FC2ブログ











官能小説 青春の人 佳代ちゃん(67)


皆で全裸になって酔っ払いながら裸の佳代ちゃんを触りまくる。

胸を揉みながら乳首を摘まみ、アソコの指を入れられグチュグチュされながらクリトリスを刺激される。

俺も佳代ちゃんの内腿やお尻を思い切って触りまくっていた。


「んっ……ハァ!あっんっ……ンーーっ!っはァ……!」


5人に手に同時に愛撫を受けて、身体をクネクネさせながら甘い声を漏らす佳代ちゃん。

飲まされたテキーラが効いているのか、佳代ちゃんの身体は今までにないくらい火照っていて、柔らかな白肌はピンク色に染まり、滲んだ汗でシットリしていた。


「どうよ佳代ちゃん、気持ちイイ?テキーラ回ってきた?」


「んはァ……身体が…熱いよぉ……ハァ……ハァ……」


「いいねぇ、オマンコもグチョグチョになってきたし。でももっと感じなきゃダメだよ、俺達の前で淫乱な佳代ちゃんを全部曝け出さなきゃ。」


「ハァ……恥ずかしぃ……ああん……はァ……」


「恥ずかしい?じゃあまだ足りないな。」


そう言って吉岡先輩がまたテキーラを口に含み、佳代ちゃんに口移しする。


「んーーーーっ……!」


そしてそのまま吉岡先輩と佳代ちゃんの濃厚なディープキスが始まる。


「ン……チュパ……ジュルル……チュパ…チュパ……ハァン…チュパ……ジュルル!」


2人共結構大きく口を開けてかなり激しいキス。舌を絡ませまくってるし、唾液交換しまくり。


「ンンーーー……っぷはァ……ハァハァ……」


「どうだ?脳みそトロトロになってきただろ?」


「ハァハァ……はァ……もう…おかしくなっちゃう……ハァん……」(佳代ちゃんちょっと泣きそうな声で)


グチュグチュと掻き回されてる佳代ちゃんのアソコからは、すでにマン汁がダラダラと内腿まで垂れている。

佳代ちゃんは濡れやすいから今までも凄かったけど、今回はさらに濡れ方激しくて、本当にお漏らししたみたいにトロトロの愛液が次々と溢れ出てくる。

テキーラと5人同時愛撫が相当効いてるっぽい。

吉岡先輩曰く、「佳代ちゃんは体質的に酒とセックスの相性がかなり良い」らしい。

こういう佳代ちゃんみたいなタイプは酔えば酔う程エロくなるし、感度も高まる体質なんだとか。

しかし吉岡先輩は「でも、まだまだだなぁ」と。

まだ佳代ちゃんの羞恥心がぶっ壊れるところまでは来てないと。

で、そんな佳代ちゃんの興奮度をさらに上げるために先輩達は次々と愛撫を仕方を変化させていく。


「よ~し、じゃあ佳代ちゃん、ちょっと腋(ワキ)ももう一回見せてよ。」


「ハァ……え……?」


「ほら腕上げて~」


先輩達に両腕を掴まれ、強引に腕を持ち上げられる佳代ちゃん。

そして皆で佳代ちゃんの腋の下を観察する。


「ああん……や……」(顔真っ赤)


「やっぱ佳代ちゃんの腋綺麗だわ、ここのワキ毛も脱毛したんだっけ?」


腕を上げたまま恥ずかしそうに頷く佳代ちゃん。

佳代ちゃんの腋は、確かに綺麗だった。

ワキ毛は脱毛されているから、毛の切り株のような黒いブツブツもなく、ツルツル。


「マジで佳代ちゃんの身体ってこういう所も綺麗だよなぁ、腋もマンコもお尻の穴もさ、いやホントに綺麗だよ。」


「……」(恥ずかしそうにしながらもそう言われて嬉しいのか、この時だけちょっと笑顔になる佳代ちゃん)


その佳代ちゃんの表情も、笑顔がトロ~ンとしていて、かなり酔っ払ってる感じになってきた。


「あ~でも佳代ちゃん、結構腋汗掻いてんね、匂いも……あ~匂いもさっきより濃くなってるし。」


A先輩とB先輩が同時に両方の腋に鼻を近づけてクンクンと佳代ちゃんの腋の匂いを嗅ぐ。


「はァ…や……やだ……」(めっちゃ恥ずかしそうに)


「ハハッ、臭くないから大丈夫だよ、佳代ちゃんの腋は超良い匂いしてるから。」


「じゃあちょっと味見させてね~」


そう言ってA先輩とB先輩は同時に佳代ちゃんの腋を舐め始めた。


「えっ!?キャッ……!……あんっ!」


「う~ん……佳代ちゃんの腋汗、結構しょっぱくて美味しいねぇ。」


「あ~これは良い塩梅のワキ汗ですな~。」


まるで料理評論家のようにふざけた言い方をしながら佳代ちゃんの腋を下品にベロベロ舐めまくるA先輩とB先輩。


「んハァ……や……ああんっ……ハァン……」(腋を舐められて感じてる佳代ちゃん)


「あ~佳代ちゃん美味しいよぉ、このまま俺達が全身舐めまくってあげるからね~」


「ハァン……全身……はァ……」


「そう、全身ね、ここの耳の穴も……それからオマンコもお尻の穴も全部ベロベロしてあげるから。」


「ハァ……全部……はァァ……」


そんなA先輩に変態チックな言葉にも、佳代ちゃんは明らかに興奮し、感じていているように見えた。

変態プレイへの好奇心や期待を、佳代ちゃんはもはや隠そうとはしていなかった。




[ 2016/10/25 ] TB(0) | CM(5)

週末は彼女に会えなかったorz
来週末こそ!
佳代ちゃんへの羞恥プレイを参考に彼女への責めを考えます
[ 2016/10/26 17:26 ] [ 編集 ]

早くううぅぅぅぅぅぅぅぅう
[ 2016/10/26 06:57 ] [ 編集 ]

来た・・A先輩のターン!!
これは期待です!!!!

とろんとろんの佳代ちゃんVS A先輩の変態プレイ!!
[ 2016/10/26 00:33 ] [ 編集 ]

横ちんさん

ギリギリになってしまってすみませんでした。

ドタバタ更新する前にもう一度読み返したら微妙かなって思って完成度にも自信なかったのですが、そう言ってもらえてホッとしました。

明日も更新できるように頑張ります。

でももっとエロくしないと!(>_<)

盛り上げるべきところを盛り上げて、スピード感を意識していきたいです。更新も。
[ 2016/10/26 00:26 ] [ 編集 ]

寝ずに待っていた甲斐がありました
[ 2016/10/26 00:12 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/831-a64bc5c6