FC2ブログ














女子大生 水野果歩(68)

冨田 「おぉ、果歩ちゃんおはよう!」

山井 「おはよう果歩ちゃん!」

果歩 「お、おはようございます・・・。」

バイト先に着き、スタッフルームに入ると、椅子に座っていた富田と山井が元気よく挨拶をしてきた。

先日富田とした事を思うと、なんだか富田や山井に顔を合わすのも気まずかった果歩だが、当の2人はいたっていつもと変わらぬ様子だった。

しかし、果歩の方はそうはいかなかった。

冨田と目を合わしただけで、顔を赤くしてしまう果歩。

この人とつい先日セックスしたのだと考えるだけで身体は熱くなった。

冨田 「果歩ちゃん、今日もプールの監視の仕事頼むわ。」

果歩 「は、はい・・・。」


その日の冨田はまるで先日の事がなかったかの様にいつも通りインストラクターの仕事を続けていた。


果歩 「・・・・・・はぁ・・・。」

プールの端の監視台の上から、遠くの冨田の姿を眺める果歩。

プールに入って会員たちに泳ぎを指導する富田。プールから出ている富田の逞しい上半身に果歩は目を奪われていた。

女の果歩の目に映る冨田の男らしい肉体は実に官能的に見えた。

色黒でゴツゴツとした筋肉をつけた富田の肉体。

あの厚い胸板、太い腕に抱かれた感覚がまだ果歩の身体には残っていた。

あの鍛えられた肉体と、硬く太い男根、そして富田の巧みなテクニックを全身で体感した時、果歩はあの底の見えない快楽世界へ連れて行かれるのだ。


・・・また・・・抱いてほしい・・・


ふしだらかもしれないが、果歩は正直そう思った。いや、というより身体がそれを求めているのを感じたのだ。

冨田の官能的な肉体を見ているだけで熱くなる果歩の蜜壷は、まるで愛撫を受けた時の様に愛液を分泌し始めた。

ジンジンと疼く果歩の秘部。

膝に置いていた手を思わず、水着を着ている股間に持っていこうとしてしまう果歩。

果歩 (ハッ・・・ダメ・・・ダメだよ・・・何やってるの私・・・)

ここが公共の場である事を思い出し、果歩は手を膝の上に戻した。

しかし一度増殖し始めたムズムズ感は、果歩の意識とは逆に増える一方だった。

我慢できない身体、無意識に太腿を擦り合わせてしまう果歩。


解放されない濛濛(もうもう)とした気持ちのまま果歩はこの日のアルバイトの仕事を終えた。


冨田 「果歩ちゃんお疲れ!」

果歩 「お疲れ様です・・・。」

冨田 「気をつけて帰れよな。」

果歩 「ぇ・・・はい・・・。」

冨田は実に素っ気無い態度だった。いや、いつも通りなのかもしれないが、その日の果歩にはそう感じたのだ。

心のどこかで冨田に何かを期待してしまっていた果歩は、少し裏切られたようなガッカリした気持ちでトミタスポーツを後にした。


タッタッタッタッ・・・・・

駅から出た果歩は、小走りで自宅アパートへ帰った。

ガチャン・・・・カチャ・・・

果歩 「ハァ・・・ハァ・・・・。」

部屋に入り、ドアの鍵を閉めた果歩は、暗いままの部屋ですぐに服を脱ぎ始めた。

着替えではない。

下着姿になった果歩、間を空けずにブラジャーを取り、パンティにも手を掛ける。

パンティを下ろす時、大きな染みができた底部分からネットリした液体が糸を引いていた。

昨日と同じように部屋でひとり全裸になった果歩は、机の引き出しからあの紫色の玩具を取り出す。

ベッドに寝転がり、大きく股を開いてバイブを秘壺に挿入しようとする果歩。

濡らすための作業など必要ないくらいに濡れている、蜜壷は容易にバイブレーターを呑み込んでいった。

果歩 「ハァァ・・・富田さん・・・・ァ・・・」

はっきりと冨田の名前を口にしながら手を動かす果歩。

もう友哉からのメールをチェックする事はこの時の果歩の頭にはなかった。


ぼんやりと霧の掛かった官能の森を、果歩はあの日感じた快感を探してさまよっていたのだ。

しかし、どんなに必死で探しても、あの快楽世界へ通じる道は見つけることはできない。

果歩はいくら探してもそれが見つからない事などわかっていた。わかっていたが、オナニーを止めることはできなかった。


次のトミタスポーツのバイトの日も冨田の態度は変わらなかった。

冨田の官能的な肉体を見るだけの時間は、果歩をさらに追い詰めていた。


日々溜まっていく解放されない気持ち、溜まる一方のフラストレーション。

この週、果歩は毎日部屋に帰るとオナニーに没頭していた。

大学と雑貨屋さんのバイトを休み、一日中部屋で何かに取り付かれた様にオナニーをし続けた日もあった。

しかし、満たさない果歩の気持ち。

どんなに激しいオナニーをしても、何回バイブでイっても辿り着けないあの快感。

もはや果歩の我慢は限界に達しようとしていた。

携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ
↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/09/06 ] TB(0) | CM(6)

Re: taihoさん

かもしれません。

焦らせば焦らすほど・・・ですから(笑)

皆さんまだイッちゃだめですよ(笑)
[ 2010/09/07 21:23 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/07 20:55 ] [ 編集 ]

Re: 続き

富田さんは何もしてないのに、こんなになっちゃう果歩・・・(笑)

焦らしは大切ですよねぇ
[ 2010/09/07 20:05 ] [ 編集 ]

Re: いよいよ

コメントありがとうございます。
明日も更新頑張ります。

果歩の身体は冨田さんにゾッコンなのかもしれませんね・・・
[ 2010/09/07 19:32 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/07 19:02 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/07 18:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/80-b73ed39d