FC2ブログ














【寝取られ】喰われる彼女 亜紀(11)

翌日、南国の空は見事に晴れ渡っていた。

まさに海水浴日和。


「ねぇ直樹、本当に大丈夫なの?」


「大丈夫大丈夫!もう熱も下がったし、太陽の光浴びてさ、海で遊んでれば風邪の事なんか忘れちゃうよ。」


水着に着替え終わった俺を心配そうに見る亜紀。


「本当に?」


「本当だよ。昨日の事が嘘みたいに身体軽いし。」


「そっか、あ~良かったぁ。本当は直樹がずっと体調悪いままだったらどうしようって思ってたから。」


「そうだよな、ごめんな。でももう大丈夫だから、ほら、亜紀も早く着替えてきな。」


「うん!」


正直に言うと、俺の体調はまだ完全には治っていなかった。医者には2、3日安静って言われてるし。

でも昨日と比べれば大分良くなっているのは本当だ。

まだ少し微熱が残っているのと、腹の調子がイマイチなだけ。

旅行2日目は一番楽しみにしていたんだ。だからこの日を1日中ベッドの中で過ごすなんて、俺には我慢できなかったんだ。

多少無理してでも、亜紀と南国の海を楽しみたかった。



「ねぇ直樹……これ、大丈夫かな?やっぱりちょっと恥ずかしいよぉ。」


水着に着替え終えた亜紀が部屋のドアから顔だけ出してそう言ってきた。

恥ずかしそうな表情をしている亜紀を見て、俺は思わず笑みを浮かべてしまった。


「そんな事聞かれても、見てみないと分からないよ。ほら、出ておいで。」


「……うん……分かった。」


そう言ってビキニ姿の亜紀がゆっくりと部屋から出て来た。


「ねぇ、変じゃない?」


俺は亜紀の水着姿を見た瞬間、そのあまりの美しさに心奪われてしまった。

俺達はもう付き合って1年だ。だから俺は亜紀の裸を知っている。

でもそれでも亜紀のビキニ姿は俺の目に新鮮に映った。


「ぜ、全然変じゃないよ!ていうか凄く良いよ、綺麗だよ。正直惚れ直した。」


「惚れ直した?フフッ、本当に?」


嬉し恥ずかしそうに身体をモジモジさせながら鏡で自分の水着姿を確認する亜紀。

青と白のカラーが亜紀の白い肌によく似合ってる。

それにやっぱり少し生地が小さめのビキニだからか、ちょっとだけエロい。それが俺の男心にグッときた。

具体的に言えば、亜紀の柔らかな乳房の膨らみとお尻の丸みが少しだけ水着からハミ出ているのがエロい。

でもそんな水着でも亜紀が着ているからなのか、不思議と下品な感じがしない。

2人で買いに行った水着だけど、これにして正解だった。想像通り、いやそれ以上に亜紀に似合ってて可愛い。

まぁ少しエッチなデザインと言っても、こっちじゃ皆これくらいの水着普通に着てるし、中にはもっと大胆な水着の人も沢山いるしね。


そして俺達はさっそく海へ行く事に。

亜紀はそのままの格好で行くのはまだ恥ずかしいみたいで、ビキニの上からTシャツを着て行った。


南国の太陽が病み上がりの俺の身体に染みる。

コテージのすぐ近くに海があって助かった。この近さなら休憩するのにすぐに帰ってくる事ができる。

海にはそれ程人が多くなくて、これなら思う存分海を満喫できそうだ。


「わぁ!やっぱりここの海って本当に綺麗だね。早く泳ぎたーい!」


「よし、じゃあとりあえず2人で入ってみようか。これだけ青い海で泳ぐのってどんな感じなんだろうね?」


「そうだよね、こんなのテレビでしか見た事ないもん。」


海を目の前にして気持ちが高まる俺と亜紀。


しかし、そこでタイミングを見計らったようにアイツらがやってきた。


「亜紀ちゃーん!」


牧原だ。篠田と坂本もいる。

亜紀はその声に気付き牧原達の方を見る。

その瞬間、亜紀の表情がぱっと明るくなったのを俺は見逃さなかった。

亜紀は牧原達が来て嬉しいんだな……。

昨日牧原達と遊んで楽しそうにしてたもんな……。


「あれ?なんで直樹いるの?お前身体大丈夫なの?」


牧原は来て早々に俺の顔を見てそう聞いてきた。

なんでいるの?じゃねぇだろ。いちいち癇に障る聞き方してきやがって。

亜紀の彼氏である俺が亜紀の横にいたらおかしいか?

でも一応お礼は言わないと。


「お陰さまで、良くなったよ。昨日は病院まで連れて行ってくれてありがとう。」



「おお、良かったなぁ!まぁ旅行中ずっとベッドの中にいたんじゃ可哀想だもんな!ハハッ!」


笑いながら俺の肩をバンバン叩く牧原。

痛ぇなぁ……。


「亜紀ちゃん達もこれからだろ?俺達バナナボートとか予約してあるからさ、後で一緒に乗る?」


「わぁ、バナナボート!乗りたいです乗りたいです!私バナナボート乗ってみたかったんです!」


「ハハッ!じゃあ後で一緒に乗ろう。」


嬉しそうに牧原達の誘いに乗る亜紀。

やっぱりこうなっちゃうのか……本当は2人だけで楽しみたかったのに……。

でも牧原達には昨日助けてもらった事もあるし、俺の方から断る訳にもいかない。


そして結局、俺達はこの5人のメンバーで海水浴をする事になってしまった。


携帯ぽけっと書房


小説(官能小説) ブログランキングへ
[ 2014/01/03 ] TB(0) | CM(5)

メンメンさん

お返事ありがとうございます。

女の子が彼氏への罪悪感を超えて流されちゃう瞬間が最高ですね。

個人的には、牧原君には一対一でじっくり攻めて欲しいところです。
[ 2013/12/18 22:44 ] [ 編集 ]

ともさん

コメントありがとうございます。

まさに僕も真面目な女の子が堕ちる瞬間が好きなのですが、ただ真面目な女の子が簡単に浮気したり簡単に堕ちてしまうようだと真面目とは言えない訳で、その辺りが難しいですね。

頑張ります。
[ 2013/12/18 22:01 ] [ 編集 ]

カバオさん

コメントありがとうございます。

女は現地調達って言ってた牧原達がずっと一緒にいますからねぇ。
[ 2013/12/18 21:57 ] [ 編集 ]

彼氏のいる真面目な女の子が軽薄なナンパ男に遊ばれちゃう展開、ドストライクです。

牧原君は口説きもベッドでのテクも相当期待できそうですね。

続きを楽しみにしてます。
[ 2013/12/18 02:17 ] [ 編集 ]

牧原たちはこのときから亜紀のことを狙ってるんですかねぇ(笑)
[ 2013/12/17 00:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/529-dbf03a9e