぁ、恭子さんも今出張から?おい香苗、どうしたんだよそんな所に立ち止まって、恭子さんだぞ。」


香苗 「う……うん……。」


香苗は俯き加減でそう答えると、重そうな足取りで恭子達の方へ歩み寄る裕二の後をついて行った。

香苗が不安そうにしている理由はもちろん、恭子と顔を合わせる事、そしてその恭子の隣に笑みを浮かべながら立っている男、中嶋の存在があるためだ。


恭子 「お疲れさまです。」


裕二 「行きも帰りも一緒なんて奇遇だね。あ……こちらは?もしかして恭子さんの?」


裕二が中嶋の存在に気付き、そう尋ねる。

もちろん、恭子の部屋の前で2人でいたのだから、その男と恭子がどういう関係なのか、すぐに予想がつく。

裕二と中嶋が対面するのは、これが初めてだ。


中嶋 「初めまして、中嶋といいます。」


裕二 「あ、どうも、吉井です。あの……先日はうちの香苗がお世話になったみたいで、本当は私もあの食事会には参加する予定だったんですが、仕事が入っちゃって、申し訳なかったです。」


中嶋 「いえいえ、奥さんからお話聞いてますよ。働き者の良い旦那さんだって。」


香苗 「……。」


香苗は裕二の後ろで、目線を決して中嶋の方へ向けないようにと努めながら、2人の会話を聞いていた。

中嶋は動揺や焦りを隠せないでいるそんな香苗を他所に、まるで何も無かったかのように裕二と話をしている。

香苗には中嶋のその堂々とした態度が信じられなかった。

どうしてそんなに落ち着いていられるのか。

どうしてそんなに楽しそうに裕二と話せるのか。

1時間、いや、ほんの数十分前、中嶋と香苗はSEXをしていたというのに。


中嶋 「いやぁ本当に俺の方こそ、吉井さんの奥さんにはお世話になりっぱなしで。」


裕二 「え?お世話になりっぱなし?」


中嶋のその言葉に香苗は焦り、咄嗟に中嶋の顔を確認するようにして見てしまう。

そしてその焦りから胸の鼓動は早くなる。

この男は、いったい裕二に何を言うつもりなのだろうと。


中嶋 「えぇ、実は恭子が居ない間、俺ここの部屋に泊まってたんですよ。まぁそれは珍しい事ではないんですけど、いつも通りコンビニで弁当買ってたら、それを奥さんに見られてしまいましてね。コンビニばかりでは栄養も偏るでしょうって、わざわざ俺に晩御飯を作って持ってきてくれたんですよ。」


裕二 「え……そうだったのか?香苗?」


香苗 「う、うん……。」


そんな事は電話でも一言も香苗は言っていなかっただけに、裕二は少々驚いたような顔をしていた。


中嶋 「いやぁ、美味しかったなぁあのカレー。今まで食べたカレーの中で一番でしたよ。こんな料理上手の奥さんがいて羨ましいです。恭子は全然、料理はできませんから。」


恭子 「もう、一言多いわよ。でも、私も香苗さんが作った料理大好きです。ホント、どうやったらあんなに上手に作れるのかしら、やっぱりセンスかな。」


裕二 「まぁ妻は料理が唯一の趣味みたいなものですし、人に食べてもらうのが好きですから。そうだよな?」


香苗 「……うん。」


中嶋 「人に食べてもらうのが好きなんですか。へへ、そうですか。それならまた食べてみたいなぁ、奥さんの手料理。俺はそんなに食に拘る方ではないのですが、あの味は忘れられくて、本当に美味しかった。」


そう言って意味深にニヤニヤと笑う中嶋。

もちろん、裕二はその意味を全く分かっていない。



恭子 「ところで裕二さんは、明日はお休みですか?」


裕二 「そうだよ。明日から2連休さ。」


恭子 「え?偶然!私も明日から連休とってるんですよ。」


また話題が切り替わって話は続く。

正直、香苗は早く裕二と自分達の部屋に帰りたかった。

中嶋がいつ何を言い出すのか怖かったし、これ以上、この苦しい時間が続くのは耐えられない。



裕二 「折角だから温泉旅行にでも行こうかと思ってるんだけどね。」


中嶋 「へぇ、温泉旅行ですかぁ、それは良いですねぇ。」


裕二 「お2人は?恭子さんも連休なんて久しぶりでしょう?」


恭子 「私達は特に……部屋でのんびりしようかなぁって。ね?」


中嶋 「あぁ、そうだな。俺達結構インドア派なんですよ。部屋でダラダラするのが好きなんです。」


裕二 「そうなんですかぁ、まぁそれも良いですよね。」


香苗 「……。」


休日を部屋で過ごすという中嶋と恭子の会話を聞いて、香苗は思わず想像してしまう。2人がベッドで身体を重ねている光景を。

ついさっきまで自分と寝ていたこの男は、きっと何の抵抗感も無く、当たり前のように恭子と繋がるのだろう。

それからしばらく立ち話を続けた後、4人はそれぞれの部屋に戻った。

中嶋は別れ際に「では良い休日を。」と香苗の顔にじっと視線を送りながら言ってきた。

その時、一瞬だけ中嶋と目を合わせてしまった香苗は、顔を赤くしながら慌てて顔を背ける仕草を見せた。

そんな香苗の様子を見て、中嶋はまた笑みを浮かべるのであった。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

ストーリーがブレてしまってすみません。2回目の修正をしました。



[ 2014/01/02 ] TB(0) | CM(4)

ゆりさん

ゆりさんこんにちは。コメントありがとございます。

千佳の話を終えて、香苗は再スタートですが、今凄く新鮮な気持ちでいます。

香苗の物語、ご期待になるべく応えられるように頑張りますね。


身体は丈夫な方なのですが、最近一段と冷えたからなのか、お正月に怠け過ぎたのか、実は少し前まで体調を崩してました。もう治りましたけど、ゆりさんもどうかお気をつけてください。インフルエンザは要注意ですね。


※前回のコメントにも返信しましたので、最新コメントからまたチェックして頂けたら嬉しいです。
[ 2012/01/24 10:14 ] [ 編集 ]

あーちさん

あーちさんこんにちは。

コメントありがとうございます。


沢山の方からコメントやアドバイスを頂いて、僕としては本当にありがたり限りです。

裕二と恭子ですかぁ……どうかなぁ、どうなるのかなぁ(笑)

更新頑張りますね☆
[ 2012/01/24 10:08 ] [ 編集 ]

いよいよこちらも再スタートですね。
どんなふうに展開するんでしょうか(*^_^*)
ワクワクします。
わたしも恭子さんも怪しいと思ってます?

メンメンさん、頑張ってくださいね。
寒いので風邪やインフルエンザには気をつけてくださいね(*^^*)
[ 2012/01/24 06:55 ] [ 編集 ]

がんばってください!

いろんな意見を書いて頂けるブログで 良かったですね★

メンメンさんの人柄ゆえ、皆さん思ったまま、コメントされて スゴいなって思います(^-^)

私、意外と 祐二と恭子の2人もあやしいと思ってます(笑)
[ 2012/01/23 23:52 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/401-636abb51