FC2ブログ














人妻 吉井香苗(97)

立ちバックの体位で繋がっていた香苗が、身体をビクンビクンと痙攣させながら腰から床に崩れ落ちる。

香苗にとって数日ぶりの快感絶頂は、溜め込んでいたものが大きかった分、その快感も凄まじいものだった。

今まで経験してきたエクスタシーよりも達した瞬間の快感が大きいのに合わせて、絶頂後の余韻も長く続き、頭の中が真っ白になったままなかなか元に戻らない。

そして下半身は腰が抜けたように自分の意思とは関係なく脱力してしまい、その場に立っていられなかった。


香苗 「ハァ……ああ……ん……ハァ……ハァ……んん……ああ……」


腰を落とした時に中嶋のペニスは香苗のヴァギナから抜けた。それにも関わらず、痙攣と同時に口から小さな喘ぎ声が漏れてしまう。それ程に余韻の波が大きいのだ。


中嶋 「まだですよ奥さん、ほら。」


そう言って意識を朦朧とさせている香苗を床に寝かせる中嶋。

そして中嶋は香苗の脚を掴み大胆に股を開かせると、まだ射精の予感すら感じていないカチコチに勃起した自身の男根を香苗のアソコに挿入しようとする。

絶頂の余韻でまだヒクヒクと震えているヴァギナ。


香苗 「ハァ……ァァ……ダメ……まだ……ァァ……」


恐らくその膣内やクリ○リスは絶頂の影響でさらに敏感になっているのだろう。

しかし中嶋はそこに何の躊躇もなく巨根を押し込む。

そして濃厚な愛液を吐き出し、トロトロに濡れている香苗のヴァギナはそれを簡単に呑み込んでしまう。


香苗 「んんん……ハァァアア!」


一気に奥まで挿入されると、香苗は背中を仰け反らせ甘い声を上げた。

敏感になりすぎていたために少し怖くなっていた挿入も、入れられてしまえばその感情は一瞬の内に消える。

再び中嶋のペニスが入ってきた瞬間に全身がそれを歓迎し、喜びだす。


香苗 「ァァ……ハァン……ン……」


中嶋 「奥さん、俺の首に腕を掛けてください。」


香苗の脚を抱え込んだ中嶋がそう指示を出した。

香苗は思考力が低下している頭でそれをなんとか理解すると、中嶋に言われたとおり中嶋の首に腕を回した。


中嶋 「ちょっと移動しますからね、しっかり掴まっていてくださいよ。」


香苗 「ハァハァ……ぇ?……アアッ!」


性器が繋がった状態で、香苗の身体を抱えて立ち上がる中嶋。

すると結合部分から下に重力がかかり、肉棒の挿入はより一層深いものになる。


香苗 「ハァアア……あ゛あ゛……」


亀頭に子宮を持ち上げられ、何ともいえない声を腹の奥から漏らす香苗。

しかしそこまで深く入れられても不思議と痛みはなく、感じるのは新たな快感だけだった。


中嶋 「奥に当たってますねこれ、痛くないですか?」


その問いに香苗は首を横に振った。

それを見て中嶋はその場で少し腰を前後に振ってみせる。


香苗 「ハァ……アッアッアッ!」


中嶋 「フッ、奥さんはこの体位も好きみたいですね。ほら、落ちないようにもっときつく俺に抱きついて……そうです。」


裸のまま子供のように抱き上げられている事に恥ずかしさを感じながら、香苗は中嶋の身体にきつく抱きついた。

密着した身体から感じる、中嶋の厚い胸板、脂肪の少ない引き締まった筋肉。

どちらかといえばスリムな体形をしている香苗だが、それでも大人の女性だ。それなりの体重もある。

それなのに中嶋はそんな香苗を軽々しく持ち上げてしまっている。

香苗は中嶋にしがみ付きながら、その膣奥まで入った極太のペニスと筋肉質な肉体から、男としての逞しさを再度感じざるを得なかった。

そしてその逞しさに、女心が揺れる。


香苗 「ハァ……ハァ……中嶋さん……」


身体を密着させているから、向き合った香苗と中嶋の顔は近い。

中嶋の目を蕩けるような瞳で見つめていた香苗は、自分の方から自然と唇を近づけていく。

そして所謂駅弁という体位で、そのまま濃厚なディープキスが始まった。


香苗 「ン……ン……チュパ……チュパ……ンハァ……」


中嶋の両手は香苗の身体を支えているため、香苗主導のキスになる。

香苗は自分から中嶋の口内に舌を侵入させ、中嶋の歯の感触や舌の感触を味わう。

まるで香苗の方が中嶋を喰っている、そんなキスだった。

しかも香苗は異常なまでにそれに夢中になっているように見える。

まるで空腹だった動物が久しぶりの食料にありつけた時のよう。

一心不乱に中嶋を味わっていた。

中嶋はそんな積極的な香苗に応戦するように、再び腰を前後に振り始める。


香苗 「ンッンッンッンッ……!」


腰が空中に浮いているため、その前後運動に合わせるようにして、香苗の腰も振り子のように前後に揺れる。

自身の体重も加わったそのピストン運動は、子宮まで刺激が届く深い快感を生み出す。

中嶋に指摘されたとおり、この体位は香苗のツボに嵌っているようだった。

グングンと奥を突かれると、ヴァギナからはドクドクと愛液が溢れだしてくる。

しかもその色は白濁している。まるで男の精液のような愛液。

そしてグッチャグッチャグッチャと粘着質な音を立てながら、その愛液が泡立っていく。


香苗 「ハァアア……ハァン!ハァンァアアッ!」


あまりの気持ち良さに声を出さずにはいられなかった香苗は、唇を離した瞬間に大きく喘ぎ出した。

そして離した口の端からは中嶋と自分の唾液が混ざったものを垂れ流している。

この時すでに、香苗の頭の中から夫・祐二の存在は消え去ってしまっていた。

今は寝室に聞えないように声を抑えようなどとは微塵も思っていない。

気持ち良さを得る事と、夫との生活を守る事、その価値感の優先順位がコロッと変わってしまった。

声を出している方が気持ちイイ。だから声を我慢する事はない。たとえそれで取り返しのつかない事になっても。

する前から分かっていた事だが、やはり中嶋とのSEXは、超絶な快楽を得る代わりに全てをメチャクチャに破壊してしまうのだ。

思い出や感情、香苗の人格や精神さえも破壊していく強烈なSEX。

だが、もはやその破壊行為自体が香苗にとっては快感になってしまっていた。

この全てが雪崩のように崩れて堕ちていく感覚。それが気持ち良くて堪らなかった。

携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

[ 2014/01/02 ] TB(0) | CM(2)

ろっきーさん

コメントありがとうございます。

昼間更新する事は少ないですねぇ、大体夜になると思います。

たまに朝になる事もあるんですが、すみませんバラバラで……。


はい、期待に答えられるように頑張ります!
[ 2012/05/02 23:02 ] [ 編集 ]

更新ありがとうございます♪

続きが待ちきれなくて、日中に何度も覗きにきてしまいました(笑)

人妻が調教されていく様子
今後も楽しみにしてますぅ~♪

[ 2012/04/30 23:18 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/436-2e71f720