FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(75)


吉岡先輩と太田先輩の〝手加減なし〟という言葉に、佳代ちゃんは

「え~ちょっと怖いですね。」

と言いながらも、やっぱりどこか嬉しそうに笑顔を見せていた。

そしてそれを見ていた俺も、佳代ちゃんはどうなってしまうんだろうと、ドキドキしていた。


「佳代ちゃんの腰がガクガクになって立てなくなるまでヤるって言っただろ?」


「え~」(両手で頬っぺた押さえながら笑顔な佳代ちゃん)


で、さっそく吉岡先輩がニコニコ笑ってる佳代ちゃんのスイッチを入れようとする。

スイッチとは、もちろん佳代ちゃんのエッチなスイッチの事。

吉岡先輩は佳代ちゃんの顎に手をやって、佳代ちゃんの顔を自分の方に向かせた。

そして少し真剣な表情で


「なぁ、もうヤッていい?俺と太田も我慢できなくなってきたし。」


そう言われた瞬間に佳代ちゃんの表情が変わって顔が赤くなる。


「頭がおかしくなるくらい気持ち良くしてやるからさ、な?」


吉岡先輩の〝頭がおかしくなるくらい気持ち良くしてやるから〟という言葉に、佳代ちゃんが一瞬ドキっとしているのが、見ていても分かった。

そしてそう聞かれた佳代ちゃんは、吉岡先輩の顔を恥ずかしそうに見つめながら小さく頷いた。

表情を見れていれば分かる、やっぱり佳代ちゃんは吉岡先輩の少し乱暴っぽい言葉に感じているんだ。

吉岡先輩の言葉を聞いただけで佳代ちゃんがエッチな表情になって、スイッチが入った。

そして吉岡先輩は、佳代ちゃんが頷いたのを見た瞬間にすぐに唇を奪った。


「んっ……!ンン……!ハァ……ンンッ!」


いきなり激しいディープキス。

佳代ちゃんも舌を積極的に絡ませてるけど、吉岡先輩の舌の動きに佳代ちゃんが圧倒されてる感じで、ちょっと苦しそう。でも止めない。

吉岡先輩のディープキスは、本当に佳代ちゃんの唇や口内を食べてるみたいに激しくて、そのキスを見ただけでもこれから始まるセックスがどんなものになるのかと、さらにドキドキしてしまう。

そして吉岡先輩が一旦唇を離すと、佳代ちゃんはウットリした表情で目がとろ~んとしてしていた。
(そんなに吉岡先輩のキスが良いのか……俺がした後とは明らかに佳代ちゃんの反応が違う)

で、今度は佳代ちゃんの後ろにいた太田先輩が、佳代ちゃんのお尻をペチペチと軽く叩きながらこう言った。


「ほら佳代ちゃん、オマンコにチンコ欲しいだろ?俺のを挿れてやるから尻出せよ。」


佳代ちゃんは太田先輩に言われた通り、四つん這い気味になって躊躇いなくお尻を突き出してた。

そして俺のモノより遥かに太く長い太田先輩の巨根が、バックから佳代ちゃんの膣(なか)に挿入される。

しかも一気に根元まで。(でも結構余裕で入っちゃう)


「んっ……!はぁああ……!」


太田先輩の巨根を挿入されただけでかなり気持ち良さそうな声を漏らしながら背中を反らせる佳代ちゃん。


「あ~良いわ佳代ちゃんのマンコ、まだまだグショ濡れ具合キープしてて良い感じだよぉ、ホント優秀なマンコちゃんだなぁ。佳代ちゃんは俺のチンコどう?」


「はァ……おっきぃです……ハァ……ん……」
(挿入されただけでまだ動いてないのに相当気持ち良さそう)


でも、太田先輩はすぐに腰を動かそうとはしなかった。

で、前では吉岡先輩が


「佳代ちゃん、もう1本チンポ欲しいだろ?俺と太田に前と後ろで同時にされるの大好きだったよな?」


そう聞かれて照れたように笑って小さく頷く佳代ちゃん。

自ら巨根に前後から串刺しにされる事を望む佳代ちゃんは、やっぱりエロい。

でも吉岡先輩が佳代ちゃんにしようとしていたのは、それ以上の事だった。


「じゃあ佳代ちゃんさ、今までとは違うフェラチオの仕方を教えてあげようか、きっとこっちのフェラの方が佳代ちゃん気に入ると思うよ。」


「今までと違う……?」


フェラチオに他のやり方があるなんて知らない佳代ちゃん。

でも明らかに興味ありそう。


「やってみる?」


ワクワクしてる感じで頷く佳代ちゃん。


「じゃあ口開けてみ、俺のチンコが入るように大きくな。」


佳代ちゃんが恥ずかしそうにしながら大きく口を開けると、吉岡先輩はその可愛い口にバッキバキに勃起したペニスを咥えさせた。

ここまでは今まで同じだけど……。


「じゃあいくよ佳代ちゃん。」


吉岡先輩はニヤっと笑みを浮かべると、佳代ちゃんの後頭部を両手で固定して佳代ちゃんの頭が動かない(逃げられない)ようにすると、そのまま腰を前へ進めた。

そう、吉岡先輩は佳代ちゃんにイラマチオをやろうとしているんだ。

吉岡先輩の長いペニスが、佳代ちゃんの口内の奥の方に入っていく。


「ンッ……ンンッ……!」


で、たぶん吉岡先輩のペニスの先端が佳代ちゃんの喉の付近にまで到達したんだと思う。

そんな奥までペニスを受け入れた事のなかった佳代ちゃんは驚いたように目をパチパチさせて、苦しかったみたいで反射的に吉岡先輩の太ももに手を当てた。


「ンーー!ンーー!」(眉間にシワを寄せて苦しそうな佳代ちゃん)


亀頭が喉に当たってるっぽい。

でも頭を両手でガッチリ固定されているから逃げられない。


「佳代ちゃん苦しい?大丈夫だよ、この苦しさがその内気持ち良くなってくるから。」


「ン゛ーー……ンッ!」


さらにペニスを奥に入れていく吉岡先輩。(見ていても心配になってくるくらい)

苦しくて佳代ちゃんの顔が赤くなっていく。

で、佳代ちゃんの苦しさが限界に達しそうになったところで吉岡先輩はようやく口からペニスを引き抜いた。


「んはァっ!!……ハァ!ゴホッゴホッ……ハァ!ハァ……」


口を解放された瞬間に脱力して、咳をしながらハァハァと荒く呼吸をする佳代ちゃん。(相当苦しかったみたい)

引き抜かれたペニスには佳代ちゃんの濃い唾液がベットリと付いていて、その唾液が佳代ちゃんの唇とペニスの間で糸を引いていた。


「苦しかった?」


泣きそうな顔で頷く佳代ちゃん。


「ハハッ、良い顔してるねぇ佳代ちゃん、その感じならすぐに気持ち良くなってくるはずだよ。」


「ハァ……ハァ……」


「じゃあもう1回やるよ、口開けな。」


泣きそうな顔をしながらも、吉岡先輩に言われた通りにもう一度口を大きく開ける佳代ちゃん。

あんなに苦しそうなのに、佳代ちゃん嫌がらないんだ……。


「ンッ!ン゛ーーーッ!!」


再び佳代ちゃんの喉まで吉岡先輩のペニスが入っていく。

もちろん佳代ちゃんはそう簡単にそれに慣れるなんてことはなく、苦しそうに顔を真っ赤にしながら目に涙を溜めていた。


「ン゛ッ!オエッ!ゴホッ!ン゛ン゛!」


亀頭が喉奥に当たって嘔吐しそうになる佳代ちゃん。

それを見て笑みを浮かべる先輩達。

吉岡先輩や太田先輩は、この佳代ちゃんの「オエッ!」という吐きそうになる声に興奮しているんだ。

可愛い女の子が苦しそうな顔をしたり吐きそうになっている所を見るのが、この人達は大好きなんだ。

そしてまた佳代ちゃんの苦しさが限界に達したところでペニスを引き抜く。


「……ッはァ!!!オエ……ゴホッ!ゴホッ!!ハァ……ハァ……!」


唾液と胃液が混ざったネバネバした粘液を口から垂らしながら、涙を流して辛そうに咳をする佳代ちゃん。

その姿があまりにも可哀想で、心配になる俺。

でも俺はその後の佳代ちゃんの表情を見て気が付いた。

涙を流し、涎を垂らしながらも、ウットリした表情で吉岡先輩の凶暴なペニスを見つめる佳代ちゃん。

信じられなかったけど、佳代ちゃんは吉岡先輩が言っていた通り、この苦しさに快感を感じ始めているんだ……。


そして佳代ちゃんは吉岡先輩にまだ何も言われていないのに、まるで

〝もっとお口にオチンチン入れてください〟

と言わんばかりに自分から顔を上げて口を大きく開けて見せた。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/11/12 ] TB(0) | CM(5)

イラマチオも気持ちよくなっちゃう佳代ちゃん、もう戻れませんね!たまらぬです!
[ 2016/11/14 11:18 ] [ 編集 ]

ライアンさん

コメントありがとうございます。

ライアンさんの彼氏さんもSなんですね、
しかも佳代と同じようにもっと欲しがっちゃうなんて、ライアンさんも相当なドMさんなんですね(^^)

はい、続きの更新もがんばりますね(^^)
[ 2016/11/13 22:53 ] [ 編集 ]

おはようございます♪


彼がドSなので、私もイラマをたまにされますf^_^;

苦しいし、涙もいっぱい出ちゃう…

けど…
かよちゃんの気持ちがよくわかる…

もっと、もっと…ってなっちゃうんです…

私にも、エッチなスイッチがあるのかなぁ…


読んでて、興奮しました(o^-^o)
続きが楽しみです。

[ 2016/11/13 06:56 ] [ 編集 ]

つばささん

こんばんは、コメントありがとうございます。

イラマされていたなんて、元カレさんもSさんだったんですね。
そういうプレイをされると、やっぱり記憶に刻み込まれちゃうんですね。

可愛い女の子が泣いたり気持ち良過ぎて涎垂らしてる姿は最高です(^^)

[ 2016/11/13 02:05 ] [ 編集 ]

こんばんわ

かよちゃん....イマラチオですかぁ
苦しいけど癖になるんですよね
元カレとのことを思い出してドキドキしました

私にはわからないけど 涙と鼻水とヨダレで汚れた顔はSさんには たまらないみたいですね~

[ 2016/11/12 22:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/840-f812c6e9