FC2ブログ














人妻 吉井香苗(88)

夜、夫の祐二から連絡があった。

今日は定時で仕事をあがれたのだが、急遽同僚と飲み会をする事になった。だから今日の晩御飯はいらないと。

香苗はそれを聞いて胸を撫で下ろした。

なぜなら夜になっても料理は一切作っていなかったからだ。掃除や洗濯などの他の家事も一切手付かずの状態。

それどころか祐二からの電話に出た時も、香苗はベッドの上で裸だったのだ。


それから夜11頃に、酔っ払って真っ赤な顔をした祐二が帰ってきた。

さすがにその時には服を着ていた香苗だが、実は服を着始めたのは祐二がマンションのインターホンを押してからだ。

祐二が帰ってくる寸前までずっと「中嶋さん……」と呟きながら妄想に耽って携帯画面を見つめていた。


香苗 「大丈夫?」


祐二 「大丈夫大丈夫!ちょっと飲みすぎただけぇ!」


玄関で足をフラつかせながら大きな声でそう言うと、祐二は香苗に抱きついて凭れ掛かってきた。


香苗 「もう……大丈夫じゃないじゃない……」


祐二 「う゛ー……気持ち悪い……」


香苗は祐二の身体を支えながら、寝室に連れて行く。


香苗 「重たいなぁもう……」


祐二 「香苗ぇ?なんか今日機嫌悪いのかぁ?」


香苗の肩に助けられながら歩く祐二が、酔っ払い声でそう聞いてきた。


香苗 「そ、そんな事ないけど……ちゃんと歩いてよ。」


祐二 「だって香苗いつも優しくしてくれるのにさぁ。」


香苗 「いつもといっしょだよ、ほら、ベッドまで頑張って。」


寝室まで連れて行くと、祐二はそのまま眠りに入ってしまった。

香苗はイビキを掻いて寝る夫の顔を見て、大きくため息をついた。


もうすぐ日付が変わる。

結局中嶋から連絡はなかった。


香苗 「はぁ……もう12時かぁ……」


そう呟いて、何気なく鏡で自分の顔をみると、少し目が腫れている。

どれだけ泣いていたんだろう。

正直、祐二が酔っ払って帰ってきてくれてよかったと、香苗は思っていた。

今日は祐二の前で妻でいる事は難しかった。祐二に機嫌が悪そうだと思われたのも、それが原因なのかもしれない。

きっと10分も普通ではいられないだろう。

今日はソファで寝た方が良いのかもしれない。

祐二の横で大人しく寝れる気がしないから。

ソファで1人なら……中嶋の事を考える事ができる。中嶋に抱かれる所を妄想する事ができる。

この欲求不満な身体。せめて中嶋の名前を小さく呟きながら妄想でもしてないと、落ち着かない。


香苗 「ハァァ……中嶋さん……」


鏡を見ながら自分の指を舐め咥える香苗。

キスがしたい。今キスしてくれたら、それだけ絶頂に達する事ができるのに。

しかしその願いが叶わないと分かっているから、悲しくなる。

そんな事を思いながら、また薄っすらと涙を浮かべながら何気なくテーブルの上に置いてある携帯をもう一度開く香苗。

するとその瞬間。


♪~~♪~~♪~~


丁度香苗が携帯を持ったタイミングで着信音が鳴りだした。

そして香苗はその画面を見て目を丸くする。

中嶋からメールが届いたのだ。

心臓が止まるのではないかと思うくらいの驚きと、動揺。

高鳴る胸の鼓動。

すぐにメールを開く。


『まだ起きてますか?』


たったそれだけのメッセージだった。

それを10秒程で何度も読み返した後、震えた手で返事を書く香苗。


『はい』


送信する。

すると1分も経たずにまたメールが返ってくる。


『旦那さんは?』


『もう寝ました。』 


とても速いメールのやり取り。

胸に手を当てながら、苦しそうになんとか呼吸をしている香苗の頭は、軽いパニック状態だと言っても良かった。

しかし頭で考えなくても、メールを打つ手は勝ってに動く。

そして身体は中心から沸々と沸騰するように熱くなっていく。


『奥さんももう眠たい?』


『いえ、大丈夫です。眠たくないです。』


そんな状況確認のようなメールを何度かする。

そして中嶋から送られてきた次のメールで、香苗の理性の糸はプツンッと切れる。


『俺、今奥さん達の部屋の前に居ます。玄関のドアの前に。』

携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

[ 2014/01/02 ] TB(0) | CM(2)

名無しさん

ペース遅くてすみません。
できる限り頑張ります。
[ 2012/04/09 23:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/04/07 06:51 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/425-f9e3bd9a