FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(58)


「ナオヒロは童貞なんだから佳代ちゃんがしっかりリードしてやってくれよな。」


「ぇ……リードって言われても……どういう……」


アパートに戻ったところで先輩達にそう言われ、佳代ちゃんは少し困惑しているようだった。


「そうだなぁ、まずは佳代ちゃん得意のフェラで一発抜いてやれば?」


「それであとは騎乗位でガンガン責めてやりなよ。」(コンドームの箱を佳代ちゃんに渡して)


「え~……」(恥ずかしそうに顔を赤くする佳代ちゃん)


佳代ちゃんは自分がリードする事自体には嫌そうな顔はしていなかったけど〝上手にできるかな……〟みたいな不安が少しあるみたいだった。

でも俺からしたら上手い下手なんて関係ない。
佳代ちゃんのフェラと騎乗位をしてもらえるのかと思うと、それを想像するだけで胸が高鳴ってしまう。


「じゃあナオヒロさ、そっちの部屋佳代ちゃんと二人で使っていいから、楽しんで来いよ。」


太田先輩はそう言って俺の肩を叩いた。


「え……二人……」


「初めてのセックスなんだから2人きりのがいいだろ?俺達紳士だからその辺はちゃんと気使うっての。」(ゲラゲラ笑いながら)


「あとで佳代ちゃんのオマンコの感想聞かせろよ!ほら、行って来いって。」


先輩達に背中を押されて、あのマットが敷かれたヤリ部屋に強引に入れられる俺と佳代ちゃん。

部屋に二人きりになった俺達は、顔を見合わせてお互いに顔を赤くした。


「……なんか……大変な事になっちゃったね。」


佳代ちゃんは恥ずかしそうに笑顔を見せて俺にそう言った。


「……だ、だね。」


俺も気恥ずかしくなる。

2人きりになった瞬間に緊張感がヤバい。

すると隣の部屋から壁をドンドン叩く音が聞こえて、それから先輩達の大きな声が……。


「佳代ちゃ~ん!ナオヒロに腰の振り方も教えてやってくれよなー!」


隣から聞こえるゲラゲラ笑う先輩達の声に、佳代ちゃんは顔を真っ赤にして1人で部屋を出て、隣の先輩達に

「もぉ……恥ずかしいからそういう事言わないでくださいよぉ。」


「ハハッ、ごめんごめん、静かにしてるわ。」


で、佳代ちゃんはまた部屋に戻ってくると、俺の顔を見て恥ずかしそうにこう言った。


「……先輩達ってホントにエッチだよね。」


「……うん。」


「……」


「……」


「……ごめん、私もだよね。」


少し沈黙した後、佳代ちゃんは照れた笑顔で少し自虐的にそう言った。

で、俺はフォローしないといけないと思って


「それは……大丈夫、俺もだから。」(気恥ずかしかったけど笑顔で)


「……うん、ナオ君もなんだね。」(恥ずかしそうに笑顔で)


「……」


「……」


またお互いに顔赤くしながら沈黙してしまい、少し気まずくなる。

で、何か話さないとと思って俺が口を開く。


「……ごめん俺、結構緊張しちゃってて。」


「ね、緊張するよね、私もドキドキしてる。」


「……」


「……」


で、再び沈黙した後


「……ねぇナオ君、本当に初めてなのに私でいいの?」


「も、もちろん!寧ろ俺は佳代ちゃんが良いっていうか……」


「えっ?」


「あ、いや……そうじゃなくて、その……こんなの夢みたいでなんて言ったらいいか……」


思わず告白してしまいそうになり、アタフタする俺を見て、佳代ちゃんはクスクスと笑っていた。

で、俺は笑ってる佳代ちゃんにまた「ごめん、変な事言って……」と言って頭を掻くと、
佳代ちゃんは「ううん、大丈夫だよ」と、笑顔で言ってくれた。

そして……


「……」


「……」


「……じゃあ……エッチする?」


照れた感じの可愛い笑顔で佳代ちゃんにそう言われて、俺の心臓はバックンバックと大きな音を鳴らし始めた。

そして俺は「……うん」と頷いた。

いよいよ、佳代ちゃんとセックスするんだな、俺。


「わぁ……でも本当に緊張するね。」(笑顔で恥ずかしそうに言う佳代ちゃん)


「うん、だね。」


「じゃあ……どうしようか……」


どうしようか……佳代ちゃんのその言葉で俺は察した。


「……あ、俺、脱いだ方がいいよね。」


「……そ、そうだね、うん。」


こういう時は男が先に脱ぐんだと思って、俺は佳代ちゃん前で服を脱ぎ始めた。

シャツもズボンも脱いで……緊張してる癖にペニスはすでにギンギンに勃起していて恥ずかしかったけど、思いきってパンツも脱いで全裸になった。

俺の勃起したペニス見てちょっと嬉しそうな佳代ちゃん。

で、佳代ちゃんも自分のワンピースに手を掛ける。


「じゃあ私も……脱いじゃうね。」


でも佳代ちゃんも緊張してるみたいで、脱ぐ前に深呼吸してた。


「ふぅ……どうしよう……私、やっぱりナオ君に見られるのが一番恥ずかしいよぉ。」


恥ずかしがってる佳代ちゃん超可愛い。

そして……


「でも……脱いじゃおうっと。」(恥ずかしそうに笑顔で)


そう言ってワンピースを脱いじゃう佳代ちゃん、

ノーパンノーブラだから、ワンピースを脱いだ時点で佳代ちゃんは全裸に。

Fカップのオッパイと、限りなくピンク色に近い乳輪と乳首、そしてアンダーヘアが整えられたアソコ。

2人きりで近くで見る佳代ちゃんの裸体は、やっぱりとんでもなくエロかった。

裸になって腕で恥ずかしい場所を隠しながら顔真っ赤にしている佳代ちゃん。

俺は何か言わないといけないと思って


「……佳代ちゃん……あの……凄く綺麗だね。」(お世辞じゃないけどお世辞みたいに言っちゃった)


「え~……ホントに?」(でも嬉しそうな佳代ちゃん)


「うん、本当に凄く綺麗。」


「わぁ……でもナオ君にそういう事言われると恥ずかしいよぉ。」


モジモジしながらお互いに照れ笑顔。

そして佳代ちゃんの視線が再び俺の股間へ。

勃起したペニスを見てまた嬉しそうにする佳代ちゃん。


「ナオ君のも……大きくなってるね。」


「……うん。」(正直恥ずかしいけど勃起は止まらない)


「ナオ君もエッチだねっ。」


気恥ずかしく頷く俺。


「でも……たぶん私の方がエッチだけどねっ。」


可愛い笑顔でさりげなく衝撃発言をする佳代ちゃんに、俺はドキッとした。

そして佳代ちゃんは俺の前で女の子らしく内股でしゃがむと、俺の顔を見上げて


「ねぇナオ君、お口でしていい?」


と聞いてきた。

すげぇエロいと思いながら、俺は緊張した面持ちで頷いた。

そして俺の勃起ペニスに手を添える佳代ちゃん。


「じゃあ……するね。」


佳代ちゃんは恥ずかしそうにそう言うと、ゆっくり顔を近づけて、ペロペロと舌で俺のペニスを舐め始めた。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/10/11 ] TB(0) | CM(17)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/10/15 21:18 ] [ 編集 ]

熱狂読者さん

コメントありがとうございます。

少し間が空いてしまいましたが、どんどんエロくしていく予定なので、ぜひぜひナオヒロと一緒に気持ち良くなってください(^^)

でも間が空くと萎えちゃいますよね……(-_-)

更新、なるべく早くできるように努力しますm(__)m
[ 2016/10/15 19:09 ] [ 編集 ]

38さん

コメントありがとうございます。

いつも次の話がワクワクするような展開にしたいと思って書いているので、そう言って頂けると嬉しいです。

盛り上がってきたところなのに、また少し更新の間が空いてしまってすみません。なるべく早く更新できるようにがんばります。
[ 2016/10/15 19:07 ] [ 編集 ]

マルコメさん

コメントありがとうございます。

ファンだなんて……ありがとうございます。そう言って頂けると嬉しいです。

佳代はド淫乱な部分とピュアな部分のバランスが結構難しいですw

ナオヒロと佳代は今後も何回かセックスする予定なので、乞うご期待って事でw

でもまた少し更新の間が空いてしまって……すみません。できるだけ早く更新できるように頑張りますね。

お気遣いありがとうございます。季節の変わり目なのでマルコメさんも体調にはお気をつけください。
[ 2016/10/15 19:03 ] [ 編集 ]

名無しさん

> メンメンさんの作品は全部読んできましたが、ここの描写、メンメンさん史上最高では?

ありがとうございます!

でも盛り上がってきたところで間が空いてしまってすみません、大事なシーンなのでなるべく早く更新できるように頑張ります。
[ 2016/10/15 18:48 ] [ 編集 ]

you-meさん

コメントありがとうございます。

こちらこそ、コメント頂けるの凄く嬉しいです(^^)

最近寒くなってきたから公園で裸になるのは無理ですよねw

お気遣いありがとうございます。季節の変わり目なので、you-meさんも風邪など気を付けてくださいね。
[ 2016/10/15 18:46 ] [ 編集 ]

M.Nさん

コメントありがとうございます。

58話は〝これでいいのかなぁ、もっとエロくできそうなのになぁ〟って迷いながら更新したので、そう言って貰えると救われた気分になります。ありがとうございます。

エロシーンはやっぱり難しくてちょっと苦戦していますが、更新頑張りますね!
[ 2016/10/15 18:41 ] [ 編集 ]

りっくんさん

コメントありがとうございます。

盛り上がってきたのにちょっと更新間が空いちゃってすみません!

ここからどんどんエロくしていきます!
[ 2016/10/15 18:39 ] [ 編集 ]

やおさん

コメントありがとうございます。

「お口でしていい?」を気に入って頂けたみたいで嬉しいです。

エロいセリフって考えるの結構大変なので良かったです。
[ 2016/10/15 18:38 ] [ 編集 ]

私も

次回にナオヒロ気分で
自爆します!ドキドキ~
[ 2016/10/13 13:07 ] [ 編集 ]

今まで、ヤリまくってた先輩達が紳士に二人きりにさせるあたりのギャップ感と、童貞者が女体を目にする描写感とドキドキ感が二人きりになったことでより新鮮に繁栄されて、楽しみが継続されました。
多忙と思われますが頑張って欲しいです。
H好きな男性陣のために…
応援してます。
[ 2016/10/13 06:33 ] [ 編集 ]

最高です!!

さっきまでド淫乱の佳代ちゃんがナオヒロと
2人になった瞬間ピュアな女の子に!!!
根は変態エッチな佳代ちゃんだけどナオヒロとの
エッチはラブラブなエッチになるんでしょうかね?笑
とても続きが楽しみなのと凄くやらしいのを期待してます!!\(^o^)/
短い期間でのたくさんの投稿ありがとうございます!!
ずっとファンでいますのでがんばってください!!
寒くなってきたのでお身体にはお気を付けて
小説とお仕事がんばってください!
[ 2016/10/13 01:47 ] [ 編集 ]

メンメンさんの作品は全部読んできましたが、ここの描写、メンメンさん史上最高では?
[ 2016/10/12 23:28 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/10/12 17:52 ] [ 編集 ]

「お口でしていい?」ぐはぁあっ!!ってなりましたー!
佳代ちゃん可愛い過ぎるよ~!
そしてナオヒロ君も…二人して照れながら裸になる姿に猛烈にキュンキュンしちゃいました。
ニヤニヤが止まりません!

佳代ちゃんがリードするんですね…フェラに騎乗位…何だか私までスッゴくドキドキしてきました…。
先輩たちも気をきかせてくれて優しいし、この先どうなるのか本当に楽しみですよ♪
ナオヒロ君がんばれー!
[ 2016/10/12 01:48 ] [ 編集 ]

ついにナオヒロが佳代ちゃんにフェラされて!
先輩たちは2人きりにしてくれたけど、最後まで2人きりなのか!?
そして、ナオヒロに乗っかってする騎乗位は実現するのか!?
ああ!続きがきになりますー!
やはりこの描写こそ、メンメンさんの真骨頂です!!
[ 2016/10/12 00:47 ] [ 編集 ]

お口でしていい?
はいいですねー^_^

言葉で気持ちよくなっちゃいますねっ。そういう言葉のやりとり、大好きです♡
[ 2016/10/12 00:43 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/822-d63de852