FC2ブログ














女子大生 成宮恵理(25)

恵理の腰を掴んでゆっくりとピストン運動を始める悠一郎。


「ン……ああ……ん……はぁあ……」


力強く勃起した男根が濡れた膣壁を擦る度に恵理の口から吐息混じりの声が漏れる。

2回目の交わりだったためすでに膣はペニスに馴染んでおり、恵理が後背位での行為に痛みや苦しさを感じていないと分かった悠一郎は腰の動きを徐々に速めていった。

パンパンパン!という恵理の柔尻を悠一郎の腰が叩く音が部屋に響く。


「んっあっあっはあっ……あっあっあっ!」


……はぁぁ……堪らない……


下腹部が溶けてしまいそうな程に気持ち良い。

正常位では当たらなかった場所に悠一郎のモノが当たる。

反り返ったペニスが奥の上部を突いてきて、そこが特に気持ち良い。


「んはぁっ!あっあっあっはぁんっ!」


……はぁぁ……ダメ……これスゴイ……


新たな快感スポットへの刺激は気持ち良い。でも気持ち良すぎて少し怖い。


「恵理、もしかしてバック弱い?」


腰の動きを一旦止めて悠一郎が聞いてきた。


「……うん、そう…かも……」


少し恥ずかしそうに恵理は控えめな声でそう答えた。

そんな恵理を見て悠一郎はニヤっと笑う。


「そうか、じゃあもっと責めてあげるね。」


そう言って悠一郎は再び腰を振り始める。

今度は今までよりもさらに激しい。


「えっ?あっ!ダメっ!あっあっあっンァっああっ!!」


パンパンパンパンパンパンっ!!!!


恵理はバックが弱いと言えば悠一郎が責めを緩めてくれると思っていた。

しかし実際にはその逆で、意表を突かれた恵理は瞬く間に快感の波に呑み込まれていった。


「あっあんっ!ああっ!ダメ悠一郎君、あっあっあんっ!!」


ストップを掛けるような声を恵理は必死に出していたが、悠一郎はそれに耳を貸すことなく、腰を打ち付ける度に波打つ恵理の白い尻を眺めながら激しくピストン運動を続けた。

肉棒が出入りする度にグッチャグッチャという音が交り始める。

陰茎には白く泡立った愛液が輪っかを作るようにして纏わり付いていて、根本に溜まっていくそれが悠一郎の陰毛を濡らしていた。


「あっ!あっダメ!あんっもうっ!ダメだよぉあっあっあんっ!」


激しい性交に耐えられないといった様子で〝ダメ〟という言葉を何度も喘ぎ声混じりの口から出す恵理。

それでも悠一郎は責めを続けていたが、恵理が途中から首を横に振りだして「もうダメ!ホントダメ!ホントダメッ!」と言い出し、そこで漸く悠一郎の腰が止まった。


「どうした?何がダメなの?」


「ハァハァ……ダメこれ……ハァ……いっぱい声出ちゃう……」


「気持ち良過ぎて?」


その問いに恵理は首を縦に振った。


「じゃあ別にいいじゃん。好きなだけ声出せば。」


「だって……下の階の人に聞こえちゃうかも……声我慢できないもん……」


恥ずかしい。そんな感情を滲ませながら言う恵理。

しかし悠一郎は恵理の腰を再びガッチリと掴んでこう答えた。


「大丈夫だよ我慢しなくても、ほら、外凄い音だし、絶対聞えないよ。」


それを聞いて恵理は顔を横に向け窓の方を見た。

確かに、外からは凄い音が聞こえる。

ゴォオオオオオゴォオオオオオ!という風の音と、建物に打ち付けられる激しい雨の音。

部屋の窓はその暴風雨のせいでガタガタと音を立てていた。

いつの間にこんなに雨風が強くなっていたんだろう。

今まさに、台風がこの上を通過しようとしている。

これだけの音の中なら下の階にも聞こえないかもしれない。

でも絶対聞こえないという確証はない。なんせ同じ建物の中なのだから。

確か下に住んでいるのは社会人の男性だったはず。


「でも……」


「そんなの気にしなくてもいいって。それより恵理の声沢山聞かせてよ。」


「え?」


「俺、恵理の声結構好きかも。可愛いよな。」


「……悠一郎君……」


「だからもっと聞かせてよ。」


そう言って悠一郎はまた腰を動かし始めた。


「ああ……あっあっんっあんっハァ…あっあっ……」


声が好きだなんて、ストレートにそんな事を言われると恥ずかしいけど、凄く嬉しい。

私も悠一郎君の声が好き。

もっと聞きたいし、もっと聞いてもらいたい。

もっと悠一郎君を感じたいし、悠一郎君にも私を感じてもらいたい。

そう思い始めたら、自然と我慢することはなくなっていた。

感じるままに喘いで、悠一郎とのセックスに没頭した。


「あっあっああんっ!ああっ!ンンっ!ああっ!」


「ここ?恵理ここが気持ち良いんだ?」


「あっあっ……うん、ああっ!もう、アン、ハァハァ悠一郎君、あっあっ!」


後ろから激しく突かれて、ベッドのシーツの握りしめながら快感を受け止める恵理。

二人の荒い息遣い、激しく軋むベッド、大きくなる恵理の喘ぎ声。

もう下の階の住人に聞こえようとも、そんな事はどうでもいい。

もう何も考えられなかった。

この気持ち良さと悠一郎の事以外、頭の中から一切消えてしまってる。

膣壁を擦られる快感、全身で悠一郎を感じる快感がもう爆発しそう。


「あっあっあっハァああっあっもう……ああっ!イクッ……!アアンッ!ンンあああ!」


背中を仰け反らせて絶頂に達した恵理。

後ろからペニス串刺しの状態でビクンビクンと身体を痙攣させる。


「ハァハァハァハァ……」


脱力した恵理の身体を動かして、続けて今度は正常位で交わろうとする悠一郎。


「ハァハァ……あ、まだ……ン……」


達したばかりで敏感になり過ぎている恵理の身体。

しかし悠一郎は止まらない。

ギンギンに勃起したペニスを恵理の割れ目に当てあい、挿入する。


「ァ……あああ……ハァ……ン……ハァ……」


敏感になったヴァギナの最奥まで一気に挿入されて、それだけで身体を震わし軽く達してしまう恵理。

このままピストンされたら、おかしくなってしまいそうで少し怖い。

でも挿入されたまま悠一郎に上から包まれるように抱きしめられてキスをされたら、もうそこで怖さは消えてしまった。

密着して唇を重ねたまま、ゆっくりと腰を動かす悠一郎。

恵理も密着度がさらに増すように手足を悠一郎の身体に絡ませる。


「ンン……ハァ……ンン……」


お互いに口を半開きにして、舌を出して絡め合う。

深いディープキスをしながらも、その中で恵理はくぐもった喘ぎ声を漏らす。

悠一郎の口の中に喘ぎ声を吐き出して、まるでそれを食べてもらっているよう。

悠一郎も快感を感じているのかン……ン……とその中で僅かに声を出していた。

口の中で好きな人の声を感じるのはなんだか不思議な感覚だった。

口の中から脳に直接悠一郎の息遣いや声が届く。

溶けるようなセックスで、本当に一つになってしまったような。


このままずっと一つになっていたい、悠一郎君と。

このままずっと。


恵理は心の中で小さく小さくそう願いながら悠一郎の腕の中で快楽の海に沈んでいった。

携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/08/31 ] TB(0) | CM(4)

ここもさん

コメントありがとうございます。

そうなんです。短編のつもりだったんですよぉ。

下の部屋の男性が参加してくるって、それはそれで面白そうな展開ですね。どうしよう(笑)

でもまぁ、今回はとりあえず完結に向けて走りたいと思ってます。
[ 2013/09/01 16:36 ] [ 編集 ]

良い感じなのに短編ですかぁ(><)

下の部屋の男性に声を聞かれてて、そこから逃げられない関係に…なんて思ってしまいました(笑)

続きを楽しみにしています(≧▼≦)

[ 2013/08/31 23:15 ] [ 編集 ]

カバオさん

コメントありがとうございます。

ただもうあんまりエロはないかもです。短編のつもりで始めたので、もうすぐ完結の予定です。
それが終わったら今井詩織の続きを更新していきたいと思ってます。
[ 2013/08/31 23:09 ] [ 編集 ]

きたー!
めっちゃ興奮します。
[ 2013/08/31 17:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/511-7a5a317f