FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(41)


佳代ちゃんが週に何回オナニーをするのか。

吉岡先輩は何てことを聞くんだと思いながらも、正直俺はその答えがとても気になった。

きっと恋人でさえも知らないであろう佳代ちゃんの個人的な情報を、俺も知りたいと思った。

佳代ちゃんの恥ずかしい裸姿や濡れたアソコを見ても、さらにもっと佳代ちゃんの事を知りたくなる。


「なぁ、オナニー何回してるか答えろって。」


「ハァ、ああっ!あんっ!あああんっんっんっ!」


電マに感じながら恥ずかしそうに首を横に振る佳代ちゃん。


「答えられないならあと10回イクまで電マだなぁ。」


「ああんっ!酷いよ先輩ぃ!あああっ!もうダメっ!ああっ!」


腰をビクビクさせながらマジでちょっと限界っぽい佳代ちゃん。

で、それを見た吉岡先輩は不意に電マのスイッチを切ってこう聞いた。


「じゃあとりあえずオナニーするかしないかだけ答えろよ。」


「ハァ…ハァ……ん……え~……それは……」(ちょっと笑顔)


で、佳代ちゃんが恥ずかしそうに答えあぐねていると、またすぐにスイッチを入れる吉岡先輩。


ヴィ――――ンッ!!!


「ああああんっ!ああっダメっ!あああんっ!」


「答えねぇとこれの繰り返しだぞ~」


「ハハッ、吉岡はこういうの好きだよなぁ。」


吉岡先輩に翻弄される佳代ちゃんを見てゲラゲラ笑う先輩達。


「ああっ!んーーはァんっ!意地悪っだめ……はああっ!わ、分かり…ましたからぁ!んあっ!」


堪えきれずに佳代ちゃんが観念すると、吉岡先輩は電マのスイッチを切った。


「ハァ……ハァ……」


「で、オナニーしてるんだろ?」


そう聞かれて恥ずかしそうに小さく頷く佳代ちゃん。(その時俺の方をまたチラっと見てた。)


「週に何回?」


「え~……」


「まぁ他の女の子も皆1回か2回はしてるよな、佳代ちゃんもそのくらい?」
(これは吉岡先輩ではなくて太田先輩が聞いてた)


「……かなぁ」(恥ずかしそうに笑顔で言う佳代ちゃん)


「嘘つけ、もっとやってんだろ?」(すぐに佳代ちゃんの嘘を見抜く吉岡先輩)


で、図星なのか恥ずかしそうに顔赤くして笑顔を見せる佳代ちゃん。


「ハハッ、図星かよ!で、何回やってんだ?」


「……もぉ……恥ずかしいですぅ……」(顔真っ赤)


「言えないならこれだな。」


そう言ってまた電マのスイッチオン。


ヴィ―――ンッ!!!


「っんあああ!ハァあああんっ!言いますっ言いますからぁ!」


再びスイッチオフ。


「で、何回?」


「ん……ハァ……あの……」(まだ答えるの恥ずかしそう)


「3、4回って感じ?」


「……それは…えっと……」(その問いには頷かないで、モジモジする佳代ちゃん)


「もしかしてもっと多い?」


「……かも。」(顔真っ赤にして笑顔で)


佳代ちゃんのそこ答えを聞いて盛り上がる先輩達。


「ハハッ!マジかよ佳代ちゃん、それオナニー大好きじゃねぇか!」


「もぉやだぁ……やっぱり恥ずかしぃよぉ……」(顔真っ赤)


「佳代ちゃん恥ずかしいばっかり言ってるけど、どうせマゾだからオナニー告白して感じてるんだろ?」


「え~……」(笑顔でまんざらでもない様子)


「ハハッ、佳代ちゃんはスケベだなぁ。」


「……先輩達の方がエッチですよぉ……」


「でも佳代ちゃんも自分の事エッチだと思うだろ?」


「……うん……」(笑顔)


「ハハッ!いいねぇいいねぇ!佳代ちゃんもぶっちゃけてきたぞぉ!」


それ聞いて佳代ちゃんもニコニコして嬉しそう。


「てか佳代ちゃんさ、それ以上って事はもう毎日オナってる感じ?」


「……毎日……ではないですけどぉ……」


「でもほぼ毎日してるんだろ?」


「……しちゃってる……かも。」(恥ずかしそうに笑顔で)


佳代ちゃんの告白に、俺は興奮していた。

普段の佳代ちゃんを見ていたら、毎日オナニーをしてる子にはとても見えないから。

でもそれを聞いても幻滅なんて全くしなかった。

佳代ちゃんはとんでもなくエロい女の子なんだという現実に、俺はただただ興奮していたんだ。


「ハハッ、なんだよ佳代ちゃん、もしかして俺達と同じくらい性欲強いんじゃねぇの?」


「え~……そうなのかなぁ……」(笑顔)


そしてオープンな気持ちになっている佳代ちゃんを見て、吉岡先輩がさらにこう聞いた。


「じゃあ佳代ちゃんさ、昨日もオナニーしてた訳?」


「……それは……」(答えるの恥ずかしそう)


「昨日もこうやって自分の手でマンコ弄ってたのか?」


そう言って再び佳代ちゃんのアソコを手で触り始める吉岡先輩。


「あっ……ん……」


吉岡先輩に触れらた瞬間に表情がエロくなる佳代ちゃん。


「なぁ、昨日もオナニーしたのか?答えろって。」(聞きながら膣に指2本挿入)


「んっ!はァァ……ん……うん……ハァ……」(素直に答える佳代ちゃん)


吉岡先輩は膣に溜まった愛液で音を立てるように挿入した指を動かし始めた。

電マで責められた後だから、膣の中が大洪水っぽい。

クチュクチュクチュクチュ……

吉岡先輩は指を動かしながらさらに聞く。


「じゃあ昨日は何をオカズにオナニーしたんだ?」


「ん……ハァ……え……ハァん……」


「当ててやろうか?今日俺達とセックスするのを想像してオナニーしただろ?」


「んっ……ハァン……あんっ……」


「なぁ、そうなんだろ?」


「ハァ……ん……うん……ハァン……」(恥ずかしそうに頷いて答える佳代ちゃん)


「じゃあ今日こうなる事を期待してたんだ?」


「ハァ……だってぇ……あっあっん……」


「ハハッ、いいよ、今日はしっかりその期待に応えてやるから安心しな。」


「ハァァン……ああ……吉岡先輩……ハァ……」


指マンが相当気持ちイイのか、蕩けたような表情で、もう完全にドMモードになっている佳代ちゃん。

吉岡先輩に聞かれた事には全て素直に答えてしまう。


「自分でオナニーするのと俺にこうやってオマンコ苛められるのはどっちが好き?」


「ハァン……ん……こっち……あっんっ…ハァ……」(めっちゃエロい声で)


「じゃあもっとやってやろうか?」


「ん……ハァ……うん……ハァ……」


グチュグチュグチュグチュグチュ……!


「あっあっあっはァんっ!あっんっあんっハァンッ!」


「俺の指気持ち良い?」


「はァン……あっんっ……気持ちイイ……です…あっあっあんっ!」


「このまま指でイかせてほしい?」


「んっあっ…うん……あっあっん……」


「じゃあイかせて下さいって頼めよ。」


「ハァ……ん……イかせて……ください……ああっ!」


佳代ちゃんがそう言った瞬間に、吉岡先輩は手の動きを激しくさせて佳代ちゃんのアソコを責めた。

グチュグチュグチュグチュグチュ……!!!


「あっあっあっ…んああああっ!!!」


「これくらい激しい方が気持ちイイだろ?」


「あっあっんっはああっ!気持ちイイっあああん!」


グチュグチュグチュグチュグチュ……!!!!


吉岡先輩の指で乱れまくる佳代ちゃん。

そして吉岡先輩の指が膣内のあるスポットを刺激し始めると、佳代ちゃんは腰を浮かせながらさらに敏感な反応を見せて、ついには潮を吹き始めてしまった。


「んああああっ!」


透明の液体がビュッビュッビューーーーッ!と噴き出し、吉岡先輩の腕と下のマットを濡らしていく。

それを見て周りの先輩達もテンションを上げる。


「うおー吹いてる吹いてる!潮吹きすげぇ!」


そして吉岡先輩はそこから一気に佳代ちゃんを快楽の頂きに連れていった。


グチュグチュグチュグチュグチュ……!!!!!


「あっあっあん!んはァあああんっ!あっあんっもう……ああ……いっちゃう……あっあっイっちゃう!」


「いいぞ~もうそのまま潮吹きながらイっちまえ。」(涼しい顔して手を動かす吉岡先輩)


グチュグチュグチュグチュグチュ……!!!!!


「ああっんああっ!ハァァンッ!イイッ!んっあっああっ!いくっ……んはァ……あっいくっ!いっちゃう!イクッ!いっ……んああああああっ!!!!」


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子

官能小説ランキングへ
[ 2016/09/03 ] TB(0) | CM(6)

さとるさん

コメントありがとうございます。

アソコの綺麗さって結局メラニン色素の多さだったり、元々どういう形だったかに左右されるから、オナニーしまくっていても綺麗な子は綺麗なままかもしれませんね。

ビラビラが伸びてたりするのも、それはそれでエロいですけどw
[ 2016/09/05 22:43 ] [ 編集 ]

M.Nさん

コメントありがとうございます。

あれだけ敏感体質でエッチな女の子ですからね、オナニー好きになるのは当たり前かもしれませんねw

続きも更新頑張りますねっ(^^)
[ 2016/09/05 22:36 ] [ 編集 ]

佳代ちゃん毎日オナってもきれいなマンコってことはよっぽどソフトなオナニーなのかな。
ゆっくり時間をかけてじわーっと気持ち良くなって自然に体が絶頂するような・・・ムッツリさんですね
[ 2016/09/04 19:31 ] [ 編集 ]

佳代ちゃん…何となくそうかなって思ったけど、やっぱり毎日オナニーしてるんだ…。
佳代ちゃんの感じてる姿は、女性の私からしても魅力的でスッゴく興奮します…佳代ちゃん可愛い♪
続きがとっても楽しみです!
[ 2016/09/04 01:39 ] [ 編集 ]

りっくんさん

コメントありがとうございます。

やっぱり敏感体質で頭の中もドエロな佳代ですから、どうしても我慢できずに毎日しちゃうんでしょうねーw


[ 2016/09/04 00:10 ] [ 編集 ]

佳代ちゃん・・毎日でしたか・・
どんどんヤラシクなっていく佳代ちゃんに今後も期待です!
[ 2016/09/03 22:34 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/805-8bd7c06d