FC2ブログ














人妻 吉井香苗(95)

充分過ぎる程濡れ解れているヴァギナは大きく口を広げ、中嶋の巨根をニュルっと呑み込んだ。


香苗 「アァン……ハァァ……」


胸の奥から熱の篭った吐息を、甘い声と共に漏らす香苗。

久しぶりに味わう、この圧迫感。

お腹の中が中嶋のモノでいっぱいになるこの感覚。

太くて固くて、男らしい。


……ああ……やっぱり凄いよぉ……


中嶋に挿入される事の悦びを心から噛み締める。


中嶋 「奥さんの膣(なか)凄い事になってますねぇ、熱くてトロトロ、やっぱりエロマ○コだ」


香苗 「ハァ……ン……」


中嶋 「もっと奥まで入れますよ。子宮の入り口まで。」


香苗 「ハァ……ハイ……」


中嶋は、香苗の尻たぶをグッと掴み両サイドに広げると、腰をさらに前に突き出す。


香苗 「ァ……ンァアアア……ハァァ……」


力強い男根に串刺しにされ、背中を弓のように反らせる香苗。

自分の指や夫祐二のモノでは決して届かない、最奥のスポットに亀頭部分が到達した。

亀頭が子宮口に当たった瞬間は鈍い痛みが走ったのだが、すぐにそれは無くなり、後からジンワリと熱い快感が染み出るように広がってきた。

膣壁への刺激だけでは感じられない種類の快感だ。


香苗 「ハァァ……フゥゥ……ハァァ……」


あまりの圧迫感に、まるで出産をする時の妊婦のように自然と呼吸が深くなってしまう。

まだ性運動していないというのに、なんだか奥に挿入されたままジッとしているだけでも達してしまいそうだった。


中嶋 「はぁぁ、相変わらず良いマンコだなぁ。」


尻肉を広げたことでよく見えるようになった香苗の肛門と、自分のペニスを根元まで咥え込んだヴァギナを眺めながら、中嶋はそう呟いた。

セピア色の肛門を可愛げにヒクヒクさせながらペニスを締め付けてくるのを見て、思わず頬が緩む。

すると中嶋は腰をピッタリと密着させたまま、人差し指を1本伸ばし、香苗のアナルを弄り始めた。

肛門のシワの感触を1本1本楽しむように、円を描くように指の腹を押し付ける。


香苗 「ハァァ……ァァ……ダメ……そんな所……」


中嶋 「ダメじゃないでしょ?ここも俺のモノなんですから。奥さんの身体は全部俺のモノです。俺のモノで俺が何をしようと俺の勝手でしょ?」


香苗 「ハァ……中嶋さんのモノ……ハァ……」


中嶋 「そうです。でも大丈夫ですよ、俺は女性が痛がるような事をする趣味はありませんから。ここもちゃんと気持ちよく開発してあげますよ。」


中嶋はそう言って、指先を肛門の中心に当てると、少し力をいれて指を挿入した。

ヴァギナから垂れた愛液が潤滑油の役割を果していたため、香苗の肛門は意外にも簡単に開いてしまった。


香苗 「ァァ……」


中嶋 「どうですか?ケツの穴に指を入れられてる気分は。気持ち良いですか?」


香苗 「ハァァ……恥ずかしい……ハァ……」


中嶋 「フッ、恥ずかしいですか……良いですね、もっともっと恥ずかしい女にしてあげますよ。ケツの穴でもSEXしてイけるような恥ずかしい女に。」


恥ずかしい女。

そう、香苗は不貞な事をやめられない恥ずかしい女だ。

でもそれでも良い。


……中嶋さんの言うとおり、もっともっと恥ずかしい女になりたい……


……もっともっと私の恥ずかしい姿を中嶋さんに見てもらいたい……


もはや羞恥心は香苗にとって、快楽の旨みをより引き出すスパイスでしかない。


中嶋 「ここは今度じっくり時間をかけて拡張してあげますからね。」


中嶋はそう言って香苗のアナルから指を引き抜く。

そしてその指を香苗の口元に持っていく。


中嶋 「舐めて綺麗にしてください。」


香苗 「ハァ……ン……」


香苗は自分の尻穴に入っていた中嶋の指を何の躊躇もなく、いや、寧ろ美味しそうにしゃぶり始めた。

指先だけではなく、指の根元まで丹念に口の中で舐め上げる。

放っておけばいつまでも続けそうな香苗の指フェラ。

中嶋は香苗の口から指を引き抜きそれを止めさせると、再び香苗の腰を両手で掴んだ。

いよいよ始まる。

香苗は腰を掴まれた瞬間にそう予感した。


中嶋 「じゃあ奥さん、声我慢しててくださいよ、あんまり大声出して旦那さんが起きてきたら大変ですからね。」


香苗 「ハァ……ハイ……」


とは言っても、声を出さずにいられる自信は香苗にはなかった。

挿入されただけでこの快感、動かされたら自分がどうなってしまうかなんて想像できない。

だが、だからと言って止めてもらいたくもない。

これから走り出す快楽のジェットコースター。

危険と隣合わせのその乗り物に、安全ベルトもせずに乗り込むようなものだった。


中嶋 「いきますよ……」


中嶋が大きくゆっくりと腰を引く。

それと同時に、ペニスのエラの部分が香苗の膣壁を擦り上げた。


香苗 「ン……ァハァアアア……」


最初の一擦りで喘ぎ声を漏らしてしまう香苗。

咄嗟に手で口を押さえる。


……ダメ……絶対声出ちゃう……


……お願い……起きてこないで……


香苗がそう祈るなか、中嶋の容赦の無い責めが始まった。

もちろんこのジェットコースターは、走り始めたら止まらない。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

コメントありがとうございます☆

[ 2014/01/02 ] TB(0) | CM(5)

名無しさん

これは何て返事したら良いんでしょうか……(笑)

[ 2012/05/09 23:41 ] [ 編集 ]

No title

セックスしたいよ~♪
[ 2012/05/08 23:02 ] [ 編集 ]

旦那さんがいつ起きてくるのだろ

とドキドキです
[ 2012/04/27 23:38 ] [ 編集 ]

No title

指フェラのとこも、はずかしがって欲しかったです。でも、いい感じに堕ちてますね!!中嶋さんの彼女との関係も気になります。
[ 2012/04/21 13:02 ] [ 編集 ]

どーなっていくのだろう

アナルまで…
どこまでも堕ちていく

早く続きがよみたいですぅ(笑)
[ 2012/04/20 23:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/433-3f53166d