FC2ブログ














官能小説 居候と人妻 真弓(36)


挿入されると同時に背中を反らせながら甘い声を漏らす真弓。

極太の陰茎に膣を大きく拡げられる感覚。

少し苦しいけど痛さはない、アソコが拓実のモノでいっぱいになる気持ち良さ。


「……真弓さん?」


「ン……大丈夫だよ、拓実君のって、やっぱり大きいね。はァ……あ、大きいって良い意味でだよ。」


「良い意味で?」


「……拓実君のは大きくて気持ち良いって事。」


真弓が笑顔でそう言うと、拓実は嬉しそうな表情をしていた。


「真弓さん、動いていいですか?」


「ウン。」


拓実が腰を動かし始める。

挿入された肉棒を引かれると同時に、膣壁をカリに刺激されて快感が走る。


「ああっ」


決してオナニーでは得られないこの感覚。

私、また拓実君とセックスしちゃってる。

拓実の巨根にピストンされる物理的な快感もあるけれど、それ以上にこんな年下の男の子とセックスをしているだという現実を改めて考えると、異常に興奮してしまう。


「んっあっあっんっはァ、あっあっ……」


拓実が腰を振るリズムに合わせるように自然と口から喘ぎ声が漏れる。

ゆっくりではあるけれど、その一定のリズム感が心地良い。


「はァ……真弓さん……」


拓実は腰を振りながら、唇へのキスだけでなく首筋や耳まで舐めてきて、さらには指で乳首やクリトリスも同時に刺激してくる。


「ああっ!拓実君っ……はァ……あっあんっ……」


まだ2回目なのに、いつの間にこんな技を覚えたのか知らないけど、物凄く気持ち良い。


「んっあっあんっ……ハァ、拓実君……気持ちイイ…あっあっ……」


「真弓さん、はァ、俺も……」


「あっんっねぇ拓実君、どうして分かるの?」


「分かるって何がですか?」


「私の気持ちイイ所。」


「ぇ……あ、それは分かるっていうか、何となくこうすれば良いのかなって思って。」


「そうなんだ、でも拓実君って、エッチ上手だね。」


「ほ、本当ですか?」


また嬉しそうな拓実。その笑顔が可愛い。


「うん、だって凄く気持ち良いもん。私達相性良いのかもね。」


「相性ですか。」


「うん、身体の相性っていうのかな。……だから……」


真弓がそう言って、繋がったまま見つめ合う二人。


「ハァ……ン……ねぇ拓実君……もっとして。」


真弓は熱い吐息を漏らしながら、色っぽく拓実にそう言った。


「真弓さん……」


そして真弓のその言葉を聞いた拓実は、何かの糸がプツンッと切れてしまったように、突然激しく腰を振り始めた。


「あっあっあっんぁっあっンァっハァンッ!」


ヴァギナは充分に濡れ、ペニスの太さにも馴染んでいるから、激しくされても痛みは出なくて、快感だけが増していく。

膣壁を擦られる度に気持ち良さが身体の奥から込み上げて来て、それが喘ぎ声になる。

人妻である真弓の身体に夢中になって腰を振りたくる拓実。

そんな理性を無くした拓実の首に腕を回して抱き寄せる。

身体を密着させて、拓実の息遣いとピストンの揺れを感じながら、心の中で拓実に声を掛ける。

もっともっと私に夢中になって。

もっともっと欲望を剥き出しにして、私の身体を貪ってほしい。

身体に広がった快楽が汗になって肌に滲み出てくる。

熱い。

2人共薄っすらと汗を掻き、息遣いをハァハァとさせながらディープキスをする。

長い時間キスをしている内に口内に溜まっていく拓実の唾液を、何の抵抗もなくゴクリと呑めてしまう。

性器のサイズも、身体の匂いも、唾液の味も、全てがしっくりくる。

相性良過ぎ。

私達、もともと1つの身体だったんじゃないの?と思うくらい。

こんな年下の男の子なのに。


「あッあ拓実君っンッンハァッ!ハァンッ!アッアッアンッ!」


そして込み上げてくる、絶頂の予感。

拓実の男根で達するオーガズムが、すぐそこまで来ている。

世の中に、男性のペニスでイかせて貰える女性がどれだけいるだろうか。

クリトリスへの刺激でイクのとは全く別の快感だし、まして指やオモチャでイクのとも違う。

男性器と女性器で共に絶頂する気持ち良さは、まさに別格の快楽。

女に生まれてきて良かったと思えるような、あの満たされる感覚。

セックスが上手い男性、もしくは相性が良い相手でないと味わえない感覚。

拓実とのセックスは、それが味わえる。


「あっアッアンッあああッ!」


くる……これ……今日一日ずっと欲しかった……ああ……イク……!


「あっあっ拓実君っ!ああっ!いく……ああッ!イっちゃう!……んああああッ!!」


勝手に身体が仰け反ってしまうほどの快感が、真弓の身体を貫く。


「はァァ!くっ……真弓さん俺も……あ゛ぅ……ハァァ……!」


真弓が絶頂し膣がギューっと拓実のペニスを締め付けると、その刺激で拓実も射精を始めてしまった。

ドク……ドク……ドク……と、コンドームを着けた拓実ペニスが真弓の膣内で白濁液を吐きだす。

同時に達した2人は、深く繋がったまましばらく抱き合っていた。

絶頂の波に呑み込まれた後に広がる甘美な心地よさは、何物にも代えがたい。

少し身体の熱が落ち着くと、真弓は軽く拓実の頬にキスをした後、クスっと笑顔を見せた。


「拓実君もイっちゃった?」


「はい……すみません。」


「ううん、私も気持ち良かったから、拓実君も一緒にイッてくれて嬉しかったよ。」


拓実は真弓のその言葉を聞いて、気恥ずかしそうに顔を赤くしていた。


「ねぇ、今日も沢山出たかな?」


「はい……たぶん。」


「見せて見せて。」


まるで無邪気な子供のように言う真弓。

拓実がペニスを膣から引き抜くと、装着されていたコンドームの先端にはたっぷりと白い精液が溜まっていた。


「わぁー沢山出たねっ!」


真弓は嬉しそうにそう言って拓実のペニスに手を伸ばすと、コンドームを外して先端に溜まった精液をタプタプと指で触ってみせた。


「スゴイ……多いし、濃いね。」


さらに真弓はティッシュを手に取ろうとした拓実を止めて「待って、私が綺麗にしてあげる」と言って拓実のペニスにフェラチオを始めた。

陰茎を舌で舐めると、拓実の精液の味がした。

拓実のペニスは射精を終えても、まだ勃起したままだった。

「元気だね」とまた笑顔を見せて、真弓はフェラチオを続けた。

陰茎、亀頭、玉袋まで、付着していた精液を残らず舐めとる。

10分程フェラチオを続けて、「ぷはっ」とペニスを口から離すと、拓実のそれは、もう臍まで反り返ってギンギンになっていた。


「カッチコチだね。」


「はい。」


2人で笑う。

もうお互いにしたい事は分かっている。


「今度は私が着けてあげるね。」


真弓は新しいコンドームを手に取ると、拓実のペニスに丁寧にそれを着けた。

そして始まる2回戦。

2回目はゆっくりまったりなセックスで、キスを沢山したし、拓実はクンニもしてくれた。

拓実にとっては初めてのクンニリングス。真弓の股間に顔を突っ込み、アソコを舌で舐める。

まだ慣れていなくてもどかしさもあったけれど、口の周りを愛液でベトベトにしている拓実の姿に、新鮮な興奮を感じた。

その後、挿入して対面座位でイチャイチャしながらたっぷりと時間を掛けて、腰を振り合いながら再び2人で絶頂。

拓実がゴムの中に放った精液は1回目よりも大量で、真弓は「時間を掛けるともっと沢山出るんだねぇ」と嬉しそうにしていた。

お互いの身体の事を知る行為は、気持ち良いのと同時に楽しかった。


「あ、拓実君、そこ……」


「ここですか?」


「うん、気持ちイイ……あっあっ……」


と、そんな言葉を交わしながら、結局のその夜も、真弓と拓実はセックスを4回もした。

昨日と合わせたら2日間で7回だ。もちろん真弓にとってもそんなにしたのは初めての事。

終わった後は、心地よい達成感と充実感に包まれながら、2人で裸のまま布団の中で一緒に眠った。


間空いちゃってすみません。

官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 人妻 香苗

官能小説ランキングへ
[ 2015/08/17 ] TB(0) | CM(12)

サヤコさん

コメントありがとうございます。

大ファンだなんて、嬉しいです。ありがとうございます。

小説難しいですよね、一度行き詰るとなかなか書けないし……。

お互い頑張りましょう!
[ 2015/08/30 23:28 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/08/24 22:45 ] [ 編集 ]

メンメン大好きさん

コメントありがとうございます。

そんな風に言って貰えるなんて嬉しいです。

更新はゆっくりペースですが、なんとか頑張りたいと思います。

そうですね、真弓と拓実にはもっと変態エッチさせたいと思います。頑張ります。


[ 2015/08/23 23:31 ] [ 編集 ]

待ってました!

ずっと待ってました!
おかえりなさい♪
これ見るの生き甲斐なんで更新なんとか
お願いします。

浪人生でも、もっともっと変態的に四六時中エッチしまくってる展開期待してます!
[ 2015/08/21 22:31 ] [ 編集 ]

読者さん

コメントありがとうございます。

間が空いてしまってすみません。ただいまです。
[ 2015/08/20 01:17 ] [ 編集 ]

Re:

> ありがとうございます!
> ずっと続きを待ってました!
> これからも、私や皆様をコーフンさせてくださいね!

コメントありがとうございます。
間が空いてしまってすみません。
これからもゆっくりペースになってしまうかもしれませんが、喜んでもらえるような物を書けるよう、頑張りたいと思います。
[ 2015/08/20 01:16 ] [ 編集 ]

Re: いつもお世話になっております笑

コメントありがとうございます。

またまた間が空いてしまってすみませんでした。

エロい真弓が描けるように更新頑張りたいと思います。
[ 2015/08/20 01:13 ] [ 編集 ]

ヒデさん

コメントありがとうございます。

なるべくエロい展開ができるように頑張りたいと思います。

でも基本的には真弓の物語は明るい方向でいこうかな……オープンなエッチというか。
[ 2015/08/20 01:10 ] [ 編集 ]

おかえりなさい!
[ 2015/08/19 17:12 ] [ 編集 ]

ありがとうございます!
ずっと続きを待ってました!
これからも、私や皆様をコーフンさせてくださいね!
[ 2015/08/18 22:42 ] [ 編集 ]

いつもお世話になっております笑

間が空いていたので心配だったのですが更新されてホッとしました。
真弓がどこまで堕ちるのか楽しみです♪
[ 2015/08/18 21:48 ] [ 編集 ]

これからの展開が

真弓さんのこれから(拓実とのエッチに嵌まって旦那バレとか)展開気になります。
[ 2015/08/18 10:41 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/747-5a5ad317