FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(78)


口内射精を受けている最中に、不意を突かれるように巨根を勢いよく挿入された佳代ちゃんは、それだけで背中を大きく仰け反らせてビックンビックンと身体を痙攣させた。


「ン゛ーーーッ!!!」


「おお、佳代ちゃんプルプル震えてるけど、もしかして挿れただけでイっちゃった?」


吉岡先輩はニヤニヤ笑いながらそう言うと、バックから挿入した佳代ちゃんのお尻を大きな手で鷲掴みにした。


「よ~し、じゃあ太田の記録抜かないといけないからさ、最低でも10回以上はイかせるからな。」


そう言ってさっそく腰を振ってピストンを開始する吉岡先輩。


「コイツこれだけイッた後なのにまた濃いマン汁が出てくるからすげぇよなぁ、まだ欲しがってるよこのマンコ。」


また佳代ちゃんを〝コイツ〟呼ばわりして、吉岡先輩は愛液が溢れ出てくるマンコに感心したように笑っていた。

そして数回慣らすように抜き差しした後、すぐに腰を激しく振って佳代ちゃんを突き始める吉岡先輩。

パンパンパンパンパンパンパンッ!!!と、再び佳代ちゃんのお尻に腰がぶつかる音が鳴り始める。


「ン゛ッン゛ッン゛ーーーー!!!」


そしてそのタイミングで、射精を終えた太田先輩が佳代ちゃんの口からペニスを引き抜いた。


「ン゛ーーッ……っぷはァ!!あっあっあっああああんっ!!ハァ吉岡先輩っんっあんっ!まだっダメェ!!ああああんっ!!!」


口を解放された瞬間から、喘ぎまくる佳代ちゃん。

口から唾液と精液が混ざったヨダレを垂らしながら真っ赤な顔して喘ぐ佳代ちゃんがエロ過ぎる。


「佳代ちゃんが言う〝ダメ〟は〝もっとして〟って意味だろ?」


そう言って容赦なく佳代ちゃんを責めまくる吉岡先輩。


「あっあっホントにっああああああん!!!はァッ!あっイクッ!イッちゃう……イクッ!!!っんああああっ!!!!」


また背中が仰け反って早々に絶頂する佳代ちゃん。

太田先輩との連続絶頂セックスが続いている感じ。

もちろん吉岡先輩もピストンを止めない。


「はぁあああああんっ!!!もうダメ!ホントにダメダメ!!ダメだよぉ!!!」
(佳代ちゃん必死、マジで限界っぽい)


「ん?もうダメ?じゃあもっとヤってあげるね。」(無慈悲)


笑いながらそう言うと、吉岡先輩はもう1段ギアを上げて猛烈に腰を振り始めた。


「きゃあああああっ!!!ダメェ―――――!!!イっちゃう!イっちゃう!またイっちゃうよぉ!!!ああああん!イクッ!!いっ……っくぅぅぅ!!!!ああああああん!!!!!」


殆ど間を開けずに再び絶頂。

しかもイク時の佳代ちゃんの喘ぎ声は、もう絶叫に近かった。

今回は今までよりもさらに絶頂の深度が深かったみたいで、身体の痙攣もかなり大きかった。もう全身、手足まで震えてる感じの絶頂。

痙攣の仕方が凄くて俺はまた心配になってしまうのだけれど、吉岡先輩はそれでも責めを止めない。


「ほら佳代ちゃんもっとイけよ!お前ならもっともっと気持ち良くなれるはずだぞ!おら!もっと淫乱になれ!」


そう言って腕を前へ伸ばし、火照ってさらに柔らかくなった佳代ちゃんのオッパイを揉みながら腰を振り続ける吉岡先輩。

そして勃起してたピンク色の乳首も指で痛いくらいに摘まみながら、さらにマシンガンピストン責め。


「いやあああああっ!!!あああああスゴイよぉぉぉ!!!!」


眉間にきつくシワを寄せて悶絶する佳代ちゃん。

さすがに凄い顔……これが佳代ちゃんのアヘ顔……。

可愛い女の子のアヘ顔はヤバい。

あんなに汗と涎と精液でベタベタになって、美容院に行ったばかりで綺麗に整えられていた髪も乱れて顔や頬っぺたに張り付いてた。

そんな佳代ちゃんのアヘ顔を見て、心配な気持ちがあるはずなのに、矛盾するように俺も興奮してきてしまう。


「ああああんっ!!!いっ……く……!!はああああっ!!!」


「ん?またイッたのか?ちゃんと言わねぇと分からねぇだろ、何回イッたか数えてんだから、イク時はちゃんと言えよ。」


「ハァハァ!でも!あああんっ!!!また……イッ……ああああンっ!!!!」


身体を丸めたり仰け反らしたりを繰り返してビックンビックン痙攣しまくりの佳代ちゃん。


「おいおい、またイったのか?だからイク時は言えって。」(乱暴に腰振りながら)


「はあああっ!!!もう無理だよぉ!あああンッ!!!あああっ!!またっ!!」


「イクッって言えよほら!」(激ピストン)


「もうダメェ!!!あああンッ!!ずっとイッてる!ずっとイッてるのぉ!!止まらないよぉ!!あああん!!イクッ!!いくっ!!イクイクイクイクイクッ!!!!!」


下に敷かれたビニール製のマットを両手でギュウウっと掴みながら、喉が枯れちゃうんじゃないかというくらい絶叫して絶頂する佳代ちゃん。


「はあああ!イっくぅぅぅぅ!!!!ああああああああっ!!!!」


一際大きく身体を仰け反らせて、まさに昇天って感じの絶頂だった。


「ハハッ!すっげぇ佳代ちゃん!マジイキ中のマジイキだな!てかさすが吉岡だわ、ドSっぷり半端ないな!」


佳代ちゃんのアヘ顔を鑑賞しながら他の先輩達もゲラゲラ笑って大喜び。

心配してるの俺だけ。(興奮もしてるけど)


「バーカ、まだまだこれからだっての。」


そう言って吉岡先輩は一旦腰を止めると、ハァハァ言いながら脱力してる佳代ちゃんの身体を仰向けにさせた。

佳代ちゃんは本当にもう全身に全く力が入らないみたいで、フニャフニャになってた。

そんな佳代ちゃんの脚を掴んで股を限界まで開かせて、正常位で躊躇いなくズブリと巨根を根元まで挿入する吉岡先輩。


「んっはあああ……!」(挿入された瞬間に蕩けたような声を出す佳代ちゃん)


もう佳代ちゃんは吉岡先輩を見る目がトロントロン。

表情も蕩けまくってる。まさにセックス漬けの顔って感じ。(可愛いけど、くっそエロい)


「あ~佳代ちゃん子宮が下りてきてるなぁ、佳代ちゃんの子宮が俺に精子くださいって言ってるわ。」
(挿入したペニスで膣奥を触るように確認しながら)


「ハハッ、吉岡中出しはすんなよ、面倒臭いから。」


「分かってるって、その代わりにポルチオでイかせまくるから見とけよ。」


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/11/18 ] TB(0) | CM(8)

鍵コメさん

教えて頂きありがとうございます。
[ 2016/11/22 23:14 ] [ 編集 ]

名無しさん

> ボルチオの味知っちゃったら、こいつもう吉岡たちから離れられねぇだろうなw
> ご愁傷様ですw

離れられないでしょうねぇ、佳代はいったいこれからの長い大学生活で何回セックスする事になるのか……思う存分セックスできる環境は想像するとちょっと羨ましいですw
[ 2016/11/22 23:05 ] [ 編集 ]

M.Nさん

M.Nさんの興奮が伝わってくるようなコメント、ありがとうございます(^^)

そう言われると僕も興奮しちゃいます。

吉岡先輩とのポルチオセックスシーンを3話分更新したので、M.Nさんも佳代と一緒に狂っちゃってくださいw

[ 2016/11/22 23:02 ] [ 編集 ]

りっくんさん

コメントありがとうございます。

ポルチオの気持ち良さを知ってしまった佳代はどうなるんでしょうね。

でもきっとどれだけ開発調教されても佳代の可愛さは変わらないと思うので大丈夫ですw
[ 2016/11/22 22:56 ] [ 編集 ]

すごい…こんなのすごいよ…読んだだけで…。
メンメンさん…頭が狂うほどのセックスの世界を…濃密な官能の世界をたくさん味あわせて下さい。

素敵な小説いつもありがとうございます!
[ 2016/11/20 21:15 ] [ 編集 ]

ボルチオの味知っちゃったら、こいつもう吉岡たちから離れられねぇだろうなw
ご愁傷様ですw
[ 2016/11/20 11:02 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/11/20 07:16 ] [ 編集 ]

更にポルチオでイカせまくるとか・・・
ああ、佳代ちゃん廃人になっちゃう!!
[ 2016/11/20 04:17 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/843-812cfe1e