FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(72)


佳代ちゃんが背中を反らせながら再び絶頂する。

佳代ちゃんは身体が柔らかいから、この背中の反らせ方も大きくてそれがまたエロい。

あと、やっぱりイキ方もオナニーの時より気持ち良さそう。

そして絶頂したそんな佳代ちゃんのアソコの感触をペニスで味わるA先輩。


「あ~やっぱ佳代ちゃんマンコ良いわ~超イッてるよこれ。」


「ハァ…あっ…ハァ……ン……」(息を切らせながら身体をビックンビックンさせる佳代ちゃん)


「てか我慢できねぇわこれ、佳代ちゃんもう動くよ!」


そう言って絶頂したばかりの佳代ちゃんを休ませることなく、再び腰のピストンを開始するA先輩。


「ああっ!あっあっんっ!はァァ!ああんっ!」
(イったばかりで敏感になってるから喘ぎ声大きくなる佳代ちゃん)


「あ゛~締まる!マンコ超締まるわこれ!」


で、A先輩とセックスしてる佳代ちゃんに、他の先輩達は「佳代ちゃん口が寂しそうだね~」と言ってフェラさせ始めた。

口元にペニスを近づけられると、佳代ちゃんも火照った顔で自分から積極的に咥えてた。

そして俺も先輩達に言われてその輪に入る。

佳代ちゃんは吉岡先輩と太田先輩のペニスを交互にダブルフェラしながら、俺とB先輩のペニスをそれぞれ右手と左手で握って扱く。


「んっんっ……ハァ……ンン……ハァ……ジュル…チュパ……!」


「佳代ちゃん俺達のチンコ美味しい?」


「ン……あっンッ!ハァ…うん……ハァン……チュパ……ンっあっあん!!」


フェラもしながら下半身はA先輩にガンガン突かれてる佳代ちゃん。

柔らかなオッパイも皆で揉みまくる。

で、1回目は早漏気味だったA先輩が、ようやくフィニッシュを迎える。


「あ゛~俺もう出すぞ!なぁ!」


「佳代ちゃんAがイキそうだってさ、どこに出してもらう?また口に出してもらって精液飲みたい?」


「あっあっんっうんっはァ……あっあんっ!」


「ハハっ!飲みたいのかよ!じゃあAに言わなきゃ!精液飲ませてって。」


「はァはァ……!精液……飲ませて……はァ……A先輩……ハァ…お口に出してくださいっ……はァっ……!」


「佳代ちゃん!じゃあイクよ!口に出すぞ!」(ラストスパートで腰振りたくりながら)


「うんっああっあっんっん……!ああんっ!」


「あ゛~イクッ!あ゛~出る!」


腰振りながらAV男優みたいにそう叫ぶと、A先輩は佳代ちゃんはアソコからペニスを引き抜いて立ち上がると、佳代ちゃんの口の上にペニスを近づけた。

何も言われなくとも口を大きく開ける佳代ちゃん。

そしてA先輩は佳代ちゃんの口の中に向けて射精し始めた。


「ハァ……ン……ん……ん……」


ドビュドビュ発射される大量の精液が佳代ちゃんの口の中に溜まっていく。

その時の佳代ちゃんの表情、めっちゃうっとりしてた。

そしてA先輩の射精が終わると、佳代ちゃんは嬉しそうに笑顔を見せながらゴクリとその精液を喉に流し込んだ。

で、もう慣れた感じでお掃除フェラまでする佳代ちゃん。


「すげぇ佳代ちゃん、もう精液飲むの余裕じゃん。てかもうすでに飲むの癖になってるだろ?」


「チュパ……ハァ……うん……なってるかも。」(A先輩のペニスに口を着けながら照れた笑顔で)


「精液美味しい?」


「……なんか……美味しくなってきちゃいましたね。」(恥ずかしそうに笑いながら)


「ハハッ!マジで?もう佳代ちゃんさ~精液美味しいとか言ってくれる女の子とか男からしたら最高だよ~。」


「え~そうなんですか?」(クスクス笑って嬉しそうな佳代ちゃん)


「てかもう全員の精液飲んだよな?誰のが一番おいしかった?」


「え~……それは分かんないけど……皆美味しいですよ?」(可愛い笑顔で)


「かぁー!佳代ちゃんやべぇ!エロ可愛だわ!エロカワ!てか佳代ちゃん今日一日でめちゃくちゃエロくなっちゃったね?」


「……うん……もぉ~先輩達のせいですからねっ。」


そう言って楽しそうにニコニコ笑う佳代ちゃん。


「ハハッ!うるせえよっ、佳代ちゃんが元々ムッツリスケベだっただけだろ~?」


先輩達はゲラゲラ笑いながら佳代ちゃんの頭をコツンと軽く叩いて、佳代ちゃんはエヘヘとまた可愛い笑顔を見せていた。

で、もちろんまだ終わりじゃない。


「じゃあ佳代ちゃん次誰のチンコが欲しい?」


「え~……」(嬉しそうな佳代ちゃん)


「まだまだもっとセックスしたいんだろ?」


「……うん♡」(可愛い)


「じゃあ誰のがいい?」


「え~……選べないですよぉ。」


「じゃあBいっとくか!なぁB。」


「いっていいならいくぜ!佳代ちゃん俺でいい?吉岡と太田ほど巨根じゃないけど。」


「楽しみは後にとっておくもんだよな~、なぁ佳代ちゃん?」


「ハハッ!ひっで~、てかBも結構巨根だろ、こいつらがデカすぎるだけで。」


「佳代ちゃんBでいい?」


「……うん♡」   


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/11/03 ] TB(0) | CM(4)

g さん

コメントありがとうございます。

そうですね、もう70話ですからね、ちょっと長くなり過ぎました(*_*)

テンポアップしていきたいと思います。
[ 2016/11/05 00:50 ] [ 編集 ]

りっくさん

ありがとうございます。

ザーメン大好きだし、1回や2回のセックスでは満足できないし、もう佳代は複数プレイじゃないと満足できなくなっちゃったかもしれませんねw
[ 2016/11/05 00:49 ] [ 編集 ]

g

酔いでテンポがよくなってとてもいいですね。
この後に及んで焦らすのは興奮よりもフラストレーションが溜まるだけですからね。
[ 2016/11/04 23:38 ] [ 編集 ]

佳代ちゃんの、次々に入れられるタンポへの期待感がハンパない!
口に出されて飲むのも大好きになってるし、淫乱さがたまんないですね!
[ 2016/11/04 15:35 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/837-e2513834