FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(90)


翌日、皆セックスで沢山汗を掻いたお陰なのか二日酔いも殆どなく、旅行2日目も割と元気だった。(若さパワー)

で、「今日こそはあのビキニ着てくれよ」という先輩達からの要望で、美和子先輩と佳代ちゃんは先輩達が買ってきたエロい水着を着て海水浴場へ行くことに。

(さすがに二日連続で海に入っちゃうと疲れるので短時間だけど)

で、その水着なんだけど三角ビキニで腰の部分を紐で結ぶタイプね。

結んでる所はフェイクじゃなくて、解けたら本当にポロリしちゃうタイプ、グラビアアイドルが撮影で着てそうな。

でも一般人でもそういうの着てる人はいるし、その日もビーチを見渡すと同じようなタイプのビキニを着てる人は少数派だけど何人かはいた。

ただ、そういうエロいビキニを着てるのは大抵茶髪か金髪のギャル系の人達ばかりだったから、佳代ちゃんみたいな如何にも清純派な見た目の子がエロいビキニ着てると凄く目立つ。(肌白いし黒髪だし)

しかも佳代ちゃんの場合はFカップのオッパイもありますから、横乳とかね、スゴイよ。

前日散々セックスして佳代ちゃんの裸を見た俺らでも、そのビキニ姿を見ただけで股間が反応してしまうほどエロかった。

そんなんだから当然三角紐ビキニを着た美和子先輩と佳代ちゃんはビーチにいる男達の視線を集めていたし、特に佳代ちゃんはかなり恥ずかしがっていた。

ただ佳代ちゃんは多少露出癖もあるみたいだから興奮もしていたみたいだけど。


「佳代ちゃんすげぇ見られてるぞ、なぁ、ほら、めっちゃエロい目で見られてるって。」


「やだぁ……」(顔真っ赤にしながらモジモジ)


で、当然先輩達はそれだけで満足する訳もなく、ヤッちゃいました、昼間から青姦セックス。

美和子先輩と佳代ちゃんを人目の付かない場所に連れて行き……


「え~!ここで!?無理ですよぉ!」


「大丈夫だって、誰も来ねぇから。」


そんな事を言いながら吉岡先輩は強引に佳代ちゃんの水着を掴んでオッパイポロリさせる。


「キャッ!だ、ダメ!もぉ先輩っ!」


「しーっ!あんま大きい声出すと誰かに聞こえちまうぞ。」


そう言われて咄嗟に口に手を当てる佳代ちゃん。(結局素直)

で、大事な所に砂なんかが入らないように水着の上から陰部をグリグリして愛撫。

案の定佳代ちゃんは簡単に濡れちゃって、腰の紐を解いて下の水着を脱がされると、立ちバックで速攻で挿入されてた。
(先輩達は用意周到でちゃんとコンドームも持ってきてた)


「ンッンッンッあっあっンーーっ!んっンッ!」


片手を岩に手をつき、もう片方の手を口に当てて喘ぎ声を我慢しながら吉岡先輩に突かれる佳代ちゃん。


「あ~すっげぇ、超濡れてきてるわ、佳代ちゃん結局興奮してんじゃねーか。」


そう言って腰振りながら佳代ちゃんのお尻をペチンッ!と叩く吉岡先輩。

佳代ちゃんもお尻叩かれながら「外でセックスするの好きだろ?」と聞かれると照れたように笑って頷いてた。
(この前夜の公園で青姦してから癖になってるっぽい)

恥ずかしがっていてもなんだかんだで佳代ちゃんも楽しんでいる事を確認すると、ズラしていたブラも紐を解いて脱がされて、佳代ちゃんは全裸にさせられてた。

真昼間の外で見る佳代ちゃんの全裸姿はヤバい。

夏の太陽の光が当たると色白の肌は輝いて見えるし、バックで突かれながらオッパイがポヨンポヨン揺れてるし、乳首ピンクだし、マン毛と白い肌のコントラストもエロし、何より外でセックスしてる現実がヤバ過ぎて皆テンション上がりまくってた。

佳代ちゃんも青姦全裸セックスに相当興奮していたみたいで、滅茶苦茶感じてた。

で、美和子先輩も

「ちょ、ちょっとあんた達バカでしょホントに!」

なんて言いながらも佳代ちゃんと同じように水着脱がされて立ちバックセックス。結局気持ち良さそうにアンアン喘いでた。

で、吉岡先輩と太田先輩とA先輩B先輩が1回ずつハメて、俺はその間見張り役、その場でのセックスは遠慮しておいた。

ていうかね、先輩達は「ここなら大丈夫だから」と言っていたけど、普通に近くを人が歩いてたりしてたから何人かの人にはバレてたと思う。

そういう人たちは最初こっちに向かって歩いて来るんだけど、途中でこちらの状況を察して方向変えて遠ざかっていった。

だから俺はここでセックスする勇気は出なかった。

普通に「うわ、ヤッてるよ」みたいな顔されてたから。(たぶん喘ぎ声とか聞こえてた)

先輩達は後で

「やっぱバレてた?てか遠くの方からずっとこっち見てる奴とかいたからな」

とゲラゲラ笑ってた。

(もちろん美和子先輩と佳代ちゃんには秘密)


で、美和子先輩と佳代ちゃんはずっと立ちバックでセックスしていたから足腰がガクガクに。


「ハァハァ……もう無理だよぉ、立ってられない……」


「ハハッ!じゃあ部屋に戻るって続きするか。」


って事で皆でロッジへ戻った。

で、青姦セックスで火が付いた身体は簡単には冷めてくれず、シャワーを浴びて全裸のまま皆でベッド部屋へ移動、昼間から乱交してた。

ここからは俺も参加、美和子先輩ともセックスしちゃった。

(俺、相当緊張したんだけど「ナオヒロ君も結構上手いじゃん」と言われてちょっと嬉しかった)

食事は適当、栄養ドリンクとかカップラーメンとかお菓子適当に食べて、ひたすらセックス、SEX、セックス……。

夜になったら再び外へ出て、海辺の小さな公園みたいな所でまた青姦セックスしたり、佳代ちゃんと美和子先輩に外でオシ ッコさせたり。

「無理です無理ですッ!」と恥ずかしがって拒否する佳代ちゃんを全裸にさせて公園の中を歩かせてみたり。

それで人に見つかりそうになって慌てて服を着させたり……。

佳代ちゃん半泣きだったからちょっと可哀想だったけどアソコは濡れ濡れ。

↑後で先輩達が佳代ちゃんに聞いたら、泣いちゃうくらい恥ずかしかったけど同時に今までにないくらい興奮していたらしい。(ドM確定)

もちろんその後部屋に戻ったら佳代ちゃんは濡れたアソコを先輩達の巨根で慰められてた。


と、そんな感じで海旅行はセックス三昧だった。

この3日間、みんな裸でいた時間の方が圧倒的に長かったと思う。

しかも帰りにも複数で入れるラブホにも寄っちゃったし。


旅行後、佳代ちゃんにメールで

『旅行お疲れ様、身体は大丈夫?』

と送ったら

『お疲れさまー(^◇^)身体は……うん、大丈夫です(*^。^*)ちょっと筋肉痛だけど(^^;)楽しかったね(*^。^*)』

そう返事がきて、佳代ちゃんも満足な旅行だったみたい。

美和子先輩と佳代ちゃんはその後さらに仲良しになっちゃったみたいだし、

吉岡先輩が『また今度同じメンバーでどこか旅行行こうぜ~』と誘ったら佳代ちゃん『行きたいですね~』ってOKしてたらしいし。


結論……佳代ちゃんはエロい。


とにかく、俺にとっては途轍もなく暑くて刺激的な大学1年の夏だった……。

↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2016/12/17 ] TB(0) | CM(7)

ナオヒロは美和子先輩ともしちゃったんですね。
やっぱり美和子先輩が主導権を握ってたんでしょうか…。ナオヒロも少しは攻めたのかな?その時の佳代ちゃんの様子とか、妄想が捗りますね。
[ 2016/12/18 22:05 ] [ 編集 ]

ナオヒロが佳代に中出ししてほしいです。
[ 2016/12/18 13:56 ] [ 編集 ]

美和子先輩のおしっこの所詳しく書いて欲しいです!
[ 2016/12/18 10:52 ] [ 編集 ]

佳代ちゃんが野外で犯されてるのを想像して興奮しまくりです!
あとは続きで佳代ちゃんがみんなに奉仕するような、特にパイズリのシーンがたくさんあったりしたらうれしいです。
[ 2016/12/18 02:08 ] [ 編集 ]

なんかこう、乱交サークル(?)はこうして作られて、こんな感じで結束かたまってくんだろうなーなんて想像しちゃいますね!
佳代ちゃんがすっかり乱交にハマってて、エッチに調教されたなーとしみじみです。
やっぱ可愛くてエッチな子は最高ですね!
[ 2016/12/18 01:43 ] [ 編集 ]

つばささん

コメントありがとうございます。

あ、まだ完結じゃないです(*^。^*)もう少しだけ続きますので(^^)

刺激、欲しいですよねぇ、僕も欲しいw
[ 2016/12/17 22:56 ] [ 編集 ]

あ…
最終回ですか~ ずっとドキドキして読んできたので少し寂しいです

刺激的な大学生活...うらやましいなぁ
わたしも 刺激ほしいです 笑

メンメンさん お疲れさまでした
次回作 また楽しみにしてますね

それまでは 今までの作品で...
[ 2016/12/17 22:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/856-5fcf1453