FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(76)


「お、佳代ちゃん苦しいの癖になってきたか?じゃあもう遠慮なくいくぞ?」


そう言って吉岡先輩は再び佳代ちゃんの口の中にペニスを深く入れていく。

そして再び佳代ちゃんの頭を大きな手でガッチリと固定するように掴むと、吉岡先輩はそのまま腰を前後に動かし本格的にイラマチオを始めた。


「ん゛ッ……ン゛……ンン……ン゛ッ……!」


佳代ちゃんは少しだけ慣れてきたのか、さっきみたいに嘔吐しそうになるような事はなかったけど、相変わらず苦しそうで涙が止まらないみたいだった。

でも嫌がってる素振りは見せないし、吉岡先輩のイラマチオを完全に受け入れてる感じ。

吉岡先輩の言う通り、本当に佳代ちゃんはイラマチオの苦しさが癖になってきているのかもしれない。

だけど佳代ちゃんがイラマチオされている姿というのは、俺からすればなかなかショッキングな姿だった。

物凄く乱暴なプレイに見えるからやっぱり心配になっちゃうのに、同時に佳代ちゃんの苦しそうな表情にゾクゾクしてしまう。

真っ赤な顔して号泣しているかのように涙が止まらない佳代ちゃん。

しかも佳代ちゃんの口の端からはかなりの量のヨダレが垂れていて、その唾液がダラダラと糸を引きながらマットの上に垂れていくのが途轍もなくエロかった。

好きな女の子の普通じゃ見れない姿や表情に、俺は確かに興奮していた。


「佳代ちゃんは喉マンコも優秀だな、ほら唾液が超出てくるし。」(腰振りながら)


「ん゛ッん゛ッ……ン゛ッン゛ッ!」(口の周りが唾液でベタベタになってる佳代ちゃん)


で、太田先輩も


「あ~佳代ちゃんは息苦しくなるとオマンコ超締まるんだね~、佳代ちゃん堪んねぇからそろそろ俺も動くぞ~。」


そう言って、佳代ちゃんにバックから挿入していた太田先輩も、腰を前後に動かしピストンを開始した。

そしてペニスを強く締め付けてくる佳代ちゃんのアソコの感触を楽しみつつ、すぐにその腰の振りを激しくし始める太田先輩。


「佳代ちゃんはこのくらいが好きなんだよな?」


そう言って容赦なく佳代ちゃんを突きまくる。


「ん゛っ!ン゛ン゛ーーーーッ!!!」


バックから激しく突かれて、ペニスを深く咥えたまま悶えるように喘ぐ佳代ちゃん。(でもめちゃくちゃ気持ち良さそう)


「ハハッ、吉岡のイラマで感度がまた上がってんな。ったく、エロい身体しやがって、おい吉岡!もういいよな?」


「いいぞ、やっちまえ、もうコイツもこっちの耐性あるの確実だから、お前も遠慮すんな。」


ついに佳代ちゃんを〝コイツ〟呼ばわりする吉岡先輩にちょっとビビる俺。

で、もうここから、本当に吉岡先輩と太田先輩の佳代ちゃんへの責めは凄まじかった。

まさに手加減なし。

吉岡先輩は佳代ちゃんの口をまるで性器のように扱い激しくイラマチオをし、太田先輩も今までない程激しくマシンガンのようにバックで佳代ちゃんを突いた。


パンパンパンパンパンパンパンパンッ!!!!


佳代ちゃんのお尻に腰を叩きつけるように全力で突きまくる太田先輩。


「ン゛ン゛ーーーーッ!!」


顔だけではなく佳代ちゃんの全身が紅潮していく。

イラマチオの窒息しそうなくらいの苦しさと、佳代ちゃんが最も感じるという膣奥を激しく突かれる快感が入り混じって、たぶん佳代ちゃんは自分でも訳が分からなくなるくらいの快感を感じていたと思う。

そしてそんな佳代ちゃんが絶頂に達するのも、あっという間だった。


「おら!もうイキそうだろ!なぁ!イけよ!イっちまえ!」(太田先輩がガンガン腰振りながら)


「ん゛ーーーっ!ン゛グーーーーッ!!!」(ペニス咥えたまま絶頂する佳代ちゃん)


バックで突かれながら佳代ちゃんは背中を反らせたり丸めたりしながらビクンビクンと身体を痙攣させた。

でもそれで吉岡先輩と太田先輩の責めが止まることはない。

寧ろ2人の腰の振りはさらに激しくなっていく。


「佳代ちゃんまだまだ序の口だぞ!尻逃げるなって!」


バックで突き続けながら絶頂で逃げ腰になった佳代ちゃんのお尻をバチンッ!!と手の平で叩く太田先輩。

で、今度は佳代ちゃんの腰が逃げないように腕で抱ええてガッチリ固定して突きまくる。


「ン゛ン゛ーーーーーッ!!!」(その責めに超感じまくりの佳代ちゃん)


「あ~いいねぇ、マジで淫乱な女の顔になってきたわ、おい佳代ちゃん、気持ちイイか?なぁ。」


吉岡先輩がイラマしながらそう聞くと、佳代ちゃんは喉奥にペニスを突っ込まれたまま涙を流しながら頷いてた。


「じゃあ俺と太田で死ぬほどイかせてやるからな、覚悟しとけよ。」


セックスが激しくなるにつれ、言葉使いも乱暴になっていく吉岡先輩と太田先輩。

そしてサディスティックな本性を露わにし始めた2人の責めは、ここからさらにエスカレートしていった。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/11/15 ] TB(0) | CM(6)

you-meさん

優しい言葉……ありがとうございます(*^。^*)

本当にそうですよね、健康じゃないと作業も捗らないですしね。

なるべく健康的な生活を維持できるようにしながら書いていきたいと思います。

僕も元々身体動かすの大好きなので、やっぱり意識して運動していくべきでしょうね。その方が生活も楽しくなるだろうし。

[ 2016/11/18 23:49 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/18 02:12 ] [ 編集 ]

りっくんさん

コメントありがとうございます。遅くなっちゃってすみませんm(__)m

佳代はドMですね、先輩達のS加減を上回るドMちゃんですw
[ 2016/11/18 02:11 ] [ 編集 ]

M.Nさん

コメントありがとうございます。遅くなってすみませんm(__)m

先輩2人ともドSですが、佳代がそれを楽しんじゃってるところを表現できたらなぁと思いますw
[ 2016/11/18 02:08 ] [ 編集 ]

りっくん

佳代ちゃんが本当はどの位ドMなのかがわかる回でしたね!
真性のMだなあ。
[ 2016/11/16 17:42 ] [ 編集 ]

苦しそうだけど…佳代ちゃんとっても感じて気持ち良さそうで…私まで興奮しちゃいます…。
先輩ふたりともドSですね(笑)
[ 2016/11/15 20:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/841-15f04e2e