FC2ブログ














女子大生 成宮恵理(5)

『ハァ……ハァ……』


その熱の篭った息遣いに、いつも身体が反応してしまう。

さっきまで楽しそうな笑い声がしていて、急に静かになったと思ったら、しばらくしてからその吐息の混じった声が聞こえてきた。

そして同時に鳴り始める、ベッドがギシ……ギシ……と軋む音。

今日も始まった。

この薄い壁の向こうで、悠一郎と奈々は今まさにSEXを始めたのだ。

恵理は1人、明かりを消した薄暗い自室でその声や音に聞き耳を立てる。

布団の中に入り、目を閉じて、集中して聞く。

本当はこんなの聞きたくないはず。

自分の中に存在していた、悠一郎への想い。

それに気付いてからは、ただただ悲しかった。

隣から2人の楽しそうな声が聞こえてくる度に苦しくて、涙がこぼれた。

そして心の中に生まれる、嫉妬という感情。

苦痛だった。

それなのに、なぜか聞こえてくる声に耳を傾けてしまっている自分がいた。

知らず知らずの内に聞き入ってしまう。

悠一郎の声に、夢中になってしまう自分がいた。

今までは意識してこなかったけれど、今ではハッキリと分かる。

私は悠一郎の声が好き、と。

あの普段聞かせてくれる、カラッとして明るい声が好き。

そして壁の向こうから聞こえる、男らしい声と息遣いにもウットリしてしまう。

なんというか、悠一郎の声や息遣いは、とてもセクシーだった。

その声に胸の奥をギュッと掴まれて、頭の中がピンク色に染まっていく。


『ん……はァ……あっあっあっ……』


奈々の喘ぎ声。

普段の奈々の口からは聞いた事ないような色の声。

感じてるんだ。

声を抑えようとしているけど、それでも気持ち良くて漏れてしまう、そんな感じの声だった。


『あっあっダメッ……ハぁンッ!ンッあっあっあっ!はァアアア!スゴイ……あっあっ……』


ギシギシギシギシッ……!!


音も声も、段々と激しくなっていく。

こちらまで震動が伝わってきそう。

奈々は大分快感を感じているようで、切羽詰った感じであられもない喘ぎ声を発していた。

恵理にもSEXの経験はあるが、こんな声は出したことがない。


悠一郎君って、エッチ上手なのかな。


悠一郎の、卑猥な妄想で頭の中が埋まっていく。

そして布団の中で恵理の右手は自然と下着の中へと移動していった。


濡れてる。


グッショリと、自分でも驚くくらいに。


「ん……」


自分の愛液で指を濡らし、敏感な部分を刺激する。

自慰行為、マスタターベーション、オナニー。

恵理は元々それを滅多にしないタイプだった。

したとしても数ヶ月に一度するかしないか程度。

だから自分ではそれ程性欲が強いとは思っていなかった。

でもこうして奈々の喘ぎ声の隙間から聞こえてくる悠一郎の息遣いと、恐らく悠一郎が腰を動かしている事で揺れているであろうこの震動を感じると、どうにも我慢できなくなってしまう程の性的欲求が湧いてきてしまう。


『あっあっあっ……ハァアア……イク……アアッ!』


奈々が果てる。

その後にベッドが軋む音も止まって、悠一郎も果てた事が分かる。

そしてそれと同時に恵理の手の動きも止まる。

恵理だけがイけない。絶頂無き自慰行為。

自分1人ではなかなか達する事ができないから、もどかしい。


行為が終わって、隣からはまた2人の話し声が聞こえてくる。

いつも終わった後の奈々は、甘えん坊さんのような声で悠一郎と話してる。

それを聞いて、恵理は途轍もない虚しさを感じ、憂鬱になった。

あぁ、病んでしまいそう。

でもオナニーは止められなかった。

悠一郎は週に何回かは必ず奈々の部屋に泊まりに来る。

その度に2人は身体を重ね、そのすぐ隣、壁一枚を挟んだだけの空間で、恵理も同時にオナニーを繰り返していた。

切ないし、悲しいけど止められないという、なんだかある種の依存症のようになってしまっていた。

性的快感の気持ち良さをこのオナニーで生まれて初めて知ったから、というのもあるかもしれない。

悠一郎の事を想いながらの1人エッチは気持ち良い。

しかし身体を自分で慰めていても、心だけは消費されるように日々痛々しく削られていくのを感じていた。

だから心はボロボロ。

もう限界かもしれない。


でもどうしたらいいの?

なんだか全てが嫌になって、逃げ出したくなる。

親が許してくれる訳がないけれど、大学さえ辞めたいと本気で思い始めていた。

恵理の心はそこまで追い詰められていたのだ。

しかし丁度その頃だった、あの台風が来たのは。

そしてあの夜を迎えたのだ。

携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2012/11/19 ] TB(1) | CM(12)

好きな人が他の女とセックスしてる声を聞いてそれでオナニーなんて、普通はできないと思いますよ。つらくて。
この先の展開が気になるところですが、またもや幸せな展開はないのかな...。
[ 2012/12/02 23:23 ] [ 編集 ]

林檎さん

お返事遅くなってすみません、嬉しいコメントありがとうございます。
小説、気に入ってもらえたみたいで嬉しいです。これからも少しでも良い物が書けるように努力したいと思います。

1つ前の方へお返事でも書いたのですが、やっぱり〝寝取られ〟と言っても多種多様のようですね。
特に女性の場合は林檎さんと同じように、男性側の自分への気持ちがないと興奮できない方が多いみたいですね。やはり基本的に性的興奮は愛情がないと生まれ難いのかもしれまんせん。

コメントなどを読んでいて思うのですが、官能小説の趣向もやはり男性と女性で大きく分かれる気がします。
男性の多くはより非現実的な興奮を求め、女性はよりリアルな興奮を求めているような……。女性を満足させられない男子が増えているのはこれが原因でしょうか(汗)

僕の小説はその間を行ったり来たりでブレてるんですよね。だからある場面は男性に好評で女性には不評、そしてまた別の場面ではその逆があったり。

僕は真面目じゃないですよ、全く(苦笑)これだけ更新休んじゃってますから。

はい、気軽に頑張っていきたいと思います☆




[ 2012/12/01 02:07 ] [ 編集 ]

アネモネさん

返事遅くなってしまいすみません、嬉しい感想ありがとうございます。

そうですねぇ、やっぱり僕の物語は女性視点で書こうとはしているけど、結局僕自身は未熟な男なので、どうしも女性を理解してない男的な部分が露呈してしまうんですよね。それで女性読者の方にとっては胸が痛むシーンが多いのかもしれません。

鬱勃起ならぬ鬱濡れは……やっぱり多くの女性の場合ないのでしょうね。女性視点の寝取られって、相手の気持ちが自分に向いていないと意味がないって聞いた事あるのですが、たぶんそうなのでしょうね。

男の寝取られの場合、相手にされない片思いでも興奮する人は多いですから。(それは正確には寝取られとは言わないのかもしれませんが)
やっぱりその辺りの事を考えると、男と女は違いますね。まぁだから面白いのだとは思いますが。

更新はゆっくりで申し訳ないのですが、できる限りで頑張ります。
[ 2012/12/01 00:21 ] [ 編集 ]

まさるさん

コメントありがとうございます。

いやぁ違いますね、間違いなく人違いですね。断言します(笑)
[ 2012/11/30 23:48 ] [ 編集 ]

るにさん

遅くなってすみません、コメントありがとうございます。

そうですねぇ、今までよりもさらに女性視点に近い形で書いているつもりです。(上手く書けるか分かりませんが……)

短編ですが、しっかり終わらせれるように頑張ります。
[ 2012/11/30 23:47 ] [ 編集 ]

キリクさん

遅くなってすみません、コメントありがとうございます。

遅い更新ですが、楽しんでもらえるように頑張ります。
[ 2012/11/30 23:41 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/11/22 01:36 ] [ 編集 ]

メンメンさんの新作待ってました!

女子大生果歩や人妻香苗は、悪く言えば可愛いけど寂しくて、勝手に浮気して勝手に病んじゃう頭とお股が緩い都合の良い女性…って感じでしたが、恵里の話は恵里の辛い目線から始まるので女性が共感できる話になりそうですね。

失礼な言い方になってしまいましたが、もちろん果歩と香苗の話も大好きですよ!そういう女性は多いからリアルに感じられるし、私が男性だったらヤりたい(笑)ただ、凄く興奮するけど痛ましい展開が多くて、胸が痛みました。それも含めて好きです。

男性が、好きな女性を寝取られて興奮する「鬱勃起」はよく聞きますが、壁から漏れてくる声で鬱濡れ(?)できる恵里ちゃんはある意味凄いと思います。私だったら辛すぎて引っ越しちゃうよ…(苦笑)

台風の夜に何が起こるか気になる次の更新も待ってます!
[ 2012/11/21 17:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/11/21 09:18 ] [ 編集 ]

なんだか以前までの
メンメンさんの小説とは
少し雰囲気が違う
淡い恋?の様でドキドキします

これからの展開が
楽しみです!

更新頑張ってくださいね^^
[ 2012/11/20 19:05 ] [ 編集 ]

なんですか…?

何が台風の夜にあったんですか!?


メチャクチャ楽しみです。
[ 2012/11/20 18:35 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/11/20 15:19 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/486-1ee009d6


まとめ【女子大生 成宮恵理(5)】

『ハァ……ハァ……』その熱の篭った息遣いに、いつも身体が反応してしまう。さっきまで楽しそうな笑い声
[2012/11/25 17:05] URL まっとめBLOG速報