FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(63)


俺は両手で佳代ちゃんのオッパイを触った。

緊張してたから、最初は軽く触れるような感じで。

モニュ……ムニュ……

めっちゃ柔らかいし、指に吸い付てくるような感触。

なんだかさっきオッパイを触らせてもらった時よりも柔らかいような……セックス中だから?気のせいかもしれないけど。

そのままオッパイを揉み始めると、その夢のような触り心地に俺は夢中になった。


――ああ……佳代ちゃんのオッパイ……ずっと触っていたい――


そして俺はオッパイ揉みながら指の間にある佳代ちゃんの勃起した乳首が気になって、調子に乗ってちょっと触ってみた。


「あんっ!」


本当にちょっと乳首を触っただけで敏感に身体をビクンっと反応させる佳代ちゃん。


「あっごめん……」(佳代ちゃんの反応に驚いて反射的に謝ってしまう俺)


「はァ、ごめん私……そこ弱くて……」(佳代ちゃんも恥ずかしそうに謝る)


でも俺が乳首から指を離すと佳代ちゃんは


「あ、ナオ君……あの……いいよ……もっと……」


「え?」


「もっと……触っていいよ……」(恥ずかしそうにしながら)


つまり佳代ちゃんは乳首をもっと触ってほしいと。

俺は佳代ちゃんのその言葉に興奮し、勃起した乳首をもう一度指で摘まんで刺激した。


「あっんっ!」(めっちゃ甘い声)


乳首をグリグリすると、上半身をビクンビクンさせる佳代ちゃん。

先輩達の〝佳代ちゃんの乳首はクリトリスみたいに敏感〟って言葉は大げさじゃないと思った。

敏感な佳代ちゃんが可愛くてエロくて、それに興奮しながらオッパイモミモミ、乳首グリグリ……夢中になる俺。


「ンッ……はァ……あっ……んっ……はァん……」


俺は佳代ちゃんのオッパイを揉み続け、佳代ちゃんは俺の上で腰を振り続ける。

俺と佳代ちゃんは、気づいたらしっかりセックスをしていた。

そして時間が経つにつれ徐々にセックスに慣れてきて、羞恥心が薄まり、俺と佳代ちゃんは快楽だけに意識が集中していった。

俺は遠慮せずに激しくオッパイを揉み、乳首も強めに摘まむ。

佳代ちゃんもかなり速いテンポで腰を振る。


「ハァ……ハァ……」(自然と息が荒くなる俺)


「んっはァんッ……あっあんっ……!」(佳代ちゃんの喘ぎ声も本格的になってくる)


そして佳代ちゃんは甘い声を出しながら俺に聞いてきた。


「ン……はァ……ナオ君、気持ちイイ?」(腰振りながら)


「ハァ……うん、気持ちイイよ、凄い気持ちイイ。」


〝気持ちイイ〟という言葉以外頭に浮かばないくらい俺は興奮していたし、実際佳代ちゃんに騎乗位で責めてもらっているチンコも溶けそうなくらい気持ち良かった。

そして佳代ちゃんは俺の返事を聞いて嬉しそうに照れた笑顔を見せると、今度は膝を立てて(和式トイレみたいに)腰を上下に動かし始めた。


「ああ……佳代ちゃん……!」


「ん……はァ……これも気持ちイイ?」
(腰振りながら可愛い声で聞いてくる佳代ちゃん←でもやってる事はドエロ)


「ハァ、すごい、うん、滅茶苦茶気持ちいいよ。」(俺大興奮)


気持ち良いだけじゃなく、この腰を動かし方をされると、佳代ちゃんのマンコに俺のチンコが入っている所が丸見えになるからそれも興奮してしまう。

佳代ちゃんが腰を浮かせたり、腰を落としたり、上下運動をする度にヌッチャヌッチャと卑猥な音がする。

見ると、俺の陰毛が佳代ちゃんの愛液でベチャベチャに濡れていた。

でも佳代ちゃんもそれに気づいて、恥ずかしかったのか、腰が止まる。

たぶん俺が結合部を凝視してたから余計に恥ずかしかったんだと思う。


「はァ……ナオ君……ここあんまり見ないで……恥ずかしい……」(濡れた結合部を手で隠しながら顔真っ赤にして)


「あ、ごめん……でも……凄い濡れてるね。」(興奮し過ぎて見たままに言っちゃう俺←バカ)


「やだナオ君……でも……うん、凄いね、私……」(佳代ちゃんも自分の濡れ具合にちょっと笑ってた)


「佳代ちゃんも……気持ち良いの?」


「……うん……すっごく気持ち良い……」(恥ずかしそうに照れた笑顔で)


佳代ちゃんにそう言って貰えたのが俺は嬉しかった。

俺のチンコで佳代ちゃんがこんなに感じてくれるなんて。

嬉しくて、その時俺はニヤニヤしていたんだと思う。

佳代ちゃんはそんな俺を見て


「……エッチって……ホントに気持ち良いよね。」(顔を赤らめながら可愛い笑顔で)


「うん、なんかもう……想像以上。」(俺も笑顔)


「ね~、スゴイよね。」(佳代ちゃんの本音)


「俺も先輩達みたいにセックスに嵌っちゃいそうかも。」(ちょっと冗談っぽく)


「あ~ね……気持ち良いもんね。」(笑顔な佳代ちゃん)


セックスは気持ち良くて最高。

↑この認識で共感する俺と佳代ちゃん。

そして佳代ちゃんはさらに嬉しそうにしながらこう言った。


「ねぇねぇナオ君……じゃあ今度はちょっと交代してみない?」


「え?」


「その……ナオ君も動きたいかなぁって思って。」(ちょっと恥ずかしそうに)


つまり俺が上になるって事。(正常位)

もちろん俺はその佳代ちゃんの提案に興奮した。


「あ、うん……したい。」(素直な俺)


「うん、じゃあ……交代しよっか。」(言い方が可愛い佳代ちゃん)


そう言って佳代ちゃんは一旦俺の上から降りた。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/10/20 ] TB(0) | CM(11)

らんらんさん

コメントありがとうございます。

あ~なるほど、「あ~ね」はそうかもしれませんね、九州出身の人と共同生活していた事があるのでそれでうつったのかもしれませんw

はい、続きも楽しんでもらえるように頑張りますね(^^)
[ 2016/10/22 20:42 ] [ 編集 ]

名無しさんの質問は「あ~ね」って台詞があったからでしょうか?
元は九州の方言みたいですね。最近は九州以外の人も使ってるかもしれませんが。

すごく良いシーンですね。続き楽しみにしています!
[ 2016/10/22 09:59 ] [ 編集 ]

名無しさん

> 読んでて思ったんですが、メンメンさん九州出身だったりします?


九州ではないですけど……もしかして方言出ちゃってます?(>_<)
[ 2016/10/22 00:13 ] [ 編集 ]

熱狂読者さん

コメントありがとうございます。

〝生身とやり過ぎて飽きた〟なんて羨ましい、僕もそれくらいしたいですw

奥様も僕の小説を……ありがとうございます、嬉しいです。(興奮しちゃいますw)

これからも楽しんでも頂けるように頑張りますね!(^^)




[ 2016/10/22 00:12 ] [ 編集 ]

りっくんさん

コメントありがとうございます。

佳代だけじゃなくてナオヒロも嵌っちゃいそうですw

さてこれからどこまでエスカレートするか……乞うご期待って事で(^^)
[ 2016/10/21 23:52 ] [ 編集 ]

you-meさん

コメントありがとうございます。

僕は普段は全く有言実行できない男ですが、できる限り続けられるように頑張りますね(^^)
[ 2016/10/21 23:50 ] [ 編集 ]

読んでて思ったんですが、メンメンさん九州出身だったりします?
[ 2016/10/21 09:50 ] [ 編集 ]

お世話になります

遠い昔の童貞喪失を回顧しながら
手遊びしてしまいます^/^

私よりはるかに持続できてるナオヒロ

さて
どんな射精になるんだろ

生身とやり過ぎて飽きた
今の私には
若者還りさせてもらえて
本当にありがたく思います

かみさんも
読んでますが

あんたの好きな
表現多いね!って

真弓さん編の時は
挿入無しで
(笑)(笑)
かみさんが演技してくれました

今夜は
抜きましょかね\(^^)/
[ 2016/10/21 06:57 ] [ 編集 ]

ちょっと修正するかもですが

ギリギリで更新したので、更新した後にちょこちょこ修正しちゃってます。
また明日読んだらちょっと文章変わってるかも……ちゃんと書いてから更新しろって話ですが、すみませんm(__)m

明日も64話更新予定ですので宜しくお願いします。
[ 2016/10/21 00:31 ] [ 編集 ]

2人が可愛過ぎる!
そして、セックスにドハマりして行きそう!
これは今後が楽しみになります!!
[ 2016/10/21 00:24 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/10/21 00:16 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/827-2ec90ba6