FC2ブログ














官能小説 女子大生 水野果歩(54)

富田 「じゃあ果歩ちゃん、俺の首に腕をかけて・・・そう・・・。」

ソファの上で正上位の体位で繋がっている2人。

上半身を近づけた富田の指示通り、果歩は富田の首に腕をかけて、富田に抱きつく様な格好になる。

富田 「しっかり捕まってろよぉ・・・よっと。」

果歩 「え・・・キャアッ!」

富田は、果歩の脚を抱えると、そのまま果歩の身体を持ち上げてソファから立ち上がったのだ。

性器を結合させたままの立位、いわゆる駅弁と呼ばれる体位になった富田と果歩。

突然身体を持ち上げられ、果歩は驚き、思わず声あげてしまった。

同時に果歩の屈曲も深くなり、富田の肉棒が秘壺のさらに奥深くへ挿入される事になった。

果歩 「ア・・・ん~ァァア。」

富田 「どうだ果歩ちゃん、結合が深いだろう?」

果歩 「ハァ・・・ァ・・・でも・・・こんなの恥ずかしいです・・・。」

透き通るように白く綺麗な背中と尻を、山井と秋絵に晒している。

思いもよらなかったアクロバティックな格好にさせられ顔を赤くし恥ずかしがる果歩。

山井 「へへ、果歩ちゃんすっげ~格好してるぜぇ?」

果歩 「ァァ・・・見ないでください・・・。」

富田 「ほら果歩ちゃん、しっかり捕まってないと落ちちゃうぞ?」

果歩 「え・・・はい・・・。」

果歩はそう返事をすると、富田にギュっと抱きついた。

それによって、富田の胸に押し付けられた果歩の柔らかい乳房がムギュっとつぶれた。

そのなんとも言えない柔らかな感触に、富田は笑みを浮かべた。

富田 「果歩ちゃん、こういう格好でセックスする事だってあるんだぜ?」

そう言うと、軽々果歩を持ち上げている富田は、腰を前後に動かしてみせた。

パンッパンッ・・・・

果歩 「キャッ・・・アッアッ!!」

富田の動きの反動と果歩の体重で勢いのあるピストン運動になり、果歩の秘壺が強く刺激される。

富田の腰と果歩の白い尻が勢いよくぶつかり卑猥な音が部屋に響く。

パンッパンッパンッ・・・・!!

果歩 「アンッアンッアンッ・・・!!」

急にスイッチが入ったかの様に喘ぎ始める果歩。

蜜壷の奥を刺激するピストン運動が、果歩に痛みにも似た、しかし痛くない、そんな強い快感が果歩を襲っていた。

しかし、富田はその腰の動きをすぐに止めてしまう。

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・」

荒い呼吸をする果歩。

1分ほどのピストン運動だったにも関わらず、果歩は絶頂寸前の時のような反応を示したのだ。

秋絵 「フフ・・・果歩ちゃん、奥も好きみたいね。」

冨田 「ハハ、本当だな、果歩ちゃん気持ちよかったのか?」

果歩 「ハァ・・・ン・・・。」

抱きついている富田の顔の横で小さく頷く果歩。

冨田 「ハハ・・そうかそうか、よし、じゃあベッドに行ったらもっとやってやるからなぁ。」

冨田は嬉しそうにそう言うと、果歩を持ち上げたまま、ベッドのある寝室のほうへ歩いていった。

秋絵 「フフ・・・。」

逞しい男根に串刺しにされたまま、連れて行かれる果歩。

秋絵はそんな果歩の姿を見て思った、もうすでに果歩は冨田の性技に溺れてしまっていると。

これから富田に身体を開発される果歩の姿を想像するだけで、秋絵の身体は熱くなった。

山井 「あ~ぁ、果歩ちゃん行っちまったなぁ。へへ、清純だった果歩ちゃんもこれからザーメン浴びまくるのかぁ。」

秋絵 「富田さん、果歩ちゃんお気に入りみたいですしね。」

山井 「あ~あんなの見せられたら俺ムラムラすごいんですけど。」

秋絵 「フフ・・・山井さん、ソレ、大きいままですよ?」

下半身裸だった山井、その中心にあるモノはカチコチに固くなり上を向いていた。

山井 「ハァ秋絵ちゃん・・・頼むわ・・・。」

秋絵 「フフ・・・しょうがないですね。」

そう言って微笑した秋絵は、山井の股間に顔を近づけていった。




冨田 「・・・・よっと。」

果歩 「ァ・・・ハァ・・・。」

繋がったまま果歩を寝室まで連れて来た富田は、ベッドの上に下半身を付けたまま果歩を仰向けに寝かせた。

かなり広い寝室、薄暗い部屋にある大きなベッドの上に2人っきりになった富田と果歩。

冨田 「果歩ちゃん、2人っきりになっちゃったな。」

果歩 「・・・・・。」

冨田 「もう何も考えなくていいからな、俺に全てを委ねればいいから。」

果歩 「・・・・・ハイ・・・。」

顔を赤くし目をウルウルさせながら果歩は承諾の返事をした。

冨田 「それじゃ・・・目を閉じて・・・。」

果歩 「・・・・ん・・・・。」

2人の顔が重なる。

唇に感じる富田の感触。

彼氏である友哉以外の男性とのキス、人生で2人目のキス。

その瞬間、果歩は胸が熱くなるのを感じた。


あぁ・・・嬉しい・・・・


自分でも気付かないうちに冨田とこうなる事をずっと望んでいた。


・・・身体が悦んでる・・・


果歩がそれを自覚した瞬間だった。


人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2010/08/22 ] TB(0) | CM(6)

Re:kasumiさん

コメント有難うございます。

そんな風に言って頂けるなんて本当にうれしいです。

僕の中で果歩のイメージは、ホントに優しくていい子って事にしています。

快楽に溺れても根の真面目さや清純さはなかなか失わない。

しかし、そんな自分をいつまで維持できるか・・・。

何話で終るか僕自身まだわからないのですが、

実は結末だけはどうなるか、もう決めているんです(笑)

楽しみにしていてください。

kasumiさんのご期待に添えるよう頑張ります。



[ 2010/08/23 13:50 ] [ 編集 ]

Re: ゆうじろうさん

コメントありがとうございます。

真面目で清純な女性が快楽に堕ちていく・・・僕もそんな官能小説が好きです。

ご期待に添えるよう頑張ります。
[ 2010/08/23 13:31 ] [ 編集 ]

いつも

楽しみにしています。初めまして。最近携帯でいろんなサイトを見ていますが。ここだけは欠かさず。

いくつか構想があるようでそれも楽しみですが。

じれったいようなそれが楽しみなような…。自ら果歩が求めるようになる、堕ちていくにはまだまだ道のりは長いでしょうか。6話の秋枝が最高に興奮しました。あんなふうに果歩が恥じらいつつも抗えず。嘲られながら。自らの意志で富田の自在に扱われる様がいろんなバリエーションで見たい!

しかし。シリーズの終わりはどうつけていくのか。 堕ちちゃったらそうなったら終わっちゃうのかしらん。寂しいなぁ。


男性目線が心地好い、でも優しいとこというか夢もあるし。とにかくすごく好きな文章です。これからも応援してますね。
[ 2010/08/23 13:14 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/23 05:26 ] [ 編集 ]

Re: 大丈夫ですよぉ

コメント有難うございます

果歩の物語は何話で完結するか自分でもまだわからないんですが、

今頭の中に4作品程考えているのがあるんで、それも早く書きたいと思ってます。

人妻・・・女子大生・・・保育士・・・などなど・・・。

[ 2010/08/22 22:12 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/08/22 22:03 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/63-29061a27