FC2ブログ














人妻 吉井香苗(73)

裕二 「あー疲れたぁ!」


スーツを脱いで着替えを終えた裕二が、そう声を出してソファに寝転がる。

数日前、そのソファの上で香苗と中嶋は始めてSEXをした。

そんな事を少しも知らない、夢にも思っていない裕二。

久しぶりに我が家に帰ってきた安心感、温かさを感じながら、裕二はそのソファの上で寛いでいる。

香苗はそんな裕二を、なんとも言えない表情で見つめていた。


香苗 「……。」


裕二 「ん?どうした?」


香苗 「ううん……お茶でも入れようか?」


裕二 「あぁ、うん。」


寝室にも、このリビングにも、証拠は一切残っていないはず。

使ったコンドームも、汚れたティッシュも、全てビニール袋に入れて捨てた。

ベッドのシーツや枕カバー布団カバーも別の物に変えて、消臭スプレーも散々撒いたから、中嶋の臭いは完全と言っていい程無くなっている。

だが、それでも香苗は怖かった。

裕二が何か気付いてしまうのではないかと、何度も裕二の顔色を窺ってしまう。


裕二 「中嶋さんってさ、結構良い人そうだな。」


香苗 「ぇ?……う、うん……。」


裕二 「最初専業トレーダーをやってるって聞いた時はどんな人だろうと思ったけど、礼儀正しいし、爽やかだし、恭子さんともお似合いだな。」


香苗 「……。」


しかし結局この日、裕二がその何かに気付くことはなかった。

ソファでも浴室でも、そして夜ベッドの中に入った時にも、何一つ疑いはしなかった。

愛する妻はこの部屋で1人、ずっと自分の事を待っていてくれたのだと、当然のように思っている。

出張中は慣れないホテルのベッドで1人で寝ていた裕二。

こうやって香苗と一緒に寝るのとでは全く違う。

香苗の体温や匂いを感じながらでないと、裕二は熟睡できない。それは今回の出張で裕二が気付いた事の1つだ。

結婚してから数年、もう慣れてしまってそれが当たり前のようになっていたけれど、今こうやって香苗が横にいてくれる、それがどんなにありがたい事なのか、裕二は沁々と感じていた。


裕二 「……香苗……」


そう小さな声で呟くと、裕二は布団の中で香苗の手をそっと握った。




その頃、隣の部屋では……。


恭子 「ねぇ英治、もしかしてあなた……香苗さんを……」


中嶋 「ん?……ハハッ、まぁあれだ、あの奥さんも真面目そうに見えて、あっちの方は相当溜まってたみたいだな。俺がちょっと刺激しただけで簡単に崩れたぞ。」


恭子 「はぁ……やっぱり、そうだったのね……。」


先程の香苗と裕二の前での言動、そして中嶋の態度や表情、香苗を見る目、それらを見ていて、恭子にはこの1週間の内に中嶋と香苗の間に何があったのか、大体の予想が付いていたようだ。


中嶋 「なーに浮かない顔してるんだよ。」


そう言って、着替えていた恭子の背中に歩み寄り、肩を抱く中嶋。


恭子 「……香苗さんは私の友達なのよ。それに裕二さんがいるのに。」


中嶋 「その旦那に不満があるから、あの奥さんも色々と溜め込んでたんだろ?俺が手を出さなくても、いつかちょっとした切っ掛けで浮気してたって。しかもあれはその自覚が全く無かったタイプだから余計にな。」


恭子 「そんな……私が言いたいのは……」


中嶋 「心配するなって、ただの遊びだよ。俺が一番大切に想っているのは恭子だけだっていつも言ってるだろ?」


恭子 「……英治……」


中嶋 「あっちに関しては開放的でも良いって、恭子言ってくれたよな?」


恭子 「……でも……だからって香苗さんとまで……」


中嶋 「遊びだって言ってるだろ?本気なんかじゃない。」


それを聞いて、恭子は少し考えたようにした後、小さくため息をついた。


恭子 「香苗さんは……嫌がってないの?」


中嶋 「お前や旦那にバレるのは嫌がっていたけどな。フッ、身体が言う事聞かないらしい。俺と恭子の関係を知っていて我慢できないんだからな、女の友情なんてそんなもんだろ。お前もあの人妻にあんまり幻想を抱かない方がいいぞ。」


恭子 「……。」


中嶋の言葉を聞いて、悲しそうに俯く恭子。


中嶋 「恭子が毎日俺の相手してくるなら、俺もそんな事しなくて済むんだけどな。恭子、仕事忙しくて無理だろ?」


恭子 「英治は……最低よ。」


中嶋 「……そうだよ、俺は最低の男だ。だけど、それでもお前にはそんな俺が必要なんだろ?」


恭子 「……うん……私、英治がいないと死んじゃう。」


そう言って、恭子はゆっくりと中嶋の胸の中に顔を埋める。

そしてそんな恭子の身体を、中嶋は長い腕でそっと抱き締めた。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

すみません、二度目の修正を行いました。

[ 2014/01/02 ] TB(0) | CM(11)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/02/09 18:58 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/02/07 14:05 ] [ 編集 ]

No title

メンメンさんはけっこういろんな人のコメントに返信したりして、大変な思いをなされて辛くなったのでしょうか。メンメンさんにはメンメンさんの良さがあるのですから、あまりいろいろな意見に振り回されずに、マイペースでブログを更新していかれたらどうかと思います。
ブログを読んでコメントを書くのは簡単なことだけど、いろいろな人のことを考えてブログを更新することは本当に大変なことだと思います。
ご自愛ください。
[ 2012/02/07 08:18 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/02/06 17:55 ] [ 編集 ]

ご無沙汰してます。
いつも見てますよ。
この先が楽しみです。
簡単にはバレないで話が進むといいな。
[ 2012/01/30 19:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/01/28 03:58 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/01/27 23:06 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/01/26 20:45 ] [ 編集 ]

かっちいさん

これは恥ずかしい間違え(汗)

訂正しました。ご指摘ありがとうございました。
[ 2012/01/25 06:37 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/01/25 00:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/01/24 22:10 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/404-00eb0abb