FC2ブログ














女子大生 成宮恵理(17)

最初は咥えているだけだった恵理だが、次第に舌を動かして悠一郎の指を口の中で舐め始めた。

男の人の指を舐めるなんて、しかもこんなにイヤらしく。

普段の恵理だったらとても思いもつかない行為。

でも悠一郎のスムーズな誘導と雰囲気作りの中では、なぜか大胆になれてしまう。

恵理が悠一郎の指に夢中になっている中、悠一郎は頭を徐々に下に移動させていき、恵理の鎖骨、肩、乳房を愛撫していく。

そして悠一郎の口がピンク色の乳首をとらえた時、恵理の身体がビクンッと反応した。


「ン……ンァ……」


悠一郎の口の中であっという間に勃起してしまう恵理の乳首。

もう片方の乳房は大きな手に揉まれ、そちらの乳首も指で摘まれたことで簡単に固くなってしまった。

手の平に吸い付いてくるような、柔らかく張りのある恵理の乳房を味わう悠一郎。

恵理はその間何度もビクビクと身体を震わせていた。

乳首がこんなに感じてしまうなんて。これも恵理にとっては初めての経験だった。

舌や指で刺激されると、ビリビリと電流のように快感が走る。

しかもそれがどんどん大きくなっていくのが分かった。

悠一郎の愛撫によって性感が高められているのだ。

少し汗をかきそうな位に火照ってきている身体。

恵理の女体が、悠一郎を受け入れる準備を始めていた。

それを自覚し始める恵理。

悠一郎の愛撫によって生まれた甘い熱が、身体の下の方へと流れていくのが分かった。

熱は下腹部に集まり、その温度をさらに高めていく。

そしてやがてそれは〝疼き〟に変わり始める。


「……ハァ……」


思わず熱い吐息を漏らす恵理。

無意識に足を動かして太腿を擦り合わせる仕草をしてしまう。

陰部でジンジンと広がり続ける疼きが溢れ出しそう。

ついには下腹部がドク……ドク……と脈打ちまで始めていた。


「……ン……チュパ……はァ……」


恵理の体温がしっかりと上がったところで、悠一郎の指が口から抜かれる。

そして恵理の唾液で濡れた悠一郎の手は、口を離れてゆっくりと下腹部へ向かって移動していく。

その時も悠一郎はわざと恵理にも分かるように、指で肌をなぞるようにしていた。

口元から始まって顎、喉、胸の谷間、お腹の中心をそーっと。

ゾクゾクとした快感が走って、恵理の背中が少し反る。

悠一郎の手が少しずつ、しかし確実にあの場所へと向かっていると分かると、途轍もなく恥ずかしくなってくる。

それは、もうすでにその場所がどんな状態になっているのか、恵理自身が分かっていたからだ。

陰部に感じる、確かな湿り気。

そしてついに悠一郎の手が恵理のその下着の中に忍び込むようにして入っていく。


「ぁ……だめっ……」


顔を真っ赤にして思わずそう口にしてしまう恵理。

しかし悠一郎の手はそれを聞いても止まってはくれなかった。

指が恵理のアンダーヘアに触れ、そのさらに先へ。


クチュゥ……


「……ぁぁ……」


悠一郎の長い中指が、恵理の割れ目に沿うようして当てられた。

そして、それと同時に指は陰部の湿り気を感じ取っていた。


「恵理、すげぇ濡れてる。」


「……イヤァ……」


悠一郎に指摘されて、消え入りそうな声を漏らす恵理。


「うわぁこれ、パンツまでグッショリだな。」


悠一郎は悪戯っぽい笑みを浮かべながら、恵理の羞恥心を刺激するような言葉を浴びせる。


「ほら、これ。」


クチュックチャックチュックチャッ……


パンツの中で指をタッピングさせると、恵理の愛液が卑猥な音を立てた。


「聞こえるだろ?」


クチュックチャックチュックチャッ……


「ンッ……ァ……んっ……はァ……イヤァ……」


恥ずかしがっている恵理に対して、意地悪な悠一郎の言葉。

しかし恵理の身体はそれにさえ反応してしまい、新たな愛液をジワァっと溢れさせてしまう。


「すげぇ……まだ殆ど触ってないのにどんどん溢れてくる。」


ここまで言葉少なめだった悠一郎が卑猥な言葉を使いだしたのは、恵理が言葉責めに弱いタイプの女だと分かったからだ。


「恵理って濡れやすいんだな。」


「……やだ……」


ただただ恥ずかしくて、下着の中に入っている方の悠一郎の手首を掴む恵理。

でも本気で拒否をしている訳じゃない。


「じゃあ、下も脱ごうか。」


そう言って悠一郎は布団を捲ると、ベッドの下の方へ身体を移動させて恵理が穿いていた部屋着のハーフパンツに手を掛けた。


「ぁ……ダメ……自分で……」


「いいから、俺が脱がしてやるから。ほら腰上げて。」


「……ん……」


子供のようにパンツを脱がされるのが恥ずかしかったのか、恵理は最初それを少し嫌がるような素振りを見せた。しかし悠一郎にそれを却下されると、最終的には言われたとおり、控え目に腰を上げてみせた。

そして悠一郎はそのタイミングで恵理のハーフパンツを一気に下ろした。

携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/02/20 ] TB(0) | CM(7)

初コメです。
更新ずっと待ってます!
[ 2013/03/04 19:20 ] [ 編集 ]

No title

奈々が気になる
楽しく見させてもらってます
[ 2013/03/04 10:38 ] [ 編集 ]

No title



更新止まっちゃいましたね、

うーん。
[ 2013/03/03 23:54 ] [ 編集 ]

また更新止まりましたね。順調に更新されていたのに残念です。
[ 2013/03/03 06:38 ] [ 編集 ]

ドキドキするストーリーが大好きです!更新楽しみにしてます!
[ 2013/03/02 01:19 ] [ 編集 ]

名無しさん

コメントありがとうございます。

そうですかぁ、やっぱり学生時代って独特の不器用さを皆持ってますよね。
社会人になったり大人になると余計な感情とかは省いちゃったりするけど……自分も昔を思い出すと不器用だったなぁと。でもそれで悩んだり友達とそういう恋愛話を夜通しでしたりするのが楽しかったんですよね。

[ 2013/02/22 21:39 ] [ 編集 ]

毎晩更新楽しみにしています。

今回の話しは学生時代を思い出します。最終的に性関係を持たなかった男友達とこんな感じだったなぁと。
お互い好きだったのに不器用で…なんだか重ね合わせてしまってドキドキします。

最後はこの2人がうまく行くといいな
[ 2013/02/22 01:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/499-54ddab21