FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(74)


俺のペニスはスムーズに根元までニュルっと佳代ちゃんのアソコに入った。


「ン……はァァ……ん……」


挿入した瞬間に佳代ちゃんが気持ち良さそうな声を出してくれて、嬉しくなる。

佳代ちゃんとの2度目のセックス。

温かくてヌルヌルしていて、優しく俺のペニスを包み込み、締め付けてくる佳代ちゃんのマンコの感触に改めて感動する。

そして何より、後背位(バック)で繋がって後ろから見る佳代ちゃんの裸体の美しさに俺は興奮していた。

丸みを帯びたお尻から腰へのクビレ、背中へのラインが滅茶苦茶エロいし、本当に美しかった。

お尻も背中もサラサラツルツルの肌でめっちゃ綺麗。

そして俺は、先輩達がしていたのと同じように、佳代ちゃんのお尻を後ろから両手で鷲掴みにした。


――ああ……ヤバい……佳代ちゃんお尻も超柔らかい――


その柔らかなお尻に腰をピッタリとくっ付ける。

視線を落とせばすぐに指で触れる場所に、ペニスを挿入して広がったマンコと佳代ちゃんのアナルが。

俺も酔っ払ってるから、好奇心に動かされて、指先で佳代ちゃんのアナルを触ってしまった。

佳代ちゃんの肛門のシワを、そっとなぞるように……。


「あっ……ン……」


少し触っただけでビクンと敏感な反応をする佳代ちゃん。

やっぱりここも感じやすいんだ……。

A先輩が佳代ちゃんのここを舐めたくなった気持ちが分かった気がした。

本当に、信じられない程エッチな身体だ。


――ああ……エッチで可愛い佳代ちゃん……俺はやっぱり、こんな佳代ちゃんの事も大好きなんだ……――


胸の中で熱い気持ちが沸き上がってきて、それが性的な興奮と結び付き、俺はいつの間にか夢中になって腰を振り始めていた。


「あっんっん……!ああんっ!はァ!」


俺がペニスで佳代ちゃんのマンコの中を擦る度に、佳代ちゃんが可愛い喘ぎ声を漏らす。

先輩達と同じように、佳代ちゃんのお尻に腰を叩きつけるようにパンパン!と音を鳴らすようにさらに激しく腰を振ると、佳代ちゃんはもっと気持ち良さそうに喘いでくれた。


「ああんっ!ああっ!ナオ君っ!……ああんっ!」


パンパンお尻を腰で叩く度に、佳代ちゃんの柔らかなお尻が波打つ。

そして何より、佳代ちゃんのマンコが気持ち良過ぎる。


――ああ……セックス気持ちイイ!セックス最高だよこれ!……あ~もう頭がバカになってきて、何かもどうでもよくなってきた――


「ハハッ!いいぞナオヒロ!やっぱナオヒロ腰振り上手いじゃねぇか!そのまま佳代ちゃんイかせちまえよ!」


先輩達がゲラゲラ笑いながらそう言ってきた。

俺も佳代ちゃんが感じてくれるのが嬉しくて楽しくて、調子に乗ってさらに腰を激しく動かした。


「ああっ!あっあっあん!はァああんっ!!」


ペニスを抜き差しする度に、佳代ちゃんのアソコの愛液がグチュグチュ溢れてくる。

佳代ちゃんのマンコ、すげぇ熱い。

お尻の穴もヒクヒクしてきてるし、マンコもさらに締まってきた。

これはもしかして……


「ああんっ!ナオ君っ!ハァああんっ!ああっ!イキそう!イっちゃうよぉ!」


「ハァハァ佳代ちゃん……!」


「ああっ!ナオ君っ!もっと!ああんっ!」


佳代ちゃんの〝もっと〟という声に俺はさらに興奮し、これ以上出来ないというくらい腰を一生懸命振った。

そして……


「あっあっあんっ!気持ちイイッ……ああんっ!あっいく……イクッ!ナオ君!イクッ!!!」


そう言って佳代ちゃんはビクンッ!と身体を痙攣させて、大きく背中を仰け反らせた。

俺は初めて女の子を……佳代ちゃんを絶頂させたんだ。(感動)

佳代ちゃんは絶頂と同時にマンコで俺のペニスをギュウウウっと強く締め付けてきた。

そしてこれは俺がまだ経験不足だからだろうけど、その締め付けがあまりにも強くて気持ち良かったから、俺のペニスは耐えきれずにそこで射精を始めてしまった。

ドクン……ドクン……と、コンドームの中へ精液が放たれる。


「お?なんだよ、ナオヒロもイッちまったのか?」


「ハァ……すみません、出ちゃいました。」(頭がよく回らなくて反射的に先輩達に謝ってしまう俺)


「ハハッ!別に謝らなくていいだろ、てか佳代ちゃんイかせたんだから十分十分!」


俺が射精を終えてペニスをアソコから抜くと、佳代ちゃんはハァハァ息をしながら腰をビクンビクンと絶頂の余韻で痙攣させていて、確かに佳代ちゃんをイかせた満足感はあった。

そして先輩達が佳代ちゃんに「ナオヒロのチンコ気持ち良かった?」と聞くと、佳代ちゃんは

「ハァハァ……うん……気持ち良かった……ハァ……」

と、額に汗を滲ませながら笑顔で言ってくれて、嬉しかった。

しかもコンドームに入った精液も「ナオ君も沢山出たね~」と言って飲んでくれたし。(めっちゃエロかった)

でも、俺は分かっていた。

まだまだ俺のセックスなんかじゃ、佳代ちゃんは満足してないって。

たかが1回イかせただけじゃ……。

そしてそんな俺の横で、吉岡先輩と太田先輩が


「じゃあ次は俺達だな。」


と言って、太い血管を浮き上がらせてバッキバキに勃起した2本の巨根を、改めて佳代ちゃんに見せつけた。

佳代ちゃんはそれを見た瞬間、明らかに表情が変わって、嬉しそうに「わぁ……」と2本の巨根に目が釘付けになっていた。

すでに経験済みのペニスとはいえ、いよいよまたこれを挿入して貰えるんだと、佳代ちゃんはワクワクしているような、そんな表情だった。

そして吉岡先輩と太田先輩は佳代ちゃんにこう言った。


「じゃあ佳代ちゃんさぁ、そろそろ手加減なしで佳代ちゃんのマンコ責めちゃってもいい?」


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/11/06 ] TB(0) | CM(15)

ハジメさん

ありがとうございます。

更新再開したので、また頑張りますね(^^)
[ 2016/11/12 21:45 ] [ 編集 ]

you-meさん

ありがとうございます。ご心配かけてすみませんm(__)m

Twitter見ていてくれたんですね、嬉しいです。

復活できたのでまた頑張りますね(^^)
[ 2016/11/12 21:44 ] [ 編集 ]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/11/12 09:03 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/12 00:58 ] [ 編集 ]

この手のお話でメインヒロインが主役なのは重々承知していますが、美和子などのサブキャラが堕とされる過程や一緒に攻められている描写があると、よりリアリティが出てくると個人的に思っていました。
あまりそういった小説は見かけないので中々難しいのかもしれませんが…。
[ 2016/11/11 10:48 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/10 12:20 ] [ 編集 ]

tsubasaさん

コメントありがとうございます。

番外編で美和子先輩と佳代の絡みですか、面白そうですね。佳代も同性の先輩が一緒にいたらかなり恥ずかしいはず。

書くとしたら海に行く約束を吉岡達としているので、そこでですかね……まだ書けるか分かりませんが。
[ 2016/11/08 23:47 ] [ 編集 ]

つばささん、
最初から読み直したんですか?
美和子先輩とのレズシーン良いですね。ネットリじっくり責められる佳代ちゃん、想像すると興奮します。
未完ですが志乃の話が好きです。この話には小説にはまっていく女の子の話ですが凄く興奮できますよ(^ ^)
朝なのにムズムズしてしまいました(^ ^)
[ 2016/11/08 08:09 ] [ 編集 ]

美和子先輩もこんな感じでおとされたんだろうなと考えると興奮が止まりません。番外編でもいいのでぜひ佳代と美和子先輩の絡みも見てみたいです。
[ 2016/11/07 22:50 ] [ 編集 ]

りっくんさん

少しハードなシーンになりますが、佳代がボロボロになるような事にはならないと思うのでご安心を(^_-)-☆
[ 2016/11/07 22:38 ] [ 編集 ]

you-meさん

こちらこそ、いつもコメントありがとうございます(^^)

ちょっと照れちゃいますけど、そんな風に言って貰えるのは素直に嬉しいです。
そこまで僕の小説の世界に感情移入してくれるなんて……書き手としては本当にありがたいですし、モチベーションになります。

はい、僕もムズムズしながら書きたいと思いますw更新頑張りますね(^^)

[ 2016/11/07 22:34 ] [ 編集 ]

M.Nさん

コメントありがとうございます。

もう皆理性を失い始めてますからね、酒と快楽で頭が麻痺してる感じです(^^;)

お気遣いありがとうございます。
寒くなってきましたね~。
風邪やインフルエンザが流行っているみたいなので、M.Nさんもお気を付けください。
[ 2016/11/07 22:20 ] [ 編集 ]

て、手加減なしで佳代ちゃんのマンコせめられちゃうんですね。
どうなるんだろ・・・
[ 2016/11/07 16:46 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/07 00:26 ] [ 編集 ]

うわぁ…って言葉しか…もう出ません(笑)
佳代ちゃんもナオヒロ君も先輩たちも…ほんと凄いですね…色々と…。

朝晩は、特に寒くなってきましたね。
メンメンさんもお体に気を付けて更新頑張って下さい!
[ 2016/11/06 23:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/839-f9b5d284