FC2ブログ














女子大生 成宮恵理(9)

いつの間にか映画はエンドロールに入っていた。

隣で悠一郎が「んあー」と言いながら身体を伸ばす。


「なーんかよく意図が分からない映画だったなぁ。恵理面白かった?」


「え?ん~私もよく分からなかったかも……。」


よく分からないもなにも殆ど見ていなかったから。

恵理がずっと見てたのは悠一郎の横顔。ホントにあっという間の時間だった。

悠一郎がソファから立ち上がって部屋の明かりを点ける。

蛍光灯の光に、眩しそうに目を細めながら悠一郎の後ろ姿を見上げる恵理。

やっぱり背が高い。丈が足りてなくても元彼のジャージがぱっつんぱっつんだ。

好きなタイプは高身長の人、なんて事はないけれど、好きな人の背が高いならそれはそれで1つの魅力になる事は間違いない。


「雨、まだ止んでないみたいだな。」


悠一郎は窓の外を眺めてそう呟いた。


「うん。」


雨だけではなく風もまだ強い。

これでは悠一郎はまだ外には出られないだろう。


「もうちょっと居てもいい?」


「……別にいいけど。」


時計の針は10時を指している。

12時までに雨が弱まったらその時に帰ってもらえばいい。

もし12時を過ぎても雨が強かったら、その時は可哀想だけど無理やりにでも部屋から出ていってもらわないと。

さすがにそれ以上は奈々に悪い気がするから。いくら悠一郎が気にしなくていいって言ってもけじめは付けないと。



「じゃあさ、これ2人で飲んじゃうか。映画は終わったしやる事ないし、飲むしかないな。」


悠一郎はテーブルの上にまだ残っていたお酒を見てそう言った。


「え?これ全部?」


2人で飲むには結構な量だ。

恵理は缶チューハイを1本空けただけだが、それだけもすでに随分とアルコールが回ってる感覚がある。


「ゆっくり飲んでいこうぜ、話でもしながらさ。」


「話?」


「ほら、なんか恵理と話すの久しぶりじゃん?」


「……そうだけど……。」


悠一郎は笑顔で缶チューハイを恵理に渡してきた。


「私、あんまり飲めないよ。」


気が進まないような表情で恵理は缶を受け取ったが、内心では悠一郎が話をしたいと言ってきた事が嬉しかった。

ソファに座ってひざ掛け用に持ってきた布団の中に悠一郎が戻ってくる。

2人並んでお酒をちびちび。

そして悠一郎が最初の話を振る。


「なぁ、恵理って飯山に彼氏できたの知ってる?飯山佳子。」


「え?佳子に?知らない知らない、そうなの?最近?」


佳子は2人と同じ大学の友人だ。恵理とはサークルが同じで悠一郎とは学部が同じ。


「俺は先週くらいに聞いたんだけどな。相手、誰だと思う?」


「えー分かんない、誰?」


「柴田だよ柴田、意外だろ?」


「えー!うそぉ、柴田君とぉ?ていうかあの2人仲良かったんだっけ?」


「俺達が見てない所では仲良かったみたいだな。もうさ、男達の間じゃ結構衝撃だったんだよ、ほら柴田ってどっちかって言うと暗いだろ?顔も性格もさ、いつも猫背だし。で、柴田に彼女ができた事自体驚きなのに相手があの飯山だからな。ここだけの話、飯山狙ってる奴って結構いたから。」


「へぇそうなんだぁ、確かに柴田君は意外だね。」


「しかもさ、もっと驚くのはどうやら飯山の方かららしいんだよ、告白したの。」


「えー!佳子の方から?ビックリだね。佳子って男の子から告白される事はあっても自分からするような子じゃないと思ってたんだけどなぁ、いつも受身だし。可愛いから自分から行かなくても寄ってくるって感じで。」


「だよな。だからマジで柴田の何が良いのか分からないって皆言ってるよ。美女と野獣っていうか美女と昆虫?柴田って昆虫顔だよな。」


「フフッ、でも私柴田君と話したことあるけど優しい人よね。私達が知らない魅力があるのよきっと。佳子が自分から告白したって事は相当好きなんだろうし。」


「それにしたってショックだよなぁ、あの飯山を柴田に持って行かれるなんて。」


とても残念そうに悠一郎がそんな事を言うもんだから、恵理はすかさずツッコミを入れる。


「ちょっと待って、可愛い佳子に彼氏ができて泣く男の子が多いのは分かるけど、どうして悠一郎君がショック受けてるのよ。」


「は?どうしてって言われても実際ショック受けてるから仕方ないだろ?飯山って俺も前から可愛いって思ってたからさ。」


「いやだって、悠一郎君には奈々がいるじゃない。」


恵理のその言葉を聞いて悠一郎が笑う。


「あー恵理は分かってないなぁ、男ってものを。たとえ彼女がいても周りにいる可愛い女の子が他の奴に持っていかれるのは嫌なんだよ男は。」


「な、なにそれ……そんなの悠一郎君だけでしょ?っていうか奈々がそれ聞いたら絶対怒ると思うけど。」


「ハハッ怒るだろうな、アイツは。変に嫉妬深い所あるし。」


笑ってる悠一郎を少し軽蔑するような目で見る恵理。

前々から少し感じてたけど、やっぱり悠一郎君ってそういうタイプなんだ……

そういうタイプというのは、つまり話題に出た柴田のような男とは逆のタイプ、という事。

男性は大きく2つのタイプに分かれるのだと恵理は前にどこかで聞いた事があった。

女性と話すのは基本的に得意ではないけれど、一途で真面目で優しいタイプ。

逆に女性と話す事に慣れていて、一緒にいると楽しいけれど、浮気とかを常に心配していないといけないタイプ。

もちろん中には女性の扱いにも慣れてて一途な男性もいるだろうが、一般的にそういう分け方ができる事が多いらしい。

そして悠一郎は恐らくその後者なのだろう。

携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/01/25 ] TB(0) | CM(1)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/26 18:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/491-1cf0c83b