FC2ブログ











官能小説 青春の人 佳代ちゃん(87)


美和子先輩のセックスを見ていただけでアソコがグショ濡れになってしまう佳代ちゃんの身体の正直さに、先輩達は皆笑っていた。


「ン……ぁ……あっ……」


佳代ちゃんのパンツの中に手を突っ込んだ太田先輩が、クチュクチュとわざと音を立てるように指マンする。


「オマンコはいつでも準備OKって感じだな、じゃあもう佳代ちゃんも脱いじゃおうか。」


「……だ、ダメ……」


「何言ってんだよ、佳代ちゃんも今日はセックスする気満々で来たんだろ?この前楽しみだって言ってたじゃん。」


「……」(顔真っ赤な佳代ちゃん)


やっぱり佳代ちゃんも美和子先輩に見られるのが恥ずかしいみたいだった。

でもそんなのは最初だけ、始まって気持ち良くなってしまえば佳代ちゃんだってすぐに理性を失ってしまうであろう事は皆分かってる。

佳代ちゃんが羞恥心を刺激されるとさらに感じやすくなってしまう体質だと分かった上で先輩達も美和子先輩を呼んだみたいだし。

そして太田先輩は佳代ちゃんを美和子先輩のすぐ横に座らせて、佳代ちゃんの服を強引に脱がせ始めた。


「佳代ちゃんのエッチなマンコを美和子にも見てもらおうな~」


「……だ、だめです……恥ずかしい……」


佳代ちゃんはそうは言っていたけど、あまり抵抗もしていなかった。(ダメダメ言いながらも興奮していたんだと思う)

そしてあっという間に服も下着も剥ぎ取られ、全裸にされてしまった佳代ちゃんは、後ろからA先輩に脚を抱えられ、美和子先輩の目の前で大胆にM字開脚させられてた。


「は~い!佳代ちゃんご開帳~!」(ふざけた口調で)


「や~ダメっ!A先輩っ!」


で、ガッツリ開いた股のアソコに太田先輩が指を2本挿入してまた指マンを再開。

美和子先輩の目の前で佳代ちゃんのオマンコがグチュグチュと音を立てながら愛液をダラダラと垂らし始める。


「美和子もチンコじゃなくて指マンしとくか、佳代ちゃんとどっちがエロマンコが比べてみようぜ。」


美和子先輩と繋がっていた吉岡先輩がそう言って一旦ペニスを引き抜くと、美和子先輩も佳代ちゃんと同じようにB先輩が後ろから脚を抱えてM字開脚させられてた。


「ちょ、ちょっと!こんな格好……あっ!」


そして美和子先輩にも吉岡先輩が長い指を挿入して指マン開始。


「あっあっあっん……ハァ……!」


「ンッはァ……あっあんっ!」


お互いにM字開脚という恥ずかしい格好で向き合いながら同時に指マンされる佳代ちゃんと美和子先輩。

溢れる愛液が立てるグチュグチュグチュ!という卑猥な音が2重奏になって部屋に響く。


「あ~すげぇ、美和子も超濡れてんなぁ。」


「マン汁濃いのは佳代ちゃんかなぁ、量も多いし。」


「ビラビラは美和子のがちょっと大きいか?クリトリスは佳代ちゃんだけど。」


などと言いながら好き勝手に2人のマンコを比べる先輩達。


「美和子と佳代ちゃんはどうよ?お互いのマンコ見てみて。」


先輩達にそう聞かれた美和子先輩と佳代ちゃんはお互いに恥ずかしそうに顔を赤くしていた。

でも美和子先輩も佳代ちゃんも「もぉ~やだぁ……」とか「恥ずかしいです……」なんて言いながらもお互いの顔見てちょっと笑ってた。


「こんな風に女の子同士でマンコ見せ合う事なんてなかなかないだろ?」


「もぉ、あるわけないじゃん……ねぇちょっとこれ……放してよ、佳代ちゃんも可哀想だし。」


「可哀想じゃねぇって、佳代ちゃん超喜んでるから。」


「え~ホントに?」


「なぁ佳代ちゃん?こういうの興奮するんだよな?」


そう聞かれても恥ずかしそうにするだけで否定しない佳代ちゃん。(照れた笑顔)

そんな佳代ちゃんを見て美和子先輩もちょっと笑って「え~ホントにそうなんだぁ……」と小さく呟いていた。


「な?佳代ちゃんもエロいって言っただろ?ていうかお前も濡れまくりじゃねぇか、佳代ちゃんに見られて興奮してんだろ?」(指動かしながら)


「そんな事……あっあっダメっ……」


「さ~て、美和子と佳代ちゃんどっちが先にイクかなぁ?」


「あっあんっ……変な比較しないでよぉ……あっあっアンッ!」


「佳代ちゃんも美和子に遠慮しないでイキまくっていいからな。」


「ハァ……でも…あんっ!あっあっああっ!」


なんだかんだ言いながらも2人共グチュグチュ指マンされて感じまくり。


「あっあっあっハァン!あっあんっ!」


「あ~それ…あっあっあんっ!」


美和子先輩も佳代ちゃんも超甘い喘ぎ声になってる。


「2人とも指マン気持ちイイ?」


同時にコクンコクンと首を縦に振って頷く美和子先輩と佳代ちゃん。(2人とも可愛い)

2人共M字に開いた下半身を完全に脱力させて指マンの気持ち良さに集中していて、
もうすでに理性より快感が勝ってるような表情だった。(目が蕩けてる)

そして俺はそんなドエロい光景を見ながらめっちゃ興奮していた。(すでにフル勃起)


「よ~し、じゃあ美和子も佳代ちゃんもイクときはイクって言うんだぞぉ。」(指動かしながら)


「あっあっあっ!だめっ!あっ出ちゃうっ!ああっ!」


「お~佳代ちゃん潮吹きだしたぞ!さすがエロマンコ!」


「美和子も吹けるよな?ほら、ここをこうすると。」


「あっあっ!そこは!ああんっ!ダメっ!あああっ!!」


「あ~出てきた出てきた!うわ~美和子も止まらねぇ!」


「ハハッ!すげぇ!2人同時に潮吹いてる!」


美和子先輩も佳代ちゃんもアソコから透明の液体をピューピュー吹きまくり。

そして、先に絶頂したのは美和子先輩だった。
(たぶんさっきまで吉岡先輩とのセックスでも絶頂してたから感度が高まっていたんだと思う)


「あっあっもうダメっ!イっちゃいそう!あっあっ!」


「お~いいぞ、じゃあ先に佳代ちゃんに手本見せてやれ!」


「あっあっ!イクッ!もうっ!……あっイクッ!……あああんっ!!」


腰をガクガク震わせて吉岡先輩の指テクであっけなく絶頂する美和子先輩。

美和子先輩は美人だけど絶頂の仕方も美しい。

そして今度は佳代ちゃんの番。


「ほら、佳代ちゃんも美和子みたいにイかせてほしい?」


「ハァハァ……ん……」(顔を火照らせながら頷く佳代ちゃん)


「指もっと激しくしてほしい?」


「ハァ…ウン……ハァ……」


「じゃあもっとオマンコグチュグチュしてくださいって言ってごらん。」


「え~……」(美和子先輩の前だと言い辛そう)


「言わないとイかせてやらねぇぞ?」


太田先輩のその言葉を聞いて嬉しそうな笑顔になる佳代ちゃん(ドM)

そして佳代ちゃんは可愛い声で


「ハァ……オマン…コ……もっとグチュグチュして下さ……あああああっ!!」

(佳代ちゃんが全部言い切る前に高速指マンを開始する太田先輩)


グチュグチュグチュグチュグチュッ……!!!!!


「あっあっあっンアアアアアアアっ!!!」(佳代ちゃん超感じまくり)←なんだかまた前より感度良くなってる?


先に指マン責めが終わっていた美和子先輩も佳代ちゃんの感じっぷりを見て驚いた顔をしてた。


「佳代ちゃん気持ちイイ?激しい方が好きだもんな?」(2本の指でGスポット刺激しまくり)


「あっあっあっ!!気持ちイイ!!あっあっ!……いくっ!イッちゃう!」


「いいぞ、イけよ、美和子に見せてやれ。」


「あっあっあああんっ!イクッ!ホントにイッちゃう!……あっあっ!イクイクッ!!……いっ……く……ああっ!イクーーッ!!ァああんんっ!!!!」


腰を浮かせ、背中を大きく仰け反らしながら思いっきり絶頂する佳代ちゃん。

やっぱり佳代ちゃんの感度の良さは抜群みたいで、明らかに美和子先輩よりも絶頂の仕方が大きかった。(痙攣の仕方が段違い)

で、俺的に胸にグッときたのが、そんな佳代ちゃんのイキっぷりを目の前で見ていた美和子先輩が漏らした一言。


「佳代ちゃんスゴイ……」


そりゃ普段の佳代ちゃんしか知らなかった人なら驚くし、そう言っちゃうわな、と。

普段とのギャップ凄いもん。

で、絶頂した後に佳代ちゃんが「ハァ……もぉやだよぉ……」なんて言いながら滅茶苦茶恥ずかしそうにしてたのも可愛かった。

そして美和子先輩も佳代ちゃんも、お互いにエロい本性を見せ合ってしまった気まずさを超えて笑顔になっていた。

「佳代ちゃんもなんだね(笑)」

「美和子先輩もなんですね(笑)」

みたいな、口には出してないけど、お互いの顔見て〝もう笑って誤魔化すしかない!〟みたいな雰囲気。

そんな恥ずかしがりながらも笑顔を見せている2人を見ていたら、これから楽しい乱交が始まる予感しかしなくて、俺はワクワクしっぱなしだった。


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/12/05 ] TB(0) | CM(12)

名無しさん

> ここまで来たら色々使い道がありそうだなw
> バスケサークル全員の酒のつまみw
> 新人勧誘のエサw
> 吉岡たちが富田と繋がってて、富田への貢ぎモノってのもアリかなw
> あと、牧原たちとのコラボもいいな。牧原たちは亜紀を便器化させていて、お互い佳代、亜紀を持ち込んで使いまくるっていうw
> 篠田にアヘアヘにされた佳代を吉岡がお仕置きしまくるっていうw

コメントありがとうございます。お返事遅くなってすみませんm(__)m

メンメンの官能小説歴代のヤリチン達の再登場ですかwそれはそれで面白そうですねw

佳代が新入生とエッチするのも楽しそうですねw先輩らしくリードしようとしたら逆に新人達にイかされまくる佳代とか(^^)
[ 2016/12/14 06:32 ] [ 編集 ]

りっくんさん

コメントありがとうございます。お返事遅くなってすみませんm(__)m

先輩達からすれば肉便器が2人ですからね、女の子が2人いないとできないプレイとかもあるのでw
[ 2016/12/14 06:28 ] [ 編集 ]

tsubasaさん

コメントありがとうございます。お返事が大変遅くなってすみませんでしたm(__)m

佳代と美和子先輩のシーン、気に入って頂けたみたいで嬉しいです。

マンコとマンコをチューさせるんですか、それも滅茶苦茶エロくて良いですねw

1週間も休んでしまいましたが、また楽しんで頂けるように頑張りたいと思います。
[ 2016/12/14 06:25 ] [ 編集 ]

M.Nさん

コメントありがとうございます。お返事大変遅くなってすみませんm(__)m

女性同士で見せ合いっこって絶対恥ずかしいですよね。でもお互いにエッチな本性を知ってる友達ができたら楽しいかもしれませんw

大洪水になって頂けて嬉しいです。またちょっと休んじゃいましたが頑張ります(^^)
[ 2016/12/14 06:22 ] [ 編集 ]

you-meさん

you-meさんありがとうございます。

また1週間も休んじゃいました(*_*)完全に甘えです。

明日くらい更新できたらと思ってます。

あ~生姜入れるのもありですね、温かい飲み物飲んでコツコツやっていきたいと思います。
[ 2016/12/13 01:59 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2016/12/12 21:20 ] [ 編集 ]

ここまで来たら色々使い道がありそうだなw
バスケサークル全員の酒のつまみw
新人勧誘のエサw
吉岡たちが富田と繋がってて、富田への貢ぎモノってのもアリかなw
あと、牧原たちとのコラボもいいな。牧原たちは亜紀を便器化させていて、お互い佳代、亜紀を持ち込んで使いまくるっていうw
篠田にアヘアヘにされた佳代を吉岡がお仕置きしまくるっていうw
[ 2016/12/07 16:23 ] [ 編集 ]

なるほど!
ただ2人いるだけじゃなく、お互いを意識させたプレイを楽しむんですね!
さすがエロエロな先輩方やー♪
[ 2016/12/06 15:36 ] [ 編集 ]

今まで読んだ官能小説の中で最高のお話でした!
佳代ちゃんと美和子先輩が向かい合わせでM字開脚させられ絶頂競争!シチュエーションだけでも大興奮なのに、マンコを見せ合ってる二人の恥ずかしがり喘ぎながらの会話、潮吹きにさらに興奮しました。朝からナオヒロと共にフル勃起(笑)描写が細かくてたまらないエロさが伝わってきました。
M字開脚状態で絶頂した二人のグショ濡れマンコをチューさせて互いの愛液が糸引く様子、それを見て恥ずかしがる二人をナオヒロに見せてあげたいです。いや、こちらが見たい(笑)
[ 2016/12/06 08:27 ] [ 編集 ]

美人な美和子先輩に可愛い佳代ちゃん
M字開脚しての見せ合いっこ、とってもエッチで良いなって思いました。
恥ずかしいけど気持ち良くなっちゃうふたりが可愛いです。
今日も最高でした!
読んだだけで…大洪水に…(笑)
[ 2016/12/06 00:47 ] [ 編集 ]

つばささん

コメントありがとうございます。

きっとここに読みに来てる人は作者の僕も含めて皆欲求不満ですから大丈夫ですよぉw

こんなエッチで楽しい乱交ができるならやってみたいですよねぇ(^^)皆の前で裸になるだけでもヤバいと思いますw

まぁ僕はそんな勇気ないし妄想族なので、小説を書く事でしか発散できませんが(^^;)

一緒に妄想の中で楽しんでもらえたら嬉しいです。

[ 2016/12/06 00:14 ] [ 編集 ]

二人ともすごいですね

今回もドキドキしました
私もまぜてほしいなぁ...なんて 笑
欲求不満かなぁ
[ 2016/12/05 23:30 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/853-6a4d44db