FC2ブログ














【寝取られ】喰われる彼女 亜紀(53)

ヌチュ……ヌチュ……ヌチュ……


「ああっ……あっ……ハァァ……ン……アン……」


亜紀の女体を味わうようにたっぷりとした間合いでのペニスの抽送が始まった。

散々焦らされた後のご褒美。その甘美な快感に亜紀の表情や声が蕩けていく。


「亜紀ちゃん、チンコ動かしてもらって嬉しい?」


「ハァ……ン……あっ……ン……ハァ……」


「今チンコ動いた瞬間にあからさまに表情変わったね?一気に女の顔になったよ。」


篠田と坂本にそう言われ亜紀はそれ以上表情を見られるのが恥ずかしかったのか、両手で顔を隠した。


「牧原のチンコ気持ち良い?」


顔を隠したまま小さく頷く亜紀。


「どんな風に気持ち良いの?男の俺達にも分かるように実況してよ。」


「ン……ァ……そんな事言われても……ハァン……」


「亜紀ちゃん、実況しないとチンコ止めちゃうよ。」


「ハァ……ぇ……そんな……ン……」


「どんな風に気持ち良いか、説明して。」


「ン……ァ……擦れて…凄く…気持ちイイです……」


「どこが?」


「ぇ……ハァ……ン……ここ……」


そう言って牧原のペニスが入っている辺りの下腹部を自分で触って見せる亜紀。


「そこは何て言うの?」


「ン……ハァ……恥ずかしい…ン……ですよぉ……ァ……」


「ダメだよ、ちゃんと言いな。」


「ハァ……オ……ンコ……」


「ん?何?もう一回。」


「……オマンコ……」


「オマンコが気持ち良いの?」


また照れながら頷く亜紀。


「じゃあオマンコ気持ち良いって言ってごらん。」


「ハァ……イヤ……もぉ意地悪……」


「だって亜紀ちゃん意地悪されるの好きでしょ?ほら言って。」


「ハァ……ン……オマンコ気持ちイイです……」


牧原は亜紀に淫語を言わせて満足そうな顔をすると、そこから腰のピッチを少しずつ速くしていった。


「ンッ……あっあっあっスゴイ……ハァ……」


「ゆっくりよりこっちの方が好き?」


亜紀は喘ぎ声を漏らしながらコクンコクンと頷いた。


ヌッチャヌッチャヌッチャヌッチャ……!


男根が出し入れされる度にヴァギナから粘着質な音が漏れ、部屋に響く。


「また凄い音がしてるなぁ。」


そう言って坂本が正常位で繋がっている2人の後ろに回って結合部を覗き込んだ。


「あ~ぁ、すげぇなこれ。亜紀ちゃんマン汁全開だね、ネッチョネチョだよ。」


「うわぁすげぇ!えっろ!」


篠田も一緒に覗き込んで、わざと亜紀に聞こえるように大げさなリアクションをとる。


「ハァ……イヤ……見ないで……あっあっ……」


「亜紀ちゃんそんな事言って、本当は恥ずかしい所を見られると感じちゃうんでしょ?」


そう言われて亜紀は図星だったのか、下唇を甘噛みしながら笑顔を見せた。


「ハハッ、やっぱりそうなんだね。じゃあさ、今度は四つん這いになってごらん。」


一度ペニス抜いて、亜紀の体勢を変えさせる牧原。

亜紀はそれに素直に従い、ベッドに四つん這いになった。


「それで頭はベッドにつけて、腰を高く上げてこっちに突き出してみな。……そう、もっと脚開いて、俺達にオマンコがよく見えるように。」


「ハァ……こうですか……ハァ……」


なんて卑猥な格好なんだ……。

まるで男達に見てくださいと言わんばかりに尻を突き出す亜紀。もちろん女性器も肛門も全て丸見えだ。


「自分の手でオマンコ開いてごらん。両手使ってさ。俺達に中まで見えるようにしてよ。」


「ン……ハァ……恥ずかしいよぉ……」


顔を真っ赤にしてそう声を漏らしながらも、亜紀の手は自身の女性器を触り、その縦の割れ目を左右に広げて見せた。


くぱぁ……


大陰唇が開き、男達の目の前に露わになる綺麗なピンク色のヴァギナ。
牧原のペニスを受け入れていた小さな穴は呼吸をするようにパクパクと閉じたり開いたりしている。

そしてそこから新たに溢れ出した愛液が、トロ~っと糸を引いてベッドのシーツに落ちた。


「おお、すげぇ……エロ過ぎ。」


顔を見合わせて苦笑する男達。


「亜紀ちゃん、またオマンコにチンコ入れてほしい?」


ベッドに顔を埋めたまま頷く亜紀。


「じゃあさっきみたいにちゃんとお願いしてごらん、そうしたら入れてあげるから。」


「ハァ……ハァ……オチンチン……入れてください……」


「亜紀ちゃん、どこに入れてほしいのかもちゃんと言わないとダメだよ。はい、もう一回。」


「ハァ……ン……オマンコに……オチンチン入れてください……ハァ……」


そこまで言わせてから、牧原は固く反り返ったペニスを下に押さえ、再び亜紀の中に挿入した。


「ん……ハァアアッ……!」

携帯ぽけっと書房


小説(官能小説) ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

[ 2014/02/21 ] TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/585-073f5a64