FC2ブログ














官能小説 青春の人 佳代ちゃん(101)



※今回はアナルやスカ トロ系の過激な話が入っているので苦手な方は注意してください



「佳代ちゃん……本当にその……いいの?」


「うん、ナオ君がして欲しい事があったら何でも言って。」


「……じゃあ……」


もう俺は好奇心を抑えきれなかった。

自分でも信じられない程の性欲が身体の奥から湧き出てきていた。

二度の射精の後でもギンギン勃起しているペニスは、更なる興奮を求めている。

アブノーマルなセックスへの興味が、俺の奥深くにある本能を刺激していたのかもしれない。


「……佳代ちゃん、俺……見たい……」


「え?見たい?何を見たいの?」


「……その……佳代ちゃんが……トイレで出してる所を……」


俺のその言葉を聞いて、一瞬固まる佳代ちゃん。


「ぇ……」


「……」


「……」


2人の間に沈黙が流れる。


ヤバい、やっぱりマズかったかな……


で、佳代ちゃんは固まった後に少し考え込むような仕草を見せて、俺にこう聞いてきた。


「トイレって……お〇っこ……の事?」(恥ずかしそうに)


普通はそう思うよね。

でも佳代ちゃんがオ〇ッコするところはもう何度か見てきたし……。

もういい!言っちゃえ!


「あ、いやそうじゃなくて、えっと……お〇っこ……じゃない方のやつ。」


「えっ!?」


佳代ちゃんはかなり驚いた様子で、再び固まってしまった。


「……」


「……」


で、見る見るうちに佳代ちゃんの顔が赤くなっていく。

ヤバい、佳代ちゃんめっちゃ動揺してる。

そして動揺した様子で佳代ちゃんは俺に聞いてきた。


「……もしかしてナオ君……A先輩に聞いたの……?」(ちょっと泣きそうな佳代ちゃん)


「ぇ……あ……うん……」


で、やっぱりそれは言っちゃダメだったっぽい。

佳代ちゃんは俺の返事を聞いて、めっちゃ恥ずかしそうに頭抱えてた。


「えーーーー!もぉA先輩絶対秘密って言ったのにぃ!」


そう言いながら手をグーにして俺の身体をポコポコ叩く佳代ちゃん。(全然痛くない&俺はA先輩じゃない)

やっぱりA先輩にウ〇コしてる所を見せた事は佳代ちゃんの中で絶対的な秘密事項だったみたい。


「ご、ごめん佳代ちゃん、俺はその……」


「え~もうどうしよう私……ねぇナオ君、A先輩それみんなに言いふらしてたの?」


「い、いや……言いふらすっていうか……いつものメンバーにだけだけど……」


「吉岡先輩と太田先輩とB先輩……?」


「……うん。」


「美和子先輩にも?」


「美和子先輩には言ってないと思うけど……」


「もぉ……はあ~……」(大きなため息)


「……」(なんて声を掛ければいいのか分からない)


「……」


ここは気まずくて結構長い間沈黙してた。




「か、佳代ちゃんあの……」


「恥ずかしぃよぉ……」


「え?」


「私恥ずかしいよっナオ君っ!」


またポコポコ叩いてくる佳代ちゃん。(全く痛くない)


「ご、ごめん……」


〝私もうお嫁に行けない!〟的な感じで落ち込む佳代ちゃん。


「……ねぇナオ君、先輩達、その話聞いて引いてたでしょ?」(不安そうに)


うん、引いてた人もいた。

でもこの状況でそんな事佳代ちゃんに言えない。


「え……いやそんな事ないよ、どっちかって言うと、皆喜んでたかな……」(ゲラゲラ笑ってた感じだけど)


「え~ホントに?……喜んでたの?」


先輩達が喜んでいたと聞いてちょっと笑う佳代ちゃん。


「う~ん喜んでたっていうか……皆興奮してたっていうか、盛り上がってたっていうか……ほら、先輩達って皆変態じゃん?」


フォローになってないけど、それを聞いてまたちょっと笑ってくれる佳代ちゃん。


「……ナオ君は?」


「え、俺?……俺も…興奮しちゃったかな……うん。」


すると佳代ちゃんは、俺のその返事を聞いてクスっと笑った。

あれ?佳代ちゃん嬉しそう?


「もぉ~……ナオ君も変態さんだねっ。」


「う、うん……」(佳代ちゃんに合わせて笑顔作って)


佳代ちゃん機嫌直ってきたっぽい。

皆に引かれてないと聞いてちょっと安心したのかな。


「……でもホントに私恥ずかしいよぉ……もうA先輩の事絶対信用しないっ!」


「あはは……」(笑っていいところだよな?)


「……ねぇナオ君、本当に私の事引いてない?」


「引いてないよ、本当に、うん。」


「……ていうかナオ君もそういう趣味があるの?その……トイレで見るのとか……」


「え……えっと趣味っていうか……正直興味があるっていうか……」


「ナオ君、本当に変態さんになっちゃったんだね。」(笑顔で)


「……うん、ごめん……」


「あ~ぁ、高校の時のナオ君はあんなに可愛かったのになぁ……まさかナオ君がこんなに変態さんになっちゃうなんて……」


それは佳代ちゃんもだろ……とは言えなかった。

でも佳代ちゃんはすぐに自分で気づいたみたいで、恥ずかしそうにしながら


「ごめん、私もだよね。」(笑顔で)


で、2人で笑う。

さっきは佳代ちゃんが泣きそうになっちゃってどうなるかと思ったけど、逆に雰囲気良くなってきた。

変態仲間としてさらに意気投合してきた感さえある。

これはもしかして……


「……ねぇナオ君……そんなに見たいの……?」


「え、何を?」


「え~言わせないでよっ」(恥ずかしそうに笑って)


「……いいの?」


「……やっぱりダメ!絶対無理!恥ずかしいもん!」


じゃあなんで聞いたんだよ。笑

でも恥ずかしがってる佳代ちゃんは相変わらず可愛い。

だからもう一度俺から聞いてみる。


「ホントにダメ?」


「え~……う~ん……無理だよぉ……恥ずかしいもん。」


「そ、そっか……そうだよね、さすがに無理だよね、ごめん変な事言って。」


そりゃ抵抗あるよな。

俺でも人前でそんな姿見せるのたぶん無理だし。

でも佳代ちゃんはそんなガッカリしてる俺の顔を見てまたクスクス笑っていた。

俺が「?」という顔をしていると、佳代ちゃんは意味深な笑顔を見せながら、何も言わずに布団の中で俺の身体を手で触ってきた。

最初は俺の乳首を指で触ってニコッと笑い、次は下半身にも手を伸ばしてきた。


「か、佳代ちゃん……?」


その声に返事はせずに、俺の勃起したままのチンコをギュッと握って笑顔を見せてくる佳代ちゃん。

そして佳代ちゃんはそのままゆっくりとチンコを上下に扱きながら「固いね~」と嬉しそうに言ってきた。


「ナオ君、まだ興奮してるんだ?」


そう聞かれて俺が頷くと、佳代ちゃんは少し考えるような素振りを見せた後にこう話し始めた。


「私、ナオ君がこうやって私で興奮してくれるの、すっごく嬉しい。」


チンコ扱きながら、さらに続ける佳代ちゃん。


「なんかね、私ナオ君がオチンチン固くしてるの見ると、何でもしてあげたくなっちゃうんだよね。」(恥ずかしそうに笑顔で)


「佳代ちゃん……」


「だ・か・ら」


そして佳代ちゃんは俺の耳元まで顔を近づけてきて囁くようにこう言った。


「……やっぱり見せてあげようか?トイレで。」


……マジか!


「ほ、本当に!?いいの!?」


「……うん、いいよ。」(恥ずかしそうに笑顔で)


それを聞いた瞬間、俺の興奮度はMAXに。

チンコもさらに固くなった。


「きゃっ……わぁすごい!ナオ君のここ、今凄く固くなったね?」(チンコ握りながらテンション高くなる佳代ちゃん)


「ごめん、つい興奮しちゃって……でも佳代ちゃん本当にいいの?」(信じられなくて再度確認)


「うん……すっごく恥ずかしいけどぉ……ナオ君だったら、いいよ。」(天使のような笑顔で)


↓公開中の他作品もよかったら読んでみてください
官能小説 喰われる妻 菜穂
【寝取られ】喰われる彼女 亜紀
官能小説 女子大生 果歩
官能小説 女子大生 成宮恵理
官能小説 居候と人妻 真弓
官能小説 人妻 響子
官能小説ランキングへ
[ 2017/01/18 ] TB(0) | CM(13)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/24 01:50 ] [ 編集 ]

you-meさん

コメントありがとうございます。

you-meさん、ご心配をお掛けしてすみません。

これは完全に言い訳だし、恥ずかしい話なんですけど…実は年明け早々に失恋しまして(>_<)落ち込んでました。

とても〝う〇こ〟の話を書ける精神状態じゃなかったです(苦笑)

でももう立ち直ったので大丈夫です。

更新止まっちゃったのは甘えですけど…そうですね、マイペースにいきたいと思います。

優しいお言葉いつもありがとうございます。元気貰いました(*^。^*)
[ 2017/01/24 00:04 ] [ 編集 ]

名無しさん

> 佳代ちゃんのなら臭くない気がする
> むしろいい匂いしそう
>
> 実際はそんなことなくて、それがギャップなんでしょうけど


好きな子の匂いならどんなものでも興奮しそうです。

ここからは想像力フル稼働させて頑張りますw
[ 2017/01/23 23:58 ] [ 編集 ]

名無しさん

> 佳代ちゃんみたいに可愛くてド変態な友達がほしい(笑)
> うんちしてるとこ見たい(笑)

僕も自分自身で書いていて新たな扉を開いてしまった感ありますw

実際には勇気がいりますが……見てみたい気もしますw
[ 2017/01/23 23:57 ] [ 編集 ]

ライアンさん

コメントありがとうございます。

りっくんさんは相変わらず可愛いですねw

そうです、実は佳代はまだ彼氏と別れてないです。彼氏との関係は最後にどうなるか分かるのですか……お楽しみに(^^)

自分の事で興奮してもらえるのが嬉しい……そういう気持ちを共有できるパートナーがいたら本当に幸せですよね☆
[ 2017/01/23 23:55 ] [ 編集 ]

つばささん

コメントありがとうございます。

実際にやるとなるとかなりハードル高いですけど、想像だけならちょっと興奮しちゃいますよね(^^)
[ 2017/01/23 23:51 ] [ 編集 ]

りっくんさん

コメントありがとうございます。

佳代のそういう所もナオヒロは好きになってしまうくらいゾッコンですからw
[ 2017/01/23 23:50 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2017/01/23 20:41 ] [ 編集 ]

佳代ちゃんのなら臭くない気がする
むしろいい匂いしそう

実際はそんなことなくて、それがギャップなんでしょうけど
[ 2017/01/19 21:48 ] [ 編集 ]

佳代ちゃんみたいに可愛くてド変態な友達がほしい(笑)
うんちしてるとこ見たい(笑)
[ 2017/01/18 20:32 ] [ 編集 ]

りっくんさん(笑)
コメントカワイ過ぎる(○´艸`)


佳代ちゃん、彼氏がいても(まだ別れず、付き合っているんですよね?)ナオ君に気持ちが傾いているのかなぁ~なんて思いながら、読んでいます。


自分の変態っぷり…好きな人には引かれたくない。
けど、自分の事で興奮してくれるんだ~と思うと嬉しいのは、私も佳代ちゃんと同じかも…と思いながら読みました。

意外と、私も変態仲間なのかな?f^_^;


続き、楽しみにしています(*^_^*)
[ 2017/01/18 07:47 ] [ 編集 ]

りっくんの コメントがかわいすぎです笑

恥ずかしいところを見てもらいたいってなんかわかるなぁ…

続き気になります~
[ 2017/01/18 05:48 ] [ 編集 ]

「ナオ君だったら」とか言って、A先輩にも喜んで見てもらってたくせにー!!!なんて思っちゃう俺のバカー!!!!
[ 2017/01/18 01:49 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/868-a9208dd3