FC2ブログ











官能小説 青春の人 佳代ちゃん(65)


ドクン……ドクン……と、俺は佳代ちゃんの膣内で射精を続けていた。


「ハァ……ハァ……」


「はァ……はァ……」


お互いの息遣いを聞きながら、セックスの余韻に浸る。

で、俺の射精が終わると、佳代ちゃん笑顔で「気持ち良かった?」と聞いてきた。


「ハァ……うん、佳代ちゃん、あの……ありがとう。」(照れながら)


「私も……気持ち良かったよ、ナオ君エッチ上手だね。」


可愛い笑顔でそう言われ、俺はそんな佳代ちゃんに胸がキュンキュンしていた。


「わぁ、ナオ君凄い汗掻いてる。」


俺の額に滲んでいた汗を手で拭うように触る佳代ちゃん。

こういう何気ないタッチがヤバい。

元々佳代ちゃんに惚れてた俺だけど、またさらに惚れてしまう。


「お~い、なにイチャイチャしてんだよ。」


突然背後から声が聞こえてハッとして振り返ると、そこには先輩達がドアを開けて立っていた。

どうやら俺と佳代ちゃんのセックス、最後に方は先輩達に見られてたみたい。


「せ、先輩っ!?」


俺は驚いて慌てて佳代ちゃんのアソコからペニスを抜いて、身体を離した。(動揺しちゃって)


「ナオヒロ~お前童貞のくせに結構佳代ちゃんアンアン言わせてたじゃねぇか。」


「な!童貞らしからぬ腰の振りだったよな!」


「でも佳代ちゃんがイク前にイっちまったからなぁ、まぁ初めてだから仕方ねぇけど、Aと同じでナオヒロも早漏か?」


ゲラゲラ笑う先輩達。

で、先輩達は俺に近づいてきて

「まぁ良かったじゃねぇか、童貞卒業おめでとう!やったな!」

と言って俺の肩を叩いてきた。

佳代ちゃんと二人きりだった夢のような時間から一気に現実に戻された感じ。

佳代ちゃんも先輩達が部屋に入ってきたら恥ずかしそうにバスタオルで身体を隠してた。

で、先輩達に脱童貞を祝われ、
初めてのマンコはどうだったよ?
佳代ちゃんのフェラ最高だろ?
ゴックンしてもらったか?
だとか色々言われながら俺と佳代ちゃんは顔を赤くしていた。


「佳代ちゃんはどうなんだよ?ナオヒロの童貞喰った感想聞かせてよ。」


「……そ、そういう言い方しないでくださいよぉ……」


「ハハッ、だってそうだろ。で?ナオヒロのセックスどうだった?」


「それは……その……ナオ君…凄く優しくしてくれたから……」(恥ずかしそうに)


「へぇ、でも佳代ちゃん優しいセックスなんてあんまり好きじゃないんじゃないのか?」


「そ、そんな事……」


「佳代ちゃんはどっちかって言うとお尻バチンバチン叩かれながらイキまくるセックスの方が好きだろ?」


「え~……」(笑う佳代ちゃん)


「佳代ちゃんドMだもんな?」


「……」(照れたような笑顔を見せるだけで否定しない佳代ちゃん)


佳代ちゃんのその反応を見て、佳代ちゃんはやっぱりそういうセックスの方が好きなのかなって、ちょっと落ち込んだ。

気持ち良くて感動していたのは俺だけか……あんなに気持ちが通じたと思ったのに、俺の独りよがり?

そりゃ童貞のセックスで満足できる訳ないよな……その前には先輩達と散々激しいセックスしていたんだし……

佳代ちゃんは優しい性格だからから気を使って気持ち良かったとか言ってくれたけど……。

そしてそんなエロ雑談をしている中で、吉岡先輩が俺に声を掛けてきた。


「じゃあナオヒロ、お前シャワーでも浴びて来いよ、汗掻いたろ?」


「え?」


吉岡先輩になにやら意味深な感じでそう言われ、俺がその真意を理解できないでいると、吉岡先輩はさらに俺の耳元で囁くようにこう言った。


「一回シャワー浴びて気持ちリセットしてよ、向こうの部屋に置いてある強い酒でも一杯飲んでテンション上げてから戻って来いって。今から全員で佳代ちゃんヤリまくるからよ、マジでここから肉便器にするからお前も気合い入れ直してこいよ、な?」


〝今から佳代ちゃんをマジで肉便器にするから〟


吉岡先輩のその言葉に、俺はゾクッとした。

そして吉岡先輩はニヤニヤしながらこう続けた。


「お前が戻ってくるまでに佳代ちゃんも仕上げておくからよ。」


そう言って吉岡先輩はこっそり手に持っていたテキーラの瓶を見せてきた。(言わずと知れた超強い酒)


「いくらエロい女でも、肉便器にまで落とすにはそれなりにこれの力もいるからよ。羞恥心が全部ぶっ飛んでからが女は面白れぇから。」


「……ま、マジですか……」(冷や汗)


「お前も肉便器になった佳代ちゃん使いたいだろ?」


俺は「はい」とも「いいえ」とも言えなかった。

でもその時の俺の表情は明らかに興奮していたんだろうと思う。

吉岡先輩の鬼畜な言葉の一つ一つに、胸が熱くなる。

そして吉岡先輩はそんな俺の顔を見て笑うと、

「ほら、シャワー浴びて来いって、戻ってきたらお前にも美味しい思いさせてやっからよ」

そう言ってまた俺の肩を叩いた。




[ 2016/10/22 ] TB(0) | CM(12)

you-meさん

コメントありがとうございます。

いえいえ、大丈夫ですよぉ、僕も皆さんのコメントでちょっと表現が怖くなってしまっている事に気づいたので、寧ろありがたいです。

これからも宜しくお願いしますね(^^)
[ 2016/10/23 23:28 ] [ 編集 ]

熱狂読者さん

コメントありがとうございます。

ちょっと吉岡先輩のセリフ修正しました。あんまり怖い感じにするつもりはなかったので。

佳代ちゃん肉便器は肉便器でも可愛い肉便器にするつもりです(^^)
[ 2016/10/23 23:26 ] [ 編集 ]

名無しさん

> 純愛がいいよお!と思ってしまうピュアなぼく


コメントありがとうございます。

佳代は肉便器にしちゃいますが、可愛い感じは残したいと思っています。

あと、ピュア純愛っぽいセックスシーンもまだ入れる予定なので、乞うご期待って事で(^^)
[ 2016/10/23 23:24 ] [ 編集 ]

M.Nさん

コメントありがとうございます。

肉便器は肉便器でも可愛い肉便器に仕上げるつもりなのでご安心をw

とにかく明るくエロい感じにしようかなって思ってます。暗い話にはしないつもりです。
[ 2016/10/23 23:22 ] [ 編集 ]

りっくんさん

コメントありがとうございます。

そうですね、皆で佳代を気持ち良くしちゃいます(^^)

ていうかここからヤリまくり……底知れぬ大学生達の性欲を描きたいと思います。

[ 2016/10/23 23:20 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/10/23 17:49 ] [ 編集 ]

ちょっと修正しました。

ちょっと過激だったかな。

「おしっこ飲むようになるから」ってセリフは消しました。

僕もちょっと違うかなと思ったので。

泥酔させてレイプ……みたいなのはあんまり好きじゃないので、あくまで楽しく淫乱にさせたいのが僕の狙いです。

今回はちょっと狙いからズレてしまいましたね。
[ 2016/10/23 14:37 ] [ 編集 ]

佳代ちゃん

ちょっと怖いけど
どんな
性玩具になるんだろ

[ 2016/10/23 11:06 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/10/23 09:15 ] [ 編集 ]

純愛がいいよお!と思ってしまうピュアなぼく
[ 2016/10/23 05:53 ] [ 編集 ]

ナオヒロ君とのエッチ素敵でした!
…でも、佳代ちゃん…肉便器になっちゃうの…?
少しだけ悲しいって思いながら…とっても興奮します。
…これから始まる淫らな場面を想像すると……。
完全に堕ちてしまったイヤらしい佳代ちゃん…楽しみにしてますね。
[ 2016/10/23 00:18 ] [ 編集 ]

きれいに終わったナオヒロの脱童貞から、今度は一気に肉便器に・・

佳代ちゃんがたっぷり楽しむ番!
[ 2016/10/22 21:53 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/829-63742589