FC2ブログ














女子大生 水野果歩(74)

夜の道を走る黒い四駆の高級車。

助手席に座る果歩は両手を膝の上に置き、俯き加減で窓の外の動く光を見つめている。

富田 「あの店どうだった?果歩ちゃんの口には合ったかな?」

果歩 「はい、すごく・・・美味しかったです。」

富田 「そうか、それならよかった。」

2人はあの後、仕事を終えてから富田の案内でカジュアルなレストランで食事をとった。

そして今、富田が運転する車は富田のマンションへ向かっている。



富田 『・・・我儘なエロ女なんだなぁ果歩ちゃんは・・・』



果歩 『・・・・・・・・・抱いてほしいです・・・』



自分の口から言ってしまったあの言葉。


・・・エロ女・・・・・


富田が言った言葉が胸に刺さる。


・・・・私・・・エッチな女なのかな・・・


富田にそんな言葉を吐き捨てられても、自分は富田を求めてしまう。

富田とのSEXを求めてしまう。

その思いがどうしても抑えきれなかった。


車が信号で止まる。


果歩 「・・・・・・・・。」


富田 「・・・何を考えてるんだ?」

果歩 「ぇ・・・・・・?」

富田 「今何か考えてたろ?」

果歩 「・・・それは・・・ぁ・・・・」

腕で果歩の肩を抱き、顔を近づける富田。

富田 「・・・エロい事でも考えてたのか?」

果歩 「ぇ・・・・ンッ・・・・」

暗い車内で重なる2人の唇。

外の該当の光が薄っすらと2人にあたっている。


綺麗なピンク色でふっくら柔らかな果歩の唇の感触を吸い付くように味わう富田。

果歩 「ン・・・ン・・・ゥン・・・ぁ・・・ン・・・」

続けて舌を果歩の口内に侵入させる富田。

深くて濃厚な富田のキスに、果歩も舌を控えめに動かしそれに応える。

絡まりあう舌。

ネットリと官能的な接吻の刺激に果歩の頭は痺れていた。

巧みな富田のキスは、一瞬で女の思考を停止させてしまう。


長く続くキス。

後ろに続く車はいなかったため信号が変わってもそれは続いた。


ん・・・フゥ・・・ぁ・・・ん・・・・ハァ・・・ンッ・・・


行為が激しくなるに連れ、荒くなる2人の息遣い。

富田は自分のシートベルトを外し、さらに果歩に密着すると、片方の手で果歩の胸を服の上から揉み始めた。

果歩 「ンッ・・・ァ・・・ハァ・・・ン・・・・」

手を膝の上に置いたまま、富田の行為をされるがままに受け入れる果歩。


富田の責めはさらに大胆なものになり、果歩の服のボタンを外し始める。

富田に接吻をされながら服を脱がされそうになっている果歩は、恥ずかしさから思わず薄っすら目を開けて窓の外を確認した。

すると、歩道にはこちらをジロジロ見つめている数人の若者がいるではないか。

大学生だろうか、きっと果歩と同年代くらいの男女の若者達だ。

果歩はとっさに両手を富田の胸に当て、顔を離した。

果歩 「ハァ・・・・富田さん・・・人が見てます・・・。」

富田 「へへ・・・いいじゃねぇか、見せつけてやろうぜ?」

そう言いながら富田は果歩の胸を揉み続ける。

果歩 「ァ・・・ン・・・・・ハァ・・・ダメです・・・。」

果歩は富田の腕を掴んで抵抗を試みるが、富田の力の前ではビクともしなかった。

富田 「フッ、あいつらきっと想像してるぜ?この後俺と果歩ちゃんがセックスしてるところを。」

果歩 「・・・・恥ずかしいです・・・富田さん・・・。」

顔を赤くしながら、外から見えないように顔を背ける果歩。

富田 「そんな事言っておいて、もうアソコはグッチョリ濡れてるんだろ?」

果歩 「・・・・・・・。」

富田の指摘は当たっていた。

唇に触れられた瞬間から果歩は下腹部が熱くなるのを感じていた。

富田 「今日は果歩ちゃんから誘ってきたんだからな・・・早く俺とセックスしたいんだろ?もう我慢できないんだろ?」


・・・そう・・・私から富田さんを求めた・・・

・・・富田さんとのSEXを求めた・・・

・・・私が・・・


果歩 「ハァ・・・富田さん・・・」

富田 「マ○コ濡れてるんだろ?自分で確認してみな。」

富田はそう言って果歩の手を掴み、強引にスカートの中に手を入れさせた。

果歩 「・・・・・・・。」

富田 「ほら、自分でパンツをずらして触ってみな。」

富田の言うとおり、ゆっくりと下着の股部分を横にずらす果歩。

富田 「指で触ってごらん。」

自分の中指で言われた通りに触れてみる。

クチュ・・・

果歩 「・・・・ン・・・・・。」


富田 「・・・どうなってる?」

果歩 「・・・・・・濡れてます・・・。」

そう目を逸らしながら恥ずかしそうに小さな声で言った果歩。

そして今度は果歩のもう片方の手を掴んで強引に自分の股間を触らせる富田。

果歩 「・・・・あっ・・・・・」

ズボンの上からでもわかった。

果歩の白い手の平は、あの男のシンボル、富田の熱く逞しい男根の存在を感じとった。

その瞬間ドキッっと果歩は胸が締め付けられるような思いになった。

そして急激に身体が熱くなってくる。


欲している・・・

全身がコレを欲している・・・


果歩 「・・・ハァ・・・・・・ゴク・・・・。」

女としての本能なのか。

果歩は逞しい男根の存在感を前に思わず生唾を飲み込んでしまう。

自分の股間に触れ、その部分を凝視している果歩の姿を見ながら、富田はニヤっと笑みを浮かべる。

富田 「これが早く欲しいか?」

果歩の瞳を見つめながら問う富田。

目を潤ませながら見つめ返す果歩。

それから少し目をそらすと、果歩はゆっくりと口を開く。


果歩 「・・・・・・・・ハイ・・・。」


もうすでに自分から抱いて欲しいと言ってしまった相手。

恥ずかしいのはもちろんだったが、果歩は富田に淫らな自分を隠さなかった。

富田 「フッ・・・じゃあ果歩ちゃんが早くセックスしたいなら、さっさと部屋に行くか。」

そう言いながら富田は果歩から離れて、ハンドルを握る。

果歩 「・・・・・・。」

助手席で顔を赤くしながら乱れた身なりを整える果歩。


・・・やっぱり私エッチなんだ・・・


・・・早く富田さんの前で股を開きたい・・・

そんな卑猥すぎる考えが果歩の頭の中を支配していた。


携帯ぽけっと書房

人気ブログランキングへ

↑官能小説ランキングに参加しています クリックして応援していただけるとうれしいです。
[ 2013/09/07 ] TB(0) | CM(4)

Re: あーちさん

質問に丁寧に答えて頂きありがとうございます。

個人的には後者でも、悪い事ではないと思いますけどねぇ

それはもしかして自分でも気付かない内に寂しさを感じていたからかも・・・

僕も経験豊富ではないのであれですが・・・

でも、もしかしてそういうのって今の恋人との関係を見直す事のできる良い機会かもしれませんしね。


いけない恋に溺れるのってどんな感じなんでしょうね・・・

自分の常識や理性を捨てて抱き合うのってどんな感じなんだろう・・・

僕も浮気心があってもきっと行動に移せない性格だから、そんな事を妄想しながら小説書いてます(笑)


個人的には恋は悩んでる時が一番楽しいし、そんな人は素敵だと思います。

人生にも小説を書くためにも参考になりました。
ありがとうございました。



[ 2010/09/17 01:00 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/17 00:24 ] [ 編集 ]

Re: あーちさん

コメントありがとうございます

現実的には難しい事が多いですよねぇ

せめて小説の中の妄想の世界で気持ち良くなってください(笑)


あの・・・あーちさんにちょっと聞きたい事もあるんですがいいですか?

男の浮気心って性欲である事が多いと思うのですが

女性の場合はどうなんですかね?

浮気心(って言っていいのかな・・・)は
性欲によるものですか?それとも恋心ですか?
[ 2010/09/15 00:46 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2010/09/15 00:01 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://menmen1106.blog130.fc2.com/tb.php/87-6fc0abc0