FC2ブログ














【寝取られ】喰われる彼女 亜紀(54)

パンッパンッパンッパンッ……!


牧原の腰が亜紀の柔尻を叩く生々しい音が響く。


「あっアンッ……あっハァ……ンッ!」


「亜紀ちゃん、後ろからされるの好きでしょ?さっきからすげぇチンポ締めてくるし。」


亜紀のくびれたウエストを掴みながら、そう速くはない一定のリズムで腰を振る牧原。

柔かな乳房はそのリズムに合わせるように揺れ、柔尻も腰に叩かれる度に波打つ。

亜紀が動物のような格好で、後ろからペニスを串刺しにされピストンされる様は『ああ、亜紀は本当に牧原とセックスをしてしまっているんだな』と俺に実感させた。

牧原が亜紀の身体を揺らす度に、俺の脳ミソまでグワングワン揺れる。

俺はもう何が何だか分からなくなってしまっていた。

牧原を憎むような感情も沸き上がってこないし、亜紀に対する怒りもない。

ただ1つだけ分かるのは、今俺のペニスが尋常じゃないほど勃起しているという事実だけ。

俺は亜紀と牧原がセックスするのを見て、どんなAVを見るよりも新鮮な興奮を感じてしまっていたんだ。

もはや、亜紀を連れ戻そうなんて考えは微塵も残っていなかった。

固くなった自分のペニスをズボンの上からグッと握りながら、他の男とのセックスに酔う彼女の表情を1秒だって見逃したくないと、瞬き一つせずに眺め続けた。

セックスをしている本人達以上に、俺はそのセックスに夢中になってしまっていた。



「あっあっあっ……!ンハァ……ンッンッ!」


「亜紀ちゃ~ん、バック好きかどうか牧原に聞かれてるよ、ちゃんと答えな。」


快感に喘ぐ亜紀を見てニヤニヤと笑いながら意地悪そうに言う篠田。


「ンッンッ……ハァ……好き……です……あっあっ……!」


いつの間にか男達と亜紀の間に従属関係ができてしまっている。

それに従ってしまうのも、亜紀のマゾヒスティックっぽい特性のせいなのかもしれない。


「ハハッ、そっか。じゃあこのままバックでイカせてあげるよ。」


牧原はそう言うと、亜紀の尻たぶを左右に開いて、いっそう深くヴァギナを突き始めた。


「ンッンッあっあっあっ……ハァァ……ああっ!そこ……あっあんっ!」


「何?奥が気持ち良いの?」


喘ぎながら頷く亜紀。

するとそれを見た牧原は、腰の動きを一気に速くした。

亜紀が感じやすいと言うポイントに照準を合わせて、マシンガンのような高速ピストンで突いていく。

その瞬間から亜紀は狂ったように喘ぎ始めた。

どうやらそこへの刺激は亜紀に段違いな快感を与えるらしい。


「イヤァァアアッ!スゴイッあっあっあッンァハァァアアッ!!!」


それと共に肉と肉がぶつかり合う、けたたましい音が部屋に響く。

激しい動きに軋むベッド、揺れまくる亜紀の乳房。

俺は急に人が変わったように表情を変えて乱れ始めた亜紀が心配になったが、牧原は容赦がなかった。

あまりに快感が強過ぎたのだろう、亜紀は途中で手を後ろに回して一旦止めて欲しいというような動きを見せたが、牧原はそれには気もくれず問答無用で猛然と突きまくっていた。


「ンァァァアアッもうダメェエエ……!イッちゃうよぉ!ああンッ!」


絶頂が近い事を告げる言葉を口走り、白い背中を反らせる亜紀。


「ハッハッハッアンッァアアッ!……イクっ……イッちゃう!イクイクっ!!……ンァアアッ!!!」


そして亜紀は最後にビクビクビクビクッ!と激しく身体を痙攣させて絶頂に達した。

〝イク〟という淫猥な言葉を連呼しての絶頂。

〝エロ女〟〝淫乱女〟

そんな亜紀には似合うはずがなかった呼び方を思わず連想してしまうような絶頂の仕方だった。


「イッたねぇ、亜紀ちゃん。」


牧原はそう呟きながら痙攣する亜紀の身体からペニスをゆっくりと引き抜くと、そのまま無言で2本の指を亜紀のヴァギナに挿入した。

そしてさらに追い打ちを掛けるように突然その指で亜紀の膣内を掻き回し始めた。


「ハァハァ……えっ?あんっダメ……あっあっあっダメェェエエ!ンァアアッ!」


グチャグチャグチャグチャグチャッ!!!


そんな声と音と共に、亜紀のヴァギナは豪快に潮を吹き始めた。

四つん這いのまま腰を高く上げた状態での潮吹きは勢いが凄くて、ヴァギナから吹き出すサラサラとした透明の温水は、たぶん1メートル以上飛んでいたと思う。

牧原が手を止めると、ベッドを飛び越えて濡れてしまった床を見て、男達は苦笑していた。


「今すげぇ飛んだな。この飛距離見ろよ。」


「亜紀ちゃんのマンコは元気だなぁ、ハハハッ!」


そして指を引き抜かれると、ビクビクと痙攣しながら亜紀の腰はベッドに崩れ落ちた。


携帯ぽけっと書房


小説(官能小説) ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。

[ 2014/02/21 ] TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/586-80b18578