FC2ブログ














【寝取られ】喰われる彼女 亜紀(59)

亜紀が指示された通りベッドに仰向けになると、篠田は亜紀の脚を掴んで大きく股を開かせた。

そして固く反り返った男根をグイッと下に向けるように握ると、その先端を亜紀の膣口に当てた。

亜紀の小さな穴に対してあまりにも不釣合いな巨大な亀頭。

あんなのが本当に入るのか。


「しっかり濡れてるからローション要らずだな。じゃあ入れるよ。」


「はぁ……ドキドキしちゃう……」


「大丈夫だよ、力抜いててね。」


「ハイ。」


パンパンに張った亀頭が亜紀の小さな膣口に押し当てられる。


「ン……ああっ……」


しかしやはり大き過ぎるため簡単には入らないのか、篠田はしばらく亀頭を膣口に当てたまま押したり引いたりを繰り返していた。

やっぱり無理だろ、あんなの入らないだろ……。

俺はそんな風に思いながら、亜紀が痛い思いをするんじゃないかと心配になっていた。

だが次の瞬間、篠田が力を入れながら勢いをつけて亀頭を一気に押し入れると、膣口が大きく広がり愛液でニュルンと滑るようにして入ってしまった。


「んぁあっ!」


突然入ってきて驚いたような声を出した亜紀。俺も一瞬、「あっ」と声を漏らしてしまった。


「痛くない?」


「ん……ハァ……はい。」


亜紀は少し苦しそうにしながらも篠田に「このまま入れていっていい?」と聞かれるとまた「はい。」と答えていた。


「なんか亜紀ちゃんオマンコ本当によく濡れてるし、一気にいけそうだなぁ。ほら、あー入っちゃうわこれ。」


「ンぁ……ああ……」


「もっと奥までいくよ。」


「ハイ……ぃああっンハァァ……」


篠田が腰を前へ進めると、残りの陰茎部分もスムーズに膣を広げながら入っていく。

深くまで入れられるタイミングで少し仰け反る亜紀の背中。


「ン……ァァ……」


そしてなんと篠田のペニスはそのまま根本まで全て亜紀の中に収まってしまった。

これには驚いた。

あれだけ太くて大きい物が身体に入っているのってどんな感じなんだろうと、純粋に考えてしまう。

亜紀はさすがに苦しそうな顔をしていたが、でも痛みを感じている訳ではなさそうだった。


「亜紀ちゃんのオマンコ凄いわ、全部入っちゃったよ。少しずつ慣らしながらと思ったんだけど、たぶん牧原と坂本の後だからだな、入っちゃったね。」


「亜紀ちゃんどうよ?篠田のは。本当に痛くない?」


「ハァ……ハイ……たぶん……でも、おっきぃ……ハァ」


「オマンコいっぱい広げられてるって感じする?」


「ハイ……なんか、スゴイです……ん…ハァ……でもこれ……どうしよう……ハァ」


「どうしようって?」


「ハァ……なんか……もうお腹がジンジンしてきちゃって……ハァ」


「へぇ、まだ入れられただけなのに?」


頷く亜紀。


「じゃあ亜紀ちゃん、もしかして篠田の巨根と相性良いかもな。」


牧原のその言葉で篠田はニヤっと笑うと、ゆっくりと腰を動かし始めた。


「ぁあんっ!あっあっダメッ……ちょっとまだ、ハァ」


「ん?どうしたの?亜紀ちゃん。」


「ちょ、ちょっと待ってください……ハァ……これダメ……すぐイッちゃいそう……」


深く刺さっていた男根が少し動いただけで、絶頂を予感してしまう亜紀。

篠田のはそんなに凄いのか……。


「ハハッ、そっか、分かったよ、じゃあ最初はゆっくりやろうね。」


そう言ってから抽挿を再開する篠田。

そして継続した亜紀の喘ぎ声が聞こえ始めた。


「ハァッハァッ……ああっアッアッ……ハァアアッ……」


牧原や坂本としていた時とは少し違う。腹の底から出しているよう声だった。

少し苦しそうというか、腹に力が入っているのが分かる。

それだけ巨根の圧迫感があるかもしれない。

きっと感じる快感も、一段と大きいのだろう。


ズチュ……ズチュ……ズチュ……


そしてそれと同時に粘度の高い音が2人の結合部から漏れ始めた。


「ああ、亜紀ちゃんのオマンコすげぇ具合良いわ。2人共これ見てみろよ、めちゃくちゃ吸い付いてくるし。」


そう言って篠田は巨根を咥えこんだ亜紀のヴァギナを牧原と坂本に見せつけた。

そこには極太のペニスが引かれるのと同時に、その陰茎に吸い付くようにして引っ張られる亜紀のムッチリとしたピンク色の肉壁が見えていた。

抜き差しされる度に、亀頭のエラに掻き出されるようにして溢れる亜紀の大量の愛液も、なんとも卑猥だった。

その光景を見て「おお、すげぇ。俺の時も締まり良かったけどこれは凄いわ。」と感心したように言う牧原と坂本。

そして最初ゆっくりとした一定のリズムで動かしていた篠田の腰は、少しずつピストンを速くしていった。


「ハァッハァッハァ……ああっ……ンァアアッ……!」


それに連れて喘ぐ亜紀の声も大きくなっていく。

苦し気持ちいい。

苦しい、でもそれ以上に快感が強くて感じてしまう。そんな喘ぎ声が部屋に響いていた。

そしてピストンを開始してまだ数分も経っていない所で、早くも亜紀に一度目の絶頂が近づいていた。


「ハァ!ハァ!もう……ああっ……篠田さん!」


「イキそう?いいよ。亜紀ちゃんがイクと俺もチンポ気持ち良くなるからさ。」


そう言って腰の動きを一気に高速にする篠田。


ズチュズチュズチュズチュ……!!


篠田の腰使いに激しく揺らされながら乱れる亜紀。

そこから頂きまで到達するのは、本当にあっという間だった。


「あああッ!スゴイィ!あっあっあっン……ぃ……イクっ!イクゥ!……ンァァアアッ!!!」

人気ブログランキングへ
[ 2014/02/23 ] TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/592-b66bb1d0